プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ライブ11題・その11-トゥジュールサクソフォンクヮルテット いつもSAX!!スペシャル2014名古屋@ドルチェ楽器 名古屋店







昨日の続きです。


名古屋ボストン美術館に行った後、ドルチェ楽器 名古屋店へ。
トゥジュールサクソフォンクヮルテットの皆様の名古屋公演が、とうとう実現しました!\(^o^)/
個人的には、4年前の6月に大阪のフェニックスホールでのリサイタルを聴きに行ったことが
あります。この時は、シュミットの四重奏曲がバチバチに決まってて、仰天した記憶が!
今回は、リュエフにカプースチンの難曲を、さらりひらりと(@_@)演奏されているのを聴かせて
いただきました!!
流石は、来年で結成20年を迎えられるだけあり、あうんの呼吸が、本当に素晴らしいです!!!
長生 淳氏の初期のSax四重奏作品、実際に演奏されるのを初めて聴くことが出来ました。

後半は、トゥジュールSQ第5のメンバーでもある作編曲家・大島 忠則氏アレンジのサウンド・
オブ・ミュージックでスタート。
大島氏のアレンジは、本当にツボを得ていて、演奏していて楽しくなります♪
そして、トゥジュールのお・も・て・な・しと題して、メンバーがアレンジした作品の演奏。
個人的には、今年の1月に亡くなったばかりのやしきたかじん「やっぱ好きやねん」が
アルトの森下さんのソロでジーンときたと同時に、関西の方にしか出来ない演奏だなぁと。
森下さんは、この曲以外にも多くの場面でも、素晴らしいソロを聴かせていただきました!(^o^)
アンコールは意表を突いて、ドヴォルジャークの「我が母の教えたまいし歌」。

終演後は、この地区のベテランアマチュアメンバー勢揃いという珍しい状況?!の中で、
打ち上げに参加。メンバーの皆様と、色々お話することが出来ました!
今日の東京公演が残っていただけに、程々でお開きに。

個人的に、色々周りのお知り合いの皆様に声を掛けたりしましたが、残念ながら多数の客数が
埋まる中でとはいかなかったものの、これに懲りずまた是非来名いただけたらと思います!(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

美術する身体 ピカソ、マティス、ウォーホル@名古屋ボストン美術館



今日は、今月最終日にして日曜日でした。午前中は仕事し、午後は走ってきました!
次の目標とする静岡マラソン2015まで、あと3ヵ月です!!


さて、昨日は月一の定期歯医者通院の後、名古屋ボストン美術館へ。
今日までが会期末だった
「美術する身体」展を鑑賞してきました。
20世紀の美術界の主流となった抽象的表現が、「身体」をどう表現してきたか?
という問いかけでした。ピカソ・マティス・ウォーホルを始め、アメリカの作家を中心に、
様々な国の作家による身体表現を鑑賞することが出来ました。
やはり、第1・2次大戦の影響を受けた作品が多かったのが印象的でした。

次回、年明けから新たな展覧会が開催されますが、こちらも楽しみです!
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

演奏会のご案内(2014年11月)

♪2014年11月
♯2014年11月15日(土)14:00
  愛知・北名古屋市 名古屋芸術大学 東キャンパス 3号館ホール
  Saxophone Concert
   ~名古屋芸術大学 サクソフォーン専攻生による~
・・・終了★
    ☆出演:名古屋芸術大学 Sax科教員・専攻生・卒業生
  
♯2014年11月16日(日)14:00開演
  兵庫・神戸市 神戸芸術センター シューマンホール
  Kobe Saxophone Musica 第1回 定期演奏会・・・終了★

♯2014年11月16日(日)15:00開演
  神奈川・川崎市 テアトロ・ジーリオ・ショウワ
  昭和サクソフォーンオーケストラ第 25回定期演奏会・・・終了★
   ☆出演:指揮 野原 武伸・有村 純親・福本 信太郎・榮村 正吾(本学講師)
        演奏 昭和音楽大学サクソフォーン専攻生
  
♯2014年11月22日(土)18:30開演
  岐阜・各務原市民会館 文化ホール
      11月23日(日)18:30開演
  静岡・ヤマハミュージックリテーリング 浜松店8F かじまちホール
  アリオン・サクソフォン・カルテット  カスタムツアー in 東海・・・終了★

♯2014年11月22日(土)18:00開演
  東京・渋谷区 ノナカ アンナホール
  北尾 厚志&北尾 妙貴 
    サクソフォンジョイントコンサート 東京公演
・・・終了★

♯2014年11月23日(日・祝)14:00開演
  鳥取・倉吉市 倉吉未来中心大ホール
      11月24日(月・祝)15:00開演
  島根・松江市総合文化センター プラバホール
  第11回山陰の名手たちコンサート・・・終了★

♯2014年11月24日(月・祝)14:00開演
  大阪・大阪市 ドルチェ・アーティスト・サロン大阪
         29日(土)17:00開演
  愛知・名古屋市 ドルチェ・アートホール NAGOYA
         30日(日)17:00開演
  東京・新宿区 アーティスト・サロンDolce東京
  トゥジュール・サクソフォン クァルテット いつもサックス!!
   スペシャル2014大阪&名古屋&東京
・・・Coming soon !

♯2014年11月28日(金)19:00開演
  宮城・仙台市 宮城野区文化センター パトナホール
  堀江 裕介サクソフォンリサイタル〜Song Book〜・・・終了★
   ☆出演:Pf・中根 浩晶、Mlb・誉田 広耶、Sax・佐藤 こずえ

関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ライブ11題・その10-セントラル愛知 11月定期@三井住友海上 しらかわホール





いつの間にか、11月が終わろうとしています。
ここ数日、暖かい日が続きましたが、来月は一気に寒くなるという予報が。(+_+)


さて、先週の金曜日になりますが、セントラル愛知の11月定期に行って来ました。
指揮は、久々の松尾 葉子氏。
今回は、ナント言ってもピアニスト・外山 啓介氏の客演が一番のお目当て!
2004年の第73回日本音楽コンクールで第1位を受賞し、早くからリサイタルを開催。
東京在住時からお名前は知っていたものの、演奏会に行くチャンスを逸していました。
今回は、ショパンのピアノ協奏曲 第2番。
特別仕様のカワイのピアノが、まるで繭玉のような繊細さを放ち、ホールの空間も相まって、
豊かな響きを堪能出来ました!(^o^)アンコールは、リストの作品。

後半のメンデルスゾーンのスコットランドは、荒涼とした中でも素朴なかの地の風景が、
音楽から見えてくるような演奏でした。
今回、珍しくアンコールがあり、エルガー「愛の挨拶」。

休憩中、ロビーに色々ポスターが貼ってありましたが、来月10(水)にこのホールで演奏会を
予定されているミ・ベモル サクソフォンアンサンブルのものを発見しました!(^^

セントラル愛知の次回の定期は、来年2・3月。基本的に奇数月開催なので、珍しいですね。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ11題・その9-関西フィルハーモニー交響楽団 名古屋公演@愛知県芸術劇場 コンサートホール




いよいよ、今月もあと4日を残すのみ。街は、既にクリスマスモード一色ですね。


さて、時間が経ってしまいましたが、先週行ってきた関西フィルの演奏会について。
約20年前の京都在住時代 、関西のプロオケの中で、唯一行けてなかったのが、
関西フィルの演奏会でした。2008年に、バイオリニストのオーギュスタン・デュメイ氏が
音楽監督に就任、名古屋公演もデュメイ氏指揮での定期演奏会後の公演だったとのこと。

冒頭から、デュメイ氏指揮振りでのVn&若手チェリスト・宮田 大氏&ピアニスト・
上田 晴子氏によるベートーヴェンのトリプルコンチェルト。
この1曲だけで前半が終わってしまったのですが、曲の長さを感じさせない見事な
アンサンブルでした!

デュメイ氏は、2年前の名フィル定期の客演で、ベルクのコンチェルトを聴きました。
あの時の感動が、また蘇るような幹の太い音楽でした。
チェリストの宮田氏は各地で引っ張りだこですが、ベテランのお2人へ胸を借りるが如く、
堂々と渡り合った演奏でした。来月は、電気文化会館 ザ・コンサートホールで
ソロリサイタルが予定されています。
ピアニストの上田氏は、以前から聴いてみたいと思いながらも、今回ようやく初めて
チャンスを得ました。控えめに、弦の2パートをソッと支えるかのように寄り添う感じ。
いつか、ソロリサイタルに伺ってみたいです。
後半は、関西フィルのみの演奏で、ベートーヴェンを2曲。
デュメイ氏の音楽世界を、こちらでも堪能することが出来ました!

来年以降は、この組み合わせで、また来名公演はあるのかどうなのか?(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ブラインドサッカー世界選手権 日本代表 過去最高6位で終了

先週、東京の代々木第一体育館のフットサルコートで開催されていた
ブラインドサッカー世界選手権。
日本代表は初の決勝トーナメントに進出するも、準々決勝で中国に
PK戦で惜敗、その後の順位決定戦の結果、6位に確定し終了しました。

優勝は、この競技でもやはりブラジル!
ニュースでチラリと観ましたが、やはり足元のテクニックがスゴいです。

大会期間中、試合によっては1000人を越える観客が集まり、ボランティアも
多数参加があったとのこと。まだまだ資金が足りず、運営は大変とのことですが、
東京五輪に向けて是非応援するムードが盛り上がることを祈るばかりです!
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

長野県北部地震

3連休、あっという間に終わってしまいました。。(>_<)
昨日は、朝から夕方までバンドの練習&演奏会打ち合わせでした。

さて、3連休の初日の夜22時過ぎ、ダイニングチェアに座ってTVを観ていたら、
急に体が揺れる感じが!(>_<)小刻みではなく長い横揺れを感じ、これはまさか?!と
直ぐにチャンネルをNHKに変えて、長野県と新潟県境が震源の地震発生と判明。
しかし、夜だけに現地の様子が判らず、Twitterで寄せられる室内が散乱した写真だけでも、
相当な被害に違いないことは想像出来ました。

そして、翌日の朝からニュースで現地の様子が映し出され、白馬村のある集落では、
完全に潰れた家屋をいくつも観ました。。
しかし、最終的には、お亡くなりになった住民の方はいなかったとか!
雪国特有の太い梁のお陰で、空間が出来易かったことや、集落内で非常事態時に
助け合う組織作りが進んでおり、効を奏した形になった様子。
住民数が少ないことや、濃密なコミュニティが形成されていたからかもしれませんが、
警察・消防の到着前に住民全員の安否確認完了という、驚くべき出来事でした。(@_@)
厳しい冬は目の前、住民の方々の生活再建は危急の課題でしょう。

しかし、断層の大きなズレで、道路や田畑が隆起している様子が、規模の大きさを
物語っています。白馬村以外でも、長野市等の震源に近いエリアは壁や屋根が剥がれたり、
善光寺では灯篭が壊れたり、観光がメインなエリアだけに大打撃でしょう。

長野県内では、今年に入って大雨による土石流被害・御嶽山噴火に続く3つ目の大災害。
ひずみを集中帯と言われる淡路島から大阪→京都・滋賀→岐阜・愛知→富山→長野・新潟→
山形→秋田→北海道西部にかけてのエリア、これまで大きな被害をもたらす地震が
多数頻発しています。明日はわが身、と改めて肝に命じたいです。。
関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

大相撲九州場所 横綱・白鵬関 32回目の優勝

11月初めから、福岡市で開催されていた大相撲九州場所。
結果は、毎日TV・新聞・ネットで確認していましたが、昨日の千秋楽は自宅にいたこともあり、
中入後の中盤からTV観戦しました。
前半、横綱・白鵬関が中日を待たずに1敗し、横綱・鶴竜関が全勝ターン。
これは優勝争いが面白くなりそうと楽しみにしていましたが、後半に入り鶴竜関が2敗し、
千秋楽の結びの一番で白鵬関と直接対決に。
鶴竜関が勝てば、優勝決定戦にもつれるところでしたが、呆気なくアッという間に勝負有り。
白鵬関の通算32回目の優勝が決まり、昭和の名横綱・大鵬と並んだ瞬間でした!(^o^)

白鵬関の「鵬」の字は、正に大鵬からの一字を貰って付けられたしこ名。
君が代斉唱では涙が止まらず、優勝インタピューでは真っ先に故郷・モンゴルの両親や
関係者に伝えたいと、モンゴル語でのスピーチ。
不可能と言われた大鵬の記録に並んだことを、直接報告したかったとのこと。
そして、「この国の魂と、相撲の神様が認めてくれたから、この結果があると思います。」と。
異国の国技で頂点となる横綱という立場を長く1人で勤め、人知れずどれだけの悩みや苦難と
戦ってきたことでしょうか。

いよいよ、前人未到の33回目の優勝が見えてきました!
相変わらず日本人力士の優勝が中々見られず、残念に思いますが、先ずは大記録の達成を
来年以降見届けられたらと思います。(^.^)
関連記事

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

ライブ11題・その8-名フィル11月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール



3連休中日、風邪を引いて体調が万全ではないので、せっかくのお天気良い日でしたが、
終日自宅内でゆっくり過ごしました。


さて、先週末から国内プロオケの3つの演奏会に行ってきました。
まずは、名フィル11月定期、指揮は川瀬 賢太郎氏。
Bの1番ということで、ベートーヴェン・ブリテン・ベルリオーズ・バーンスタインの
若き時代の作品が並び、正に川瀬氏の年齢と差がないせいか、エネルギッシュな
指揮ぶりがピッタリだった気がします。
特に、ベルリオーズの作品は中々演奏される機会がないのでは?

ブリテンのセレナードでは、イングランドの素朴な自然の風景が思い浮かぶような
首席Hn奏者・安土 真弓さんの美しく透明感のある音色と、テノール・小原 啓楼氏の
張りのある響きを堪能しました!
そして、バーンスタインのエレミアは、宗教色が強い作品ながらも、4楽章では
メゾ・ソプラノの福原 寿美枝氏の祈りの想いのこもった歌声でした。

作品に知名度がないせいか、客入りが今一つでしたが、演奏自体が素晴らしかっただけに、
何だか勿体ないような気がします。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

久々のグンゼスポーツ 名古屋ランニングクラブ参加@庄内緑地公園&大阪マラソン2014完走御礼ラン@熱田神宮









今週、一段と寒さが増してきたせいか、数日前は胃腸がゴロゴロ音を立て、そのうちに
またまた鼻風邪っぽくなってきました。(+_+)
アメリカは大寒波で、都市生活が麻痺する程の有り様。(((・・;)
今年の冬も、また寒くなりそうです。。(>_<)


さて、今日はお盆前以来、ナント3ヵ月半ぶりのグンゼスポーツ 名古屋ランニングクラブに
参加してきました。元々のクラブ会員のTさんは、今日は木曽三川ウルトラマラソンに
ご参加ということで、私1人になっちゃいました。(^_^;)

今回、スローランということで、ゆるジョクから庄内川近くの芝生でストレッチやダッシュ、
最後は内周1.8kmのコースを1km 6分半・2周目はそれよりも早いペースで各自走り切る
メニューでした。(^.^) 10時からは、公園内で女性雑誌・cheek主催の大会が始まったりと、
いよいよマラソンシーズンが本格的になってきました。

終了後は、地下鉄で浄心駅まで移動、名古屋高速下の道を下り、山王通から大津通へ入り、
南に向かって一路熱田神宮へ。
6月に大阪マラソン2014当選が決まり、熱田神宮まで完走祈願ランを決行しました。
今日は、御礼ランということで、ランニングサークル後に熱田神宮まで走った訳です。

最高気温が18℃予想でしたが、日なたは暑く日陰はメチャクチャ風が冷たい!(>_<)
着ていたシャージを脱ぐ訳にもいかず、体温調整には本当に苦労しました。(+_+)
何とか現地に到着!鳥居の外から御礼を述べ、宮きしめんの店できしめん 小盛を注文。
体が温まって、美味しくいただきましたー。(~_~)

いよいよ3/1(日)静岡マラソン2015に向けて、練習を本格化させなくてはです!
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

ブラインドサッカー世界選手権 in 東京 日本代表決勝トーナメント進出決定!

私がこの競技を知ったのは、実はfacebookがキッカケでした。
日本ブラインドサッカー協会の公式ページを発見し、密かに応援してきました。
通称・ブラサカと呼ばれるこの競技、パラリンピックの正式種目でもあります。

現在、アジア初の世界選手権が都内で開催中ですが、毎朝TBS「あさチャン!」が
試合の様子や結果をOAしてくれることで、実は実際に競技する様子を初めて観ることが
出来ました。ちなみに、Ustreamでは、全試合を生中継中です。

鈴の付いたボールを使用するというところでは、ロンドンパラリンピックで
金メダルを獲得して注目を浴びているゴールボールに似たところもあります。

通常のサッカーの試合との一番の違いは、プレイ中に選手以外で声を出しても良いのは、
ガイドと呼ばれて指示を出すコーチ陣のみ。観客の声援は、シュートを打った後や、
笛が鳴った後ぐらいでしょうか。
TVを観ると、多数のお客さんが毎試合集まっています。
サッカーA代表等も応援するサポーター団体が、会場で横断幕を挙げて盛り上げていた様子。
近くなら、行ってみたかったなぁと。(^_^;)
ちなみに、えぬ夫はメインの選手は全員知ってました。流石だ。(^.^)

ブラサカ代表ブログによると、目標はまずはベスト4とのこと。
決勝トーナメントの結果も、楽しみです!(^_^)
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

訃報・俳優 高倉 健

2014年もあと40日余りという時期、あと1ヶ月もしないうちに国政選挙があるとの発表が。
何の為の選挙なのか、イマイチ理解出来ません。はっきり言って、税金の無駄遣いでは?(-.-)

その政府の発表報道を押し退けて、一昨日からニュースやワイドショーで大きく
取り上げられたのは、俳優・高倉 健氏の訃報。
初七日を終えた段階で、個人事務所から発表されたのではないかと思われます。
JR名古屋駅前では、新聞の号外まで配られたとか。

特に、60代以上の方々には、思い入れが深い様子。
アメリカ・中国のメディアでも大きく取り上げられ、時に中国からは政府の報道官から
コメントが発表された程、大きな影響があったとは。

生涯、映画人として生き、数々の代表作を生み出した名俳優。
私が映画館で観たのは、中学時代に父親に連れられて観に行った「南極物語」ぐらい?

しばらくは、様々な懐古企画が続きそうですね。ご冥福をお祈りします。
関連記事

テーマ : 芸能一般 - ジャンル : アイドル・芸能

フィギュアスケート グランプリシリーズ ロシア杯 女子シングル 本郷 理華選手

ウインタースポーツが、本格的に活発になってきました。
スキージャンプの高梨沙羅選手は、W杯24連勝&2度の総合優勝がギネスブックに認
定されたんだとか。今季も、是非頑張って欲しいです!(^o^)

そして、フィギュアスケートは、男子シングルの高橋 大輔選手が引退を発表した
ばかりですが、つい先日、女子シングルの村主 章枝選手も引退を発表。
休養中の浅田 真央選手は、来シーズン以降の動向が未だはっきりしない状況です。

日本選手の世代交代が進む中、トップ選手が出場するグランプリシリーズが、
先月末から開幕。
男子シングルでは、スケート・アメリカで町田 樹選手が、スケート・カナダでは
無良 崇人選手が各々優勝!(^o^)
そして、中国杯に羽生 結弦選手が出場しましたが、フリーの演技前の6分間練習中に、
中国のエン・カン選手と激突という大事故に巻き込まれ、辛うじて演技し2位に。
しかし、余りにも心身のダメージが大きく、非常に心配です。
頭部への影響、本当に問題ないのでしょうか?!
国際スケート連盟は、早くきちんとした基準を設けて欲しいです。
選手の皆さんは命懸けなんだということを、改めて痛感しました。

日本女子選手の主役が、今一つ不在と言われた中、今季シニア初挑戦の18歳・
本郷 理華選手が、ロシア杯初優勝の快挙!\(^o^)/
宮原 知子選手はスケート・カナダで3位、村上 佳菜子選手は中国杯で3位と、
若手が頑張ってます。
しかし、ここで踏ん張らないと、今後の世界選手権の女子シングルの出場枠が
危うくなるだけに、後半戦も頑張って欲しいなと思います。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

國末 貞仁先生レッスン会 in 名古屋@ドルチェ楽器 名古屋店




今日は、昨日に続いてドルチェ楽器 名古屋店での國末先生のレッスン会でした。
名古屋市内では浜松でのように連続ではなく、何度か行ってきましたが、
会場をドルチェ楽器にしたのは初めてとなりました。

今回の受講メンバーは、社会人メンバーのみ。
ランチは、全員で近くのお寿司屋さんへ行きました。
レッスンは、メンバー各々の本番等に向けて、ヒントや課題をいただくことが
出来たのではないでしょうか?

JR名古屋駅からのお見送り前に、チョコッと飲みを。
國末先生の東京芸術大学時代の同級生でFl奏者・邊見 亜矢さんを、お招きして
楽しく過ごしました。(^.^)

2日間の参加メンバーの皆様、本当にありがとうございました!
國末先生、お忙しい中ありがとうございました!!(^o^)
残り2ヵ月を切った来年1/11(日)の門下発表会に向けて、頑張らねばと思います。(^_^)
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

男子テニス ATPツアー・ファイナル 錦織 圭選手準決勝敗退・今季世界ランキング5位確定

昨夜は浜松から急ぎ帰宅後、既に試合中の男子テニス ATPツアー・ファイナル 準決勝・
錦織vsジョコヴィッチ戦を観戦。帰宅途中、第1セットは劣勢と確認していました。

帰宅した瞬間、錦織選手がジョコヴィッチ選手のサービスゲームをブレイクし、
直後にサービスゲームをキープ・第2セットをモノにしたところでした!\(^o^)/
今大会、初めてジョコヴィッチ選手から1セットを奪ったことになるんだとか。
そして、勝負の第3セット、いきなりジョコヴィッチ選手のサービスゲームをブレイクする
チャンスが来たにも関わらず、ミスから自滅。。本気で勝ちを 意識したからでしょうか。
しかし、サーブでダブルフォルトを連発したり、リターンが上手く返らなかったりと、
ミスの連鎖は止まらず。ジョコヴィッチ選手が凄かった訳でもなく、決勝に進める
チャンスを自ら逃すことに。第2セットとは別人のようで、本当に残念でした。

しかし、初のファイナル進出で、世界ランキング5位は確定。
今季、誰がここまでの飛躍を予想したでしょう?世界ランキング1位も見えてきたのでは?!
来年早々には全豪オープンが始まり、オフシーズンなんて無いようなもの。
プロテニス選手の生活は本当に過酷、来年もどうか怪我なく勝負して欲しいなと思います!(^.^)
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

國末 貞仁先生レッスン会 in 浜松








昨日から、また急に冷え込んできました。(>_<)秋が駆け足で過ぎ去り、早や冬の装い。
街中は、すっかりクリスマスモードです。


さて、今週末は國末先生のレッスン会を企画しました。
今日は浜松市へ。2008年5月から年2回でスタートし、今回でナント14回目になります。(^.^)
私を含めた社会人4名と、アンサンブルコンテストの各学校の校内予選を前にして、
参加希望をいただいた3校での参加に。
皆さん、的確なアドバイスを受けて、みるみる良くなっていくのが判りました!(^.^)
終了後は、今や恒例のマインシュロスへ。LED照明のライトアップが綺麗でした☆

明日は、初めてドルチェ楽器 名古屋店内でレッスン会予定です。(^.^)
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

男子テニス ATPツアー・ファイナル 錦織 圭選手 準決勝進出&対ジョコヴィッチ戦決定!

ここ最近、TV・ネット・新聞のニュースで、錦織選手の話題を見ない日はないと言える程。
そして、一昨日の夜は23時から25時過ぎまでTVに釘付けでした!

男子テニスのATPツアー・ファイナル、初戦のマレー選手に勝利したものの、
フェデラー選手には完敗。最終戦のラオニッチ選手との戦いで、決勝トーナメントの
行方が決まる筈でした。がしかし、肉離れの為、ラオニッチ選手が試合2時間前に
急遽棄権を発表、補欠のフェレール選手との対戦が決まりました。
フェレール選手は、ロンドン入りしてから毎日練習し、体調は抜群とのこと。
錦織選手と身長体重に差がなく、スタミナがあり粘り強いタイプということで、
強打のラオニッチ選手とは真逆のタイプとのこと。但し、直前のパリ大会では
勝利、錦織選手優勢は伝えられました。

試合が始まれば、予想通り一進一退の攻防に。流れに乗れず、サービスゲームを
ブレイクされて第1セットを4-6で落とすことに。
しかし、この日はここからが凄かった!(゜ロ゜)
球速の遅いコートということで、ストローク戦に敢えて持ち込まないような相手の不意を突く
ショットを連発!しかも、何だか淡々とした余裕のある雰囲気。
フェレール選手がスペイン人ということもあり、懸命な燃える闘牛士vs物静かな武士との戦い、
という様相でした。結局、6-4・6-1と連取し、勝利!\(^o^)/
決勝トーナメントへ、一歩リードしました。

そして、昨日マレー選手がフェデラー選手に破れ、錦織選手の決勝トーナメント進出が確定!(^o^)
しかし、次の相手はジョコヴィッチ選手。今季世界ランキング1位が確定し、まだまだ簡単に
勝たせてくれる相手ではありません。チャレンジは続きます。
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

ライブ11題・その7-愛知県立芸術大学ウインドオーケストラ 第15回定期演奏会@三井住友海上しらかわホール




昨日までの数日は、とても11月とは思えない暖かさでしたが、今日は一転この季節らしい
寒さがまた戻ってきました。(>_<)寒暖差が激しいですが、何とか体調を維持しなくては。


さて、昨日は土曜日の仕事分の振替休みでしたが、いよいよ2ヵ月後に迫ってきた
バンドの演奏会の宣伝活動をスタートすべく、名古屋市内の主要な施設に数ヶ所
チラシの設置をお願いしてきました。

夕方は、愛知県立芸術大学の吹奏楽の演奏会へのチラシ挟み込みの為、しらかわホールへ。
19時からの演奏会も、初めて聴くことが出来ました。
今まで、この演奏会に行きたいなと思いながら都合で見送ったりしていたんです。

前半は、メンデルスゾーンのハーモニームジークの為の序曲。
1824年作曲の為、当然ながらSaxは含まれないということに、今更気付かされました。
吹奏楽のための序曲とよく記載されますが、指揮をされたFl奏者でこの大学の教授・
村田 四郎氏によると、敢えてドイツ語表記に倣って記載したとのこと。
合わせて、ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェン辺りまでの使用された管楽器に
ついての言及も。音楽史的な解説、非常に興味がありました。
打楽器奏者で准教授・深町 浩司氏の指揮によるアメリカの代表的な吹奏楽作品が2曲続き、
前半は終了。

後半は、Sax奏者で指揮者としてのご活躍も目覚ましい仲田 守氏編曲のワーグナーの
歌劇「ローエングリン」からのセレクション。指揮は、Tp奏者で教授・武内 安幸氏。
今回の演奏会は、海外の提携大学の1つであるドイツのワイマール・フランツ・リスト音楽大学との
交流事業の一環とされていますが、ミュンヘン・フィルの元首席Tp奏者でこの大学の教授・
ウーヴェ・コミシュケ氏とそのクラスの生徒さんが来日中で、この演奏会にはコミシュケ氏は
ステージに、生徒さんがバンダ隊として参加されていました。

2F正面席で聴きましたが、真向かいのステージ直上のバルコニーには、アイーダトランペット
4本を持った女子生徒さんが並び、下手・上手側、後半は客席にもバンダ隊が加わり、
さながらTp祭りの様相。壮大なワーグナーの世界を、充分に堪能出来ました!

やはり県芸の皆さん、上手いです!!
もっと早く聴きに来れば良かったと、今回大いに反省しました。
大学の演奏授業の一環ですから、もっと実験的な演奏会になれば、面白いです。
プログラムがたったの300枚しか印刷されていないなんて、何だか信じられません。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ11題・その6-雲井 雅人サックス四重奏団 名古屋特別公演~フレデリック・ヘムケ氏を迎えて~





気が付けば、11月も10日が過ぎ、2014年もあと41日を残すのみです。
何だか、毎日がアッという間に過ぎております。


さて、昨夜の大阪公演が無事終了したとのことで、私も記事をアップ。
先週土曜日は12回目の定期公演として、そして、一昨日の日曜日・名古屋→昨夜・大阪は
特別公演として開催されたヘムケ氏&雲カルの演奏会。
プログラムにマスランカ作品を入れない雲カルの演奏会って、もしかして初めてかも?

今回、アメリカに関する作品を集めたプログラム構成に。
冒頭は、インディアナ大学のオーティス・マーフィー氏門下のメンバーで、若手気鋭の
ZzyzxSQが初演したジョン・マッキー作品は遊び心満載。※こちらから聴けます!
facebookでは知ってましたが、まさかここで聴けるなんてラッキーでした!(^o^)
そして、故・阪口 新先生編曲のドヴォルジャークの弦楽四重奏曲「アメリカ」では、
これぞ雲カルの音!!という響きが。
後半、フィル・ウッズのリズミカルでダンサブルなノリを堪能。
ちょっと、他では聴かないような演奏でした!!!

最後に、巨匠・ヘムケ氏ご登場。
1988年に川崎市で開催されたワールド・サクソフォン・コングレス以来となりましたが、
相変わらず見上げる程の身長が、更なる存在感を感じさせます。
雲井先生の表情が、途端に一生徒のようになってしまわれたのが何とも言えず。(^.^)
雲カルをバックに、ミュージカル「ボギーとベス」のメドレー。
メタルのマウスピースを付けてのセルマーサウンド、とても80歳のパワーとは思えない、
広大なアメリカ大陸の大地の広がりを感じさせる音でした!!!!
吹き終わった後のドヤ顔が、また何とも。(^_^;)アンコールも、ガーシュインから2曲。

残念ながら、購入を楽しみにしていたCDが東京で完売とのこと、サイン会もなく、
泣く泣く会場を後にしました。(T_T)
まだまだお元気そうなので、あと数回は来日していただけるでしょうか?!


この演奏会があった日曜日早朝、第6回アドルフ・サックス国際コンクールの
本選結果がライブ配信されたのを見ました。
1位はロシアのNIKITA ZAMIN氏、2位に上野 耕平さん・6位に田中 拓也さんという結果。
女性初のファイナリストになったドイツ人の方が、見事3位に入りました!
本選の演奏、田中さん・上野さん・ZAMIN氏しかまだ聴けていないので、残りの3人の方々の
演奏も、近々聴いてみるつもりです。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

男子テニス ATPツアー・ファイナル 錦織 圭選手 初出場・初勝利!

全米オープンテニス後、世界ランキングを順調に上げていき、とうとう5位にまで
上り詰めた錦織選手。
ランキング8位までしか出場できないツアーファイナル進出が決定!、いよいよ昨日から
ロンドンで開幕しました。

8選手を2組に分けて、各組上位2選手のトーナメント方式で優勝が決定するというもの。
錦織選手と同じ組の選手は、フェデラー・マレー・ラオニッチ各選手。
日本時間の深夜にかけて、オープニングゲームとして地元のマレー選手との試合が行われ、
過去1セットも取れなかったマレー選手何とストレート勝ち、決勝トーナメントに
一歩近づきました!\(^o^)/
しかし、次戦はフェデラー選手、今季は調子が良いだけに、簡単にはいかないかと。

チリッチ選手のfacebookに、オープニングセレモニーの記念撮影のショットが何枚か
アップされていましたが、豪華なメンバーに囲まれた真ん中に錦織選手がいるなんて!
何だか信じられない気持ちです。(^.^)
そして、ニュースの通り、待遇は驚くほど豪華!!ですね。(゜ロ゜)
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

ライブ11題・その5-CD発売記念 ファブリス・モレッティ サクソフォン リサイタルツアー2014 名古屋公演@ドルチェ・アートホールNagoya





昨日は、朝から東海地区最大の異業種交流会と言われるメッセナゴヤ2014に、
勤務先の一スタッフとして参加してきました。昼休憩以外はずっと立ちっぱなし、
流石に疲れました。。(+_+)


会場のポートメッセなごやからあおなみ線で名古屋駅へ帰還後、ドルチェ楽器 名古屋店へ。
恐らく、東京在住時から約10年以上ぶりに、フランスのSax奏者 ファブリス・モレッティ氏の
リサイタルを聴きました。毎年、岐阜市内のクララザールで開催されてきましたが、
仕事やマラソン大会と重なって、中々行けずじまいになっており、残念に思ってました。

アドルフ・サックス氏の生誕200年に合わせ、今年は特に19世紀作品が演奏会で
多数取り上げられています。この日もヴィルトーソ要素満載の2曲から始まり、
古典的なレパートリーから、ここ約20年来の作品まで、ビュッフェ・クランポンの新モデル
「Senzo」(日本語の先祖からきたネーミングとか!)の豊かで美しく艶やかな響きが、
ホール内を満たしました。トマジ「エヴォカシオン」、門下発表会の為に練習していた
去年の今頃聴いてみたかったなと。(^_^;)
アンコールは、プラネル「ロマンチック組曲」から感傷的なワルツと、ボザ「アリア」。
終演後は、発売されたばかりのしっかりCDにサインをいただきました。

月の後半、山口・周南市と福岡・北九州市でのリサイタルがあるとのこと。
お近くの方々は、是非行くべしな演奏会です!(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ11題・その4-コトダマ×オトダマ ユニット 妄想会議コンサート 誰も渡らぬ川なれど@七ツ寺共同スタジオ






2日前の十三夜は171年ぶりの特別な月だったらしいですが、残念ながら曇って見えず。(>_<)
昨夜は、見事に綺麗な満月でした☆

そんな月夜、仕事の後に名古屋の小劇場を代表する七ツ寺共同スタジオへ。
オープンから今年で42年、建物・室内共に、全ての空間が特殊なオーラーを放っていました。

今回伺ったのは、名古屋芸術大学出身のSax奏者・竹内 幸枝&所 克頼氏と、舞台を中心に
様々な活動をされている白樺 八青氏の3人で活動されている妄想会議のコンサート。
白樺氏の小説・詩の朗読と、Saxの演奏によるコラボレーションを楽しみました。
これまで、3回のコンサートを開かれていますが、日程が合わなかったり、遠方だったりで、
中々伺えなかったのです。今回、名古屋市中心部での開催、しかも七ツ寺共同スタジオ
ということで、ようやく伺えた次第です。

決してSaxが脇役ということもなく、言葉の世界をより深淵させるかのようでした。
ジャンルもクラシックのバロックから現代音楽、ジャズにロシア民謡と、実に幅広く。
白樺氏の朗読は、第一声から引き付けられるパワーのようなものを感じ、約1時間半が
あっという間に過ぎていきました。
チラシやプログラムが既にある種の世界観を放っていますが、舞台美術・衣装・照明と共に、
超一流のスタッフが揃ったとのこと、全てが素晴らしかったです。

終演後、外に出たら、ちょうど真正面に満月がくっきりと神々しく光を放っていました。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ11題・その3-セントラル愛知交響楽団 KAWAI 室内楽シリーズ No.34~愛の神秘~川合 亜実@カワイ名古屋 コンサートサロン “ブーレ”




11月も早や1週間が経過しましたが、たった10日前にランニングウエアで大阪の街を
走ったとは思えない程、一気に気温が下がり、朝晩は冷え込むようになりました。(>_<)

さて、今日から3日連続でSax関連の演奏会に行きますが、その前に先週土曜日に行った
2つのSax関連の演奏会の合間に行ってきた演奏会について。
刈谷市総合文化センターからANNEX HITOMI HALLへ移動する間、次の開演まで余りに
時間が開きすぎたので、とあるキッカケでカワイ名古屋のサロンコンサートに
行ってきました。

このサロンでは、セントラル愛知交響楽団企画の室内楽演奏会が、定期的に開かれています。
がしかし、私がこのサロンに来たのは、ナント初めてでした。
来場者の皆さん、見るからにピアノ関係者という風で、完全にアウェイ感満載。(^_^;)

川合さんは、愛知県立芸術大学 大学院博士課程1年生とのこと。
演奏自体は、時間の関係で前半のみしか聴けませんでしたが、ショパンのノクターンでは
柔らかなタッチを、バラードやラフマニノフアレンジの愛の喜びでは力強さもあったり。
ショパンの協奏曲が聴けなかったのが、本当に残念でした。
当初は、前半にスクリャービン作品が演奏される予定でしたが、こちらも聴きたかった。
機会があれば、違う作曲家でも是非聴いてみたいです。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

アドルフ・サックス 生誕200周年



今年の11/6は、Sax吹きにとって特別な日となりました。
Saxという楽器を発明・製作・1846年にパリで特許を取った、この楽器の生みの親
アドルフ・サックスの誕生から、ちょうど200年目に当たるのです!

今年は、日本国内だけでなく世界各地で記念演奏会が様々に開催されていますが、
特に今日は盛り上がったのでは?

アドルフ・サックスの生まれた街であるベルギーのディナンでは、現在国際コンクールの
真っ最中。日本からも多数の若手奏者の方々が参加し、熱演を繰り広げてきましたが、
11/8(土)の本選にブルー・オーロラSQのA・Sax奏者の田中 拓也さんと、東京芸術大学 4年生・
上野 耕平さんの2人の進出が決定しました!\(^o^)/\(^o^)/
昨夜から、2次予選のアーカイブを聴いていますが、甲乙付けがたいとは、正にこのこと。
リアルタイムでは本選の演奏を聴けませんが、吉報をお待ちしたいと思います!! (^.^)

今日はコンクール自体が中休み、生誕の地で記念イベントが開催されてることでしょう。(^_^)
関連記事

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

第62回全日本剣道選手権 竹ノ内 佑也選手 史上最年少&43年ぶり大学生優勝!

剣道ネタなんて、この約10年間で恐らく初めてかと思われます。(^_^;)

昨日、ゆるキャラグランプリ2014の結果が出た後、たまたまNHKで生中継していた
全日本剣道選手権を、準決勝・決勝だけ観戦しました。
毎年、新聞朝刊で結果だけは見ますが、マジマジと観戦したのは初めてかも。
同じ武道でも柔道とは違い、五輪種目では無いものの、日本発の武道ということで、
注目度はそれなりにある筈。

準決勝では、福岡県予選で2・3位で勝ち上がった20代の選手が各々勝利し、決勝へ。
優勝したのは、筑波大学 3年生・竹ノ内 佑也選手。
初出場初優勝を決め、史上最年少・大学生チャンピオンは43年ぶりと色々快挙尽くし。
技術的なことは全くの素人ですが、一瞬の隙を突いた面2本は鮮やかでした!(^.^)
今朝の朝刊や情報番組では、竹ノ内選手のインタビューを含めて異例の取り上げ方でした。

最近、スポーツ系バラエティで、剣道経験者の芸能人vs現役剣道選手や中学生選手という
対決をよく見掛けます。年齢に関係なく真剣勝負出来る種目というイメージがあり、
何となく憧れはありますが、用具代が物凄く掛かるんだとか。

来年の世界選手権は日本武道館での開催ですが、今や柔道と同様に世界的競技となり、
特に盛んな欧州では、用具の修理がままならず、日本から修理の為にほぼ手弁当で
渡欧する方の特集をTVで観たことがありました。 そんな影ながらのサポートがあって、
これだけ人気のある秘訣なんでしょう。
関連記事

テーマ : 古流武術・武道 - ジャンル : スポーツ

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会 駒澤大学4連覇達成!

昨日、熱田神宮から伊勢神宮までの8区間・106.8kmを走破するこの大会。
大学駅伝3大大会と言われながら、全国の地区予選からあるのはこの大会のみ。
先月、台風で中止になった出雲駅伝は、前年大会3位までがシード校+各地区学連が
地区定数に応じ、主催団体に推薦して出場校が決定。
箱根駅伝は、関東の大学のみ出場可能な大会。
そんな訳で、地方大学のアピールの場でもある訳です。

当日、1区のみTV観戦しました。
今年は、注目選手が少ない中、駒澤大学・村山 謙太選手&城西大学・村山 紘太選手が、
初めて同じ区間を走るということで、大いに注目しました。
最後は、やはりこの2選手がスパートし、区間賞は駒大の村山 謙太選手が、たった1秒差で
獲得するデットヒートでした。駒大は2区で他を大きく引き離し、独走状態で優勝・4連覇達成!
3選手が区間賞を取る、正に圧勝でした。

2位は、明治大学が1区17位と出遅れながら他区間で順位を上げ、5区の横手 健選手が
区間新記録で、新設されたMVPを獲得。3位に、青山学院が入りました。
以下、4位東洋大・5位山梨学院大・6位東海大・7位早稲田大・8位大東文化大という結果。

1区で、トップ集団についていた京都大学の平井 健太郎選手。
駅伝の名門・報徳学園高校出身で、インカレ10000m2位の実力は伊達ではないです。
最後は引き離されつつも、区間4位に。しかし、他区間で遅れ、最終18位でした。

残すは、いよいよ箱根駅伝ですが、今回の結果がどう影響してくるでしょうか。
関連記事

テーマ : 全日本大学駅伝 - ジャンル : スポーツ

ゆるキャラグランプリ2014 「ご当地」部門 しまねっこ7位!



3連休最終日、良い天気になったものの、昨日とは一転冷たい空気が。(+_+)
昼間は日差しがあれば暖かでしたが、日が落ちると急に寒くなりました。(>_<)

さて、昨日直接投票に行ってきたゆるキャラグランプリ2014。
しまねっこへの投票と引き換えに、缶バッチが貰えました。(^.^)
そして、いよいよ14時半過ぎからランキング発表が始まりました。
しまねっこは、昨日午前中までの決戦投票を含めた途中経過では8位と、
インターネット投票と変わらずでしたが、蓋を開けてみればナント7位!
と1つ上昇!!\(^o^)/
投票して下さった東海地区の皆様、本当にありがとうございました。(^^)

他、ベスト10を見ると、初出場でベスト10入りしたり、ベスト10外から
ランクインというゆるキャラも。
ベスト3は、インターネット投票と変わらず、グランプリは群馬県・ぐんまちゃん、
2位は埼玉県深谷市・ふかっちゃん、3位は愛媛県・みきゃんに決定。
夕方のニュースでは、3体揃って中継に出たりしてました。
来年こそは、しまねっこも先ずはこの中に入って欲しいなぁ。(^.^)

そして、「企業・その他ゆるキャラ」部門のグランプリは、全国理容生活衛生
同業組合連合会のバーバーくん。
理髪店の店先で赤・白・青のがクルクル回ってる、アレです。(^_^;)
他は、知らないキャラばっかりだったので省略。(~_~)
関連記事

テーマ : エンターテインメント総合 - ジャンル : ニュース

ゆるキャラグランプリ2014 in あいち セントレア











3連休2日目、午後から美容院へ行く前に、朝から中部国際空港があるセントレアで
開催中のゆるキャラグランプリ2014へ行ってきました。
今年からインターネット投票だけでなく、来場者による決戦投票が出来る
システムに変更されました。ナント、1回で2票分とは、かなり大きいのではと。(^.^)

昨日は夕方近くまで雨が降っていましたが、今日は幸い雨は降らず。
朝から、多数の来場者があるようです。マスコミ各社、多数取材する様子も。

今回は、もちろん!地元・しまねっこへ投票。
インターネット投票では8位に付けましたが、順位を上げるのは中々厳しいとの
島根県観光協会の方のお話。それでもブースには人が殺到し、グッズを買ったり、
サンバイザー的な被り物をしたりする方々を沢山見掛けました。

そして、11時からはキッズパレードということで、知多半島在住のお子さん達と
ゆるキャラ達とのパレードが。見てると、人気具合がよく判りますねー。(^_^;)

今年のインターネット投票1位・群馬県のぐんまちゃんには、記念撮影タイムに
長い行列が出来てました。
愛知県内では、やはり犬山市のわん丸君や豊川市のいなりんは人気モノ。
他、御目出度い雰囲気満載の西宮戎のゆるキャラがいたり。

何だか見たこと無いようなゆるキャラが、多数存在することを知りました。
え、こんな企業が?というゆるキャラも。(^_^;)
自治体・企業が、揃って激しい売り込み合戦を繰り広げるなんて、このイベント
ぐらいでしょうか。結果発表は明日、楽しみに待ってみます!(^_^)
関連記事

テーマ : 名古屋・愛知 - ジャンル : 地域情報

演奏会のご案内(2014年10月後半)

♪2014年10月
♯2014年10月18日(土)18:00開演
  三重・四日市市 第一楽器 コンサートホールムーシケ
  アリオン・サクソフォン・カルテット  カスタムツアー in 東海・・・終了★

♯2014年10月25日(土)18:00開演
  東京・新宿区 アーティスト・サロン・Dolce東京
  堀江 裕介サクソフォンリサイタル〜Song Book〜・・・終了★
   ☆出演:Pf・鈴村 真貴子&Sax・東 涼太

♪2014年11月
♯2014年11月1日(土)19:00開演
  愛知・名古屋市 ANNEX HITOMIホール
      11月11日(火)18:30開演
  岡山・倉敷市 倉敷芸文館アイシアター
  クローバー・サクソフォン・クヮルテット 
   3rd CD 発売記念リサイタル・・・終了★

♯2014年11月2日(日)14:00開演
  東京・練馬区 練馬文化センター 小ホール
  エスポワール・サクソフォン・オーケストラ 
  第13回定期演奏会・・・終了★
    ☆出演:指揮:福井 健太・ピアノソロ:細田 真子
          演奏:エスポワール・サクソフォン・オーケストラ 
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ライブ11題・その2-クローバー・サクソフォン・クヮルテット 3rdCD発売記念リサイタルツアー@ANNEX HITOMIホール






昨日の演奏会、2つ目。
実は、刈谷市から名古屋市内に入ってからもう1つ別に行ってますが、それはまた後日。

夜は、千種区にあるメニコン本社横のANNEX HITOMI HALLで開催されたクローバーSQの
リサイタルに行ってきました。
メンバー・田村さんの編曲によるJ.S.バッハのゴルトベルグ変奏曲が、2年前の東京のリサイタルで
演奏されたと聞いていましたが、今春この作品を含めたCD録音の話を知り、CD発売&リサイタルを
心待ちにしてました!(^o^)
CDは既に先月末に購入・聴きましたが、リサイタルで聴いたら一体どんな演奏になるの?!
と大きく期待。

このホールは奥行きが狭い分、ダイレクトに音を聴けます。
メンバーの音を、こんなに間近で聴くのは、実は意外と初めてだったり。(^.^)
どの作品でも鋭い切れ味の完璧なテクニック、且つ、セルマーの楽器らしい艶やかで美しく
コントロールされた音を聴くことが出来ました。
特に、バッハは40分もの間、緩急を交えて一気に駆け抜けるかのように聴かせるところは、
本当に凄いの一言。まるで、鍵盤楽器を聴いているかのようでした。(゜ロ゜)
アンコールは、同じくバッハのイタリア協奏曲の3楽章で終演。

会場はほぼ満席で、刈谷市からのはしご組が多数いらっしゃいました。(^_^;)
サイン会には多数の方々が並び、私も買っておいたCDにお願いしながら、メンバーにご挨拶。
貝沼さんは、9月にいずみホールの本番でお会いしたばかりでしたが、他のメンバーの皆様とは
前回の名古屋公演以来でした。

これから年末まで、岡山・北九州・大阪・東京とリサイタルツアーが続くようですが、
お近くのSax吹きな皆様は行かなきゃ絶対損!と大きな声で申し上げておきます。(^_^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE