プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

2014年のクラシックSaxのCDリリース情報

・「La Folia~ラ・フォリア~」 (フロレスタン・FLCP-21032)
 Sax:二宮 和弘・Pf:成田 良子

「Prélude」(KONTA Inc)        
 井上 麻子(Sax.)&藤井 快哉(Pf.)

山川 寛子 1st Albam「Cu tine」(日本ルーマニア音楽協会
 S&A・Sax:山川 寛子&Pf:太田 翔子
 Trio “Chante”
  齋藤 彩(Vn)黒柳 容子(Pf)
 Sax Quartet “Pirka”
  森山 宙香(S.sax&A.sax)十倉 彩子(T.sax)石橋 友里恵(B.sax) 

2nd CD「On The Way of My Life」(WNCJ-2258・(有)グ・ルーヴ)         
 S&A・Sax:加藤 大智、Bass:中川 英二、Pf:遠藤 征司、Ds:安藤 正則

アリオン・サクソフォーン・カルテット1st Albam
 「Arion’ Harp(アリオンの琴歌)」(フロレスタン・FLCP-21027 )

・サクソフォーン・カルテット・アテナ 2ndアルバム
 「Le Bal」(マイスター・ミュージック)

田村 哲1stアルバム「Cavatina」

長瀬 敏和1stアルバム「クローバーリーフ スイート」(フォンテック・FOCD-9624)
  Sax・長瀬 敏和&サクソフォンラボラトリー岡山
  Pf・仲地 沙弥香

上野 耕平デビューCD「アドルフに告ぐ」(日本コロンビア・COCQ-85070)

塙 美里 1st Alubum 「Hommoge A Edith Piaf」(Octavia Cryston・OVCC-112 )
関連記事

2014年振り返り・その2-スポーツ編



とうとう、大晦日になりました。
朝早くは曇ってましたが、段々と雲が晴れてきて、9時過ぎには、すっかり良い天気に。
10km程走って、今月なんとか通算100km走ったことになる筈。(~_~)

夕方近くなって、ようやくえぬ夫実家へ出発。車中で、高校サッカーを観戦しました。
ちょうど、中京大中京高vs長崎総科大学附属高の試合中で、監督が元名古屋グランパス・
岡山氏vs元国見高監督・小嶺氏という部分でも注目されました。
結果、中京大中京高が勝利!(^o^)しばらく、高校サッカーの車中での観戦が続きそうです。

さて、今年の個人的に注目したスポーツ関係の10大ニュースについて。
○1月・田中 将大投手 ニューヨーク・ヤンキースへ移籍決定!
○2月・ソチ五輪 フィギュアスケート 男子シングル 羽生 結弦選手金メダル☆
○5月・バトミントン男子 国・地域別対抗トマス杯 日本代表初優勝!
○6月・サッカーW杯ブラジル大会 ドイツ代表24年ぶりの優勝&日本代表グループリーグ惨敗
○9月・軟式高校野球 準決勝 延長50回の死闘!
○9月・レスリング 世界選手権 吉田 沙保里選手 世界大会15連覇達成!
○9月・全米オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手準優勝!
○10月・体操 世界選手権 男子個人総合 内村 航平選手5連覇達成!
○11月・大相撲九州場所 横綱・白鵬関32回目の優勝!
○12月・サッカーJリーグ ガンバ大阪 J1大逆転優勝+ナビスコカップ&天皇杯優勝・3冠達成!
○12月・フィギュアスケート 町田 樹選手電撃引退

ということで、今年はソチ五輪があったりと、これ以外にもまだまだあったような
気がしますが、インパクトのあった競技・選手を優先させていただいた次第です。
東京五輪が迫り、ジュニア世代での注目選手も増えつつあります。
来年はリオ五輪の前年ということで、楽しみな競技が益々増えますように!(^o^)

それでは、本年も多数のお越しを、本当にありがとうございました!
来年7月にはこのブログも10周年、どうかご贔屓によろしくお願いします。(^_^)
関連記事

テーマ : スポーツへの純粋な想い - ジャンル : スポーツ

2014年振り返り・その1-個人編

今日は、ようやく!仕事納めでした。27(土)からという企業や、有休を取って
更に早くから休みな方々もいて、毎年ながら取り残されてる感が強いのです。(・_・;
夜まで客先立ち合いの予定でしたが、先方の都合で急遽来年に延期となったのは、
勤務先にはマイナスですが、個人的には正直ラッキーな話です♪
明日からの帰省準備や、年賀状書きがまだ残ってるのでした。 (^_^;)

さて、いよいよ2014年も残り1日になっちゃいました。
振り返って、どんな年だったかなぁと、最近改めて思い返しているところです。
ということで、このブログから振り返る、あくまでも個人的な10大ニュースをば。
○1月・4度目のゾロ目年齢に。
○2月・犬山ハーフマラソンで、自己ベストを更新!\(^o^)/
○4月・勤務先事務所の移転。
○5月・作曲家 岩井 直薄氏の訃報。
○9月・最初で最後の、大阪・いずみホールのステージを体験。
○10月・大阪マラソン2014で、初のフルマラソンにトライし、見事完走!\(^o^)/
○11月・26年ぶりに、アメリカのSax奏者 フレデリック・ヘムケ氏の演奏を拝聴。
○11月~12月・突然洗濯機が故障し、結局買い換えに。。
○12月・名古屋市内に20cmの降雪! (・・;)
○他・美術館関係で、12つの特別展を鑑賞。

特に印象に残ったことを選ぶなら・・・という観点で、ピックアップしてみました。(^.^)
明日は、スポーツ編を振り返り予定です。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

フィギュアスケート 全日本選手権 女子シングル 宮原 知子選手初優勝!&町田 樹選手電撃引退発表!!


写真は、今朝の朝日新聞 朝刊一面から。

昨日、フィギュアスケート 全日本選手権の女子シングル フリーが開催されました。
最終グループは、10代選手ばかりが並び、平均年齢はナント16.2歳!(@_@)
緊張感漂う中、GPシリーズデビューを果たした本郷 理華選手、GPシリーズ2年目の
宮原 知子選手は伸びやかな演技!樋口 若葉選手は、冒頭の3-3回転ジャンプを
ミスする等、やはり堅くなったところもありましたが、あとはバッチリ。
この3選手が、見事に表彰台を飾りました。(^^
優勝は宮原選手・2位に本郷選手・3位樋口選手という順位。
しかし、13歳の樋口選手は年齢制限の関係で、まだジュニアの大会にしか出られず、
世界選手権・四大陸選手権出場は2年後までお預けに。

結果と世界選手権・四大陸選手権の代表決定のテロップを観たまでで、TVOAを観るのを
止めてしまったのですが、代表選出選手の挨拶があるのをすっかり忘れてしまってました。
その場で、世界選手権代表となった町田 樹選手が、早稲田大学 大学院進学を表明し、
世界選手権代表を辞退・電撃引退を発表との話を、夜中にTwitterで知りました。。(゜ロ゜)
ナント、日本スケート連盟にも伝えて無かったんですね。(^_^;)
今後は、この競技をスポーツマネージメントの一環として、研究したいんだとか。
何だか、町田選手らしい決断とも言えるかも。(^_^;)

世代交代により、注目度がどーなるか?と言われた全日本選手権でしたが、話題満載!
ある意味、杞憂だったような気がします。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

年末のアレコレ





今年、最後の週末が終わりました。

昨日は、午前中に仕事した後、昼過ぎから15kmのランニング。
来月1/18(日)には木曽三川のハーフマラソン参加予定の為、1km6分より早めの
スピードを意識。というより、急がないと日が暮れそうな時間帯に出掛けたので、
焦ったのもあります。(+_+)何とか、日暮れまでに帰宅しました。
そして、ご褒美ビールをば。(^.^)

今日は、朝からバンドの練習へ。
こちらは、来月1/10(土)の本番がいよいよ迫ってきました!(゜ロ゜)
ランチは、先月の休日練習でも行ってきたひろしま本店へ。
しかも、豚玉いか入りではなく、スペシャルに!(^o^)
豚玉・いか・たこ・エビ・ホタテ入りでーす。(^.^) 美味しかった~。

練習終了後は、名古屋三越 栄店で、帰省土産の買い出しの続きなど。
どの売場も、人出が凄かったです。

いよいよ、2014年もカウントダウンですね♪(^o^)
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

演奏会のご案内(2014年12月)

♯2014年12月7日(日)14:30開演
  愛知・名古屋市 5/R Hall&Gallery 音楽ホール
  伊藤 直貴(Sax)/ON music project マンスリーコンサート⑨
  ~伊藤 直貴のシューマン~
・・・終了

♯2014年12月9日(火)19:00開演
  埼玉・川口市総合文化センター リリア 音楽ホール
      12月10(水)19:00開演
  愛知・名古屋市 三井住友海上しらかわホール
  ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル 
   アドルフ サックス生誕200周年記念コンサート・・・終了
    ☆出演:ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル
          アラン・クレパン(ベルギー王立音楽院教授)

♯2014年12月11日(木)19:00開演
  東京・渋谷区 古賀政男音楽博物館内 けやきホール
  Series Focus vol.3 魅惑の夜明け L'Aube enchantee・・・終了
   ☆出演:冨岡 祐子 (Saxophone)・羽石 道代 (Piano)
   ☆ゲスト:サクソフォーン・カルテット・アテナ
         塩安 真衣子(Soprano Saxophone)・江川 良子(Alto Saxophone)
         平賀 美樹(Baritone Saxophone)

♯2014年12月12日(金)19:00開演
  大阪・大阪市 いずみホール
  ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル 
   アドルフ サックス生誕200周年記念コンサート 第30回定期演奏会・・・終了
    ☆出演:ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル
          アラン・クレパン(ベルギー王立音楽院教授)

♯2014年12月14日(日)14:00開演
  東京・杉並区 ソノリウム
  宮崎 真一サクソフォンリサイタル・・・終了

♯2014年12月16日(火)19:00開演
  東京・ヤマハ銀座ビル6F コンサートサロン
   山下 友教&大嶋 千暁 デュオコンサート・・・終了

♯2014年12月16日(火)19:00開演
  大阪・大阪市 三木楽器 開成館サロン
      12月18日(木)19:00開演
  東京・中央区 浜離宮朝日ホール
  クローバー・サクソフォン・クヮルテット 3rd CD 発売記念リサイタル・・・終了

♯2014年12月17日(金)19:00開演
  愛知・名古屋市 電気文化会館 ザ・コンサートホール
  佐野 功枝サクソフォンリサイタル・・・終了
   ☆出演:Sax・佐野 功枝
        Pf・仲地朋子
        弦楽四重奏(名古屋フィルハーモニー交響楽団メンバー)
         Vn・川上 裕司、米田 誠一
         Vla・吉田 浩司
         Vc・酒泉啓

♯2014年12月20(土)15:00開演
  東京・渋谷区 ノナカ アンナホール
  塙 美里 1st Alubum 「Hommoge A Edith Piaf」
発売記念ミニコンサート
・・・終了

♯2014年12月21日(日)14:00開演
  東京・渋谷区 アクタス ノナカ・アンナホール
      12月23日(火・祝)14:00開演
  愛知・名古屋市 ドルチェ・アートホール NAGOYA
  東名高速 SAXOPHONE QUARTET    
   第2回~日本一の富士盛りライブ!!
~・・・終了
    ☆出演:Sax・瀧 彬友川地 立真松下 洋上野 耕平
          Pf・黒岩 航紀

♯2014年12月21日(日)14:00開演
  香川・高松市 アルファあなぶき小ホール(香川県県民小ホール)
  白井 奈緒美サクソフォーンリサイタル6 「光」・・・終了
               17:00開演
  Sプロジェクトクリスマスコンサート3・・・終了
   ☆出演:白井 奈緒美門下生
        香川 将、西原 亜子(東京藝大2年)、香川県下小学生・中学生・高校生 他

♯2014年12月21日(日)18:00開演
  東京・新宿区 ルーテル市ヶ谷センター・音楽ホール
  TsukubaSQ - Saxophone Concert Vol.6・・・終了

♯2014年12月23日(火・祝)18:00開演
  青森・弘前市 弘前文化会館大ホール
  第32回サクソフォーン・コンサート・・・終了
    ☆出演:北の四重奏、ゲスト奏者、弘前市及び近在の中・高・大学生、
         一般の吹奏楽サクソフォーン愛好者 他

♯2014年12月26日(金)19:00開演
  石川・金沢市アートホール
  小川 卓朗・木米真 理恵DUOリサイタル・・・終了

♯2014年12月28日(日)14:00開演
  愛知・名古屋市 西文化小劇場
  めいおんサクソフォンオーケストラ2014・・・終了
    ☆出演:指揮・瀧 彬友(教員)
         ソリスト:小森 伸二(教員)
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート 全日本選手権 男子シングル 羽生 結弦選手3連覇達成!

一昨日から、長野のエムウェーブで開催中のフィギュアスケート 全日本選手権。

男子シングルのショートプログラムでは、羽生 結弦選手が断トツのトッブ。
2位に町田 樹選手、3位にジュニアGPファイナル優勝の宇野 昌磨選手が
食い込みました。(^.^)4位にNHK杯優勝の村上 大介選手、5位に無良 崇人選手、
6位小塚 崇彦選手という順位に。

昨日のフリーの最終グループの一番滑走は、宇野選手。
流れがあり、美しく堂々とした演技、ナント2位でした!(^o^)
羽生選手は、難易度の高いジャンプを連発!技術点で100点を達成し、
圧勝の三連覇!!\(^o^)/
そして、今季大不調だった小塚選手が成功ジャンプを連発!(゜ロ゜)
本人や、佐藤コーチ夫妻も大喜び!!大逆転で3位に入りました!!!(^o^)

町田選手・無良選手・村上選手はミスを連発し、点数が伸びず、各々4・5・7位と
表彰台を逃す結果に。一方、ジュニアGPファイナル2位の山本 草太選手が、
ショートプログラム7位から6位に食い込みました!(^o^)

今日、全種目終了後に、3月の世界選手権・ジュニアの世界選手権代表が
発表になります。宇野選手がどちらの代表になるのか、注目されるところです。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その7-第2回東名高速サクソフォンカルテット~日本一の冨士盛りライブ!!~ 名古屋公演@ドルチェ アーティストホール Nagoya










今日は、仕事の都合で朝から夜まで出掛けっばなしです。
訪ねる街の先々で、葉牡丹が販売されたり花壇や家の表に植わっていたり、しめ縄を
付ける方々を見掛けたりと、いよいよ年の変わり目が迫っているのを感じます。


さて、今年聴き納めとなった一昨日の演奏会について。
去年の9月に続いて、東名高速サクソフォンカルテットの演奏会に行ってきました♪(^o^)
今年は東京公演が追加され、名古屋公演と共にチケットは早くに完売となったとか。
流石は、若手実力奏者の集まりです。(^.^)
今年は国内外のコンクールラッシュでしたが、松下 洋さんが7月にタイの
バンコクで開催されたジャン=マリー・ロンデックス国際サクソフォンコンクールで優勝&
上野 耕平さんがベルギーのディナンで10月末~11月初めに掛けて開催されたの
アドルフ・サックス国際サクソフォンコンクールで2位となり、正に凱旋公演!

今回も3部構成で、ソロ・デュオ・トリオ・クインテットと、盛り沢山の内容。
ソロステージでは、瀧 さんがR.ロジャース「レッスン・オブ・ザ・スカイ」を熱演!
雲井 雅人サックス四重奏団・林田 和之さんのCDで聴いてはいたものの、実際聴くと、
やはりイメージがまたガラリと変わります。
そして、川内 立真さんのグリエール「コンチェルト」の原曲はTpとのことですが、
バレエ音楽「青銅の騎士」を思わせる美しい作品でした。
初めて聴いた川地さんのテナー、バシッとしまった音が聴けました。
松下さんは、シューマン「3つのロマンス」。今年の4月の横浜でのリサイタルで、
シューマン作品を取り上げられてましたが、オリジナルのObに負けず劣らずでは?(^.^)
最後に、上野さんが同じ東京芸術大学の作曲科の同級生・逢坂 さんの「サクソフォンと
ピアノの為のソナタ」を快演!ナント、11月末に芸大の学内演奏会で初演された
ばかりとか。上野さんが技術的に可能な、ハイポテンシャルな要素が盛り沢山!!(+_+)
でも、海外の奏者の方々にも気に入っていただけそうな気がしますね。(~_~)
各メンバーのMCも、各々の素顔が判って、面白かったです。

2部の冒頭では、ピアニスト・黒岩 航紀さんのソロを2曲。
冒頭、カプースチンの作品はプログラムの掲載曲から変更され、「8つの演奏会練習曲」より
トッカティーナを演奏。これはジャズでしょ?!という、場内騒然となる程の
めちゃカッコいい演奏でした!(^o^)
そして、ショパン「英雄ポロネーズ」は、有名すぎるがゆえに、演奏しづらいんだとか。
ショパンの作品は昔から大好きなのに、大学入学早々、先生方から「ショパンは
合わない。」と言われて大ショックだったというエピソードの披露があったり。(^_^;)

2・3部のデュオ・トリオ・カルテット・クインテットでの演奏も、それぞれの個性を
生かした作品が並びましたが、特に最後のくるみ割り人形は、MCやセリフ付の寸劇調に
会場内大爆笑。(^o^)3部途中では、東京土産・5名の奏者の皆さん&作曲家・逢坂さんの
サイン入りの富士山のクッション&上野さんのCDを争奪戦としたジャンケン大会で、
こちらも大盛り上がりでした。

結局、3時間半!で終演となりましたが、全く時間が気にならない程、楽しかったです。(^.^)
終演後は、前回同様お見送りいただきましたが、上野さんには購入したCDに
サインをいただきました☆(^^)v

そして、第4部の打ち上げにもお邪魔しましたが、特に作曲家の逢坂さんから色々お話を
伺いました。ナント、独学で作曲の勉強を続け、31歳で芸大に入学されたんだそうです。(@_@)
青森県青森市ご出身とのことですが、本当によく喋る方で、津軽弁での楽しいトークでした。
これからも、Saxの作品を多数書いていただけるのを楽しみに待ちたいと思います。(^.^)

来年の第3回は、11/6(金)東京公演&8(日)名古屋公演というスケジュールが、打ち上げの席で
スケジュール打ち合わせの上で決まった様子。今年聴き逃した方は、メモをお忘れなく!φ(..)
ちなみに、ソロで写ってるメンバーは、4人共に東京芸術大学の皆さんです。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

さよなら洗濯機・・・



冬至以降、クリスマスが終わり、今年もいよいよ1週間を切りました。
クリスマス・イブの日は、仕事後にバンドの練習へ。意外に、メンバーが揃っててました。
1/10(土)の本番まで、昨日を入れて練習があと4回しかありません。(+_+)

昨日のクリスマスの日は、午前中に上司と取引先回りをして、年末のご挨拶。
今日明日が仕事納めという企業が多いせいか、同じように自社カレンダーを持参しての
挨拶回り行脚をされる方々を、多数お見掛けしましたね。


さて、冬至の日以降からのアレコレを書いていきたいと思います。

先ずは、我が家の洗濯機買い換えのお話。
6年前に購入した時に、記事を書いた記憶がありますが、先月末から見たこともない
エラーが表示されるようになり、その1週間後には完全に止まってしまいました。(>_<)
やむ無く、家電量販店で相談・メーカーの修理担当者の手配と平行して、自宅から
徒歩2分ぐらいのところにあるコインランドリー通いがスタート。
近くとはいえ、利用時間に限りがあり、30分後にはまた取りに行かなきゃならず、
マンションにはエレベーターがないので、全て自力で上げたり下ろしたり。。(+_+)
自分の空いた時間で洗濯出来る有難さを、改めて痛感した次第です。

メーカー修理をしようとしましたが、エラー表示はモーターの基板のエラーだったものの、
それよりも、私が洗濯物を詰め過ぎたことで、ドラムのタンバーが全て曲がっており、
交換したら4万円以上掛かることが判明。えぬ夫と相談の上、買い換えを決めました。(;´д`)

そして、先々週に家電量販店に再び行って、購入機種を決定。
先日の祝日の日に、納品されました。
実は、以前のものは最初から音がかなり煩かったのですが、最新のものは本当に静か!(~_~)
そして、乾燥はヒートポンプ式が主流らしく、本体が熱くならないのが良いです。
本当は、上位機種ならお湯を作って洗う機能がありますが、値段が倍も違うので。(^_^;)
最近は、洗濯機の寿命は約6年、メーカーの部品類の保管期限がこれぐらいらしいです。
高機能で、機器が複雑になってるのも、短命な原因の1つらしく。
しかし、電気代は以前のものよりかなり圧縮出来そうなので、進化が悪いこと
ばかりでは無いのですよね。
関連記事

テーマ : ちょっとした出来事 - ジャンル : 日記

冬至の夜に






今日は、1年で一番夜が長い冬至。
柚子を入れてお風呂に入ったり、南瓜を食べたりと、この日ならではの風習があります。

今夜は、いよいよ来月に迫った発表会の為、Fl奏者・邉見 亜矢さんのレッスンを受けました。
Saxを吹く上で、バッハの作品と向き合う機会というのは、クラシックのジャンルでさえ、
中々ありません。今回は、敢えてトライしている次第。
ましてや、Flの作品となれば、オリジナルの解釈というものを知るべきだと思い、
お願いしました。

アスナル金山内のバルドン楽器のスタジオをお借りしてのレッスンでしたが、イベント広場では
「ウタアカリ」というイベントが進行中でした。ステージ上では男性兄弟デュオが歌う中、
無料でキャンドルが入れてあるガラスの器に、好きな言葉を書いて会場に設置するという企画も
やっており、せっかくなので私も1つ設置しましたー。(^.^)

レッスンは、曲の構成・音1つ1つの解釈等、CDを聴いているだけでは解らなかったことを、
多数教えていただくことが出来ました。作品に対するアナリーゼが、まだまだ足りません。。
あと1ヵ月ありませんが、もっと楽譜を読み込んでいきたいと思います!(>_<)
帰り道、クリスマス直前ということで金山総合駅 北口前のビルが、白色LEDライトで
クリスマスツリーに変身してました~☆

帰宅後は、ランチのお弁当を売っていた販売店で、たまたま一緒に売っていた柚子で入浴。
とっても、良い香りに癒されました~。(^.^)

今年の冬は、早くから寒さが厳しくなる一方ですが、まだまだ本格的な寒さはこれから。
既にインフルエンザが流行りだしたので、気を付けて過ごしたいです。
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

JR東京駅 開業100周年



昨日、JR東京駅が開業100周年を迎えたそうです。
一昨年、復元工事が終わり、写真はその年の秋に状況の折りに撮影しました。

1987年春に駅舎の高層化が持ち上がったところに、とある女性の方が「赤レンガの東京駅を愛する市民の会」を
立ち上げ、10万人もの署名を集めるまでになったとのこと。
その後、JRに対して粘り強く陳情活動を続けてこられたとのこと。
遂に、駅舎は2003年には重要文化財の指定を受けることになり、5年半の改修工事を受けて、
一昨年リニューアルオープンしました。
市民の会の活動は、この秋にめでたく活動を終了されたということです。
明治・大正時代、この国の近代化・西洋化に向かって走っていた象徴的な存在となりました。

そんなおめでたい日に、JR東日本が発売した記念Suicaに関して、残念なニュースが。
15000枚の限定品を求めて、全国各地から殺到、発売前日から並んでいた人が
いたにも関わらず、全く行列の整理がなされず、9000人もの人々が並ぶ事態になり、
収拾が付かないからと途中で発売打ち切りになる事態に。
警察に助けを求めるも、たったの80人しか集まらなかったとか。
かなりビックリというか、呆れた失態ですね。
何も予測せずに、ただ当日発売すれば済むと思ったんでしょうか。。
遥々遠方から自費で駆け付けた方もいて、発売中止と言われても、そりゃ怒るでしょう。
例えば、ネット1人1枚の抽選方式にすれば、良かったのでは?方法はあった筈です。
企業として、悪い見本を見せちゃいましたね。(+_+)
関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

メリー・フェイス・ランニング・クラブ 12月練習会&モーニング忘年会







今年も、とうとう残りあと10 日!です。
週末の名古屋市内、お昼過ぎから雨が降り始め、寒さはようやく一段落というところ。

雨が降り出す前の午前中、ランニングクラブの練習&モーニング忘年会へ行ってきました。
集合場所の平和公園内、まだまだ残雪が多数ありましたが、通路になっている道や歩道は、
ほぼ雪は解けた状態に。本当は、自宅から平和公園まで走って行きたかったのですが、
凍結している可能性があった為、残念ながら断念しました。

終了後、徒歩で近くのカフェへ移動。
毎年、12月の練習会後にモーニングを食べる忘年会を開催しているんだとか。
集まったのは14名、アルコールは無いので、乾杯はありません。(^_^;)
1人ずつ今年の総括&来年の豊富を話し、全員がモーニングを食べ終わった後、
ジャンケン大会で、持ち寄ったプレゼントを1つずついただきました!(^.^)

このカフェではパンではなくベーグルが出てきますが、スピナッチ(ホウレン草)味をチョイス。
じゃがいものポタージュスープもデザートも、とても美味しかったです~。(^o^)

いよいよ年明けから、春の大会に向けた練習を本格化しなければならないのですが、
メンバーの皆さんとは来年も楽しくラン&トーク出来たらと思います。(^_^)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その6-佐野 功枝サクソフォンリサイタル@電気文化会館 ザ・コンサートホール





一夜明けた名古屋市内、雪は随分解けましたが、気温が上がらず、日陰に残った雪や、
雪が解けて乾いていない路面が凍結して、アイスバーン状態に。(+_+)
今日は普通の革靴を履いてきたので、日陰や雪が残った歩道は恐怖でした。(>_<)


さて、一昨日雪が降り積もる前に、無事終演されたSax奏者・佐野 功枝さんの
リサイタルについて。今年で、7年連続の開催になるとのこと。仕事等で何度か
都合が付かなかった年もありましたが、ほぼ毎年伺ってきました。
新作委嘱作品を毎回発表されており、今年も素敵な作品・日下部 進治氏の「glimmer」が
初演されました♪ 様々な工夫をされていて、本当に素晴らしいと思います!(^o^)

他、バッハ・シュミット・グラズノフと、どれもメインに並びそうな作品ばかり。(+_+)
特に、グラズノフの協奏曲は、名フィル 弦楽器セクションの方々による弦楽四重奏を
バックに、作曲家・伊藤 康英氏アレンジの伴奏による演奏、本当に熱演でした。
この作品は、音大入試曲として必ず入る作品の1つ、思いは尚更かと思います。
アンコールのうち、作曲家・平岡 聖氏アレンジの「虹の彼方に」が、当初曲名を
告げられずに聴いてたので、前奏から何が始まるかサッパリ見当が付かないところが、
逆に面白かったです。(^.^)

残念ながら、来年のリサイタルはお休みされるとのことで、別な活動をお考えな様子。
新たな展開が、またまた楽しみです!
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

一夜明けたら大雪@名古屋市




全国ネットのニュースで報道された通り、昨夜の名古屋市内は21時過ぎから雪が降り始め、
23時過ぎには路面が真っ白に。これは、明朝起きたらヤバイなと思った通りでした。(+_+)
10cmぐらい?と予想してましたが、一気に20cm前後の雪に。

実家に帰省する時にしか持ち出さないレインブーツを急ぎ準備、スーツは持参にして、
インナーのセーター&ジーンズを履いて出掛けました。
マンションの敷地を出てみると、歩道を殆ど歩いた方がいなかったらしく。。
しかし、朝刊はちゃんと届いてましたねー。(^.^)
勤務先最寄り駅は流石は官庁街、しっかり除雪されていました。
普段は自動車通勤の方々一気に私鉄・JRに流れたこともあってか、各線ともダイヤが
大幅に乱れたらしく、勤務先メンバー何人か始業に間に合わずでした。

昼間は少し晴れて気温が上がり、雪が解け始めたものの、夕方から一気に気温が低下。
落雪や凍った固まりには、まだまだ要注意!そんな訳で、帰宅時もレインブーツを履きました。

地元・島根県松江市じゃ、冬場よくある天気なのですが、中々名古屋市内では無い経験です。
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

ライブ7題・その5-キャッスル・ウインド・オーケストラ 第8回定期演奏会@せきれいホール





昨日は爆弾低気圧通過ということで、一昨日から強風注意との予報が出ていました。
仕事で知多半島に行きましたが、想像以上の強風が吹き荒れ、伊勢湾がまるで
日本海並みに大荒れ。。(+_+)そして、今朝は道路まで真っ白な名古屋市内です。
レインブーツでの通勤、初めてでは?


さて、バンドの本番までいよいよ1ヶ月切りましたが、これまでSax吹き仲間な皆様に
多数来場いただきながら、こちらからは中々行けなかったりということがありました。

夏以降、仕事の業務内容が変更になり、残業や週末仕事が激減したお陰で、
ようやく時間的余裕が出来つつあります。そんな訳で、先週末はK.Kさん&N田さんご所属の
キャッスル・ウインド・オーケストラの演奏会を聴きに岡崎市へ。
残念ながら、都合で後半から聴きましたが、楽器を初めて間もない方々からキャリア的に
ベテランなメンバーまで、それぞれに頑張っていらっしゃいました。
客演指揮者のSax奏者・櫻井 牧男先生が、アンコールでソロを取られるシーンも。(^.^)
終演後、K.Kさん&N田さんお2人と各々記念に♪

岡崎市のケーブルテレビ会社・ミクスネットワークで演奏会の様子を
撮影されていましたが、来年早々にOAされるようです。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート グランプリ ファイナル&ジュニア グランプリ ファイナル 男子シングル ダブル優勝!

昨日のニュースで、フィギュアスケート・羽生 結弦選手の凱旋帰国が報道されました。

先週末のスペイン・バルセロナで開催されたグランプリ ファイナル、男子シングルは
正に羽生選手の独壇場だったと言って良かったのでは?と思えた程の圧巻の連覇でした!\(^o^)/
たったひと月前の大事故で、こんな姿を想像することは、誰が出来たでしょう?

中国杯の大事故の影響で、NHK杯では良い演技が出来ず、6選手中最下位での
ファイナル進出ということで、チャレンジャーとして挑むとインタビューで答えていました。
ファイナル進出下位からの順番で演技するショートプログラムは、一番滑走。
ショパンのバラード 第1番の冒頭1小節目から、既に曲の世界観を彷彿させる空気が漂い、
4回転ジャンプを見事に決めて、曲想ピタリとハマった振り付けに乗りスピン・
ステップ共に流れるような美しさ。得点は、94.08点と今季最高得点!! (゜ロ゜)
全選手の演技後に、再度羽生選手の演技がOAされましたが、全く別格だということが、
改めて判りましたね。(^.^)フリーは、録画したまままだ観ていませんが(^_^;)、
昨日ジムに行った時に、トレーナーさんからもっと凄かった!と聞かされてますから、
早く観なくては。

他、2位はスペインのフェルナンデス選手・3位はロシアのコフトゥン選手、そして、
5位無良 崇人選手・6位町田 樹選手という結果でした。
町田選手はショートプログラムでは2位でしたが、インタビューでは不調を口にしており、
フリーは転倒が響いたとのこと。無良選手は、今季ハマっていた4回転ジャンプを
ショートプログラムでは失敗、フリーで取り返せなかったということでしょうか。
フェルナンデス選手は、ショートプログラムで得意の4回転ジャンプで転倒、
他のジャンプでも失敗等がありましたが、やはり地元開催のプレッシャーが
あったんでしょう。フリーで盛り返し、逆転の2位滑り込み。
コフトゥン選手は、徴兵制の為、ナント5月から兵役に就いている中での選手生活。
タフだなー、心身共に力強さを感じました。

女子シングルでは、日本選手が14季ぶりに進出なしの筈でしたが、アメリカの
グレーシー・ゴールド選手が怪我による欠場が決まり、補欠だった本郷理華選手が
繰り上げ出場。優勝は、ロシアのトゥクタミシュワ選手、4位までをロシア勢が占め、
本郷選手は6位。今季からシニア初参戦、この経験を来季に繋げていただきたいものです。

そして、ジュニアのグランプリ ファイナルでは、男子シングルでこちらの地元・
名古屋の高2生 宇野 昌磨選手が、ショートプログラム3位から逆転での初優勝!\(^o^)/
エキシビションの演技を観ましたが、身長が伸びて、逞しさを感じます。
2位には、山本 草太選手が入り、日本選手が表彰台を独占。
この吉報に対し、羽生選手が月末の全日本選手権で、ジュニア選手の挑戦を受けて立つ!
との発言も。(^.^)何だか、楽しみな展開になってきましたー。

女子シングルでも3選手がファイナル入り、浅田 真央選手が休養中の最中、
新たな息吹を感じる結果では?
その浅田選手は、Number最新号の表紙を飾っていました。
今年のスポーツ界の話題と言えば、表紙写真のソチ五輪のフリーの演技がベスト5に
入ってくるのは、まず間違いないでしょうね。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その4-名フィル 12月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール




今日は12/15、泣いても笑っても2014年はあと半月ですね!


さて、先週金曜日に行ってきた名フィル定期について。
今回、「アンファン・テリブル(恐るべき子供達)の1番」という副題で、天才作曲家の
若き時代の作品が並びました。指揮は、尾高 忠明氏。
先ずは、モーツァルトが8歳の時に書いたというシンフォニー。
何処かヴィヴァルデイ等のイタリアの影響を感じるところがありながらも、
既にモーツァルトと判る音楽なのが凄い!(゜ロ゜)
弦パートを少なくして、サロンで紅茶でも飲みながら聴きたい音楽でした。
当時は、宮廷や貴族の為に書かれた訳ですから、正にピッタリな雰囲気。

そして、注目の若手バイオリニスト・郷古 廉氏を迎えてのプロコフィエフの
バイオリン協奏曲。前回は、市民会館 名曲シリーズの時に、チャイコフスキーの協奏曲を
聴きましたが、またしてもロシアもの。
プロコの1番は、ロシア革命直前に書かれたとのこと。
同じ時期、ストラヴィンスキーが、バレエ音楽「春の祭典」でパリの聴衆を仰天させたように、
この曲も今までにない斬新さで、評価が分かれたとのこと。
トリッキーなソロに、オケは伴奏という雰囲気では全くなく、しかもTubaが
メロディを取ってソロが伴奏、なんて場面も。
完全に、バイオリンとオーケストラの為の協奏曲、という感じでした。
郷古氏の演奏、前回のチャイコは美しく聴かせていただきましたが、プロコでは難曲を
ヒラリサラリという感じ。凄いなぁ。また是非、違う曲でも聴いてみたいです。

後半は、ウォルトンの1番。冒頭から、金管セクションが炸裂! (゜ロ゜)
指揮の尾高氏、コバケン氏の如く、身を乗り出しての大熱演!!
今まで、エルガー等の端正流麗なメイン曲が続いていただけに、意外な指揮ぶりに、
終演後のTwitter上でも、大変な反響でした。 (^.^)

いやー、今月も中々面白いプログラムでした。
次回は、仕事の締め日の都合で、1/31(土)の土曜日定期に久々行く予定です。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

久々の3時間走



師走ど真ん中の週末、いよいよ大晦日に向け、まっしぐらですね!

さて、そんな週末初日は、名古屋市中心街の久屋大通に位置するランステーション・
RUN-UPが企画する3時間走のイベントに参加してきました。
このランステーションは、名古屋城周回朝ラン後、出勤前に毎回利用していますが、
その時に今日の企画を知って、申し込みました。
3月のナゴヤウィメンズマラソン2015を目指す女性ランナーの皆さんが大半を占めるという、
今日は女子会?!と思うようなメンバー構成でした。

私が申し込んだ1km・6分半のペースで走るチームは女性7名。
当初は、全員一緒に走っていましたが、10km過ぎてから、メンバーが段々と脱落していき、
結局最後までペースメーカーの方に付いていたのは、ナント私だけになってしまいました。(^_^;)
途中、足に違和感があり、どうかなと思いましたが、約28km頑張りました!(^o^)/
正直、大阪マラソン2014以来の超ロング走、先週末までに走った最高が15kmだったのです。
かなり心配でしたー。(>_<)何とか走り切れて、本当に良かった。

3月の静岡マラソン2015までに、来月再度30km走にトライしたいと思います!(^o^)
先ずは、今月の月間走行距離・100km越えが目標です。
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

今年の漢字「税」

12月も、とうとう残り半分となりました。明日は、いよいよ国政選挙です。

そんな中、昨日のニュースで、今年の世相を反映した漢字一文字が「税」に決定
という報道を見ました。
・・・何だか、ゲンナリ。(;´д`) もちろん、消費税増税を巡った事象から来ている訳で。
あと、更なる消費税増税の急な延期も含まれるでしょう。
この国では、税金って正しく使われてる気がしないのが困りモノ。(-_-;)

それにしても、税金アップだけでなく、年々年金や保険料が上がり、ベースアップ分も
相殺されたら、全く意味がありませんけど。(>_<)

株やら何やら投資されている方々には、全く問題ないお話みたいで。
これからは、個人的に投機した資産を増やさないとどうにもならない、なんて本が、
かなり売れてるらしいですし。
年金も、あと20年後には本当に貰えるのかどうなのかと思います。(+_+)

この漢字を見て、反って不満や不安が増してしまった1日でした。(-_-;)
関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

ライブ7題・その3-ミベモル サクソフォンアンサンブル 結成25周年記念 アドルフ・サックス 生誕200周年記念コンサート 名古屋公演@三井住友海上しらかわホール






続いて、昨日行ってきたばかりの演奏会について。

今年、ベルギーのディナン出身の楽器制作者 アドルフ・サックスの生誕200年を記念して、
様々な演奏会が世界各地で行われていると、以前にも書きました。
9月には、ミ・ベモル サクソフォンアンサンブルが、大阪・いずみホールで
結成25周年記念も重ねたラージアンサンブルサミットを開催、私も参加してきましたが、
翌10月には何度目かの欧州遠征を実現され、ベルギーでも演奏会を開催されたとのこと。

そして、今月は一昨日は埼玉・川口リリア・昨日は名古屋のしらかわホールで、
明日は大阪・いずみホールでの定期演奏会と、国内ツアーを敢行されています。
今回は、ベルギー大使館が共催し、そして、欧州ツアーに伴い、国内有数のスポンサーを
付けての企画の様子。これまでのSaxの演奏会にはないスケールの大きさに、
正直ちょっとビックリ。そんな訳で、昨夜は演奏前にベルギー公使がスピーチを。
アドルフ・サックスに関する紹介が、主な内容でした。

プログラムは、クリスマス前らしいチャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」、
そして、同じくロシアものでリムスキー=コルサコフの交響組曲「シェヘラザード」全曲。
くるみ割り~は、東京在住時に在籍したアンサンブル団体で、ミ・ベモル版を使って
演奏しました。なので、ようやくミ・ベモルの演奏を聴けて、何だか 感慨深かったです。
当時の苦労が、様々に思い出されました。

そして、シェヘラザードは圧巻の一言!(゜ロ゜)
ミ・ベモル音作りは、とにかく徹底していることで有名ですが、それをまざまざと
感じさせました。本当に、お手本になります。各パートの首席奏者の方は、
各々ソロリサイタルを積み重ねてこられた方々ばかり。
途中のソロフレーズも、本当に美しく聴き惚れました。

前半の中盤からは、実は初来日というブリュッセル音楽院教授でSax奏者・作曲家の
アラン・クレパン氏ご登場。先月終了したばかりの、アドルフサックス国際コンクールの
審査委員長でもあります。自作を引っ提げて、様々なジャンルの作品を披露して
下さいました♪音は明るく、軽やかな質感でしたね。
ただ、Saxのオリジナルも1曲ぐらいは聴きたかったかも。

終演後は、前田 昌宏先生やコンサートミストレス・岩田 瑞和子さんや、先月末にも
来名されたばかりのトゥジュールSQ T・Sax奏者の岩本 雄太さんにご挨拶。

プログラムは、記念演奏会に相応しい豪華な内容!
ベルギー大使やパリ国立高等音楽院Sax科教授のクロード・ドゥラングル氏のお祝い文、
25年間分の演奏会の写真・過去の海外遠征の写真等が多数盛り込まれていました。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その2-地元アーティストによるコンサート・ア・ラ・カルトvol.9@電気文化会館 ザ・コンサートホール







バンドの演奏会まで、とうとうあと1ヶ月を切りました!
告知は、現在2番目の記事としてアップしておりますが、皆様どうかよろしく
お願いします!!m(__)m今夜は練習日だったので、一旦帰宅してから出掛けました。

さて、昨日一昨日と、続けて演奏会に出掛けてきました。
まずは、一昨日のプランディール音楽事務所主催のジョイントリサイタル。
年に3回ぐらい、ピアノ・声楽・管弦楽器の演奏者の方々を、ソロやアンサンブルの形態で、
毎回4組での演奏となるこの企画も、今回で9回目。
演奏家を目当てに、異なるジャンルを嗜好したお客様を多数集めることが出来ます。
聴く側にも、初めて聴く演奏家や作品に出会えたりというメリットが。

今回、今や若手Sax奏者として注目の渡辺 志穂さん&浅井 ゆかりさん+Sax奏者でもあり、
今回はピアニストだった河原 翌真さんのトリオでの演奏を聴く為に来場しました。
特に、三大Bメドレー~バッハ・ベートーヴェン・ブラームス~の有名曲を取り上げた作品は、
愛知県立芸術大学出身の芳賀 傑さんのアレンジ。中々、聴き処満載で楽しかったです♪(^.^)

他には、ピアニストの方のプーランクの主題と変奏、愛知県芸大 3・4年生弦楽カルテットで
山田 耕作の弦楽四重奏曲第2番&矢代 秋雄の弦楽四重奏曲なんていうレアで意欲的な!
というような作品が飛び出して、個人的にはかなり面白かったです。(^o^)

♪次回は、10回記念の吹奏楽の演奏もあるとのこと。どんなメンバーがご登場でしょうか?
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

サッカーJリーグ J1・ガンバ大阪 9年ぶりの大逆転優勝&J2昇格プレーオフで劇的な下克上昇格&2014Jリーグ・アウォードMVP・得点王発表

先週末、サッカーJリーグでのJ1優勝争い&J2→J1昇格争いに、劇的なドラマが
待っていました!

先ずは、J1では浦和レッズ・ガンバ大阪・サガン鳥栖の3チームに可能性がある状態で
最終節を迎えました。特に、序盤から独走していた浦和レッズが終盤大失速、
最終節で敗戦・ガンバ大阪が引き分けたら優勝はない待った無しの状況に。
しかし、名古屋グランパスから前半いきなりの失点。
ハーフタイムでガンバが0-0で折り返したことを選手達が知って、反って焦ったのが
裏目に出て逆転負け。。
ガンバはそのまま試合終了、悪夢のJ2降格から1年でJ1復帰初年に優勝という、
何ともドラマチックな結末でした。しかし、レッズは毎年土壇場で良いところ無し。。(>_<)

そして、モンテディオ山形はJ1昇格プレーオフの準決勝・ジュビロ磐田戦で、
レッズからレンタル移籍中のGK・山岸 範宏選手がラストで前線に上がり、ヘッドでの
スーパーゴールが大いに話題になりましたが、決勝ではスーパーセーブを連発!
流石は、レッズでJ1優勝を経験している36歳の大ベテラン、チームの士気を見事に
コントロールしてました。ちなみに、天皇杯決勝はガンバvs山形らしいので、
これは面白い戦いになる予感が。(^.^)

そして、昨日はJリーグ・アウォードの発表があり、MVPは34歳の遠藤 保仁選手が
意外にも初受賞、得点王は32歳の大久保 嘉人選手が2年連続の受賞。
まさかの30代が揃って受賞とは、驚きです。若手が、もっと頑張らないと!
ベストイレブンも発表になり、東京のFW・武藤 嘉紀選手が新人で13得点を記録、
いきなりの初受賞になりました。

来月からアジア杯が始まりますが、総力を挙げて2連覇だけを目指して欲しいものです!
関連記事

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

大阪マラソン2014 チーム打ち上げ!





今年も残り約3週間、いよいよ年の瀬が押し迫ってきましたー。
毎日が忘年会!?という方も、結構いらっしゃるのでは?

私は、決まった忘年会は昨日の飲み会だけかも。
というのは、勤務先では業務上、支障が出るという理由で禁止になっています。(^_^;)

そんな訳で、非常に楽しみにしていた大阪マラソン2014でチームエントリーしたメンバーとの
打ち上げ兼忘年会♪(^o^)
場所は、名古屋では老舗の商店街・円頓寺商店街西側入口近くの炭火焼&ワイン酒場 barco
チームリーダーが、実はこの店の若きオーナー様なのです!
皆さんとスーツ姿で会うことが無かったので、何かちょっと変な気分?(^_^;)

途中、おかきが入っていそうな入れ物で、牡蛎が出てきました!
そして、ラストはトマト鍋!! 美味しかったです♪
スペイン→チリ→ポルトガルの白ワインも、美味しくいただきました。
つい飲み過ぎて、帰宅途中で途中下車してWCに行く羽目に。。(>_<)

和気あいあいと、楽しいひと時でした!(^o^)
飲みながら、皆さんの近況や、チームでまた何か大会に出られないか?!という話も。
いつか、実現したらいいなぁと思います。
関連記事

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

福岡国際マラソン パトリック・マカウ選手優勝

昨日の12時からスタートした、福岡国際マラソン。
来年の世界選手権の選考レースとなり、注目の大会となりました。

スタート時の天気は晴れ・気温8.5度・湿度49%と、マラソンには絶好のコンディション!
しかし、そのせいか、先頭集団は25km過ぎまで20人以上の大集団に。
今回、元世界記録保持者でケニアのパトリック・マカウ選手が、日本のレース初参戦と
いうことで、大きくクローズアップされていました。
大集団とみるや、一番後ろから付けて、様子を伺っていたところは流石。

ペースメーカーが中間点まで1km3分と良いペースで仕事してましたが、ペースメーカーが
いなくなると牽制気味にペースダウン。しかし、30km過ぎにモンゴルのバトオチル選手が、
アジア大会と同様にスパート、一気にレースが動くことに。
バトオチル選手、今年から実業団のNTNの所属選手だったんですね。
付いていったのは、マカウ選手とエチオピアのアセファ選手。
今回、マカウ選手が2年ぶり、アセファ選手も約3年ぶりと、怪我からの復帰戦とのこと。
残念ながら、このスパートに付いていった日本選手はいませんでした。
後から、33歳のホンダ・藤原 正和選手が飛び出しましたが、やはり追い付けず。
バトオチル選手が落ちてくると思ってた、らしいです。

38km過ぎから余裕のスパートをし見せたマカウ選手が独走、2時間8分22秒で初優勝!
最後は、あまりの走りの美しさに、つい見とれましたね!
2位にアセファ選手、3位にバトオチル選手が続く結果に。
途中、マカウ選手・アセファ選手・バトオチル選手が会話してましたが、
やはりペースについての駆け引きのやり取りだったとのこと、中々面白かったです。

日本選手は、藤原選手がギリギリ2時間8分を切れませんでしたが4位、5位に旭化成・
足立 知弥選手、7位にJR東日本・高田 千春選手が入賞。
今回、注目の選手としてコニカミノルタ・宇賀地 強選手が3回目のマラソン挑戦で
2時間10分50秒で11位でした。特に駒澤大学時代、大学駅伝で名を馳せてきましたが、
このまま上手くマラソンにシフト出来るかどうか?
そして、DeNA・上野 裕一郎選手は初マラソンだったらしいですが、いきなりハイペースの
先頭集団についた影響か、中間点を過ぎてから失速、37位だったとのこと。
佐久長聖高校時代の高校駅伝から名を馳せてきましたが、マラソンはどうでしょう?
優勝候補としても挙げられた安川電機・中本 健太郎選手、地元の大会初参戦でしたが、
最後は2番手・3番手集団からも後退、結局12位とマラソンで初めて入賞を逃す結果に。
エネルギー切れだったとのことですが、メディアの注目度が上がり、プレッシャーも
かなり大きかったのでは?

これから、まだまだ世界選手権の選考レースが続きますが、新たなスターの出現も
待ってみたいものです。(^.^)
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

デュフィ展@愛知県美術館



今日の休みは、午前中に所用を済ませた後、夕方近くから走りに出掛けましたが、
流石に暗くなりかけてしまいました。(+_+)しかし、秋口に走ってた汗だくだったコースも、
スピードを付けて快調に走れました。


さて、昨日の人間ドックに行った後の話。
今日が会期末だった、デュフィ展を鑑賞しに、愛知県美術館へ。
ピカソやマティスと同時期に活躍しながら、これまで余りスポットが当たらなかったとのこと。
時代の空気をいち早く取り込んだかのように、ドンドンと作風が変化。
数年間ながら、ファッションの世界でもデザインの部分で活躍した時代があったとのこと。
しかも、生地が島根県立石見美術館所蔵と判って、驚きました。(+_+)
晩年は、後のシャガールに繋がるような画風に変化を遂げました。
そして、陶芸や水彩画作品もあり、様々な一面を観ることが出来ました。


音楽に造詣が深かったとのことで、バッハ・モーツァルト・ドビュッシーへのオマージュや、
パリ国立高等音楽院のオーケストラで指揮者を勤めていたシャルル・ミュンシュを通じて、
オーケストラの様子を描いた作品が幾つかあったのが興味深かったです。

またいつか、デュフィ作品に出会える日があればと思います。(^o^)
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

今年2度目の人間ドック終了



日本列島を一気に寒気が包み込み、午前中にとうとう名古屋市内も初雪を観測
したようです。(>_<)こんなに早いのは、久しぶり?
我が家の車、確かまだまだスタッドレスタイヤに変えてません。大丈夫かな?!(+_+)

さて、こんな日の早朝から、人間ドック受診の為、出掛けてきました。
実は、1月末にも受診しましたが、あくまでも2013年度分、今回は2014年度分でした。
しかも、12月は初めて。

今回も、初めて追加する自費のオプション診療が多数ありました。
まぁ、1度やってみれば安心?(^_^;)
その中で、子宮内視超音波に初挑戦しました。毎回頼み忘れて、気になってました。
結果、30~40代の何人に1人は見付かるという子宮筋腫が、1cm程のサイズで
見つかりました。(>_<) 直ぐ何か治療をしなくても良いけど、気になるなら何処かで
精密検査を、とのこと。いやー、驚きました。。
反対に、骨密度は年齢比較では120%の数値が出て、こちらもビックリ。(~_~)
先々を考えたら、骨が丈夫そうなのは、有り難いです!

無事に検診が終わり、特典の近隣店舗のお食事券&スタバカードを受け取りました。
ということで、前回同様に東急ホテルへ。(^.^)クリスマス前ということで、
ロビーは、ツリーが飾られていて、来客した方々が多数撮影されていたり。
ランチは、カフェ・モンマルトルで前回同様お魚メインのコースで。
うっかり写真を撮り忘れましたが、カシスのムースも絶品!美味しくいただきました~。(^o^)

人間ドック10回目でしたが、とうとうアラフォー最後の検診となりました。。
後は、良き結果を待ちたいと思います。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ライブ7題・その1-佐藤 和彦リサイタル2014 CD発売記念~Eternal~ 名古屋公演






12月に入り、更に一層寒さが増してきた今日この頃。
北の方や日本海側や山間部では、この時期にしてはかなりの雪が降り、本格的な冬を前に、
先が思いやられます。(>_<)


さて、3日前に行ってきた年末最初の演奏会は、生まれて初めてのTubaの演奏会。
新日本フィルハーモニー交響楽団 首席Tuba奏者・佐藤 和彦氏のCD発売記念

リサイタルでした。伴奏ピアニストの中村 真理さんは、最近はすっかりEuph・Tuba界では
お馴染みな伴奏者となっていらっしゃいます。(^.^)そんなご縁もあり、出掛けてきた次第。

パッと見、この楽器には無いタイプのスタイリッシュさというか、長身で細マッチョ風で、
違う楽器を持って、颯爽と出てこられるんじゃないかという雰囲気。
ちなみに、チラシ&プログラムパンフやCDジャケットは、全てお知り合いの
デザイナー・下野 剛氏のデザインで更に引き立つ素敵な仕上がりに。(^.^)

冒頭、リコーダーの為のソナタは、とてもTubaとは思えない機動性やクリアな音に
驚かされました。(@_@)普通の楽器でも、演奏は大変な作品です。
そして、佐藤氏ご自身が、ナント東京芸術大学生時代に委嘱初演したという無伴奏作品。
この作品を聴けば、Tuba
という楽器の見方が変わること間違いなし!
前半最後は、ベートーヴェン作品。HnパートをTubaで、なんて考えたことも無かったですが、
ピアノとのアンサンブルは抜群でしたね。

後半は、海外の作曲家のオリジナル作品の間にピアソラのタンゴという、これまた
意外なプログラミング。どんなアレンジになってるかと思えば、流石にメロディが
取れないところは、ベースなんですね。(^_^;)
オリジナルの2曲は、高難度のテクニックを駆使しつつも、歌心満載でした。
これがTubaの作品なのか?!、と思わずにいられません!
アンコールは、映画「千と千尋の神隠し」より、佐藤氏が好きな曲という1曲から。
(曲名を忘れました)

終演後、佐藤氏のサイン会は中々の盛況ぶりでした。
私は、年始の発表会以来、真理さんへご挨拶。記念に、写真も撮っていただきました~。(^.^)
また、新年早々からお世話になります!
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2014年新語・流行語大賞発表

1年間、メディアを中心に生まれた「ことば」の中から、広く大衆に親しまれた
新語・流行語を選ぶ時期がやってきました。

今年の大賞は、やはり!日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」に決定。(^o^)
昨年は、芸人発の流行語が無かったと言われましたが、新顔の彼女達が一矢報いた形に。
受賞辞退ということでしたが、国論を二分した「集団的自衛権」も大賞を受賞。

他、トップ10は「ありのままで」「カープ女子」「壁ドン」「危険ドラック」「ごきげんよう」
「集団的自衛権」「ダメよ~ダメダメ」「マタハラ」「妖怪ウォッチ」「レジェンド」。
こうやって見ると、女性に関する言葉が、半分以上を占めてるのは、時代の流れでしょうか?

レジェンドは、プロゴルファーの青木 功選手&プロ野球の中日・山本 昌投手&
スキージャンプの葛西 紀明選手の3選手へ。特に、葛西選手は、つい先日W杯の
最年長優勝記録を更新したばかりというタイムリーなネタとなりました。
関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

大阪マラソン2014 記録証到着!


今日から12月、今年もいよいよあと1ヵ月となりました。
随分先ですが、5/17(日)のぎふ清流ハーフマラソン2015のチャリティエントリーが
今日からスタートしたので、早速登録を済ませました。

そして、3/1(日)の静岡マラソン2015まで、ちょうど3ヵ月となりました。
ぼちぼちと、その為の走り込みを本格的に始めなくてはなりません。
昨日は、アップダウンの激しい坂道を12km程走りました。(+_+)

今日は仕事後に治療院へ行ってから帰宅したところ、大阪マラソン2014の記録証が
届いていました!(^o^)初マラソンのラップタイム改めて振り返ってみると、
30km以降に何とか歩かずにゴール出来ないものかと痛切に感じます (>_<)
今月来月、頑張って走り込みたいと思います!
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP