プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ライブ8題・その8-Duo Saxophone Night~佐藤 友香×杉浦 遥 Duo Recital~ 名古屋公演@ドルチェ・アートホール Nagoya




9月も、今日でおしまい。
名フィル 定期を聴きに行くことからスタートし、8つの演奏会を聴きに行きました。
自分自身も、2つの大きな演奏会イベントに参加して、
正に音楽三昧の1ヵ月でした。ここまでバタバタだと、残暑でグッタリとなりそうですが、
お盆前から涼しかったお陰で、何とか持ったという感じ。(;´Д`A

さて、アップが遅くなりましたが、先週金曜日の演奏会について。
愛知県立芸術大学 Sax科を昨春卒業された、佐藤さん&杉浦さんのジョイントリサイタルでした。
プログラムの通り、バロックから現代曲まで幅広いレパートリー。
女性お2人というには、中々挑戦的かつ溌剌とした演奏、面白く聴かせていただきました。
愛知県芸 Sax科と言えば、もうすっかりお馴染みとなった作曲科のメンバーとのコラボ作品も。
今回のピアニストの羽鳥さんは、作曲科 3年生とのことで、経歴を拝見する限りYAMAHAの
JOC出身でもあるようです。

佐藤さんは大阪出身ということで、現在は関西方面でご活躍中とのこと。
関西の若手の皆さんも活発に活動されていらっしゃいますから、これから地元での更なる飛躍を
お祈りするところです。来年以降、第2回・3回とお2人で是非続けていただきたいなと思います!(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

御嶽山噴火

名古屋から、直線距離で僅かに100km超しか離れていない岐阜県・長野県境にある御嶽山が、
27(土)昼間に突然噴火したというニュース。
麓には、温泉・キャンプ場・スキー場が点在し、今年の2月に行ってきたばかりの
岐阜県・下呂温泉も近隣に存在します。

紅葉シーズンに入り、東海地区を中心として各地から多数の登山者が集まり、頂上付近で
お昼時という事で昼食を取るなど、その雄大な風景を堪能していた矢先の出来事でした。
前触れ無く、まるで突然牙を向くかのうよう。
ニュース記事を読む限り、爆風により火口近くにいた方々はかなり厳しい状況、
登山・下山途中の方々でも、一瞬の運・不運で生死を分けたと言えるのでは?
生還出来た方々でさえ、死を覚悟したという地獄。(;´д`)
ニュースを見る限り、その猛威は想像を遥かに超えていました。。。(;゜0゜)
2次災害を避ける為、捜索活動は難航を極めている様子。
山頂に、あと何人残されているかも、はっきりとは確認出来ていないようです。

奇しくも、28(日)には先月末の広島の土石流被害に遭われた方々の四十九日の法要が
行われたという今朝の朝刊記事を読みました。
天災侮るなかれということを、改めて実感する次第です。(>_<)
関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

大相撲秋場所 横綱・白鵬関 31回目の優勝

毎日のスポーツニュースでは、モンゴル出身で初入幕ながら快進撃を続ける逸ノ城関が
すっかり話題の中心に。体格にも恵まれた将来の横綱候補の快進撃に、注目が集まりました。

しかし、優勝争いを賭けた昨日の横綱・白鵬関戦ではあっさり負けてしまい、白鵬関の
コメントには余裕すら感じました。(^.^)

逸ノ城関が星1つで追った千秋楽、白鵬関が負ければ、逸ノ城関との優勝決定戦という
ところでしたが、
白鵬関は気合い十分での鶴竜関との横綱決戦、流石の勝ちっぷりで、千代の富士に並ぶ
31回目の優勝が決定!後は、大鵬の32回の優勝回数に並び、追い越せるか?!

大関陣は10勝にも達することが出来ず、一体どーなってるんでしょう。(-.-)
そして、人気急上昇中の前頭筆頭・遠藤関は、たったの3勝のみ。
人気だけに終わらない、実力が求められるところ。早くも、正念場でしょうか。
関連記事

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

ライブ8題・その7-名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ 第33回定期演奏会@日本特殊陶業市民会館 フォレストホール




昨日の30km走の影響で、足腰痛いまま起床。外は、昨日より気温が上がって暑そう。(+_+)


今月も残り2日、先週行ってきた演奏会について。
先週木曜日、ここ数年都合が付かず行けていなかった名古屋芸術大学の吹奏楽の演奏会へ、
久々に行ってきました。というのも、今回はオーストラリアの作曲家 トーマス・ドス氏の
「スポットライト~サクソフォン四重奏とコンサートバンドのための」を、
講師陣の三日月 孝・桜井 牧男・滝上 典彦各氏に加え、卒業生のSax奏者・
中山 順次さんを加えたサクソフォン四重奏による演奏が聴ける!ことだけでなく、
今年から講師に就任された滝上さんのソロで、ポール・ジルソンのサクソフォン
協奏曲第1番まで演奏されるとあって、これは行くしかないというところでした。

トーマス・ドス氏の名前はつい最近知りましたが、ウィーンで学んだ後、アメリカに渡って、
あのジョン・ウィリアムスのアシスタントを務めた後、オートラリアへ帰国し、
欧州を中心にご活躍中とのこと。前半3曲目なんて、どう聴いてもジョン・ウィリアムス風。(^_^;)
そして、前半最後のお目当てのスポットライトは、Saxの技巧を聴かせつつも、
聴いてて非常に楽しい!(^^)dこれは、日本国内で流行りそうな作品ですねー。 (^.^)
プログラムノートを見て驚いたのは、今年の4月にこの作品を初演したのがオーストリアの
ウィーンを拠点に活動をされているモビリスSQだったこと!
このブログでも何度か取り上げていますが、CDも既にリリースされており、
是非一度はライブで演奏を聴きたいと熱望している方々です。

後半2曲目のポール・ジルソンの作品は、滝上さんの気品に溢れた演奏、そして作品が
作曲された時代の空気をも感じさせました。
アドルフ・サックス工房製作の楽器で、是非聴いてみたい作品です。
今年は、サクソフォンという楽器の産みの親と言えるアドルフ・サックス氏の生誕200年。
サクソフォン関連の雑誌の特集が増えたり、先日の大阪・いずみホールでの演奏会を始め、
関連する演奏会が今年は多数開催されています。
名古屋芸術大学の演奏会も、その流れの企画だったかと。

ヤン・ヴァン デル ロースト氏が客員教授として指揮者として毎年登場されることもあってか、
最新の吹奏楽作品に接することが出来るのが、この大学の吹奏楽の演奏会の魅力。
是非、もっと多数の吹奏楽関係者が来場すれば良いのにと思います。
学校単位での来場が少ないのが、非常に気になりますね。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

演奏会のご案内(2014年9月)

♯2014年9月6日(土)17:30開演
  東京・新宿区 東京オペラシティ リサイタルホール
  トリオ・リベルタ Live in オペラシティ
    〜ピアソラ & ミシェル・ルグランの世界
・・・終了★
   ☆出演:石田 泰尚(Vn)、松原 孝政(Sax)、中岡 太志(Pf/Vo)

♯2014年9月8日(月)11:30開演
  愛知・名古屋市 宗次ホール
  ランチタイム名曲コンサートvol.1042 プロヴァンスの風景・・・終了★
   ☆出演:Sax・小森 伸二&瀧  彬友、Pf:長井 美香

♯2014年9月12日(金)18:30開演
  兵庫・尼崎市 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 小ホール
  Duo Saxophone Night~佐藤 友香×杉浦 遥 Duo Recital~・・・終了★
   ☆出演:Sax・佐藤 友香&杉浦 遥、Pf・羽鳥 沙也夏

♯2014月9月13日(土)19:00開演
  岐阜・岐阜市文化センター
  清水 祐男&中山 順次ジョイントコンサート・・・終了★
   ☆出演:Tp・清水 祐男&Sax・中山 順次&Pf・若田 奈巳

♯2014年9月15日(月・祝)11:30開演
  愛知・名古屋市 宗次ホール
  ランチタイム名曲コンサートvol.1043 
   柔らかな木管の息吹 ~名曲で感じる初秋の風~
・・・終了★
    ☆出演:Fl・笠置 陽子、Sax・所  克頼、Pf・西脇 麻衣

♯2014年9月15日(月・祝)13:30開演
  大阪・大阪市 いずみホール
  日本ラージサクソフォンアンサンブルサミット・・・終了★
  (ミ・ベモル サクソフォンアンサンブル 創立25周年事業)
   ☆出演:ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル
        リエゾンサクソフォンアンサンブル       
        アマチュア愛好家ラージアンサンブル団体
  *S・Saxで参加します♪

♯2014年9月17日(水)19:00開演
  愛知・名古屋市 電気文化会館 ザ・コンサートホール
  サクソフォン四重奏団~奏 kanade~ ファーストリサイタル in 名古屋・・・終了★

♯2014年9月19日(金)19:00開演
  愛知・名古屋市 電気文化会館 ザ・コンサートホール
  堀江 裕介サクソフォンリサイタル~Song Book~・・・終了★
   ☆出演:中根 浩晶(ピアノ)&窪田 健志(マリンバ)

♯2014年9月21日(日)13:00開演
  岐阜・多治見市文化会館 小ホール
  水野 まな&川合 諒ジョイントコンサート
   ~土岐市出身デュオが奏でるメロディー~・・・終了★
   ☆出演:Cl・水野 まな、Sax・川合 諒、Pf・井上 陽菜

♯2014年9月21日(日)16:00開演
  愛知・名古屋市 愛知県芸術劇場 コンサートホール
  第6回名古屋市民バンドフェスティバル・・・終了★ご来場ありがとうございました!
  
♯2014年9月23日(火・祝)14:00開演
  愛知・豊橋市民文化会館
  アリオン・サクソフォン・カルテット  カスタムツアー in 東海・・・終了★

♯2014年9月26日(金)19:00開演
  愛知・名古屋市 ドルチェ・アートホールNagoya
  Duo Saxophone Night~佐藤 友香×杉浦 遥 Duo Recital~・・・終了★
   ☆出演:Sax・佐藤 友香&杉浦 遥、Pf・羽鳥 沙也夏

♯2014年9月27日(土)18:00開演
  大阪・大阪市 ドルチェ・アーティスト・サロン
      9月28日(日)15:00開演
  東京・新宿区 アーティスト・サロン"Dolce"
  アリオン・サクソフォーン・カルテット
   CD「Arion’ Harp」発売記念コンサート・・・終了★

♯2014年9月27日(土)19:00開演
  愛知・武豊町 ゆめたろうプラザ 響きホール
  ゆめプラサロンコンサート2014 vol.4 フランスの香りとポエジー・・・終了★
   ☆出演:Pf・鈴村 真知子&Sax・東 涼太

♯2014年9月28日(日)13:30開演
  大阪・豊中市立ローズ文化ホール
  サクソフォン フレンズ コンサート 2014・・・終了★
   ☆ゲスト:Sax・國末 貞仁
  
♯2014年9月28日(日)14:00開演
  東京・練馬区 大泉学園ゆめりあホール
  サクソフォン・ラージアンサンブル・アイル 第27回演奏会・・・終了★
   ☆出演:指揮・宮崎 真一&ソプリロSax・各川 芽

関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

大阪マラソン2014まであと1ヶ月











いよいよ10/26(日)大阪マラソン2014まで、あと1ヶ月を切りました。。(>_<)

今日は、最近の市民ランナーの定番トレーニング・30km走にチャレンジ!
今週は毎晩演奏会に出掛けて寝るのが遅くなったことや、毎週末に練習&本番が入ったせいか
疲れが溜まっており、ゆっくり寝てからと起きるのが遅くなりました。
そんな訳で、スタートは11時前。今年は涼しくなるのが早かったせいか、金木犀が早く咲き始め、
良い香りが漂ってます。

折り返し目的地は、中村公園にしました。前半、中心街の南側の大通りを利用し、まずまず調子良く
名古屋駅前南側を通過し、中村公園到着。豊国神社では、絵馬を奉納し、完走を祈願。(^∧^)
がしかし、最近臀部のストレッチを怠ってたせいか、段々と右足の筋に痛みが走り始め、ストレッチ
しながら止まったり走ったり。(;´д`)余程、ストップして止めようかと何度か思いつつも、
奮い立たせて走り出したり。途中、新ビル建設中の名古屋駅前北側を東へ、名古屋城にも立ち寄り。
しかし、八事・興正寺を通過し、自宅まで残り2kmで左足も動かなくなり、残念ながら断念。。

何とか30kmを走りましたが、とても制限時間に走り切れる状態ではない状況。
来週、治療院&ジムで相談しつつ、対策を考えなければと思います。
とにかくとにかく、完走が目標!です。残り僅か、頑張ります。(>_<)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

ライブ8題・その6-フレッシュ アンサンブル コンサート@電気文化会館 コンサートホール






今週も、火曜日から4日連続で演奏会に出掛けております。

一昨日の水曜日は、電気文化会館 コンサートホールで開催されたプランディール
音楽事務所主催のフレッシュ アンサンブル コンサートへ。
今回、バンドのエキストラで何度かお世話になってきたCl奏者・吉田 真里那さんと、
お知り合いのSax奏者・辻 友香里さんがご出演ということで伺ってきました。

Cl・Fl・Sax・弦の、各カルテットの演奏を聴きましたが、いかにSaxが異質な楽器か
ということを、良くも悪くも改めて思い知らされました。(^_^;)

若手メンバーが揃うカルテットが多い中、中堅プレーヤー的な方々が集まる
フルート・ア・ラ・モードの皆様は、演奏の質もパフォーマンスも、頭1つ抜けた感じ。
Saxでもよく演奏するレスピーギの作品、何と優雅に聴こえることでしょう。。
逆に、伊藤 康英氏の作品は、Saxでもやってみたいなと思ってしまいました。(^.^)

吉田さんらのClカルテットは、Saxカルテットの作品もある三浦 真里氏や
ゴトコフスキーの作品を演奏。ゴトコフスキーは、Saxの作品に比べたら遥かに
軽やか・柔らかで、ハードなSaxの作品しか知らないだけに、何だか意外でした。(^_^;)
終演後、吉田さんと一緒に写真を。(^^)v

辻さんらのカルテットは東三河地区出身のメンバーが揃い、昨年から地域密着で
演奏活動をされているとのことで、名古屋初登場だったそうです。
石川 亮太氏の作品、とても良いアレンジでした。

最後の弦楽カルテットは、最後にグラズノフの小品を取り上げていましたが、
1度は全曲聴いてみたいですね。

自分が吹いている楽器以外の演奏会も、様々な発見があり、楽しいものですね。(^^)d
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

アジア大会 フェンシング男子団体 40年ぶりの金メダル!

アジア大会も中盤に差し掛かり、毎日メダルラッシュのニュースに沸いています。

今大会、一番価値があるのでは?と思うのが、フェンシング男子団体の金メダル☆
ナント、40年前の1974年にイランの首都・テヘラン大会以来とのこと!
昨夜の録画放送を観ましたが、世界ランク8位の日本vs同2位の中国との決勝。
手に汗握る一喜一憂の闘い、最後はやはり太田 雄貴選手が決めてくれました!!\(^o^)/
フェンシングでリオ五輪に出られるのは、たった8ヵ国なんだとか。
各地域での1位、または世界ランク4位までとのこと。アジアでは、中国だけでなく
韓国が世界ランク6位だけに、日本は中々厳しい立場にあるのですねー。(+_+)
東京五輪に向けてリオ五輪への出場はやはり絶対必要、価値がある金メダルかと。

体操は、男子団体が金メダル、女子団体では銅メダルを獲得。
そして、23日の男子個人総合では神本 雄也選手がこちらも40年ぶりの金メダル!&
山本 雅賢選手が銀メダル!!種目別でも、この2選手を中心にメダルを獲得し続けてます。
来月、世界選手権を控え、所謂2軍選手が出てきていても、ここまで出来るのかと感心。
他国では、ベトナム選手が物凄く力を付けてきていることが、非常に気になりました。

競泳では、相変わらず萩野 公介選手が話題を席巻してますが、昨夜は入江 陵介選手が
男子200m背泳ぎで、今季世界最高記録を出しての大会3連覇達成!
世界に向けた、大きなアピールとなったでしょう。

トライアスロンは、男女共に金・銀メダルを独占!
男子は、バイクでは2選手が交代で先頭を走り、チームプレーのような連携で
他国の選手を上手く疲れさせたのが勝因とか。

これで、金メダルは28個となり、メダル獲得数ランキングは韓国を抜いて2位浮上。
後半戦も、まだまだやってくれるでしょう。(^^)d
関連記事

テーマ : アジア大会 - ジャンル : スポーツ

地下鉄東山線 名古屋駅 ホーム冠水事故




先週末から、台風16号がプィリピン沖を北上して、台湾から中国に向かうかと思いきや、
偏西風に乗って、突然日本に向かってきました!幸い、勢力が弱って、温帯低気圧に
なったものの、やや強い風雨が昨夜から名古屋市内で断続的に続いていました。
明け方4時半に起きましたが、毎週木曜日に有志で開催していた名古屋城周回ランも、
難しいと中止に。なので、至福の?二度寝。(^.^)

6時半過ぎにようやく起床し、TVを付けたら地下鉄東山線 名古屋駅が冠水の
映像が飛び込んできました!(@_@)これは、他の地下鉄路線の影響があるか?!と
慌てて出掛けましたが、私の通勤には全く問題無し。
しかし、通勤・通学の足を直撃し、大混乱だったことでしょう。。
おかしいなと思ったのは、JR・名鉄・地下鉄桜通線 名古屋駅に全く支障がないこと。
地下街の被害も、ニュースにならないし。。

今日は、仕事で三重県津市に出掛ける予定にしていた為、近鉄で出掛けましたが、
お昼前に地下鉄東山線 名古屋駅の改札前を通った時には、まだ一部区間が運休中。
15時過ぎに津市から戻ったら、ちょうど運転再開したばかりでした。

原因は何なんだろうと思い、帰宅してから朝日新聞 夕刊を見たら、駅ビルの再開発現場
辺りからの給気口の設置不具合?で駅長室へ一気に雨水が流れ込み、最後にはホームが
あのような状態に。。
早朝だった上に、地下鉄職員の方々がいる場所からだったことが幸いでした。
万が一、昼間の運転中だったら一体どうなってたことか! (@_@)
今後のこともあるだけに、詳細の原因究明が待たれます。
関連記事

テーマ : 鉄道関連のニュース - ジャンル : ニュース

ライブ8題・その5-新進芸術家サポートプログラム 第1回いちのみや音楽コンクール 入賞者披露演奏会~入賞を果たした、若きエースたちの饗宴~






今日は、秋の彼岸の中日。これから、昼と夜の長さが逆転していきます。
暑さ寒さも彼岸までと言いながら涼しい日々でしたが、今日は朝から天気が良く、
諺通りの汗ばむような1日でした。

さて、今朝は近所を5kmランニングした後、昼前から一宮市へ。
一宮市民会館が、新たにコンクールを開催することは、偶然チラシを見て知ってましたが、
既にコンクールは終了し、今日入賞者演奏会があることを、1位を受賞されたSax奏者・
松下 洋さんからたった半月前に教えていただき、慌てて予定を入れた次第。
一宮市民会館のHPを確認して更にビックリしたのは、入賞者にSaxで4名もの方々がいたこと。
しかし、残念なことに、名古屋市内では全く今日の演奏会のチラシの挟み込みや楽器店等での
チラシ設置を見掛けることがなく、入場者が地元の方々以外に殆どなかったことでしょうか。
何とも勿体ないことでした。。

プログラムは、各奏者の方の個性を感じる内容になってました。
FlとSaxでボルヌのカルメン・ファンタジーがかぶったのは、全くの偶然らしいです。(^_^;)
一緒に聴いて演奏の雰囲気の違いを感じられるなんて、滅多にあるものではありません。
そして、MCで曲目解説があり、予備知識の無い聴衆の方々に向けて、皆さん一生懸命
解りやすく説明される姿が非常に印象的でした。

今回、4位の東京芸術大学 3年生・宮越 悠貴さん&2位の大学院1年生・中島 諒さん&
大学院2年生・松下 洋さんと、3名もの東京芸術大学 Sax科の皆さんが演奏されました。
宮越さんは、前出のボルヌの作品を演奏されただけでなく、Jazzテイストのノレ作品や
ラヴェルの小品と、ジャンルに幅を感じる演奏でした。
中島さんは、8月の管打楽器コンクールで1位を受賞されましたが、本選の課題曲だった
ウェニャンのラプソディを軽々と若々しく演奏。
キラキラと美しく、遠くまで響いてくる音でした!
松下さんは、7月のジャン=マリー・ロンデックス国際コンクールで1位を受賞されましたが、
特に野平 一郎氏のアラベスクⅢは聴き応えありました。
7月のコンクールでもこの曲を演奏されていましたが、直前に野平氏から直々にレッスンを
受講されたとか!
そして、ラストということで、しっかりアンコール曲まで用意するという芸達者ぶり。(^.^)

終演後、楽屋にお邪魔してご挨拶。
松下さんは名古屋で仕事されたり演奏会を聴きに来られたりと、結構お会いしてますが、
中島さん・宮越さんとは本当にお久しぶりでした。
また、こんな素敵な皆様の演奏を聴くチャンスがあればと思います。(^_^)
1位の松下さんは、来年も一宮市で演奏されるようです。こちらも、行かなくちゃ!
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

アジア大会2014 in 韓国・仁川 日本選手団メダルラッシュ!

韓国・仁川で、先週金曜日に開幕したアジア大会。
アジアNo.1を決めるべく、毎日激戦が繰り広げられています。

先ずは、柔道&競泳で日本選手団のメダルラッシュが続いてます。
特に、競泳のパンパシフィック選手権でも大活躍だった萩野 公介選手が、昨日の男子200m
自由形決勝でラスト50mからの猛追!
中国・韓国の有力選手との競り合いに勝ち、ナント日本新記録での金メダル!\(^o^)/
いやー、リアルタイムで観戦したかった。。(>_<)
今日の男子200m個人メドレーでは、大会新記録で金メダル!
男子800mリレーでは、中国・韓国を圧倒的に引き離す強さ!(^o^)
1つの金メダルでは満足しないとインタビューで答えていた萩野選手、一体あと何種目に
出てくるやら?!まだ何かやってくれそうな予感。(^.^)

現在、メダル獲得数は金メダル14・銀メダル15・銅メダル16ですが、2位の韓国には3コ差。
金メダル50が目標のようなので、またまだこれからが本番というところでしょうか?(^o^)
関連記事

テーマ : アジア大会 - ジャンル : スポーツ

ライブ8題・その4-堀江 裕介サクソフォンリサイタルツアー2014 Song Book




気が付けば、9月もあと10日も無くなってしまいました。
何だか、あっという間の1ヵ月。毎週、大きなイベント続きだったせいだと思います。

そして、Sax関連の演奏会が本当に多かった今月、今週も明日以降4日連続で聴きに行く
予定になっています。そんな訳で、先週書きそびれた堀江さんのリサイタルについて。
愛知県芸術大学 大学院生 の2004年に初リサイタルを開催されたそうですが、
今年でちょうど10年とのこと。今回は、アメリカの作曲家 デビット・マスランカ氏の
作品を中心とした作品の数々。バッハ研究家でもあるマスランカ氏は、バッハ作品を
ベースとした、独特の深い精神世界を追求・探究し、聴く側にも謎掛けするかの如く、
揺さぶりを掛けてくるかのよう。

昨年のリサイタルでは、30分にも渡るA・Saxのソナタを熱演されましたが、
今年は特にA・Saxとマリンバのためのソング・ブックが非常に印象的でした。
マリンバは、名フィル 首席打楽器奏者・窪田 健志氏。
演奏が進むにつれて、お互いが呼応するかのようでした。

ラストは、ベルギーの作曲家 ウェニャン氏のラプソディ。
2010年のアドルフ・サックス国際コンクールの本選課題曲の為に作曲され、
今年の管打楽器コンクールの本選課題曲としても採用された作品。
今回、この曲を初めて聴きましたが、ポップなメロディを持ちながら、技術的には
非常に難曲。流石は、コンクールの本選課題曲だけあります。

アンコールは、愛知県芸術大学出身の作曲家・松本 いずみ氏の作品(東京公演での
演奏予定曲)、そして、真島 俊夫氏のシーガル。

会場内はほぼ満員、しかも、中高生から大人まで多数の女性陣が大半を占めていました。
いやはや、大変な人気ぶりですね。(^_^;)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

第6回名古屋市民バンドフェスティバル終了





今月2つ目の本番、無事終了しました!(^o^)

3年に1度、名古屋市内の吹奏楽団が集まって、主に愛知県芸術劇場 コンサートホールで
開催しているこの演奏会。1999年に第1回がスタートし、早や6回目となります。
私は、第1・4・5・6回と、気が付けば4回目の参加に。
各団体の単独演奏会では中々出来ない曲や、作品のフル編成での演奏を目指して、
2~4団体ずつの編成で演奏しましたが、ホールの響きも相まって非常に楽しめましたー。(^.^)

出演者全員での演奏の指揮は、指揮者・中村 暢宏さん。参加団体・名古屋市民吹奏楽団の
常任指揮者でもいらっしゃいます。
的確な音楽作りやメンバーへのアプローチの仕方が、非常に印象的でした。
そして、先週いずみホールでの演奏会で、F・Gサクソフォンクラブでご一緒したばかりの
名古屋市民吹奏楽団・Oさんとは、2週連続の一緒な本番となりました♪ (^.^)
終演後は、しっかり打ち上げにも参加してきました。

次回は2017年になりますが、さて私は参加出来るのかどうなのか?(^_^;)です。
ご来場の皆様、本当にありがとうございました!m(__)m
参加団体の皆様、お疲れ様でした!!
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

本番直前情報・9/15(月・祝)日本ラージサクソフォンアンサンブルサミット&9/21(日)第6回名古屋市民バンドフェスティバル

*しばらく2番目の記事としてUPします。 
 近日参加を予定している、2つの本番についてのお知らせです。

サクサミ

     日本ラージサクソフォンアンサンブルサミット
     (ミ・ベモル サクソフォンアンサンブル 創立25周年事業)
     *日時:2014年9月15(月・祝)15:00開演
     *会場:大阪・いずみホール
     *出演:ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル
          リエゾンサクソフォンアンサンブル他       
          ※出演団体は、リンク先を確認ください。
 
 F・G サクソフォン・クラブのメンバーとして、S・Saxで参加します。

      第6回名古屋市民バンドフェスティバル
    *日時:2014年9月21日(日)16:00開演
    *会場:愛知県芸術劇場 コンサートホール
    
 3年に1度の合同演奏会です。
中日交響吹奏楽団のメンバーとして、B・Saxで参加します♪

  
     
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その3-新作初演×名古屋大学交響楽団・愛知県立芸術大学 音楽学部生有志による合同コンサート~オーケストラプロジェクト










続けて、昨日行ってきた演奏会について。

昨日の名古屋市内のホールで、特に結構悩んだ結果、行ってきたのは名古屋大学 豊田講堂。
名大で授業もされているという愛知県立芸術大学 作曲科教授・小林 聡氏と作曲科卒業生・
現役生メンバーの新作を、名古屋大学交響楽団・愛知県立芸術大学 音楽学部生有志の
オーケストラで演奏するという、画期的且つ挑戦的な内容でした。

作曲家&演奏者共に、20代前半の皆さんというのが、このプロジェクトの狙いの1つとか。
確かに、一般大学のサークルが、しかも同世代の作曲家の作品を演奏することなんて、
余程のことが無い限りチャンスはないと思います。
大学間の交流・教育の一貫・若手作曲家への作品発表の提供という様々な意味を持ち、
しかも名大が主体で企画したという意味は、非常に大きいのではないかと思います。
もちろん、日本現代音楽協会の後援付き。

小林氏以外は、私が数年前に愛知県立芸術大学作曲科&Sax科合同の学内演奏会「さっきょす」で
注目していた方々が揃っていたというのも、聴きに行こうと思った理由の1つ。
残念ながら18時の開演には間に合わず、3曲目から最後まで聴くことが出来ました。

後半冒頭、4年生の芳賀 傑さんが、S・Saxのコンチェルトを発表されるに当たり、ソリストに
指名されたのは、Sax奏者・渡辺 志穂さん。
ネガティブな精神状態の時に作曲したとのことですが、どこか荒涼とした曲の雰囲気の中、
Saxが一筋の光を与えているかのよう感じでした。
最後の中野 健一さんのシンフォニーは、各楽器の特性を生かした上手い使い方に関心。
同じモチーフを繰り返し使って展開する様は、ミニマルのようでもあり、非常に面白かったです。
前半最後の小林氏のハープ協奏曲は、ハープ・ソロで始まり、この楽器の持つ優雅さとは対照的な
鋭いエッジの効いた音楽が展開されていきました。
ソリストの演奏も非常に素晴らしく、機会があればソロリサイタル等聴いてみたい方でした。

終演後、作曲家・平岡 聖さんにご挨拶。次回の機会には、是非オケ作品を聴いてみたいです。
そして、ソリストの渡辺さん&応援に来場されていたSax奏者・片田 景子さん。
そう言えば、去年の今頃は片田さんのデビューリサイタルでした。(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その2-サクソフォン四重奏団~奏 Kanade~ファーストリサイタル in 名古屋






音楽ネタが続いておりますが、スポーツの方はアジア大会がいよいよ始まりますね。(^.^)
こちらは、来週以降がメインになるかなと。プロ野球も、終盤のラストスパートに
差し掛かってます。


さて、一昨日から3日連続で演奏会に出掛けております。
初日の火曜日は、洗足学園音楽大学 Saxカルテットの演奏会へ。
B・Saxの鈴木 研吾さんが岡崎市出身ということで、年間数回?は名古屋市内でも
演奏活動をされています。また、個人事務所を立ち上げて、演奏会のプロデュース等を
されたりと、早くから様々に活動をされていて関心しているところ。
奏の演奏は、ナゴヤサックスフェスタのアトリウムコンサートで一度お聴きしたことが
ありましたが、ホールでの演奏を聴くのは初めてでした。

プログラムは、前半はオリジナルでグラズノフの四重奏曲のみ、後半はアレンジもの、
アンコールは映画「アナと雪の女王」のメドレー?(映画を観てないので、
ラスト近くに出てきたあの主題歌しか判らず。)。
若さ一杯という感じの演奏、技術もこの世代は皆さん申し分無いですしね。(^.^)
残念なのは、作曲者が意図した曲に合った音楽作りやサウンド作りについては
疑問符が付くところでした。
しかし、まだまだ活動は始まったばかりでしょうから、新世代の期待の星となるような
活動を楽しみにしたいと思います!終演後には、鈴木さんと記念に。(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

大阪2Days あとがき・その2 日本ラージサクソフォンアンサンブルサミット 記念写真あれこれ










いつの間にか、9月も半分が過ぎてしまいました。2014年も、残すところあと3ヶ月と半月。


さて、先週末の大阪遠征のメインイベントについて。
今回、公募先着順という形で15(月・祝)の演奏会参加団体が募集されましたが、
蓋を開けてみたら、SAX PARTY!やエスパルク サクソフォンアンサンブルのような
関西を中心に活動中の方々や、プロ・音大生も一緒になった団体や、私が参加した
F・Gサクソフォンクラブのように結成1年足らずの団体ありと、様々な参加団体がありました。
タイムスケジュールの関係で、1団体だけゲネプロ・本番共に聴けなかったのですが、
他団体は全て何かの形で演奏を聴きました。それぞれの個性・スタンスの違いが、
漏れなく楽しめるステージだったと思います。

今回、ゲストとしてリエゾン サクソフォンアンサンブルが参加され、今年で生誕150年を迎える
リヒャルト・シュトラウスの、濃厚な音楽を聴かせていただきました。
東京在住時からお世話になっていた大栗 司麻さん(3枚目)・貝沼 拓実さん(2枚目)・
持田 崇さん(1枚目)とそれぞれ記念に。特に、持田さんは、合同演奏の時に
偶然隣同士で吹きましたが、地元・島根県出身同士ということで、時間がある時にはローカルなトークで
2人だけで盛り上がっておりました。(^_^;)

そして、SAX PARTY!のコンマス・蓼沼 雅紀さんと。(4枚目)
昨年発売された2枚目のCDに、ようやくサインをいただくことができました!(^o^)
打ち上げの時には、トゥジュールSQ S・Sax奏者の辻本 剛志さんと。(5枚目)
3年前のGWに、音の輪コンサートでご一緒しましたが、来年もまたこのコンサートで
ご一緒する予定。そう言えば、今日はアルフレッド・リード博士の命日ですね。
11月のドルチェ楽器 名古屋店でトゥジュールSQ初の名古屋公演、楽しみです!(^o^)

そして、今年から國末 貞仁先生が講師として指導に当たられている京都市芸術大学の
Sax科1期生 福田 彩乃さん&村山 瑞希さんと。(6枚目)
今回は、SAX PARTY!に客演出演ということで、会場内で一緒になりました。
実は、指揮を須川 展也先生がされていたのですが、今年から京都市芸術大学の
客員教授に就任された関係で、お2人の出演も決まったようです。

今回、私はS・Saxで参加しましたが、中々練習に参加出来なかった関係で、
当日朝にS・Saxパート練習を決行しました。やっと揃った!と言うことで、本番前に。(7枚目)

アマチュア吹き仲間の皆様と、意外にあまり写真を撮ってなかったことに、
後から気が付きました。(^_^;)結構、色々な演奏会等で顔を合わせているから?
中には、お久しぶりな方々が何人かいらっしゃいました。
お久しぶりメンバーの中で、参加団体・Kobe Saxophone MusicaのT田さんと。(8枚目)
兵庫県内から集まったメンバーで、昨年から活動をスタートされたとのこと。
最後に、今回は都合で参加はされなかったそうですが、演奏会を聴きに来られていた
Thunderさんと。(9枚目)私が東京に引っ越して直ぐに、創設間もないサクソフォン・
アンサンブル なめら~かに参加し、カルテットやラージアンサンブルの経験を
色々させていただきました。意外に、2ショットは撮ってなかったかも?!

他にも、合同で並んでご一緒した滋賀県のグラシューズ・サクソフォンアンサンブルの
コンミス・A川さんや、高知WO サクソフォンアンサンブルのコンミス・A知さん、
大阪のアミュゼ・サクソフォンカルテットのU原さん等、上手いと噂には聞いていた方々に
実際にお会い出来たのは貴重な機会でしたねー。(^.^)
懇親会が前日ではなく、演奏会当日になり、遠方の方々が皆さん打ち上げ不参加に
なってしまったので、お話出来なかったのが非常に残念でした。
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

大阪2Days あとがき・その1 大阪城公園周回ラン











今日は、朝から通常通り出社。
土曜日・昨日のラン&大阪遠征の疲れや、昨日の演奏会の余韻に浸りながらの1日でした。
今夜は、治療院に行ってマッサージしてもらいましたが、痛いところが続出。(+_+)イテテテ

さて、今回の大阪行きの裏メインは、mizuno 大阪店での買い物&大阪城公園周回ランでした。
mizunoでは初日に買い物を済ませましたが、大阪城公園周回ランは2日目の早朝に決行。
その為、中之島周辺のホテルを予約したのです!

6時過ぎから淀屋橋を起点に、大阪市役所を眺めながら土佐堀通を東に向かい、北浜にある
大阪証券取引所・テレビ大阪前を通過。上町筋に入ってからは、大阪府庁・大阪府警察本部・
NHK 大阪放送局前を通過。大阪マラソンのスタートは、大阪府庁前なんですよね。(^.^)
そして、本町通から大阪城公園内へ。多数のランナーの方々が、男女問わず走っていました。
いよいよ、本格的なマラソンレースのシーズンが迫っていることを実感。
再び土佐堀通に戻り、淀屋橋に到着してランを終了。
御堂筋には、大阪マラソン2014のフラッグがずらーっと旗めいていました。

この週末で約30km前後を走り切りましたが、フルマラソンの距離にしたらあと12km足りず、
まだまだ不安が残ります。。(+_+)
今週末は約20km、そして今月最終週末は30kmにトライしたいと思います!
関連記事

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

日本ラージサクソフォンサミット終了










楽しみにしていた3連休が、あっという間に終わってしまいました。。(T_T)
昨夜は、日付が変わる頃に大阪から帰宅しました。

昨日、大阪・いずみホールで開催された日本初のラージサクソフォンアンサンブル団体が
集まった演奏会・日本ラージサクソフォンアンサンブルサミット。
主催のミ・ベモル サクソフォンアンサンブルが、結成25周年を迎えられたということで、
記念行事の一環として企画された今回の演奏会。
開催を知った時には、是非聴きに行きたいと思いましたが、参加していずみホールの
ステージに上がることになるなんて!思いもよらぬことでした。

一昨日は朝から大阪入りし、まずはmizuno 大阪店へ。大阪マラソン2014用のウエア等、
色々買ってきました!あと42日、いよいよ迫って来たなという雰囲気です。

午後は、今回の演奏会の参加者全員による合同演奏の練習の為、淀川区内の施設へ。
15時から19時前まで練習した後、F・Gサクソフォンクラブのメンバー有志で、
団結会と称して阪急十三駅で飲み会。串揚げ、本当に美味しかった!(^o^)

今朝は5時半に起床し、念願の大阪城公園をランニング。朝から、多数の方々が走ったり
歩いたりされていました。
一部分が大阪マラソンのコースにもなっているので、風景を色々チェックしたり。

そして、早めにいずみホールへ。早速、F・Gソプラノパート3人でのパート練習を決行。
その後、2団体のゲネプロを聴きました。
合同演奏では、ステージから見る客席というのを初めて見ることに!
開場から終演までは、本当にあっという間でしたねー。
F・Gとしての演奏は、ヒヤッとする部分もありましたが、悪くは無かったと思います。
リエゾン サクソフォンアンサンブルとミ・ベモル サクソフォンアンサンブルの演奏は、
もう流石の一言。
打ち上げは新幹線の時間の関係で、残念ながら30分だけ参加して失礼してきました。
皆さんと、もっと色々お話出来たら良かったな。。

明日以降、あとがきとして書いてみたいと思います。
このような機会を下さった前田 昌弘先生&ミ・ベモル サクソフォンアンサンブルの皆様には、
本当に感謝の一言です。本当にありがとうございました!m(__)m
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

スロー・ロング走で豊田市へ










昨日から、3連休!\(^o^)/
北日本は、寒気の影響で不安定な天候みたいですが、名古屋はようやく安定した秋晴れに。
今日明日は大阪に滞在しますが、詳しくは後程。

昨日は、いよいよあと1ヵ月半に迫った大阪マラソンの為、ロング走を決行。
何処を走ろうかと考えましたが、信号が少ない郊外にしようと、折り返し目標を
豊田スタジアムに決定。これで、往復約25kmになります。
過去最高の走行距離がハーフマラソンの21km、しかも時間も2時間半まででしたが、
今回は長い距離を走る&長い時間走ることが目的だったので、スピードは問わず。

起きるのが遅くなり、10時半頃のスタートでしたが、グングンと気温が上がり、
午前中は汗をかいて結構消耗してしまいました。。(+_+)
休憩込みで、12時半に豊田スタジアムへ何とか到着!

そして、行きとは違うルートで名古屋方面へ。その前に、挙母神社へ立ち寄り、お参り。
午後からは、急に涼しくなり、サラッとした風が心地よかったです。
しかし、段々と足が重くなり、何度名鉄バスに乗り込もうかと思ったぐらい。(;´д`)
昨日の走ったルートに鉄道はありませんでしたが、名鉄バスの赤池駅~豊田市駅間の
路線にほぼ沿って走ってました。

何とか日進市入りし、赤池駅まで辿り着いて打ち止めにしました。
自宅まではあと1kmと迫ってましたが、流石に無理は止めようと。
赤池駅に向かう途中、ジェラート専門店・ロノの前を通りがかり、思わず飛び込んで買って、
あっという間に食べてしまったです。
帰宅してからシャワーを浴びた後、ご褒美ビールを飲みました~。(^o^)
しかし、フルマラソンは昨日走った距離よりまだ18kmぐらい長いので、本当に完走
出来るかかなーり心配。(T_T)

明後日早朝は、大阪城公園を走って、大阪マラソンの雰囲気を少しでも感じてきたいです。
mizuno大阪店も、覗く予定
来週末は、メリーフェイス・ランニングクラブの練習がありますが、練習会場の
平和公園まで往復ラン約20kmを頑張る予定です!
その後、午後からは21(日)の本番前の練習です。(^_^;)
関連記事

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

レスリング 世界選手権 吉田 沙保里選手 世界大会15連覇&伊調 馨選手 世界大会12連覇達成!


ウズベキスタンのタシケントで開催中のレスリング 世界選手権で、またまた凄い記録が!

女子53kgで、吉田 沙保里選手が五輪・世界選手権を通じて、15連覇達成のニュース!\(^o^)/
今回、階級変更により55kg→53kgと、軽い相手だったにも関わらず、対戦相手を圧倒・圧勝!!
リオ五輪まであと2年を切りましたが、このまま五輪4連覇は間違いなし!?
春に急逝したコーチでお父様の吉田 栄勝氏の遺影を見ながら、奮起したとのこと。
昨日は月命日に当たり、良き供養になったのでは?

そして、女子63→58kgに階級変更になった伊調 馨選手。
首のヘルニアという爆弾を抱えながらも、全試合無失点で、対戦相手を圧倒・圧勝!
伊調選手も、五輪・世界選手権を通じて12連覇達成!!\(^o^)/\(^o^)/
こちらも、リオ五輪の4連覇を期待しちゃいます。(^.^)

いやー、最強のお2人。(^_^;) 他にも、好成績を残した選手らが沢山いますね。※こちらから
流石は、お家芸というところでしょうか。(^.^)写真は、今日の中日スポーツ 一面から。
関連記事

テーマ : レスリング - ジャンル : スポーツ

全米オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手準優勝!&車いすテニス 男女ダブルス 国枝 慎吾選手&上地 結衣選手優勝!!



昨日の今頃、大会公式HPのラジオを聴きながら出勤していました。

錦織 圭選手、残念ながら準優勝!それでも、日本人初の四大大会 決勝進出の快挙!!
表彰式で、日の丸が揺れる日が来るなんて、本当に信じられない気持ちです。
テニス関係者の皆様、本当におめでとうございます☆\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

準決勝までと違い、試合開始前から表情が固かったとのこと。
第1セット序盤からサービスゲームをあっさりブレイクされたり、あれ?どうした?!
と心配してました。。対戦相手・クロアチアのチリッチ選手は身長が2m近く、
ビックサーバーでもあり、この日は20近いエースを決めたり、1stサーブのポイント確率が
8割前後と絶好調!準々決勝・準決勝と、ストレート勝ちを続け、フルセットまで
ギリギリの戦いを強いられてきた錦織選手とは好対照な状態。
残念ながら、相手の方が上だったということでしょう。
チリッチ選手は、1歳だけ年上ながら四大大会の準決勝進出は4年前が初めて
というキャリア。初めての決勝進出にガチガチになり、前の晩は寝られなかったという
錦織選手とは余裕が違ったと思います。
今回は残念な結末でしたが、これがチャンピオンへの本当のスタート。
いずれは、グランドスラム達成という、有り得ないような快挙を達成して欲しい!(^^)d
世界ランクも、8位まで上昇。このままトップ8を維持出来れば、トーナメントで
強豪と早くに当たらない有利なシードが取れますから、今後に期待ですね。(^.^)
新聞は、昨日の中日スポーツ 夕刊一面から。

地元・松江市内では、くにびきメッセで1000人近くが集まっての応援になった様子。
誰か知り合いが観に行ってたかな?私の地元から、こんな世界的な選手が出てくるなんて
凄いこと。島根県・松江市共に、各々県民栄誉賞・市民栄誉賞の贈呈を検討中とか。
オフシーズンの予定が合えば、松江市内をパレードをする話も持ち上がってるようです。

優勝したチリッチ選手のコーチは、同じクロアチアのイバニセビッチ氏。
一昔前、同じようにビックサーバーとしててテニス界を席巻してきましたが、
イバニセビッチ氏以来のクロアチア勢の四大大会優勝となるんだとか!
話題に上がってる錦織選手のコーチのマイケル・チャン氏も、現役時代は物凄い選手でした。
私と同世代かひとつ前の世代にトップ選手だった方々が、今はコーチとして大活躍し、
観客席で姿を見掛けることなになるなんて。(^.^)

そして、車いすテニス部門では、国枝 慎吾選手・上地 結衣選手が、それぞれに
組んだ選手と優勝という快挙も!\(^o^)/UNIQLOのウエアは錦織選手モデルばかり
騒がれますが、国枝選手は錦織選手が登場する以前からUNIQLOの契約選手です。

会場がニューヨークということで、アメリカの有名芸能人やアスリートが観戦、そして、
ニューヨーク・ヤンキースの田中 将大選手夫妻も観戦してたとか。
アメリカで活躍するMLB選手にも、大いに励みになったようで。(^.^)
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

吹奏楽コンクール 東海大会 職場一般&大学の部@愛知県みよし市 文化センター サンアート






9月も、間もなく10日を過ぎようかというところまで経ちました。
昨日は仲秋の名月、今日は満月の中でも、スーパームーンと呼ばれる特別に大きなサイズで
月が上がってくる日なんだとか!
仕事が定時に終わったので、今夜はこれからバンドの練習に行きます。
帰りに、月が観れたら良いなぁ。(^.^)

さて、吹奏楽と言えば、一昨日は自宅から車で10分ぐらいの場所にある、みよし市内のホールで
開催された吹奏楽コンクールの東海大会を聴きに行ってきました。
東海大会は、滅多に愛知県内で開催されることがなく、今年も岐阜・静岡・長野県内の何処かで
やるんだろうなと、場所さえ確認してなかったのですが、先月になってこんなに近い会場と知って、
慌ててチケットを手配した次第です。(^_^;)

そんな訳で、えぬ夫に送って貰い、朝から会場入りして最後の審査結果まで聞き、帰りはまたまた
えぬ夫に迎えに来て貰って帰宅するという近さ。(^.^)
東海大会を聴いたのは、恐らく5年ぶり?前回は、岐阜県羽島市のホールでした。
職場一般の各団体には、お知り合いのSax吹きの方々が多数いらっしゃいます。
何処のバンドも上手くて、全国大会には14団体中2団体しか行けないのかと思うと、何だか切ない。。
日々の生活から時間を捻出しつつ、この日の為に練習してきた皆さんなんですから!
大学の部は、やはり静岡大学の華やかなサウンドは、他の大学に比べて一歩抜けてたかなと。
※結果はこちらから。
今年から賞の割当数が変わったか何かで、極端に金賞の数が減ってしまったようです。
それも、ちょっとどーなのかなと。
会場内では、久々にお会い出来たSax吹き仲間の皆様もいましたが、残念ながらすれ違いに
なってしまった皆様、すいません。(+_+)本当にお疲れ様でした!(^o^)

今年は吹奏楽コンクールを聴くことはないと思ってたのに、お盆の島根県大会に続いて思いがけず
支部大会まで聴けてしまいました。残念ながら来月の全国大会 中学・高校の部は名古屋開催にも
関わらず、大阪マラソン参加の為またまた聴きに行けません。。(T_T)
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

全米オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手決勝進出!



いつかは、この日がやって来ると信じていました!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
写真は、今朝の朝日新聞 朝刊一面から。

一昨夜、日本時間の25時から行われた全米オープンテニス 準決勝 対ジョコビッチ戦。
残念ながら、TVの地上波放送は無く、iPad2から已む無く大会HPを検索して、
ネットラジオで試合の様子を聴くことに。しかも、全て英語。(^_^;)
大会HP上には、もちろんポイントだけではなく、選手のデータが瞬時に表示されるので、
そういう部分も楽しめました。

前の記事にも書いた通り、一昨日は終日大阪に行った為、夕食を終えて、帰宅は日付が
変わる頃になってしまった為、已む無く試合途中の第1セット終盤から第2セットの
時間帯は入浴。上がった時には、既に第3セットが始まってました。
途中、リードしても追いすがってくる王者。
とうとう、タイブレイクまでもつれ込みましたが、やはりこのセットを取れたのは、
本当に大きかった!第4セットは、王者を圧倒!途中、観客席から
「Ke!iKei!Kei!」とコールが起こるまでに。最高気温が35度を越える過酷な
条件も重なり、あのジョコビッチを陥落させるという、凄いことをやってのけました!!

しかし、まだ決勝が残ってます。相手は、クロアチアのチリッチ選手。
こちらは、フェデラー選手を破っての勝ち上がり。世界ランク14位と、実力は拮抗。
しかし、錦織選手の優勝を信じてます☆(^^)d
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

来週末の本番に向けて@大阪府堺市立青少年センター







今朝から、自宅から車で10分の場所にある、愛知県みよし市の文化センター サンアートで
開催中の吹奏楽コンクール 東海大会 大学・職場一般の部を聴きに来ました。
お知り合いのSax吹きの皆様が多数熱演されましたが、コンクールの件は、また後程。
昨日の大阪行きの話を、昨日のうちに書きそびれました。(^_^;)

関西のプロ奏者が集まったミ・ベモル サクソフォン アンサンブルが今年で結成25周年を迎えられ、
記念演奏会「日本ラージサクソフォンアンサンブルサミット」を企画、大阪・いずみホールで
いよいよ9/15(月・祝)に開催されます。
この演奏会に参加するラージアンサンブル団体が公募されましたが、Sax吹き仲間・Mickeyさんが
主催される団体:F・G サクソフォン・クラブの出演が決まり、私もメンバーとして参加することに
なりました!
がしかし、主な練習会場が大阪府堺市であることや、これまでの他の練習・本番との兼ね合いで、
結局練習参加が昨日の直前練習1回のみになってしまいました。。
京都府内に1992年~1997年に住んでいた間、実は一度も南海電車に乗ったことがありませんでした。
今回、JR在来線を乗り継いで、初めて南海電車に乗車しましたー。
途中、大阪環状線に乗車中、京セラドーム・あべのハルカス・通天閣と、大阪市内のメインスポットを
眺めながら移動したり。

さて、F・Gメンバーの皆さん、主に大阪府内・兵庫県東部から参加されており、他に西方面は
熊本からSax吹き仲間・イカサマさん&岡山からN所さん+同じ所属バンド仲間の皆さん、
東方面からは愛知県・静岡県西部から、私を含めて数名参加です。
団体名は、同じメンバーでの演奏会は、中々ないからという意味で、フォレスト ガンプ(一期一会)から
命名したんだとか。
メンバーの中で、何年かぶりにお会いした方、facebookやそれ以前のネット繋がりでお知り合いになり、
昨日ようやく初めてお会い出来た方々も。(^.^)

今回演奏するのは、作曲家・福田 洋介氏の吹奏楽作品「シンフォニック・ダンス」のサクソフォン
ラージアンサンブル編曲版から、1楽章ルネサンス・ダンス&2楽章タンゴ&5楽章ベリー・ダンスの3曲。
私はソプラノ・サックスの3rdパートを吹きますが、自主練習に加え、事前にスコアを眺め、
オリジナルの吹奏楽版の演奏を聴いて曲の構成をチェックしたり。お陰で、昨日の練習は何とか
スムーズに入れました。但し、指揮者無しでの演奏になるので、テンポの変わり目・ソロの受け渡し・
パーカッションの出だし等を確認。休憩中も、時間を惜しんで個人練習やパート内でニュアンスを
揃える練習をしたりと、あっという間に夕方になり、夜間の通し練習に突入して終了しました。
後は、本番当日のゲネプロのみというのが、ちょっと怖いですが。(^_^;)
ちなみに、本番前日は出演者全員の合奏練習。プロアマ揃っての音出し、本当に楽しみです♪
練習終了後は、F・Gメンバーでの懇親会予定。まだお話出来てない方々が、まだ多数いらっしゃるので、
こちらも楽しみ。(^.^)

JR新大阪駅近くを通過して帰宅されるメンバーの方に車で送っていただき、新幹線で名古屋に帰還。
新大阪駅の売店で、蓬莱551の豚まんを買いました。この豚まん、久々なので嬉しいです!(^o^)
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その1-名フィル 9月定期@愛知県芸術劇場




9月に入って間もなく1週間、何だかこの時期とは思えないくらい割りと涼しく、
天候不順でスッキリしない空が続いていましたが、今日はスッキリとした青空!
現在、JRの在来線乗り継ぎで、関西方面へ向かっております。
来週末は、大阪・いずみホールで本番ですが、詳しくは後程。

いよいよ秋の音楽シーズンが、本格的にスタートしました。
昨日は勤務先を18時半近くに出て、急ぎ徒歩で名フィル 9月定期へ。
7月のポーランドプログラムに続き、同じく東欧の「チェコの1番」という副題でしたが、
スメタナ&ドヴォルザーク&マルティヌーと、全くタイプの違う3人の作曲家が並びました。
但し、スメタナとドヴォルザークは19世紀中期以降、マルティヌーは20世紀前半と、
持っていた時代背景が違うところはあります。

数少ないドヴォルザークのピアノ作品の中で、今回のようにピアノ協奏曲が取り上げられる
ことは滅多に無いのではと思います。
ドヴォルザークの協奏曲は、有名なチェロ協奏曲やバイオリン協奏曲は何度か聴きましたが、
ピアノ協奏曲?!と誰もが思ったのでは?
イギリスのピアニスト スティーヴン・ハフ氏は、王立音楽院や王立ノーザン音楽大学で
指導に当たり、ソリストとしての活動はもちろん、作曲も手掛け、著述家として「ガーディアン」
「タイムズ」誌等の文化記事が掲載される等、正にイギリスの音楽文化を体現するような
凄いソリストがやって来たという印象。
30半ばの若き日のドヴォルザークが作曲したこの作品、派手さは無いものの、作品の性格からか
主張し過ぎない温かくもピュアで美しい響きがホール中を包み込みました。
ハフ氏は、ソロが休みの間もオケ演奏の方を向いて様子を伺ったり、鍵盤を拭いたり、
余裕すら感じてしまう程。アンコールには、ドヴォルザークのあの小品で。

後半のマルティヌーの交響曲第1番は、当時亡命中だったアメリカで、ボストン響の常任指揮者・
クーゼヴィツキー氏からの委嘱で作曲された作品。
標題こそ無いですが、フランス・ドイツ・ロシア・アメリカと様々な作曲家の影響を受けたことが
垣間見え、特に最終楽章はアメリカの映画音楽を聴いていかのようなスケール感!でした。

正指揮者・円光寺 雅彦氏の、手堅い指揮ぶりで、安心して聴くことが出来ました。(^^)d
Twitterのハッシュタグ・#名フィル116では、昨夜の演奏会について反響が
多数ありましたねー。(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

全米オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手&女子ダブルス クルム伊達・ストリツォバ組 ベスト4進出!


もう、amazing!\(^o^)/としか言いようがありません!!(^^)d 写真は、朝日新聞夕刊から。

全米オープンテニス 男子シングル 準々決勝で、世界ランク11位の錦織 圭選手が世界ランク4位で
第3シード スイスのワウリンカ選手相手に、フルセットまで持ち込んだ4時間15分の激闘の末、勝利!
ナント、日本人選手として96年ぶりのベスト4進出!!\(^o^)/
2戦連続の4時間越えの試合となりましたが、疲れを感じさせない快挙!!!です。
しかし、次の相手は世界ランク1位 セルビアのジョコヴィッチ選手。同じくUNIQLOがスポンサー。
さて、どうなるやら。。いや、絶対に決勝進出&優勝を!d(^_^o)

そして、女子ダブルスではクルム伊達 公子選手が、4大大会 ダブルスで初のベスト4入り。
今後の展開が、こちらも楽しみです。(^.^)
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

あいち国際女性映画祭2014@ウィルあいち



9月に入り、朝晩は急に涼しくなってきました。
朝から汗が噴き出して止まらない!(+_+)という通勤から、ようやく解放された今日この頃。

さて、今夜は18時過ぎに勤務先を出た後、直ぐ近くにあるウィルあいちへ。
ウィルあいちは愛知県女性総合センターの愛称で、愛知県の男女共同参画社会づくりの
拠点として1996年に開館。同年からスタートしたのが、あいち国際女性映画祭でした。

この映画祭は、世界各国の女性監督による作品、女性に注目した作品を集めた、国内唯一の
国際女性映画祭なんだそうです。名古屋在住通算11年になりますが、映画祭19回目にして、
初めてようやく観に行くことが出来ました!毎年チラシを眺めては、平日夜は厳しく、
土日は仕事だったり他の予定があったり・・・でしたが、勤務先が今の場所に移転して、
ウィルあいちまで徒歩で行けちゃうのは、やはり大きいです。
予定的に行くなら今夜しかなかったので、観られる作品はどうしても限られますが、
思い切って鑑賞に出掛けました。

鑑賞したのは、香港の女性監督 フローラ・ラウ氏の初監督作品「越境」(原題・過界/Bends)
中国国境の街で暮らす労働者層夫婦と、その雇用主の香港で暮らす富裕層婦人や、
労働者の元恋人等、各々の思惑や葛藤を描いたストーリーでしたが、今の中国と香港の
社会的な背景を見事に切り取って展開・シュールでもあり、最後は何処か謎めいた結末でした。
とても初監督作品とは思えず、次作も是非観てみたいです。

ちなみに、この映画の日本初上映は3月に大阪で開催された大阪アジアン映画祭。
昨年のカンヌ国際映画祭 ある視点部門に出品されたり、世界各地の映画祭で上映中のようです。
皆様も、何処かでこの映画に巡り合うチャンスがあれば是非に。(^.^)

他にも観たい作品が多数ありましたが、都合で行けないのが本当に残念。
週末には、あの字幕翻訳の第一人者・戸田 奈津子氏のトークショーまであるんだとか!
既にチケットは完売という、流石の人気です。

映画祭は、今日から9/7(日)まで。ご関心のある方は、是非公式HPをご確認下さい。
関連記事

テーマ : ☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆ - ジャンル : 映画

全米オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手ベスト8進出!

moblog_47b0030e.jpg
全米オープンテニス前に、右足の指に溜まった膿を出す手術を行い、試合出場への影響が
心配された錦織 圭選手。初戦当日に出場の可否を判断すると報じられ、どーなるんだろう?!
とハラハラしました。

しかし、出場が決まり、蓋を開ければ快進撃!
4回戦では、ウインブルドン・テニスで敗れたラオニッチ選手に、フルセットの激闘を制して
逆転勝利!! \(^o^)/試合終了は、アメリカ時間の夜中の26時半。。(゜ロ゜)
日本人として、ベスト8進出はナント92年ぶりの快挙とか。
得意のハードコートということもあり、ここまできたら優勝あるのみ!(^^)d期待したいです。

錦織選手は、私と同じ島根県松江市出身。(^^)v
今日からゆるキャラGP2014の投票がスタートしましたが、島根県観光キャラクター・
しまねっこを、どうか皆様宜しくお願いします!\(^o^)/写真は、先月帰省時のJR松江駅にて。
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

軟式高校野球 準決勝 延長50回の死闘&そして優勝!



既に、1つのスポーツニュースとしてだけではなく、社会ニュースとして報道されている
軟式高校野球 準決勝の顛末。

岐阜・中京vs広島・崇徳の対戦は、3日半・延長50回に及ぶと言う死闘を演じました!
投手だけでなく、バックの守備の盛り立てがある勢いは素晴らしかった。
崇徳・石岡 樹輝弥投手が限界に達したのか、コントロールが乱れて中京が3得点、
そのまま3-0で勝利!\(^o^)/
勢いのまま、午後から決勝を神奈川・三浦学苑と対戦し優勝!!\(^o^)/\(^o^)/

投げ切った中京・松井 大河投手は1047球、崇徳・石岡投手は689球という、半端ではない
投球数。。(゜ロ゜)投球障害と呼ばれる、投げ過ぎによる怪我が本当に心配。
観ている方には、よくやった!凄かった!!感動した!!!で済む話ですが、
選手本人にとって長い選手生命を考えると・・・です。

毎日TVで取り上げられたせいか、マスコミ&観客殺到!
これまで新聞の1コマで結果が取り上げられるだけでしたが、こんなにもこの競技が
注目を浴びることになるとは、選手本人&関係者も思って無かったでしょうね。
写真は、中日スポーツから。
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE