プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ライブ6題・その6-名フィル 7月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール





7月最後の記事となりましたが、先週の金曜日に行ってきた名フィル 7月定期。
この日は、サマージャンボ宝くじ発売最終日ということで、給料日を待っての購入。
勤務先を退社後、急いで地下鉄に乗り、栄駅の改札口近くにある販売所へ駆け込みましたが、
同じことを考える方々が多数並んでました。(^_^;)
急ぎ移動して、愛知県芸術劇場へ何とか滑り込みセーフ。(;´д`)

今月は、ロシアとポーランドの「ファースト」がテーマ。
冒頭にプロコフィエフの古典交響曲、メインでルトスワフスキの管弦楽のための協奏曲でした。
指揮者は、ポーランド人の新星ミハウドヴォジンスキ氏。
コンクールでの優勝・入賞を皮切りに、欧州を中心に活躍中とのこと。
日本国内では、2010年から山形交響楽団に客演を続け、2013年シーズンより首席客演指揮者に就任、
名フィルには初登場でした。
プロコの作品持つ軽快さをフルに活かした指揮ぶりに、演奏後はブラボーの嵐が!
ルトスワフスキのオケコンは、30分の大作。ポーランドの民俗学者 オスカル・コルベルクの
民謡集「民。その風習、生活様式、言語、伝説、諺、儀式、民間信仰、娯楽、歌、音楽、舞踊」に
収録されたものを元に、ネオ・バロック様式で書かれたもの。
今まで耳にしたことの無い響きやフレーズが、まるで唄い・語り・踊るかのように聴こえてきました。

この日、客演ピアニストとして登場したのが小山 実稚恵氏。
今までリサイタルを行き逃し、ようやく初めて演奏を聴きました。
ショパンのピアノ協奏曲の1番、芳醇な香りがするワインのような、正に円熟という言葉がピッタリ!
早くリサイタルに行かなきゃです。(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

夏の高校野球 全代表校決定&都市対抗野球 西濃運輸 初優勝

7月最終日、今日で夏の高校野球の代表校が全て出揃いました。

最後は、実は私の住む愛知県大会でした。
私学4強(中京大中京・愛工大名電・東邦・享栄)と呼ばれる4校を軸に、他校がどう戦うか?
毎年注目されます。
昨年出場校の愛工大名電がベスト8にも入れなかったり、ベスト4に県立進学校の
豊田西が食い込んだりと、新たな風が吹くか?!と思われましたが、結果はやはり4強の一角・
東邦が優勝・代表に決定。決勝の対戦相手だった栄徳享栄と同じ系列校で、ラグビーの
強豪校として有名ですが、学校は愛知県立芸術大学に行く途中にあり、5月に県芸に
お邪魔した時、栄徳の野球部の練習風景を少し眺めてました。彼らもあと一歩でしたが、残念。

ちなみに、地元・島根県は開星に決定。
決勝の対戦相手は、出雲大社のお膝元の県立校・大社でしたが、御利益は叶わず?!

今年の各地方大会は、ドラマチックな試合が多く、特に石川県大会でしょう。
星稜が、決勝で9回に8点差をひっくり返す大逆転劇を演じて勝利!
対戦相手の選手達は、ただ泣き崩れ、マスコミがインタビューするのも憚られた程とか。
目の前に掴みかけた甲子園の切符が、呆気なく消えてしまったんですから。。(T_T)

さて、甲子園ではどんなドラマが待ってるでしょうか?

そして、春のTBSドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」で、一躍脚光を浴びた社会人野球。
企業の内情と合わせて、企業スポーツの光と影を、見事に描いた内容でした。
ドラマにも出てきた都市対抗野球選手権が東京ドームで開催され、岐阜県大垣市に
本社がある西濃運輸が、ナント初優勝!\(^o^)/
えぬ夫が、取引先のグループ会社へ行くことがあり、今年は良い選手が揃っていると
下馬評が高かったんだとか。優勝セール?みたいな何かは、あるんでしょうか?

プロ野球では、セ・リーグで中日が首位・巨人にゲーム差を一気に縮めて猛追中。
今夏の東海エリアの野球は、中々熱い!ですっ。(^o^)
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

大相撲名古屋場所 横綱・白鵬関 30回目の優勝&中日ドラゴンズ 岩瀬 紀投手 400セーブ達成&陸上 世界ジュニア選手権 メダルラッシュ!

先週末は、様々なスポーツニュースが話題となりました。

春からの勤務先から、程近い場所にある愛知県体育館。暑さの影響で「荒れる場所」と言われる
大相撲名古屋場所が、一昨日千秋楽を迎えました。
やっと髷が結えるようになった遠藤関は、遠征拠点を構える鈴鹿市まで、ナント300人も大挙して
集まるフィーバーぶり!前売りチケット販売も好調だったらしく、うっかり買いそびれました。。(T_T)

横綱・大関が多数の金星を献上したり、優勝争いが最後まで混沌とする中、毎日のスポーツニュースでも
トップでの扱いだったり。
結局、優勝は横綱・白鵬関で収まってしまいましたが、今場所は30回目という金字塔を打ち立て、
昭和の名横綱達に迫ってきました。
実は、睡眠時無呼吸症候群を持病に抱え、就寝時にはCPAPという酸素マスクが欠かせない状態なんだとか。
要は、体を横にすると、喉の筋肉や脂肪が気道を塞いでしまい、酸素が上手く供給出来ない状態になること。
最近、好不調が激しいかったのは、この体格ならではの持病を抱えてたからなんでしょうね。。

そして、優勝争いに加わった関脇・豪栄道の大関昇進が確実となりました!\(^o^)/
豪栄道関も早や30歳、一気に横綱に上り詰めていただきたいです。
大関・琴奨菊関、優勝が目の前まで来ていましたが、残念。。(>_<)
他、不甲斐ない三役というところでしょうか?(+_+)

同日、愛知県体育館から東に数㎞にあるナゴヤドームでは、中日ドラゴンズの岩瀬 仁紀投手が、
400セーブを達成!(^o^)正に前人未到の大記録、ホームゲームで叶えられるなんて。
今年で39歳、不惑直前の金字塔を打ち立てましたね。(^^)d

最後は、以前にも記事にした陸上 ジュニア世界選手権で、若武者達が次々とメダルを獲得しました!
男子400mリレー・1600mリレーは、共にジャマイカを差し置いての銀メダル☆
特に男子400mリレーは、アメリカとのデットヒートが見物でしたね~。(^^)d
男子10000m競歩では、桐生選手と同じ東洋大・松永 大介選手が大会新記録で金メダル☆\(^o^)/
男子400mでは、加藤 修也選手が銀メダルを獲得☆
入賞した選手も多数、東京五輪でピークを迎える年代だけに、今後が益々楽しみです。(^.^)
関連記事

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

一宮七夕まつりマラニック











7月最後の週末、東海エリアは各地でお祭りや花火大会が集中する時期です。
私は、一昨日は仕事でしたが、昨日は休みだった為、ラン仲間が企画したマラニックに
参加してきました。
しかし、余りに高温多湿だった今週(+_+)、無事参加出来るか!?と思いましたが、
午前中に雨が降ったお陰で、夕方はかなーりヒンヤリしてましたー。(^.^)

最終的に、ラン仲間10名の参加となり、予定通り16時過ぎにスタート。
暑い中でも風が吹いていて、数日前の天候とは大違い!(^o^)
とはいえ、やはり真夏なので汗は止まらず。(+_+)
コンビニで食べたアイスが、もう最高!(^^)d

途中、時間の関係で清洲城を通過し、5月末のマラニックでも途中休憩したパン屋さんで、
またまた美味しくいただきました~。(^o^)
そして、いよいよ一宮市を目指すことに。
夕日が、綺麗に沈んでいく様子等を観ることが出来ました~。

すっかり日が落ちた19時過ぎに、一宮市入り。メインの商店街近くでゴールとなりましたが、
流石は日本三大七夕祭りと言われるだけの規模はあります。

先ずは、疲れを癒しに杉戸浴場という銭湯へ。昔ながらの、古き良き雰囲気が何とも言えず、
たまりません!そして、真清田神社で御参りし、お疲れ様会となりました。
いやー、ビールが最高に美味しかった!(^o^)

久々のロング走でしたが、涼しいタイミングで走れて本当にラッキーでした♪
大阪マラソンまで、あと3ヶ月を切りましたが、益々頑張らねばと思います! (^o^)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

夏の甲子園 島根県代表決定

元々このブログは、主にスポーツネタをつぶやく為に、スタートしたようなものです。
恐らく、初めて書いた記事は高校野球ネタだった筈。

全国各地で、今日は9代表が決まるとニュースで報じていた夏の甲子園。
地元の島根県大会 決勝は、私の地元・松江市の私立校・開星vs出雲大社のお膝元の
県立校・大社という組み合わせ。ネット速報で結果を追っかけてましたが、9-4という
大差で開星が代表に決定!この高校、DeNA・梶谷 隆幸選手の母校でもあります。
まさか、梶谷選手がこんなにメジャーになるとは、正直予想外でした。(^_^;)

未だ決勝戦に進出したことがない我が地元代表、ひとつでも多く勝ち残れますように。(^∧^)
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

御礼・ブログ開設9周年☆

 昨日、名古屋市内の最高気温は38℃!私の体温を、とっくに越えております。。(;´д`)
日本国内、高温多湿傾向が続いておりますので、皆様もどうかご自愛下さい。(+_+)

 さて、今日は何とナント!ブログ開設9周年でございます。
ここまで来たか!!と、自分でもビックリビックリ。(^.^)
日本国内のみならず、世界各地からいつもご覧いただいてる皆様、本当にありがとう
ございます。m(__)m 今後も、ご贔屓によろしくお願いします。

 いよいよ10年目突入ということで、来年は何か考えた方が良いのでしょうか?!(^_^;)
関連記事

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

サッカー日本代表 メキシコ人・アギーレ新監督就任決定

サッカーW杯ブラジル大会のグループリーグがまだ終わらないうちに、新監督人事が
マスコミを賑わせてました。ま、あの成績なら已む無し?(-_-)

そして、昨日になって当初から報道されていた通り、日本代表新監督にメキシコ人の
アギーレ氏就任決定とのニュース!
前回W杯南アフリカ大会では、メキシコ代表監督としてベスト16に進出。
2013-14年シーズンは、スペインのリーガエスパニョーラでエスパニョールの監督でした。

今回の監督就任要請に当たり、日本サッカー協会から現在の日本代表のウィークポイントや、
今後の方針について詳細説明の上、受諾されたとのこと。
前回の監督人事と違い、日本代表の知名度が上がった影響で、日本サッカー協会宛に
相当の売り込みがあったとか。何と言っても、サラリーの支払いの良さは、世界中でも
折り紙つきらしいです。(^_^;)なるほど。

今回のW杯や、一昨年のロンドン五輪を観ていて、メキシコ代表は日本と同様に体型的に
似通っていても、何故にこんなに実力差があるのか?と思っていました。
是非、上手くマッチするよう祈るばかり。新生日本代表、期待してます!
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

陸上 世界ジュニア選手権 男子100m決勝 桐生 祥秀選手3位!

今や、10代にしてこの競技では国内でトップと言っても良い東洋大・桐生 祥秀選手。

アメリカ・オレゴン州ユージンで開催中の陸上 世界ジュニア選手権の男子100mの予選を
余裕で通過、決勝に進出しました。この種目、アメリカのトレインボン・ブロメル選手が
ジュニア世界記録・9秒97を持っており、今回初の直接対決、そして9秒台が出るか?!と
連日マスコミが大きく取り上げ続けました。

しかし、高地での開催ということで、冷たい風が吹く寒い条件。
結果、桐生選手はスタート良く飛び出すも、終盤両足の膝裏がつってしまったとか。
優勝はアメリカのケンドル・ウイリアムス選手、2位にブロメル選手、そして3位に桐生選手!
この種目で、日本人が決勝どころかベスト3に入ってくるなんて信じられない!!\(^o^)/

故障続きで、思うような練習が出来ずに大会に臨んだとのこと。
しかし、まだ18歳7ヵ月、身体の成長はこれからの時期。
記録ばかり騒ぎ立てる周囲に惑わされず、次に繋がる準備をしていただきたいです。
そして、主役を張るのは東京五輪だけでなく、是非リオ五輪でも!(^^)d
ウサイン・ボルト選手らとの直接対決、見てみたいですねー。(^.^)
関連記事

テーマ : 陸上競技 - ジャンル : スポーツ

有給休暇に日帰り上京





今日は、有給休暇を取りました~。\(^o^)/
何の為かというと、2番目の記事の通り、いよいよ来月に迫った本番の為。(^.^)

朝から一路東京へ向かい、先ずは新宿三丁目のリペア室へ。
楽器を預ける間、いつもランチタイムとなりますが、今まで行ったことが無かった
路地裏の小料理屋で、金目鯛煮付け定食を堪能♪(^.^) このエリアに10年以上通いながら、
何故に今まで行かなかったのか?と思うぐらいです。(^_^;)また、夜も行ってみたいかも。

そして、昼半ばから國末先生と来月本番の曲の合わせをお願いしました。
本番まで既に1ヶ月を切っており、あとしばらく練習をしっかりせねば!と痛感。(+_+)

レッスン終了後、いつもなら次の予定を作ったりしますが、明日の夜は来月早々のバンドの
本番の練習がある為、余力を残して大人しく?!撤収。
既に学校は夏休み突入の為、新幹線車内は親子連れも多く、何処かバカンスムード満載でした♪

しかし、名古屋はやはりあ・あ・暑い!!!(;´д`)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

プロ野球 オールスターゲーム&全英オープンゴルフ ローリー・マキロイ選手初優勝

あっという間に終わってしまった3連休。
2日目の日曜日は、お昼前からランニングに出掛けたぐらいで、自宅で過ごしました。
3日目の昨日は、朝一ランニング後にジムに行き、午後はリフレで体のケアに努めた次第。

さて、連休に開催されたスポーツと言えば、まずはプロ野球 オールスターゲーム。
連休中と言っても、金・土曜開催という、観客側のカレンダー無視のような気が。
初戦は、西武ドームでの開催。
セ・リーグは、巨人・原監督の意向で、ファン投票から選出されたメンバーをメインに
スタメンを構成、殆どが広島の選手に。しかし、キャッチャーは中日・谷繁監督。
中日サイドからは、谷繁監督が休めないという不満噴出。
しかし、今が旬の敵のピッチャーの球を受けるまたとないチャンス、そして何よりも
ファンサービスが第一な筈ですが? (^.^)

第2戦は、甲子園球場での開催。
セ・リーグは阪神・藤波投手vsパ・リーグ・大谷投手の先発ということで注目を浴びた中、
大谷投手が初回から162kmという、日本最速タイをマーク!
これには、藤波投手も脱帽というところ。
高校時代、同世代投手の中でBIG3と言われた2投手ですが、あと1人の中日・濱田投手にも、
是非いつかこのステージにいて欲しいです。。

昨日から後半戦がスタートしましたが、さて首位争い&クライマックスシリーズ出場を
賭けた戦い、どうなるでしょう?!

そして、今年でナント143回目を迎えた全英オープンゴルフ。
北アイルランド出身の25歳 ローリー・マキロイ選手が、初日から単独首位を守り、
タイガー・ウッズ選手と同世代のスペインのセルジオ・ガルシア選手&マキロイ選手と
同い年のアメリカのリッキー・ファウラー選手が猛追するも、逃げ切って初優勝!
これで、全米オープン・全米プロに続いてメジャー3勝目、残るはマスターズの優勝のみ。
彼なら、グランドスラムを達成しそうな気がします。(^.^)

セルジオ・ガルシア選手、30歳を越えて未だメジャー未勝利。
神の子と言われて、久しいですが、今回は大きなチャンスを逃す羽目になりました。
後半、バンカーから出す1打を失敗したのが、本当に痛かった。。

初日10位だった松山 英樹選手、小田 孔明選手と共に残念ながら39位タイに。
やはり、バンカーに捕まりまくって自滅したという印象。
全英にしては極端な強風が少なく、力がある選手はスコアを伸ばし、大きく差が付いて
しまったのは大きかったですね。

しかし、予選通過した日本人選手はこの2選手のみ。アジア系の選手が少なく、
アメリカの選手が予選通過メンバーの半数近くを占めたのとは対照的でした。
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

ライブ6題・その5-平井 尚之カルテット@JAZZ CLUB Mr.Kenny's



そして、昨夜の話。

名古屋国際会議場を18時半近くに出て、金山へ。
実は、A・Saxを持参しており、いよいよ来月に迫った発表会の練習を
バルドン楽器で1時間程。

その後、Jazz Sax奏者・平井 尚之さんがリーダーのカルテットを聴きに、
金山駅近くにあるライブハウス・Mr.Kenny'sへ初めて行ってきました。
何気に、平井さんのライブにお邪魔するのは初めてでした。(^_^;)

既にライブはスタートしており、店内はお客さんで一杯。
Sax・ギター・ウッドベース・ドラムという編成、特にギターの音が夏を感じて
心地よかったですね。
都合で1stステージで失礼しましたが、またお邪魔出来たらと思います♪
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ6題・その4-セントラル愛知 7月定期@三井住友海上しらかわホール



昨日から3連休。

初日の昨日は、18年前に取得した消費生活アドバイザーの資格更新講座へ。
5年以内に一度、講座を受講することによって資格更新となるのですが、
名古屋は毎年7月上旬に講座があります。
しかし、ここ何年かは、バンドの演奏会の練習か演奏会当日と重なってしまい、
受講出来てなかったのですが、今年は月末寄りに日程が組まれたお陰で
ようやく申し込み出来て、朝から夕方まで名古屋国際会議場にいました。


さて、先週金曜・土曜日に行ってきた演奏会について。
まずは、金曜日のセントラル愛知の7月定期ですが、夕方から仕事で外出後、
19時前に帰社して、退社したのが19時半過ぎに。急ぎホールに向かいましたが、
着いてみたら、既にベートーヴェンの3番の2楽章の途中。
3楽章から、ホールに入りました。

指揮は、今年から音楽監督に就任したレオシュ・スワロフスキー氏。
オケの全体のバランスを上手くまとめて響かせ、スケルツォ→フィナーレと
推進力のある音楽でした。最初から、聴きたかったなぁ。
特に、前半の2曲が聴けなくて、本当に残念でした。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

演奏会のご案内(2014年7月前半)

♯2014年7月5日(土)19:00開演
  大阪・大阪市 ドルチェ・アーティスト・サロン大阪
  完戸 吉由希サクソフォンサロンセール
   ~“愛の歌”の世界を、いまサクソフォンで~・・・終了★

♯2014年7月13日(日)15:00開演
  愛知・名古屋市芸術創造センター
  中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2014・・・終了★

♯2014年7月20日(日)18:00開演
  東京・新宿区 アーティストサロン“Dolce”
  サクソフォン2本とピアノによるデュオ&トリオ コンサート・・・終了★
   ☆出演:Sax・梅沢 洋&横井 彬士、Pf・大嶋 千暁  
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

第4回ジャン=マリー ロンデックス国際サクソフォンコンクール 東京芸術大学 大学院生・松下 洋さん優勝☆






先週の日曜日から、第4回ジャン=マリー ロンデックス国際サクソフォンコンクールが、
タイのバンコク・マヒドン大学で開催されています。

1次予選・2次予選を経て、今日はいよいよ本選の日。
リアルタイムで映像配信が無かったので、出てくる結果はどうなのか?!とドキドキ。(^.^)
16時過ぎに外出先から確認したところ、ナント東京芸術大学 大学院生・松下 洋さんが
優勝との発表!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/ 早速、音源を聴きました。*こちらから。

そして、伊藤 あさぎさんが4位と、女性で国際コンクール ファイナリストに選ばれるとは。(^_^)
伊藤さんとは、またいつかお目に掛かった時に、色々お話しできたらと思います!
今回のファイナリストは日本・アメリカが2人ずつ・スペインが1人と、ナント欧州勢が1人のみ。

先週・今週と、仕事が立て込んでいたので、明日の休みはノンビリしながら予選・2次予選を
聴きたいと思います。(^^)
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

訃報・オペラ歌手 経種 廉彦



今朝の朝刊を見て、愕然としました。。 (((・・;)

高校の先輩で、日本オペラ界を代表するテノール歌手・経種 廉彦氏が、膵臓ガンで
お亡くなりになったという記事が。*新国立劇場 HP記事はこちら
先月、新国立劇場のオペラ「鹿鳴館」を、初日公演直前で体調不良で降板されて
いたとのこと。それから、僅かの間にお亡くなりになってしまったとは。
膵臓ガンは発見された時点で、手遅れなことが多いのです。
父方の従兄の奥様やえぬ夫の伯父様が、膵臓ガン発見後、あっという間に亡くなりました。

私が高校時代から、経種先輩のご活躍は目覚ましく、憧れの存在でした。
特に私が高2の時、地元・松江市総合文化センター プラバホールのこけら落とし公演で
ベートーヴェンの第9のソリストとして歌われ、録音に耳を傾けた記憶があります。
7年前の秋に、
しらかわホールで東京二期会男性メンバーのみによる演奏会があった時に、
初めて演奏を聴き、終演後はお話をすることが出来ました。
またいつか演奏会に伺いたいと思いながら、中々新国立劇場まで出向くことは叶わず、
結局果たせずに終わってしまいました。。

あまりにも早過ぎる旅立ち。昨年秋に、地元の師匠・森山 俊雄先生がお亡くなりに
なったばかり。まだ早過ぎる、と森山先生はおっしゃって下さったでしょうか?
心よりご冥福をお祈りします。
関連記事

テーマ : 合唱・声楽 - ジャンル : 音楽

MLBオールスターゲーム ダルビッシュ 有投手&上原 浩治投手初登板

日本時間の昨日午前中、ミネソタ州 ミネアポリスのミネソタ・ツインズの本拠地
ターゲット・フィールドで開催された今年のMLBオールスターゲーム。

ア・リーグのテキサス・レンジャーズのダルビッシュ 有投手&ボストン・レッドソックスの
上原 浩治投手が選出されていましたが、ナント両投手共に登板の機会が!
オールスターに選出されても、登板間隔の関係で必ずしも出場出来る訳ではないのです。
日本人2投手の出場は、正に快挙!!\(^o^)/
今日のネットのスポーツニュースは、この試合の話題がかなりを占めました。

3回、3番手で出場したダルビッシュ投手は、途中で90kmの超スローカーブを投げて、
場内大盛り上がりに!名物記者からからは、#Yuphus pitch という超スローボールを
意味する単語に、ダルビッシュ投手の名前を掛け合わせたTwitterのハッシュタグまで
生まれる盛り上がりぶり。
そして、6回には上原投手がピンチの場面で登場するも、冷静に切り抜けたのは流石です。

2投手が試合前のキャッチボールをしている時に、若手投手達が集まって来て教えを請うたとも。
今や、MLBでも羨望の眼差しを受けるまでになったんだなと思いました。(^_^)

前日、選手個別のブースを設けて、各記者から受けるインタビューでは、ダルビッシュ投手が
MLBの登板間隔の短さが故障を招く懸念を訴えていました。もちろん、田中 将大投手の故障を
念頭に置いたものでしょうし、ダルビッシュ投手自身が調整に苦労していることも窺えます。
前日練習では、上原投手の息子さんが登場したことも話題に。
ワールドシリーズのインタビューで、すっかり有名人になりましたねぇ。(^.^)

試合は、今年限りの引退を表明したニューヨーク・ヤンキースのジーター選手が攻守に大活躍、
5-3でア・リーグが勝利し、完全にジーター選手が主役を演じた今年のオールスターゲームでした。
関連記事

テーマ : MLB - ジャンル : スポーツ

ライブ6題・その3-名古屋音楽大学 第36回定期演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール




週明けから、名古屋の夏らしい空気が充満しています。
アスファルトの照り返しが強烈で汗が止まらず、夜も気温が下がらない。。(>_<)


さて昨夜ですが、名古屋音楽大学の定期演奏会を聴いてきました。
4年生全専攻生の中からオーディションを経て、たった18名しかこの舞台に立てないという
シビアな世界。Sax専攻生から2人が選ばれ、お1人が國末先生レッスン会に参加して
下さっている國領 さおりさんと知り、伺うのを楽しみに予定していました。
結局、残業が押してしまいましたが、何とか國領さんのご出演前にギリギリ会場入り。
國領さんを含め、最後の4名の方々しか聴くことが出来なかったのですが、ラストを任された
皆さんだけに、かなりハイレベルな良い演奏を聴くことが出来ました。

國領さんの演奏作品は、フランスの作曲家・ロベールのカデンツァ。
26年前の1988年8月、川崎市で開催された第9回ワールド・サキソフォン・コングレスで、
当時パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団 首席Sax奏者だったミシェル・ヌオー氏により、
日本初演されましたが、当時私もその演奏を聴きました。
この時、初演を聴いた日本国内のSax奏者の方々が、その後次々とリサイタルで取り上げられて
いたことを今でも覚えています。

クールな雰囲気の國領さんには、中々ピッタリとはまった作品だったかなと。
技術的に、かなりハードな部分が多数ありますが、微塵も感じさせないところは流石でした!
10月に開催される、コンチェルトの夕べのオーディションにも合格されたとのこと。
こちらも、是非聴きに行かなくては♪(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

【追記あり】サッカーW杯ブラジル大会 6大会・24年ぶりのドイツ優勝

今朝は、何とか4時前に起床。本番翌日でしたが、よくぞ起きれた。(^_^;)


今大会最後の選手入場から国歌斉唱を見届け、いよいよW杯トロフィを賭けた戦いが開幕。
劣勢と言われたアルゼンチン、何度も先制のチャンスがありましたが、何故かドイツの
GK・ノイアー選手と1対1になるとシュートを外しちゃうのは、どうしてだったんでしょう。。
互いに牽制し合いつつ、拮抗した90分が過ぎ、延長戦へ突入。

後半中盤、カウンターでドイツの22歳・ゲッツェ選手がゴール!(^o^)
盛り上がるスタンドのドイツ・サポーター!!
対照的に、 沈み込んだ大勢のアルゼンチン・サポーター。

アディショナルタイムで、アルゼンチンのFKのチャンスがありましたが、シュートを
打ったメッシ選手のボールは、無情にも浮き上がって、ゴールの遥か上に。
そのままホイッスルが鳴り響き、ドイツ優勝の時を告げました。
歓喜のドイツ選手&サポーター、涙のアルゼンチン選手&サポーター。
優勝だけを夢見て戦ってる訳ですから、目の前にあるチャンスがモノに出来なかったという
悔しさを噛み締めているアルゼンチン選手達が印象的でした。

そして、表彰式。個人賞は、ゴールデングローブ賞に、ドイツGK・ノイアー選手、
得点王は、コロンビアのロドリゲス選手、MVPはアルゼンチンのメッシ選手に。
その後、アルゼンチン選手にシルバーメダルの贈呈後、ドイツ選手へゴールドメダルと
黄金のトロフィが!それぞれの選手達が、高々と掲げる誇らしげな姿。
優勝は24年ぶりということですが、ベルリンの壁が破られて25年、東西ドイツ合併後の初快挙。
そして、北中南アメリカ大陸での大会で、欧州勢初優勝という異例尽くし。
様々な出来事が絡んだ、快挙とも言えます。

今回、中継はNHKだったので、解説は岡田 武史氏でしたが、ドイツ低迷期からの
復活へ向けた選手強化についての話を詳しく解説していました。
あのまま日本代表監督を続投していたら、どういう結果になったのかなと思わずに
いられなかったのは、私だけでしょうか。。

前日に開催された3位決定戦は、3-0でオランダが完勝。
ブラジルは、攻守共に精細に欠けており、スタンドからはブーイングの嵐。
最後まで観戦せず、帰宅するブラジル・サポーターがいた程。
自国開催が、こんなに後味の悪い結末になるなんて。
オランダは優勝出来なかったものの、選手達は一様にホッとした表情に。
インタビューでは、ロッベン選手が決勝に出られないことを、盛んに悔しそうに
話す様子が印象的でした。

次は、2018年ロシア大会。今日の決勝では、スタンドにプーチン大統領の姿がありました。
日本代表はがこの大会に参加出来るよう、祈るのみです。
関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

ご来場ありがとうございました






朝から、雲行きが怪しかった名古屋市内。
途中、ザッと雨が降ったエリアもあったようですが、昨日に比べたら、かなり涼しくなりました。

ということで、昨日の1日練習後の今日の本番、無事?!終了しました。
今回、早くから選曲が決定していましたが、春先の繁忙期の影響で、3月~GW前までは
思うように参加出来ずじまい。中々合奏で練習出来ない曲があったりで、ちょっと焦りました。

今日は急な湿度上昇で、昨日に比べてリードが思うように反応しなかったり、あらら?という
失敗をしたり(+_+)、反省点は色々ありました。。

次回、年明け早々の定期演奏会に向けて、また頑張ります!(^o^)
来月早々には中村公園夏祭り、9月は名古屋市民バンドフェスティバル参加が控えてます。(^.^)

今日の打ち上げ会場へ移動途中、アサヒビールのエクストラゴールドを1杯だけ飲んできました。(^^)v
打ち上げは、串焼きの美味しいお店で堪能してきました。いやー、ビールが美味しかった!
あ、矢場とんは帰り道に通り過ぎただけですが。(^_^;)
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

本番直前情報・7/13(日)中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2014

サマコン2014

 本番まであと1ヶ月となりましたので、しばらく2番目の記事としてUPさせていただきます。

 いよいよ、サマーコンサートの季節がやって参りました♪今回も、B・Saxで出演します。
チラシのイラストの通り、様々なタイプの日本とアメリカの作品を演奏します。
チケットご用命の方は、コメント欄にお寄せ下さい。多数のご来場をお待ちしております。

        中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2014
      *日時:2014年7月13日(日) 15:00開演
      *会場:名古屋市芸術創造センター
      *指揮:西谷 容一
      *入場料:前売500円・当日700円
      *チケット販売所:チケットぴあ・名古屋市文化振興事業団 運営施設
      *プログラム: 【日本とアメリカの音楽】
        ジェイムズ・バーンズ/アパラチアン序曲
        佐藤 俊彦編曲/メイン・ストリート・エレクトリカル・パレード
        星出 尚志/ジャパニーズ・グラフティⅩⅧ
                  ~アニメ・ヒーロー大集合!~ 他
   
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

プロ野球 オールスターゲーム出場選手決定&MLB ニューヨーク・ヤンキース 田中 将大投手 長期離脱

少し前の話題になりますが、今年のプロ野球 オールスターゲームのファン投票
&選手間投票&監督推薦による出場選手が決定しました。

ファン投票では、セ・リーグで広島カープからナント8選手!、オリックスから5選手と、
今シーズン序盤から好調だったチームに人気が集中。
特に広島は、カープ女子と呼ばれる女性ファンが急増中の為、その影響か?とも言われてます。

セ・リーグの投手部門では、エースの前田 健太投手とドラフト1位入団・
大瀬良 大地投手の争いでしたが、流石にエースに軍配が挙がった模様。(^_^)
そして、パ・リーグは既に2ケタ勝利を達成したオリックスの西 祐樹投手が やはりダントツでした。

監督推薦では、セ・リーグ捕手部門でナント中日の谷繁 選手兼任監督が、選手として選出される
サプライズが。実際は、セ・リーグの監督になる原 辰徳監督のサポートがメイン?(^_^;)
試合は、いよいよ来週末!

そして、MLBのオールスターゲームも選手の選出で話題が。
ニューヨーク・ヤンキースの田中 将大投手&テキサス・レンジャースのダルビッシュ 有投手が、
共に選手間投票で選出されました。
特に、マーくんは、登板チャンスがあるのでは?!と期待されてましたが、今週に入って
衝撃のニュースが。マーくんが肘の痛みを訴えて、故障者リスト入り。
ニューヨークでMRI検査を受診し、右肘靭帯部分断裂という最悪の結果が。。(>_<)
楽天時代は、中6日のローテーションだったのが、MLBでは中4日が当たり前に。
先発の駒不足というチーム事情から、シーズン序盤から飛ばしていましたが、
結果的にこんな風になるなんて。。手術はしないという話ですが、どうなんでしょう?
高校時代から酷使してきた右腕、悲鳴を上げない方がおかしな話。
早く快方に向かえば良いのですが。
今日になって、長期離脱に関するお詫びコメントが出たことが、話題になってるとのこと。
アメリカでは、このようなコメント発表は通常しないんですね。

マーくんの代わりにオールスターに選出されたのは、ボストン・レッドソックスの
上原 浩治投手。これは、また別な意味で楽しみではあるのですが。(^o^)
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

ライブ6題・その2-名フィル・ウインド・オーケストラ2014@日本特殊陶業市民会館 フォレストホール





気が付けば、あっという間に週末を迎えてしまってます。明日は、いよいよ自分の本番です。


さて、その前に今週日曜日に行った演奏会について。
明け方からサッカーW杯を観た勢いで?、近隣を8kmランニング。
そして、明日の演奏会に向けて楽器を調整に出した後、金山の市民会館へ。

ナント、6年ぶりに!名フィルが管楽器セクションのみで吹奏楽の演奏会を開催
ということで聴きに行ってきました。
今回は、守山区に駐屯地がある陸上自衛隊第10音楽隊・通称10音のメンバーもご参加。

冒頭は、10音の皆さんのみでマーチを演奏。流石と思わせる、上手い演奏でした。
そして、名フィルメンバーと共に、吹奏楽コンクール 課題曲を5曲。
もしかしたら、今年最初で最後に聴く課題曲の演奏かも?

前半最後は、デ・メイのT-ボーンコンチェルト。
東京在住時に2年間だけ在籍した葛飾吹奏楽団で、NYフィル 首席Tb奏者の
ジョセフ・アレッシ氏をソリストとして迎えた際に、この曲を演奏しました。
伴奏も色々考えて創られていて、本当に楽しくて、吹きながらジーンとしてしまう
場面があったりと思い出深い曲です。 もちろん、ソリストはハイパーな演奏!、
聴きに来場した都内のプロアマTb奏者が熱狂したのは、言うまでもありません!!
指揮者の津田 雄二郎氏が、東京芸術大学 Tbで卒業後、アメリカのカーティス音楽院の
同級生だったのがアレッシ氏だったというご縁でした。

今回は、名フィル 首席Tb奏者・田中 宏二氏の名演!
安定した演奏ぶりに高音域の伸びやかな美しさに、圧倒されました。
先月、ソロリサイタルを開催されてましたが、予定が重なり、伺えませんでしたが。。(>_<)
伴奏もプロ奏者の方々だけに流石の演奏、これまで聴いた中ではベストですね♪(^^)d

後半は、アメリカの作曲家 ジョン・コリリアーノ氏の交響曲第3番「キリクス・マクシムス」。
タイトルは、古代ローマにおいて、戦車レースや剣闘士の戦い等が行われていた大競技場の
ラテン語名(英語読みでは「サーカス・マキシマス」)で、円形スタジアム内での
人々の狂乱が描かれた作品とのこと。同時に、現代においてTV番組に熱狂し、情報の渦に
翻弄される現代人の姿も重ね合わせているとか(3楽章のタイトルは「チャンネル・サーフィン」)

編成は、ステージ上にSaxパートを除く変則4管編成をベースに、客席を取り囲むように、
サラウンドバンドとしてSaxカルテット+CbやTp×7+Hn×2の金管群に打楽器群。
最後に出てくるFl+E♭・Cl+Tp×2+Tb×2という、とてつもない規模に。
残念ながら、3F席で聴いていたので、客席側の配置が全く解らないのは失敗でした。(^_^;)
演奏時間は約35分でしたが、目眩く音のシャワーから、一瞬静けさがありながら、
狂乱的な響きと共に、最後は銃声が鳴り響いてステージ上の照明が落ちて終止という、
ナントもトリッキーな作品でした。流石は、ジョン・マッキー氏らの師匠。
最後の方に出てきたマーチングバンドは、もちろん10音のメンバーが殆どでしたが、
歩く姿が凛々しくカッコいい!と、Twitter上でもかなりの評判になってましたね。(^.^)
今思えば、アンコールの演奏が無かったのですが、それを忘れさせる衝撃度でした。

次にこのような演奏会を企画されるのは、何年後なんでしょうか?
もう少し短い間隔で、吹奏楽企画があればと思いますね。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

サッカーW杯ブラジル大会 準決勝

日本時間の昨日と今日の明け方に行われたサッカーW杯 準決勝の2試合、
非常に対照的な内容・結果となりました。

まずは、昨日のブラジルvsドイツ戦、1-7というブラジルの歴史的な惨敗という結末。
ブラジルは、準々決勝のコロンビア戦で、ネイマール選手がコロンビアの選手からの
膝蹴りによって、腰骨を骨折・1ヶ月の絶対安静を言い渡されるという衝撃の事態が。。 (>_<)
そして、キャプテンでDF陣の要でもあるCB・チアゴシウバ選手がイエローカードを食らって、
累積2枚により、ドイツ戦は出場停止に。

チームを支えてきた2選手がいなくなっただけで、こんなな違うチームになってしまうのか?!
と愕然としました。私が観戦し始めた時は、既にドイツに先制された後。
その後、ドイツのクローゼ選手が歴代最多得点を達成後、連続3失点!
前半で0-5じゃ、勝負になりません。。
試合後にTwitterで現地観戦をした方のつぶやきを見ましたが、ブラジル・サポーターが、
アチコチで喧嘩を始めてしまい、観戦どころではなかったとか。。
それだけ、衝撃だったということ。前半終了後は、物凄いブーイングの嵐に。

後半に入っても、ドイツが2点を追加!ブラジルは、1点返すのが精一杯の状況。
しまいには、ブラジル・サポーターがドイツ選手のパス回しを観てコールを掛けるようになり、
ブラジル選手がボールを持つとブーイングが起こるという、異様な風景が展開されました。
試合後は、案の定サンパウロ市内で暴動や略奪が発生、バスが放火される騒ぎにまで。

グループリーグでスペインがオランダに大敗した試合がありましたが、それ以上の
衝撃だったのでは?(>_<)ドイツは、攻守共に素晴らしかったですね!

そして、今日のアルゼンチンvsオランダ戦は、一転して締まった試合に。
お互い、攻撃陣のエースを押さえ込んで守り切り、延長戦でも決着が付かずPK戦へ。
残念ながら、延長戦前半で出勤した為、Twitterで結果を追っかけてました。
オランダは交代枠を使い切った後だった為、コスタリカ戦でのPK戦のように、
PK戦専門のGKを出すことが出来ず、勿体無かったかも。
出てたら、全く違った結果になったでしょう。
オランダは1人目の失敗が響き、3人目のスナイデル選手までが失敗。。(゜ロ゜)
逆に、アルゼンチンはメッシ選手を皮切りに全員が成功!
そして、4-2でアルゼンチンが勝利!!、24年ぶりの決勝進出が決定。(^o^)
オランダは、優勝まであと一歩がまたもや届かず。。

結果、3位決定戦はブラジルrvsオランダ&決勝はアルゼンチンvsドイツという、
南米vs南欧州となりました。どんな試合になるのか、本当に楽しみです!
関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

ライブ6題・その1-小森 伸二×福光 恒星×伊藤 憲孝ジョイントコンサート@ヤマハ広小路ホール




7月も、早や10日近くが過ぎました。
しかし、何だか季節外れな台風の接近。夏野菜や果物、そして、秋の実りの季節に
大きな影響が出そうで、かなり心配しています。


さて、いよいよ自分自身の本番が今週末に迫ってきましたが、聴きに行った演奏会に
ついても、ぼちぼちアップしていきます。

まずは、先週土曜日の仕事後、急ぎヤマハ 名古屋店へ。
残念ながら、開演時間には間に合わず、前半最後から何とか滑り込みました。
Sax奏者・小森 伸二さんが、名古屋音楽大学の後輩で山口県在住のSax奏者・福光 恒星氏&
ピアニスト・伊藤 憲孝氏と開催されたジョイントコンサートを聴きました。
このメンバーで、2月に山口県岩国市で演奏会を終えられたとのこと。

前半は現代曲でのソロ、後半はトリオでのプログラム。
到着した時は、ちょうどピアニストの伊藤氏が演奏中。
日本を代表する作曲家陣が、ベートーヴェンやショパンの作品をモチーフに展開するという、
中々面白そうな作品ばかり。私がロビーで聴いたのは3曲目のみでしたが、ショパンの
エチュード 各曲のフレーズを繋ぎ合わせるというもので、聴いたことがあるメロディが、
トンでもない形で顔を覗かせていました。残念、ホールの中で3曲共聴きたかったです。

そして、前半最後に福光氏が登場。
ふくよかでどっしりとしながらも、パリッとしたテナーの音。
一方で、後半冒頭のサンジュレーのトリオで聴いたアルトは、テナーとは対照的に、
軽やかな感じが意外。アルトとテナーで、全く違うタイプの音をお持ちの方って、
あまりいらっしゃらないような気がしますが。(^.^)
山口県から、名古屋音楽大学へ進学されたのも驚きました。
中国地方から私立の音大へ進学と言うと、遠くても大阪音楽大学、エリア内なら
岡山県のくらしき作陽大学 音楽学部か、広島県のエリザベト音楽大学に進学するのが殆ど。
敢えて名古屋音楽大学に進学されたんだろう?、と思った次第です。

後半2曲目のジョン・ケージの4分33秒、初めて演奏会で遭遇しました。
演奏者がじっと立っている中、作品の意図を知っている方々が多かったからか、
会場内は割と静かでしたが、プログラムに挟み込まれていたチラシめくる音・
衣擦れの音・咳き込む音等など、様々耳にすることが出来ました。

ショッカーは、元々フルート2本での作品。東京芸術大学 大学院生・松下 洋さんの編曲で、
ショッカーご本人に動画で演奏したものを聴いてもらい、事後承諾を取り付けたという、
何ともイマドキなお話。タイトル通りの、楽しい作品で、Saxの作品と言われても、
全く違和感が無いかも。

最後は、プーランクのトリオ。アンコールに、オペラ「ラクメ」より花の二重奏をアルト2本で。

先月は愛知県立芸術大学で広島のSax奏者・加藤 和也氏にお会いしたり、
今月は福光氏の演奏を聴いたりと、私の地元に近い地方で活躍されている方々に
接する機会が偶然続きましたが、今はSNSがあって様々な方々と知り合えるチャンスは
増えました。しかし、地方発の素晴らしい奏者の方々と実際に出会えるチャンスが
もっと沢山あればなと思います♪
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ウインブルドンテニス 男子シングルス ノバク・ジョコヴィッチ選手 3年ぶり2回目の優勝&車いすテニス 男女ダブルス 日本のペアがアベック優勝!

週末は、土曜日が仕事・昨日は休みでした。

サッカーW杯は水曜日の早朝までありませんが、昨夜はウインブルドンテニスの
男子シングル決勝、しかもジョコヴィッチ選手vsフェデラー選手となれば、
観るしかないでしょ?(^.^)
フェデラー選手は32歳、2003年から7連覇したかつての勢いは無く、4大大会では
早々に敗退ということが続いてきましたが、今大会は試合時間がそんなに長く
掛かっておらず、疲れを心配することがないのではという解説が。

第1セットからサービスゲームを取り合い、いきなりタイブレイクまでもつれるという、
攻めぎあいからスタート。ジョコヴィッチ選手の流れに行きかけたかと思いきや、
フェデラー選手が流れを引き寄せたりで両者譲らず、最終セットまで持ち込まれることに。

最後は、ジョコヴィッチ選手がサービスをブレイクして、初優勝以来2度目の優勝!
ファミリー席に、彼女の姿が無いなと思っていましたが、表彰式のインタビューで、
優勝を未来の家族と子供に捧げると告白。ナント、間もなくパパになるのですねー!\(^o^)/

残念ながら、5年ぶり8度目の優勝を逃したフェデラー選手、インタビューアーから
来年もここにいらっしゃいますよね?なんてフリをされたり。
長らく、フェデラー選手が決勝戦に勝ち上がって来なかったことを物語ってました。

結局、ビック4のうちの2選手で決勝を争いましたが、ベスト4の残りの2選手は、
錦織 圭選手世代。そう思うと、錦織選手もうかうかしていられないですね!

車いすダブルスは、男子は国枝 慎吾選手のペア&女子は上地 結衣選手のペアが優勝!\(^o^)/
全仏に続いて、またまた快挙ですね~。
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

サッカーW杯ブラジル大会 オランダ&アルゼンチン ベスト4進出

先月スタートしたサッカーW杯も、いよいよ残り4試合-準決勝2試合・3位決定戦・
決勝を残すのみとなりました。意外に、あっという間だったなー。(^.^)

日本時間昨夜深夜の、アルゼンチンvsベルギー戦。
開始早々に、アルゼンチンのイグアイン選手が先制!
その後は、必死に追いすがる若きベルギーに、老獪なアルゼンチンが立ちはだかるという感じ。
メッシ選手がGKと1対1になった場面で外す、なんてこともありましたが。。(+_+)
ベルギーは、前の試合は延長戦を戦っており、いつもの勢いを感じられず。
ここで力尽きた、ということでしょうか。

明け方のオランダvsコスタリカは、正に死闘と呼ぶに相応しい戦い!
お互い一歩も譲らず、実況アナウンサーは、コスタリカの守備陣を「白い壁」と呼んでたり。
とにかく、D組1位で突破した実力通りというところだったでしょうか?
しかし、ボールキープ力はオランダの方が高く、中々攻撃に転じられない様子でしたが。

最後は、スコアレスでPK戦までもつれ込み、抜群の攻撃力を持つオランダのキッカーの
シュートは強烈でしたね。コスタリカのGK・ナバス選手は、オランダの波状攻撃を
何本もスーパーセーブしてましたが、PK戦で万事休すというところ。。

コスタリカ旋風、今大会の大きな話題だったことは、間違いありません!
関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

サッカーW杯ブラジル大会 ドイツ&ブラジル ベスト4進出決定

先週、直属上司の異動が決まり、昨夜は送別会でした。

帰宅後は、そのままサッカーW杯の準々決勝を観戦。日本時間深夜に、まずはドイツvsフランス戦。
観戦し始めた時には前半15分過ぎており、ナント既にドイツが先制。(^_^;)
試合自体は、1-0でそのままドイツが勝利。
観ていて、ドイツのGK・ノイアー選手の凄さや、フランスに圧力を掛けるプレスの速さや、
ドイツの良いところばかりが目立ったような。
逆に、フランスのこれまであった勢いは感じられず、ベンゼマ選手はマークに合ってるし、
跳ね返すだけの力はまだまだなかったということでしょうか?

明け方のブラジルvsコロンビア戦、後半中盤から観戦しました。
既に1-0でブラジルが先制した中、中盤からのFKでDFのダビドルイス選手が目の覚めるような
弾丸シュートを決めて2点目!(゜ロ゜) PKでコロンビアが1点返すも及ばず、2-1でブラジルが勝利。
コロンビアのハメス・ロドリゲス選手も、ブラジルを前にしては、まだまだというところ。
しかし、今大会6得点を挙げて、欠場したファルカオ選手の穴を埋めるどころか、チーム躍進に繋がる
働きぶりでした。グループリーグの日本戦では、後半から試合を決めるキーマンとなったし。
まだ22歳、これからが楽しみな選手です。(^.^)
こういうラッキボーイ的な選手が、日本代表にも出ていたら。。
関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

大阪マラソン2014に向けて






秋冬のマラソンシーズンの大会エントリーが本格スタートし、大都市の大会については、
抽選結果が出始めています。

私の方は、先月参加が決まった大阪マラソンに向けた準備を、本格的にスタートしました。
先月は、久々に月間で70km以上を走りましたが、未だ100kmを越えて練習した
ことがないので、今月は何とか100km以上を走りたいです。

今日の休みは、珍しく午前中の最後の時間帯に治療院へ。
治療院では、ランニングシューズを斡旋販売されていて、これまでのNBだけでなく、
今年の春からmizunoのランニングシューズの取り扱いも始められたとのこと。
偶然、今までmizunoのシューズを履いていましたが、私の現在の身体のバランスに
より合った型をお勧めいただき、購入することにしました。(^.^)
今回は、敢えてインソール無しで様子を見ることになりました。

早速、夜に走りに行って、シューズの様子をみることに。
走ってみて、足が前にスムーズに出ていく感じが。
しかし、右のお尻の筋肉はまだまだ硬く、左の股関節の可動域はまだまだ狭く、
左足親指の力不足は否めず等など、課題はまだまだ満載。
ジムでの体幹トレーニングや加圧トレーニングと共に、まずは走り込みを重ねたいと思います!

走った後は、ご褒美ビールでクールダウン。(^.^)
関連記事

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

ウインブルドンテニス 男子シングルス 錦織 圭選手ベスト16敗退&サッカーW杯ブラジル大会 ベスト8出揃う

今日は、先週土曜日出勤分の休み。
それを良いことに、昨夜は、NHKでウインブルドンテニスとW杯サッカーを同時観戦しました。

日本時間の深夜24時からは、ウインブルドンテニスに、錦織 圭選手が登場。
昨日の相手は、世界ランク9位で第8シードのカナダのラオニッチ選手。
ツアーでの試合では、ラオニッチ選手にも勝ったとがある錦織選手でしたが、
ラオニッチ選手もコーチと徹底した錦織選手対策を敷いてきたとのこと。
元々、ビックサーバーなだけに、ラオニッチ選手のサービスゲームをブレイク出来ず、
逆に錦織選手自身のサービスゲームでミスが目立つ内容に。

立ち上がりの第1セットは、不安定なラオニッチ選手の形勢を突いて錦織選手が取ったものの、
第2セットは1ゲームしか取れず、第3セットはタイブレイクへ持ち込みながら自滅、
第4セットもミスからあっさりと先行を許し、6-4・1-・6-7・3-6のセットカウント1-3で、
残念ながらベスト8に進めず。うーん、めっちゃ残念です!(T_T)

しかし、世界のトップ10入りが見えてきたような試合ぶりでした。(^.^)
ラオニッチ選手ら、同世代の選手達と切磋琢磨しながら、早くビック4選手
(フェデラー・ナダル・ジョコビッチ・マリー各選手)を
追い越して行って欲しいです!!

そして、25時からキックオフとなったサッカーW杯のアルゼンチンvsスイス戦。
テニスが終わるまでは片手間観戦でしたが(^_^;)、後半終盤から、ようやく本格観戦に。
前後半0-0で終了し、延長戦へ。
試合冒頭から、圧倒的にスイスが押し込んだ試合になってましたが、延長戦後半中盤に
メッシ選手のアシストで、ディマリア選手が先制!(^o^)
同じようなシュートチャンスが、手前の時間帯に何度もチャンスメイクされていましたが、
やはり来たか!という感じでしたね。ディマリア選手が指で形作ったハートマークは、
奥様&娘さんに捧げたアピールだったとか。何か、可愛らしかったなぁ。(^.^)

試合終盤、スイスも惜しいシュートがゴールのバーに弾かれたり、CKやFKがアルゼンチンの
壁に阻まれたり、とうとうゴールは叶わず。
試合終了後に、スイスの選手がガックリとうなだれる姿が。
アルゼンチンの選手達は、ホッとする表情にも、まだまだ余力を残しているかのような
試合巧者ぶりでした。

そして、明け方5時からのベルギーvsアメリカ戦。
後半から観戦を始めたものの、気が付いたらまた寝てしまっており、ハッと目が覚めたら
試合が終わってました。(T_T)仕事がある日の方が、ちゃんと起きちゃいますねー。(^_^;)

試合は、ベルギーがシュート38本という猛攻をアメリカが凌ぐも、延長戦でベルギーが2点、
アメリカが1点返すも、わすがに及ばずという、壮絶な試合だっとのこと。
生観戦したかったですねー。ホント、しまったです。。(+_+)

ベルギーは、平均年齢約26歳と、フランスに似て若さに溢れたチーム。
次戦のアルゼンチン相手に、どんな試合を魅せるか、楽しみです!

これでベスト8が出揃い、グループステージ首位通過の国ばかりという、実力通りの結果に。
2日間の休養日の後、日本時間の5(土)深夜にブラジルvsコロンビア戦の南米対決、
明け方にドイツvフランスの欧州対決が。6(日)深夜に、オランダvsコスタリカと
北中米エリアで唯一残ったコスタリカに大注目。
そして、明け方はアルゼンチンvsベルギーという、どの試合も見逃せないカードばかり!
今のうちに、睡眠時間を確保しておきますか。(^_^;)
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

サッカーW杯ブラジル大会 フランス・ドイツがベスト進出へ&ウインブルドンテニス 男子シングル 錦織 圭選手 初のベスト16進出へ!

今日から7月。とうとう2014年も、半分折り返しです。
仕事の方でも、第1四半期が終了しました。


さて、サッカーW杯は決勝トーナメントに突入してから、更にヒートアップ!
日本時間深夜のフランスvsナイジェリア戦と、明け方のドイツvsアルジェリア戦は、
両方共に欧州vsアフリカという戦い。
個人的には、南米vsアフリカというのが観てみたかったなという気がしました。

結果、自力に勝る欧州2ヵ国が勝利。いずれも、試合終盤になって、試合が動きました。
フランスはすっかり世代交代が進んで、20歳前後の世代が大活躍。
勢いと、いきの良さを感じました。
体格では圧倒的なパワーをもつナイジェリア、しかし、最後はフランスのCKから
上手く仕留められ、2-0で惜しくも敗退。

そして、ドイツvsアルジェリア戦は、延長戦までもつれ込み、延長後半にドイツが一気に
畳み掛ける展開。アルジェリアも1点返すも、2-1で惜しくも敗退。
アルジェリアのGK・エンボリ選手は、ナントFC琉球の所属経験もあったとか。

これでベスト8進出6ヵ国は、全てグループステージ1位ばかり。
いよいよ残り2試合は、どんな結末が?


サッカーの影で、先月23(月)から、ウインブルドンテニスが開幕してました。
毎年のことながら、この時期のイギリスは雨によって試合が左右され、3回戦に登場した
錦織 圭選手も、雨待ち後の日没サスペンデットにより、昨日に試合が順延したものの勝利!
初のベスト16進出が決定しました~\(^o^)/

次戦は、スイスのラオニッチ選手との対戦。
全仏の借りを、是非ここで晴らして、更に上に上がって欲しいです!!
関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP