プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

2013年度終了



勤務先で、とうとう2013年度が今日で終了しました!
去年の今頃は、確か最終電車を待ってた筈。。 ※こちらから
本当に多忙な日々からスタートし、GWは体調を崩してバッタリと倒れる始末。。。(>_<)
担当業務で後輩が新たに就いたり派遣社員の方が増えたり、所属部署で新たな社員メンバーが増えたり、
またまた様々な変化があった1年でした。。かなりの残業があるのは、相変わらずなのですが。( ;´Д`)

今の事務所に移転してから、早や4年弱。※以前の引越し前記事はこちらから。
社内事情で、事務所が今週末に現在位置から北東方向にある自社ビルに移転することとなりました。
写真は、そのビルがある近くの名古屋市の某建物

新年度を機に、自分の周りの皆様の様子が様々に変化していますが、私としては仕事する場所が
変わるだけとなりましたが。(^_^;)
世の中では、今日をスタートにTV番組がスタートしたり、今日を機に終了するTV番組があったり。

2014年度、さてさてどんな1年となりますやら。
関連記事

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 就職・お仕事

フィギュアスケート 世界選手権 男子シングル 羽生 結弦選手金メダル&町田 樹選手銀メダル&女子シングル 浅田 真央選手金メダル☆

ソチ五輪からまだひと月余りしか経っていませんが、さいたまアリーナで開催された
今年の世界フィギュア。日本選手にはホームでの開催となり、殊更有利な条件が揃いました。


男子シングルは、ソチ五輪の銀メダリスト・カナダのパトリック・チャン選手や、
銅メダリスト・カザフスタンのデニス・テン選手らが欠場するなか、日本選手同士や、
ブライアン・オーサーコーチ門下同士で、激しいメダル争いが!

ショートプログラムで、町田 樹選手が完璧に演じ切る一方、羽生 結弦選手が冒頭の
4回転ジャンプを転倒するまさかの波乱!(゜ロ゜)
しかし、フリーでは今シーズン1度も決まっていなかった冒頭の4回転サルコウジャンプが
何とか決まり、結果町田選手を僅差でかわしての金メダル獲得となり、グランプリシリーズ・
ソチ五輪と合わせてシーズン3冠達成となりました!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
19歳にして、この偉業達成。来シーズンから、羽生選手は何処に向かうんでしょ?

町田選手は銀メダルとなりましたが、数年前なら日本代表候補にさえ上がらなかった選手。
今や、マスコミから発言を含めて注目の的、まさに天晴れと言いたいです。(^.^)
羽生選手と同じくオーサーコーチに付いているスペインのフェルナンデス選手が銅メダル。
小柄ながらパワーのある4回転ジャンプが飛べる選手で、以前から注目していました。
怪我が完治せず、欠場した高橋 大輔選手の補欠として出場した小塚 崇彦選手。
今月に入ってから出場が決まり、やはり心身共に準備不足は否めずも、6位入賞は流石です。

女子シングルは、ソチ五輪の金メダリスト・ロシアのソトニコワ選手が欠場。
そんな中、浅田 真央選手がショートプログラムで世界歴代最高得点を叩き出し、首位に!
仕事でニュースでしか観れなかったのですが、あれだけ苦労していた3回転半ジャンプを、
流れの中で綺麗に飛んでましたね~。(^o^)そして、フリーでは冒頭の3回転半ジャンプを
回転不足と取られる等など、ソチ五輪の点数より少し落ちましたが、それでも140点近い
点数を獲得して、堂々の金メダル☆\(^o^)/表情もも晴れやかで、何だかホッとしました。

銀メダルは、ロシアのリプニツカヤ選手。今や、日本国内のネットの世界では、
男性を中心に大人気な彼女です。(^_^;) 同じく、ロシアのポゴリラヤ選手も
堂々した演技を披露。アメリカのゴールド選手&エドムンズ選手といった10代選手も
ソチ五輪と変わらず良かったし、日本からも次世代の台頭が待ちわびられます。
残念ながら、19歳の村上 佳菜子選手は10位と、入賞さえ届かなかった厳しさでした。

一方、男子を含めて20代後半の選手を中心に、ソチ五輪や今回の世界フィギュアを区切りに、
引退を発表しています。
イタリアのコストナー選手は、今回銅メダルをきっちり獲得。
ソチ五輪の勢い程ではなかったものの、大人のエレガントさに魅了されました。
そして、6位入賞の鈴木 明子選手。彼女らしさが存分に発揮された演技で、
満員の観客の中、キャリアを終了出来たのでは?

これで、今シーズンのフィギュアスケートの競技会は全て終了。
来シーズンは、どんなドラマが待っているでしょう?
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

プロ野球開幕戦

先月のJリーグに開幕に続き、プロ野球も昨日開幕。
今年の開幕戦は、ド派手なセレモニーや、始球式の面々の豪華さ、いきなりの劇的な結末等など、
色々ありました。

まずは、セ・リーグ。
巨人は阪神との開幕戦でしたが、開始前に球団創設80周年を記念して、OB200人が集合してのセレモニー。
いやー、あの面々が観戦しての開幕戦は緊張して当然。
巨人は菅野 智之投手が開幕投手を務めましたが、プレッシャーは相当なものだったでしょうね。

中日は、広島との対戦。今の勤務先事務所がナゴヤドームに割りと近いせいもあって、夕方近くに
外出した時は、中日・広島双方のユニフォームを着て地下鉄に乗り込む方々を多数見掛けました。
残念ながら、中日は黒星スタート。そして、今日も大差の敗戦でいきなりの連敗。大きな補強も無かったし、
今年もどーなるか心配です。。(((・・;)ちなみに、ドアラはバック宙に連続で失敗とか。

ヤクルトとDeNAの試合では、ヤクルトのドラフト2位の西浦 直亨選手が、プロ野球史上初の新人初打席・
初球ホームランという、快挙を達成!背番号3を貰い、引退した宮本 慎也氏の後を受けてショートでの
活躍を期待されての入団。こんなド派手なデビューは、中々出来るものではないです。

そして、パ・リーグ。
昨年日本一の楽天が、西武と対戦し、楽天の開幕投手・則本 昴大投手は初の完投勝利をマーク。
大エースの不在を自力で埋めるべく、活躍を期待しましょう!(^.^)
大補強を敢行したソフトバンクは、ロッテに大勝。あれだけの面々が揃えば、と言いたくはなります。
日本ハムは、オリックスと対戦。大谷 翔平投手、バッティングがもの凄く良い感じに振れてる印象でした。
ちなみに、今日の始球式はスキージャンプの葛西 紀明選手だったとか。

長いシーズン、最後に笑うチームは何処の球団でしょうか?!
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

演奏会のご案内(2014年3月)

♯2014年3月5日(水)17:30開演
  愛知・名古屋市 名古屋音楽大学 めいおんホール
  名古屋音楽大学サクソフォン専攻生によるサクソフォンアンサンブルの夕べ
   Saxophone emsemble concert
 ・・・終了★

♯2014年3月6日(木)19:00開演
  愛知・名古屋市 熱田文化小劇場 
  SAXIDENT!!vol.6 愛知県立芸術大学サクソフォン専攻生による・・・終了★

♯2014年3月9日(日)14:00開演
  神奈川・横浜市 鶴見区民文化センター サルビアホール3F音楽ホール
  Spring Concert~クワチュール・ベー アカデミー生とその仲間による~・・・終了★
   ☆ゲスト:クワチュール・ベー

♯2014年3月10日(月)19:00開演
  東京・新宿区 ルーテル市ヶ谷本郷教会
     3月17日(月)19:00開演
  大阪・中央区 島之内教会
  塙 美里サクソフォンリサイタル~シャガールの愛した音楽~・・・終了★

♯2014年3月14日(金)19:00開演・15(土)10:00開演
  東京・多摩市 パルテノン多摩
  第33回サクソフォーンフェスティバル2014・・・終了★

♯2014年3月16日(日)10:30開演
  東京・文京区 東邦音楽大学文京キャンパス50周年記念館
  日本サクソフォン協会 第11回アンサンブルコンクール 本選会・・・終了★

♯2014年3月22日(土)18:00開演
  愛知・名古屋市 電気文化会館 ザ・コンサートホール
  遠藤 宏幸 サクソフォンリサイタル・・・終了★

♯2014年3月29日(土)14:00開演
  静岡・浜松市 かじまちヤマハホール(ヤマハ 浜松店)
  Trio plus+(トリオプリュ)リサイタル in 浜松・・・終了★
    ☆出演:S.sax 國分 実加、A.sax 渡辺 志穂、T.sax 近藤 春菜、Piano 倉知 小百合

♯2014年3月29日(土)14:00開演
  島根・松江市総合文化センター プラバホール
  松江北高 吹奏楽部 はるこん6・・・終了★
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

フリースタイルスキー 全日本選手権 女子モーグル 上村 愛子選手優勝&現役引退

1998年の長野五輪では、まだ17歳だった上村 愛子選手。
初出場ながら初入賞した結果に加え、愛子スマイルと表された美しさでたちまち人気者に。

以来、ソルトレーク・トリノ・バンクーバー・ソチと、5大会連続出場&5大会連続入賞は、
夏冬五輪を通じて男子選手でも、沢山はいないはず。
五輪のメダルを、1度でも取れていたならば、もしかしたらこんなに長いキャリアと
ならなかったのでは?

幾多の試練を乗り越えながら常にトップを走り続けてきましたが、とうとう今日で最後の日を迎え、
しかも地元・長野県白馬村で優勝して終えられるという最高の形!

これからは、ソチ五輪前に現役引退を表明した夫でアルペンスキーの元選手・皆川 健太郎氏と、
ゆっくりした時間を過ごしていただきたいですね。長らくお疲れ様でした、と言いたいです。(^.^)
関連記事

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

春のセンバツ 公立高校躍動

今日は、土曜日出勤分の休みでした。なのに、残念ながら朝から雨。
ランニングするに厳しいので、午後からジムで頑張ました~。(^o^)


さて、春の選抜高校野球が、21(金・祝)から開幕していますが、久々に公立高校 野球部が
大きな注目を集めました。

まずは、徳島県立池田高校。我々の世代には、故・蔦監督時代に、全国制覇した名門でした。
今回、実に27年ぶりの出場でしたが、見事に初戦を突破。次の試合も、要注目でしょう。
ちなみに、相手は高校駅伝で超有名な、こちら愛知県の豊川高校じゃないですか。(^_^;)

そして、鹿児島県立大島高校。21世紀枠の離島枠とも言えるジャンル?で選ばれました。
今朝のTBS「朝ズバッ!」で、在校生の甲子園応援遠征を中心とした島の盛り上がりを特集。
フェリーを乗り継ぎ、鹿児島からバス泊で向かうという強行軍!
しかし、島の人たちや卒業生等からの寄付で、甲子園入りを前に広島市内のホテルで1泊出来たんだとか。
何故に広島?というと、甲子園近郊は既に満室状態だったとのこと。
甲子園スタンドには、全国各地から集まった島の出身者で、1万人もの大応援団が埋め尽くす程に。
試合には負けましたが、選手や島の皆さんにとって、きっと素敵な思い出になることでしょう。

21世紀枠からは、都立小山台高校。秋季都大会で、堀越高校等の強豪校に勝ったことから、
文武両道枠で?推薦されたとか。私立の強豪がひしめく東京都内、選ばれること自体、異例中の異例。
ちなみに、8年前のシンドラー社のエレベーター事故で亡くなったのが、この高校の野球班員
(調べたところ、部とは呼ばないらしいです。)の生徒さんでした。
改めて亡くなった生徒さんのことがニュースとなり、遺族の方々もマスコミに再登場。
遺影は、しっかり甲子園スタンドに掲げられたそうです。
強豪相手に内安打での1安打止まりで大敗しましたが、多くの都立高校の励みになったのでは?(^.^)

他にも、沖縄県立美里工業高校・愛媛県立今治西高校・山口県立岩国高校・21世紀枠の
和歌山県立海南高校と、何故か西日本ばかりに集中しちゃってますね。
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

大相撲春場所 大関・鶴竜関 初優勝&第71代横綱昇進へ

残念ながら、TV観戦はならなかった今年の春場所。ニュースで、毎日勝敗をチェックしていました。
途中、遠藤関vs大砂嵐関の新たな人気力士対決や、関脇・琴欧州関の引退という残念な話題も。

そして、今回の場所の優勝はモンゴル出身の大関・鶴竜関。翌日、横綱昇進が即決されたとか。
15歳で初来日し、74場所を掛け、28歳での横綱昇進という遅咲き。
相変わらずな日本人大関の不甲斐なさを考えたら、まさに天晴れです!(^o^)

しかし、今朝のTBS「朝ズバッ!」で、モンゴル人力士だけで約30人もいるとは知らず、
ビックリしました。(+_+)モンゴルでは、日本の相撲界を引退後、帰国して政財界で活躍というのが
ステイタスらしく、ある意味モチベーションが高いんでしょうね。
関連記事

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

ライブ9題・その9-遠藤 宏幸サクソフォンリサイタル@電気文化会館 コンサートホール





3連休の最後の昨日は、午後からナゴヤサックスフェスタ2014の最後の練習でした。
毎年、何処かで仕事と重なって行けない回がありましたが、珍しく全3回の練習皆勤賞でした。
あとは、4/13(日)の本番を待つばかりです。(^.^)


さて、一昨日の夜は、ナゴヤサックスフェスタ 元実行委員長でもあるSax奏者・遠藤 宏幸さんのリサイタルへ。
ご出身でもある岐阜県内をメインにご活躍中されており、特に大垣女子短期大学では、多数の教え子の方々を
輩出されています。この日は、まるで同窓会のように、門下の皆さんが多数来場されていました。

せっかく開場直後に到着したにも関わらず、開演直前に会社携帯へ仕事絡みの着信があることに気が付き、
電話をしているうちに1曲目が終了。(T_T)已む無く、2曲目からホール内へ。
プログラムの2・3曲目が逆に掲載されているとの訂正が、演奏前にご本人からアナウンス。
ドイツの作曲家・ラファエルの作品は初めて聴きましたが、録音自体殆ど残っていないらしく、
中々貴重な機会でした。あまり重たく形式的でもない作風、楽譜を是非探してみたいと思います。

後半は、骨太の演奏のリュエフに続き、バリサクに持ち変えてのシューベルト。
アンコールでは、大学を卒業したばかりの教え子が来場されているとのことで、「旅立ちの日」を
取り上げるという、ナント優しい先生。(^.^)

数年前、岐阜市にあるクララザールで演奏聴いた時は、まるで教会のような天から音が降ってくるような
豊潤な響きがするホールの構造でしたが、電気文化会館のホールだと、少しコンパクトに聴こえたのが
意外だったりしました。最後に、奥様&間もなく2歳になる娘さんがご登場、主役のお2人に花束贈呈の一幕が。

終演後は、大勢の教え子の皆さんが取り囲み、近況報告等を話し込む姿が。
幾らか待って、ご挨拶となりました。
娘さんが本当に可愛らしく、ロビーでは来場者の皆さんのアイドル状態でしたね。(^.^)

そう言えば、昨年夏に録音済みと聴いている、アリオンSQの初のCDが間もなく発売とのこと。
時期が判れば、トップページでお知らせしたいと思います♪
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ9題・その8-岡崎混声合唱団&岡崎高校 コーラス部 第35回定期演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール



昨日は、ランニングサークル参加後、午後から2つの演奏会を聴いてきました。

まずは、午後の部。
私の母校の高校の合唱部が、合唱界で全国的に有名だった時代、東海北陸ブロック代表として、
NHK全国合唱コンクールに出場されている岡崎高校 コーラス部
全国大会の映像を幾度となく観ており、せっかく名古屋にいるうちに演奏会に行きたいと
思ってたのですが、この時期は仕事と重なってばかりで、ようやく聴きに行くことが出来ました。
1993年からは全日本合唱コンクールにも出場、高校Bの部で2008年最高位の文部科学大臣賞を受賞。
昨年は、金賞だったことを新聞では見ていました。
そして、全日本合唱連盟の推薦を受けて、世界的な大会にまで参加されていることを、
今回プログラムを見て初めて知りました。

岡崎高校は旧制中学の流れを組む約120年の歴史があり、愛知県内では1・2を争う進学校。
地元・名古屋大学の合格者多数はもちろん、特に最近は東京大学の合格者が30人を越え、
すっかり全国的に有名になりました。そんな勉強に対する環境がシビアな中、1968年の赴任から
指導者として活躍中の近藤 恵子先生の手腕の賜物かと。

岡崎混声合唱団は岡崎高校のOBの集まりからスタートし、今は地域の一般参加者を
交えてのメンバー構成になってるそうですが、ほぼ毎年全日本合唱コンクールで全国大会まで
進んでいる名門団体です。

前半は、昨年お亡くなりになった三善 晃氏の作品から。本当に、多数の合唱作品を遺されました。。
中盤は、「宇宙旅行」というタイトルで、ストーリー仕立てで進行。
暗くなると光る輪を星に見立てて、宇宙に関する作品が演奏されていきました。

そして、岡崎高校の昨年の全日本の自由曲「厄よけのうた」は、岡崎混声合唱団との
合同演奏でしたが、本当に素晴らしかった!
信長 貴高氏の作品、ようやく初めて聴きましたが、また違う作品も聴いてみたいです。
最後は、委嘱初演の千原 英喜 混声合唱のためのカプリース第2番「活火山群」。
作曲者ご本人も、来場された中での演奏でした。
今回のポスター・チラシや、プログラムのデザインはは、まるでマグマを思わせるものに。
近藤先生のロングジャケットが曲毎に変わってましたが、この曲では燃えるような赤のジャケット。
歌詞は、詩人・草野 心平氏の「活火山群」から。
現在も噴火活動を続ける本州の活火山や休火山ですが富士山、小笠原諸島の火山の燃え盛る様子が、
生き生きとダイナミックなリズムで演奏されました!まさに、言葉と音楽の大爆発!! (゜ロ゜)

アンコールは、以下の作品を。
○三善 晃 混声合唱組曲「じゅうにつき」より3月
○2012年 NHK全国合唱音楽コンクール 高校の部課題曲 千原 英喜「明日へ続く道」
○「さくら」(編曲者は聞き取れず)

あっという間の2時間半、吹奏楽とはまた違う音楽の深淵を楽しませていただきました。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

今月2度目のグンゼスポーツクラブ 名古屋ランニングサークル参加



3連休中、今日明日は何とか連休を確保出来ました!(^o^)

朝から1人で走るよりも、せっかく休みの予定と合ったので、グンゼスポーツクラブの
ランニングサークルにまたまた参加してきました。
準備運動でのラダートレーニングでは、自分の運動神経の無さを呪うしかなく。(T_T)
そして、庄内緑地公園内の芝生や石畳や木立の中を走るファルトレク走を40分通しで。
途中、公園の遊具を利用して鉄棒での逆上がりや懸垂を利用したメニューがありましたが、
●十年ぶり過ぎて、残念ながら出来ませんでした。。昔は、ちゃんと出来たのに。(T_T)

今日はやや肌寒いですが、公園内のソメイヨシノの蕾がはち切れそうに膨らんでました。
明日、気温が上がれば開花かも?(^.^) ということで、今回もこちらの桜を。
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

パラリンピアンの帰国

3/8(土)~16(日)の間、ロシアのソチで開催されたソチ・冬季パラリンピック2014。
今も続くロシアvsウクライナの影響を受けて、ウクライナ選手団が開会式をボイコットする事態に。
大会自体の開催が危ぶまれたものの、無事に閉幕。
残念ながら、タイムリーに競技を観ることは無かったので、毎日ニュースで結果を観てました。

日本選手団は20名が派遣され、金メダル3個・銀メダル1個・銅メダル2個の計6個のメダルを獲得して、
今週帰国&記者会見のニュースを観ました。
前回のバンクーバー五輪からメダル数は半減とのことですが、主力選手が多数引退した影響があるとか。
今回のメダル獲得はベテラン選手ばかりでしたが、10代の高校生選手が入賞したりと明るい展望も。

障碍者スポーツが、厚生労働省から文部科学省にようやく移管され、東京五輪に向けて、
今後強化されていく分野になるでしょう。
記者会見では、車いすマラソンで夏季大会を目指すと宣言した選手もいらっしゃいました。

パラリンピアンの筆頭とも言える車いすテニス・国枝 慎吾選手ばかりにスポットが当たりがちですが、
このジャンルの競技者がもっと増えて、国内全体で盛り上げられる雰囲気になればと思います。
関連記事

テーマ : スポーツ・格闘技全般 - ジャンル : スポーツ

春分の日


今日は、春分の日。昼と夜が、同じ長さの日。

今日は仕事でしたが、出勤時には最寄り駅に向かって東に歩きますが、太陽の昇る位置が、
今更ながら随分北向きになっていることに気が付きました。(^_^;)

午後から外出しましたが、勤務先事務所近くの交差点に植えられているしだれ桜が、
いつの間にか開花していました。本格的な春は、もうすぐ。
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

ライブ9題・その7-新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・シリーズ 第17回 名古屋@愛知県芸術劇場 コンサートホール





今日は、先週土曜日出勤分の休みでした。ただ、昨日は残業で帰宅が11時を回ったので、
朝はゆっくりめに始動して、ランニングを2.5km。
その後、歯医者の定期通院。ナント、もう5年目突入です。楽器吹きには、歯が命!
歯周病も気になるし、生えきってない親知らずの状態も、見張らなければならないのです。(^_^;)

夕方近くに治療院へ行き、2足目のランニングシューズのインソール作成の相談&治療。
ケガな克服や、マラソンに必要な体幹や筋肉が、まだまだ足りないと宣告が。
頑張ります。(>_<)

夜は、愛知県芸術劇場へ。大ホールでは、小澤 征爾オペラ塾の公演がありましたが、
私はコンサートホールへ。去年一昨年と行けなかったのですが、いつの間にか名称が
変わっていたようです。以前は、日本演奏家連盟 新人演奏会というタイトルでしたが、
めでたく文化庁主催になって、一新されたみたいで。
札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡での開催は変わらず、地元出身または
大学卒業者対象という趣旨も変わっていない様子。

今年の名古屋は、名古屋芸術大学卒の若手Sax奏者・渡辺 志穂さんがオーディションに
合格されたと知り、たまたま休みと重なったので、聴きに行くことが出来ました。
難曲と言われるイベールの作品を、サラリと聴かせるところが本当に凄かった!(゜ロ゜)
余裕すら感じました。もちろん、涙ぐましい相当な努力をされている筈です。

今回、楽器の色合いがいつもと違うなと感じ、出てくる音もメロウな音色で、
若干フラット気味な音程。もしかしてと思いましたが、渡辺さん本人からお礼の
メールをいただいてしまいましたが、イベールの作品と同じ時代の楽器を使用した
とのことでした。実は、終演後のロビーで、楽器の件を聞きたかったのですが、
お知り合いの皆さんが多数待っていらっしゃったので、聞けずじまいだったんです。
次回お会い出来たら、詳しく聞いて追記したいと思います。

そして、他の出演者の中では、前半のピアノとヴィオラのお2人が秀逸。
京都芸術大学3回生の山川 達史さんが演奏したグラズノフのピアノコンチェルトは
中々聴く機会がなく、貴重でした。2楽章で変奏をを多用するところが、
何処かSaxの四重奏曲を
思わせました。
ヴィオラはバルトークのコンチェルトでしたが、演奏したのは桐朋女子高校音楽科3年生・
鈴木 慧悟さん。とても10代とは思えない、落ち着いた演奏ぶり。
そ音楽的な完成度が非常に高く、今後が非常に楽しみだと思う方に出会えました!
ヴィオラ・スペースにも、ソリストでそう遠くない時期にご出演される気がします。(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

レスリング世界選手権 女子団体戦 日本が2年ぶりの優勝!

吉田 沙保里選手の父親で、女子レスリング代表コーチでもあった故・吉田 栄勝氏急逝から1週間。
先週は、通夜の場で吉田選手が気丈に会見をするニュースを観ました。
先週末に終了した世界選手権の為に減量していたはずですが、やつれて更に痩せてしまったとのこと。
そして、告別式終了後は斎場に向かわず、東京のナショナルトレーニングセンターへ向かい、
計量に臨むというハードさ。 普通の選手なら、ここで心が折れてしまうでしょう。

しかし、やはり吉田選手は違います!

団体戦は弔い合戦と化し、吉田選手は怪我等もあって体調万全では無い中、信じられないような
強さで相手を圧倒!他の代表選手達も熱く戦い、全勝優勝という圧勝でした!!\(^o^)/
孤独な個人戦ではなかったのが、吉田選手には救いだったかと。
きっと吉田コーチも、安心して天に召されたことでしょう。

吉田選手は実家に帰省せず、このまま都内で練習を続けるとか。
心身共に、無理が無いよう祈るばかりです。
関連記事

テーマ : スポーツ・格闘技全般 - ジャンル : スポーツ

ライプ9題・その6-TANGO OGNAT@栄・Live DOXY



週明け、朝から外出や急なクレーム絡みの対応に追われるやら、精神的にハードな1日でした。。(>_<)


19時半過ぎに勤務先を何とか退社し、栄のLive DOXYへ。
先月末に、バンドネオン奏者・啼鵬さんのバンドが来名されると判り、急遽チケットを買ったんです!
啼鵬さんと言えば、約20年前のピアソラブームの時には、Sax奏者・須川 展也先生のツアーに
帯同されていたり、Sax吹き仲間の演奏会に度々ご出演されたりしていますが、啼鵬さん自身のバンドの
ライブは初めてだったりします。

前半の最後から聴きましたが、Sax吹きには半分はお馴染みのピアソラ作品、半分は初めて聴く作品でした。
アンコールは、やはりリベルタンゴ♪

ライブ終了後に、啼鵬さんにご挨拶。10年以上前、ムジカーザでの演奏会後の打ち上げで飲んだお話等など、
懐かしくお話しました。(^.^)

また、ご来名の折りには、是非追撃させていただきたいと思います♪(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

久々のグンゼスポーツクラブ 名古屋ランニングサークル参加




日曜日の朝、快晴の名古屋市内。朝は流石に冷えた空気でしたが、段々気温が上がってきました。


今日の休みは、何ヵ月ぶりかにグンゼスポーツクラブの名古屋ランニングサークルに参加してきました。
実は、ちょうど1ヶ月前の日曜日も参加するつもりでしたが、前日土曜日出勤の残業が響き、
寝坊して間に合わず、1人名古屋城ランに切り替えました。

参加したメンバーは、グンゼスポーツクラブの方々が多いのか、知ったメンバーは皆さん不参加。
何度か参加した時にお見掛けしたことがある、クラブのメンバーの方々がいらっしゃったぐらい。

まず、いつものように芝生の上で、ランニングの動きに必要なと動きのメニューをいくつか。
体の固さを、こういう時にイヤと言うほど実感します。。(>_<)
そして、1km7分で2周走り、途中芝生の上で実践したことを意識しながら走る指導を受けました。

最後の1周、好きなペースでと言われ、先週末のウィメンズマラソンでサブ4を達成したとお話しされていた
お姉様ランナーな方に付いてみましたが、とても追い付けるスピードではなく、何とか遅れないように
するのが精一杯でした。。(>_<)先日、加圧トレーニングのジムで指摘された、左足の浮き指が出てきたし、
右足にも痛みが出てきたりと、まだまだ改善には程遠いです。
次に参加する、5月のぎふ清流ハーフマラソンまであと2ヵ月。

会場の庄内緑地公園内、春の装いにはまだまた先になるようですが、早咲きの桜が随分花開いて
本当に綺麗でした☆(^.^)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

ライブ9題・その5-名フィル 3月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール






今日は、土曜日出勤でした。21時前に最寄り駅に到着なんて、最近の土曜日出勤にしては
早い時間の帰宅だったかも。(^_^;)
明日は、グンゼスポーツクラブのランニングサークルに久々参加してきます!


さて今朝の続きで、昨日行ってきた演奏会について。
そう言えば、ホワイトデーだったので、会社で貰ったクッキーのセットの写真など。(^.^)
18時過ぎに勤務先を出ましたが、間もなく春分の日を迎えるだけに、かなり明るかったです。

徒歩で、名フィル 3月定期を聴く為、愛知県芸術劇場へ。
前半はワーグナー「ジークフリート牧歌」、後半はマーラー「大地の歌」の2曲でした。
指揮は、去年のシーズンで4月定期を振ったローリー・マクドナルド氏。
前回は表題音楽を指揮し、今回は得意なオペラや歌曲ものを。
まだ若いだけに、表現の掘り下げにやや不満はありますが、マーラーは良かったと思います。

マーラーのソリストは、コントラルトにマリア・フォシュストローム氏、テノールに望月 哲也氏
という布陣。フォシュストローム氏は2シーズン前の9月定期で、マーラーの「亡き児をしのぶ歌」で
登場したばかり。
今回の定期のタイトルは、『土-永遠の大地、生との告別』。
ハンス・ベードケの詩集「中国の笛」を元に、荒涼としたユーラシア大陸を想起させます。
マーラーの娘が亡くなり、自身の体調の問題、そして、ウィーン宮廷歌劇場の職を辞してアメリカの
メトロポリタン歌劇場への就任という、様々な別れの時を経ての作曲だったとのこと。
しかも、初演を待たず、マーラー自身が亡くなりました。
その為、自身の先行きを悟ったかのような諸行無常を感じる音楽になっています。
「大地の歌」の終曲・告別の最後「永遠に・・・」と歌うフォシュストローム氏の声と、席の目の前で
聴こえてきたマンドリン&チェレスタ&ハープのアンサンブルが余りに美しく、涙が出そうでした。
生との告別、正に3.11直後で思わず感じるものがあったからかもしれません。
ホールのある愛知芸術文化センターのB2Fでは、正に東日本大震災の写真展が開催中でした。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ9題・その4-セントラル愛知 3月定期@三井住友海上しらかわホール




気が付けば、3月も今日で折り返し。あと半月で、もう4月です。
この時期は、様々な意味で別れの季節でもあります。


先週・今週金曜日と2つのプロオケの定期演奏会が続き、運良く2週続けて18時過ぎには
勤務先を退社して、開演から聴いてきました。

まずは、常任指揮者・齊藤 一郎氏最後のタクトとなったセントラル愛知。
2009年の就任以来、ご本人が東京学芸大学 教育学部 特音課程で音楽学&作曲を学んだキャリアを
生かした現代曲メインの選曲や、ゲストの招聘は他のプロオケにはないカラーを打ち出し、
愛知県外からわざわざ聴き来場する聴衆が続出したりNHK-FMでOAされたりと、話題を提供し続けた
と言って良いのではないでしょうか。

2000年代の前半、東京佼成ウインドオーケストラの客演が続き、お名前を知っていたということが
大きかったのですが、定期会員になったキッカケは、2009年9月定期で聴いた東京学芸大学出身の
作曲家・木下 正道氏の仏教の声明を取り入れた作品が入ったプログラム。
そして、勤務先事務所の移転が今の場所に決まり、しらかわホールまで徒歩で行ける距離になったのは
大きかったです。
そんな最後の定期のプログラムは、ポーランドの女性作曲家・パツェビッチの弦楽合奏曲に、
ラストはバルトークのオケコン。8年ぐらい前に、NHKホールをこの曲をN響定期で聴きましたが、
どこか都会的でスタイリッシュ過ぎる印象はありました。この日はバルトークと言えば・・・
というカラーが発揮された演奏での締め括りでした。
NHK-FMでOAされた、2012年11月定期がCD化されたのでもちろん購入。
都合で聴きに行けず、残念に思ってたんです。

来シーズンからはレオシュ・スワロフスキー氏を音楽監督に迎え、どういう方向に変わるのか楽しみ。
そして、齊藤氏は京都フィルハーモニー室内合奏団音楽監督に就任とのこと。
京の都でどのような世界を繰り広げられるのか、機会があれば伺いたいです。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

女子サッカー アルガルベ杯 なでしこジャパン準優勝

ポルトガルのアルガルベで開催されていた、女子サッカーの国際親善試合という位置付けのアルガルベ杯。
昨年は、U-23までの若手中心で参加したものの、予選リーグを突破出来ず、若手の底上げが出来ていない
実態を露呈することに。

今年は、来年カナダで開催される女子W杯のアジア予選直前という時期だけに、2011年W杯メンバーを
中心とした布陣に戻しての戦いでした。当時のメンバーが今や欧州女子リーグで活躍、試合を観ていても、
海外組を中心に頼もしいばかり。残念ながら、他国と違ってU-23世代からの飛び級入りが見られないのが
懸念されるところです。

予選リーグは、アメリカと1-1の引き分け。
GKが山根選手という初めて観た選手でしたが、長身という武器を持ちながら、反応の遅さが・・・。
2戦目のデンマーク戦は、危なげなく勝利。岩渕選手が、4年ぶりという代表での得点も!(^o^)
一方で、アメリカがスウェーデンに敗れる波乱が。(゜ロ゜)
最終のスウェーデン戦、深夜のOAでTV観戦出来ませんでしたが、キャプテン・宮間選手が試合を決めて、
B組トップで決勝進出決定!!\(^o^)/

昨夜の決勝 ドイツ戦、前半は押し込まれる展開が続くも、相手のゴール前であと少し運が無かった。(>_<)
後半は観戦出来ず、終了直前に観たら0-3と完敗のまま試合終了。。
メンバー交代もあり、前半とは試合の流れがガラリと変わったとか。
欧州は正にリーグ戦開催中、なでしこリーグはシーズン前というコンディションの差はあったとのこと。
佐々木 則夫監督は、インタビューでまだまだチームの土台さえ出来ていないとはっきり名言してましたが、
アジア予選でチームがどう変貌を遂げるのか楽しみです。(^.^)

女子選手の話題と言えば、一昨日の朝、女子レスリング 吉田 沙保里選手の父親で、
日本代表チームのコーチでもある吉田 栄勝氏の急逝のニュースには、本当に驚きました。

今週末からレスリングW杯が東京都内で開催されますが、直前の代表合宿に向けて吉田選手は
先に栄 正人コーチと車で向かっており、追いかけるように車で吉田コーチも向かう最中での
出来事だったとか。。全国ニュースだけでなく、東海ローカルのニュースでも大きく取り上げられました。
まだ61歳、リオ・東京五輪での吉田選手の活躍を見届けられないのは、無念でしょう。
ご冥福をお祈りします。吉田選手には、お父様の意思を継いで、日本代表チームをこれからも引っ張って
いただきたいです。
関連記事

テーマ : なでしこジャパン - ジャンル : スポーツ

3回目の3.11

先週末から天気は一転、一昨日は雪雲が広がり、一時的に激しく雪が降りだした名古屋市内。
昨日今日は、また暖かな日差しが戻ってきましたが、明日はまたまた激しい雨予報とか。
春の天気は、気まぐれです。


さて、昨日は東日本大震災からちょうど3年。もう3年?まだ3年・・・。
3.11を前にして、様々な記事や想いを新聞等で読みました。

14時46分は勤務先社内で特別なことはしなかったので、時計を見ながら、自分の席で少しの間黙祷。
当日勤務中に亡くなった・行方不明になったという、被災地のメンバーがいました。
面識はもちろんありませんでしたが、衝撃の事実でした。。

阪神淡路大震災に比べ、損害規模も範囲も全く違うとはいえ被災地の現実は余りに厳しく、昨年決まった
東京五輪が追い討ちを掛ける現実。海外から多くのお金や人を惹き付けることは確かに重要ですが、
だからと言って、自国民が不幸なままで良いのでしょうか?

そして、福島第一原発の周辺やその被害に遭った方々のその後を知るにつけ、島根原発が近い実家方面で、
同様な事故があったら本当にどうなるんだろう?と思う度に、背筋が寒くなります。。

私自身、被災地に対して何か大きなお手伝いが出来ている訳でも何でもないですが、他人事とはしたくない
と思う今日この頃です。
関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

ナゴヤマラソンフェスティバル2014 おもてなし沿道応援隊 任務完了!







快晴の中、ナゴヤマラソンフェスティバル2014が無事開催されました!

とは言え、昨日はかなり冷えて風もあり、今日の天気がかなり心配でした。
案の定、朝はひんやりとした空気。
がしかし、好天の中で気温が上昇、かなり走りやすいコンディションになりました~。(^o^)

朝8時半に瑞穂通5丁目のセブンイレブンに集合後、昨日の「おもてなし沿道応援隊」説明会で
指定された応援場所・妙音通南側の地下鉄新瑞橋駅から堀田駅へ徒歩で移動。
私は、堀田駅付近の折り返しで待機しました。
9時半を過ぎて、愛知県警の白バイ隊に先導されて、招待女子選手集団が通過していきました。
そして、続々と女子ランナーの皆さんが通過。ラン仲間の何人かの皆さんに、お声掛け出来ました!(^o^)
10時半を過ぎてから、名古屋シティマラソンのハーフマラソンに参加の皆さんが飛び込んできましたが、
トップ争いにナント公務員ランナー・川内 優輝選手が!(゜ロ゜)
後で知りましたが、一般参加での出走だったようです。どーりで、ネットや新聞記事で見なかった筈。
何人かのラン仲間の皆様に、お声掛けしたり手を振り合うことが出来ました。(^.^)

午後からは、地下鉄車道駅付近に移動。
38kmを過ぎて、一番大変な思いをする地点でもあります!力の限り、声を振り絞って
応援しました♪(^o^) 午後は、車道駅付近に移動して38km手前を走る皆様を応援!\(^o^)/
最後、苦しそうに走る皆さんの後押しになったでしょうか?(^.^)
応援を終えた後は、ナゴヤドームに集合・解散後、NIKEショップで昨日買えなかったTシャツ等を
購入しました。フィニッシュラインの電光掲示板は、優勝タイムを表示中でした。

今回、オフィシャル応援団は初めての試みということで、ランナーの皆さんの反応が気になります。(^_^;)
「おもてなし沿道応援隊」は、私も毎月美容院に行った時愛読している雑誌「月刊 KELLY」を発行する
(株)ゲインが運営されていました。社長自ら、応援隊長として旗振り役を務められていたようです。
昨日の様子は、いずれ記事として載るようで楽しみ♪(((o(*゚▽゚*)o)))

出走された皆様、本当にお疲れ様でした!\(^o^)/
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

ナゴヤマラソンフェスティバル2014 マラソンEXPO&おもてなし沿道応援隊 説明会へ










3月2週目の週末、何年かぶりに連休になりました~。(^o^)

今朝は、犬山ハーフマラソン以来、久々にウォーキング&軽くジョギングを2.5km。
午後からは、ナゴヤドームで開催中のナゴヤマラソンフェスティバル2014 マラソンEXPOへ。
一昨年から、この時期に開催されていた名古屋国際女子マラソンと、秋に開催されていた
名古屋シティマラソンを合体させて、3月に同時開催になりました。
東京マラソンの成功から、よりビックなイベントへ変革を遂げています。
大都市のマラソン大会は何処も人気ですが、名古屋の大会も今年から抽選になったんだとか。

到着した時は、スタートラインの設営が進んでいました。
ドーム内は大賑わい。企業ブースのみを回りましたが、参加女性ランナー向けの
特別な何かを企画している企業が多くて、かなーり羨ましかったです。。
ゴールドスポンサーのメナード化粧品のブースの裏手には、ランナーの目標タイムを書いて、
時系列に貼り出すコーナーが。やはり、5~6時間前後に集中してた気がします。
そして、SEIKOのブースでは、マラソンの大会ではお馴染みの電光掲示板に、目標タイムを標示して
記念撮影をするコーナーが。

NIKEブースでは、16時から名古屋シティマラソン10kmのオフィシャルゲストランナーで
フィギュアスケーター・安藤 美姫選手のトークステージが始まり、間近で安藤選手を
見ることが出来ました!TVで観るよりも、ずっと綺麗な方でしたー。(^.^)
引退後の活動や、スポンサーだったNIKEから誘われて走ることになった経緯、
地元の街を走る意気込み等など約20分余りのショーでした。

その後、隣接するAEON ナゴヤドーム店のフードコートで、明日出走予定のラン仲間な
皆さんと久々にお会いして激励。
先月の東京マラソンの話を聞いたり、私が参加した犬山ハーフの結果報告等を話しました。

そして、夜は栄に移動し、今年から新設されたマラソンフェスティバル オフィシャル応援団
おもてなし沿道応援隊」の説明会へ。
昨年まで、このような公式サポーターの集まりというのは無かったとのこと。
制限時間ギリギリまで頑張る、ランナーの皆さんを、最後まで応援しようというものです。
登録は個人でしましたが、グループでまとまって担当する持ち場があり、私はラン仲間の
小池 英樹さんにお誘いいただいて、チーム小池な皆さんと往路は地下鉄新瑞橋~妙音通辺り、
復路は地下鉄車道駅辺りでの応援することになりました。
応援隊専用のジャンバーが配布され、沿道の皆さんに配布するグッズも用意されました。
応援練習も行われ、いよいよ明日なんだというテンションに!(^o^)
今までは大会に参加して応援してもらう側でしたが、今回はお知り合いのラン仲間な皆さんを初め、
頑張るランナーの皆さんを応援したいと思います!!
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

ライブ9題・その3-SAXIDENT!! vol.6 〜愛知県芸術大学サクソフォーン専攻生による~@熱田文化小劇場




昨日辺りから寒波襲来で、急に冷え込んできました。(+_+)
北海道や日本海側では、暴風雪注意報・警報が出てるみたいですが、大丈夫でしょうか?
寒の戻りには体調を崩しやすいので、気を付けたいところです。


さて、昨日の名古屋音楽大学に続いて、今日は愛知県芸術大学 Sax科の演奏会へ
行ってきました。仕事が、思ったより手一杯にならなかったので、あっさりと18時過ぎに退社。
到着時は、残念ながら2曲目のパスカルが始まって直ぐだったので、3曲目からホールへ。
昨日の名音同様、前半はSaxの古典的作品が4曲。7人のメンバーで、楽器を持ち替えながらの
演奏でしたが、学年を問わず均質な演奏が出来るレベルにあるのは流石というところ。

後半冒頭は、作曲科の女子生徒さんの作品が2曲。
1曲目は何処か遊び心のある作品、2曲目はベネチアを旅した心象を現した作品と対称的で中々興味深く。
3曲目・4曲目も、現代の作品と言える2曲。4曲目は、田中 靖人さんも加わっての八重奏でした。
アンコールは、生徒さん7人を従えての靖人さんのソロで。

終演後のロビーは、いつもに増して大賑わいに。
皆さんへの挨拶に忙しい中、石川 貴憲さん&金子 弘美さんの4年生コンビにご挨拶。
卒業後は、各々の道でのご活躍をお祈りしています♪(^o^)

ロビーでは様々な方々にお会いしましたが、ドルチェ楽器 名古屋店の店長・湊川さんより、
クワチュール・ベーのCD発売記念リサイタルが、4/16(水)に急遽決まったとのお話が!\(^o^)/
詳細は、近日こちらでもアップしたいと思います!!
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ9題・その2-サクソフォンアンサンブルの夕べ@名古屋音楽大学 めいおんホール





今週日曜日は、ナゴヤサックスフェスタ2014の第2回の練習会でした。
練習会は、23(日)のあと1回を残して本番当日。
いつもと違って、4月の2週目になるので、少し間が空いてしまいますが。

この時期、名古屋市内ではSax関連の演奏会が増える時期でもあります♪
今日は、毎年恒例の名古屋音楽大学 Sax専攻の皆さんによるアンサンブルの演奏会へ。
残念ながら、秋のSaxオケの演奏会は仕事で行けませんでしたが、今日はたまたま
休みになったので、伺うことが出来ました。

毎年Saxの古典と言うべき作品が並ぶという、音大らしいプログラム。
カルテットの演奏では、響きのバランスやニュアンスが揃ってるか等など、
もう少し客観的に探ったら良いのになという惜しい演奏がいくつもありました。
S・Saxのイニシアチブの取り方で、音楽がガラリと変わるのも面白いなと。
江原 大介氏の八重奏曲「Infinity」では、若々しい熱演が。

ラストのバーンスタイン「Selections from WEST SIDE STORY」は、Saxカルテット
+Pf+Percという編成。かなり長丁場の曲を、S・Saxで亀井 明良先生が朗々と
歌い上げられてました。前半は、パスカルの四重奏曲 全曲を生徒さんと演奏されたばかり。
2曲共に、大ベテラン奏者のブレのない音楽を聴かせていただくことが出来ました。
故・阪口 新先生の潮流を引き継がれている音楽・サウンド、あと何回聴かせて
いただくことが出来るのかなと思いながら会場を後にしました。

明日は、愛知県立芸術大学 Sax専攻の皆さんによる演奏会ですが、仕事帰りになるので、
何時に会場に着けるやら。(^_^;)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ9題・その1-藤井 郷子&田村 夏樹DUO@Live DOXY


いよいよ、弥生・3月。
初日の土曜日から仕事でしたが、他部署のミス・自部署のミス・取引先のミス等などの
トラブルが終日連発、散々でした。(;´д`)
毎日ドタバタで、GWまでのピークを乗り切れるのか?!先が思いやられます。。


さて、今月もSaxをメインに様々な演奏会に伺う予定。
昨夜は、先月DOXYに行った時に、急遽伺うことにしたライブを聴きに、またまたDOXYへ。
がしかし、21時前まで残業していて、結局30分ぐらいしか聴けませんでした。(T_T)
東京在住時代、たまたま仕事を通して知ったフリージャズのピアニスト・藤井 郷子氏&
Tp奏者・田村 夏樹氏のライブに行ってきました。
クラシックの現代音楽の演奏会を思わせるようなスタイル有り、エネルギッシュ過ぎるパワーに、
終止圧倒されっぱなしで。(・・;)))

終演後は、少しお話出来ましたが、偶然ながら実はDOXYでのライブは初めてだったとのこと。
通常は、今池のTokuzoでビックバンドでのライブがあるとお聞きしましたしたので、
そちらにもまた伺ってみます。(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

球春開幕

ソチ五輪が終了して、早や週間。
先週は、ソチから帰国した選手の皆さんの様子が、大いに話題となりました。
既に、各競技のW杯大会は再開しており、スキージャンプの女子W杯で、高梨 沙羅選手が
20回目の優勝&2年連続の総合優勝を決めたと、今朝のニュースで報道が!(^o^)

そして、ウインタースポーツと入れ替わるように、野球とサッカーの話題が一気に増えてます。
今年は、特にMLBの話題が多く、スプリング・キャンプからオープン戦が始まりましたが、
ヤンキースの田中 将大投手が初登板を果たしたと、今朝のニュースで報じてましたが、
体はかなり絞り込まれて、仕上がりは上々の様子。
レンジャースのダルビッシュ投手は、開幕投手に指名されたと話題になり、
レッドソックスの上原&田島両投手も順調な様子が伺えます。
野手陣は苦労してるメンバーが多いですが、ヤンキースのイチロー選手でさえ、
ビックチームの中で安泰ではなく、毎日が必死の形相。
トレードの噂が絶えませんが、今季はどうなるんでしょう。。(+_+)

プロ野球もオープン戦がスタートし、今年のドラフト入団選手らの動向等も気になります。

サッカーは、JリーグでJ1が昨日開幕しました。
話題は、やはりセレッソ大阪に加入したウルグアイ代表のフォルラン選手、
一度は観に行きたいですね~。(~_~)
名古屋グランパスは西野新監督体制がスタートしましたが、残念ながら黒星スタート。
W杯を控えて、代表クラスの調子が気になります。
海外組が軒並み苦戦&怪我に見舞われてるのも、ホントに心配。。
関連記事

テーマ : 野球 - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP