プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

演奏会のご案内(2013年8月)

♯2013年8月17日(土)14:00開演
  東京・小金井市民交流センター 大ホール
  第26回サクソフォン発表会・・・終了★ご来場ありがとうございました!

♯2013年8月24日(土)14:00開演
  静岡・浜松市 アクトシティ浜松 音楽工房ホール
  蓼沼 雅紀 2ndアルバム『TADENIZE』発売記念サロンコンサート 浜松公演・・・終了★   
   ☆出演:Sax・蓼沼 雅紀、Pf・ 西川 佳朗

♯2013年8月24日(土)16:00開演
  愛知・岡崎市シビックセンター コンサートホール コロネット
  岡崎トリオ夢の饗宴・・・終了★   
   ☆出演:Vn・鈴木 麻未、Sax・鈴木 研吾、Pf&Comp・山中 惇史

♯2013年8月25日(日)11:30開演
  愛知・名古屋市 宗次ホール
  ランチタイム名曲コンサートvol.820
    サクソフォンで奏でるドイツのメロディー・・・終了★   
   ☆出演:Sax・渡辺 志穂浅井 ゆかり、Pf・倉地 小百合

♯2013年8月30日(金)19:00開演
  香川・高松市 サンポート高松第一 小ホール
  パリからの便りin四国3 ミーハ・ロギーナ、白井 奈緒美、李 早恵・・・終了★   
   ☆出演:Sax・ミーハ・ロギーナ、白井 奈緒美&Pf・李 早恵

関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

夏の終わりに・・・



 8月も、今日を入れてあと2日。嗚呼、夏が終わってしまう。。(..)
夜は、こおろぎ等の秋の虫が鳴き始めています。

  一昨日は、長期休暇が終わって以来、初の1日休み!
月曜日は、午前有休だったので、あまり気が緩むのもどーかなと、ジムに行ってきました。
なので、朝はゆっくり起きて、午後は月一の定期通院の歯医者や美容院へ行った後、
最後にリフレにも行ってきました。
昨日の朝は、頑張って5時半起床、近所を久々に朝ラン。
懸念の坐骨神経痛もだいぶマシになりましたが、まだまだ一進一退という感じ。(+_+)

  夜は、近所の居酒屋で、今月一杯限定開催中のビヤガーデンへ。
駐車場スペースを半分利用して、飛騨牛焼肉セットメニュー・飲み放題付3000円は中々お得。
しかし、上旬は夜も暑い日が続いたり、お盆中はいなかったり、終わりかけに
ようやく行けました。近所の飲み仲間な方々を急遽お呼びしたりの楽しいひと時でした~。(^o^)

 そう言えば、先週末に終了した吹奏楽コンクールの各地域の支部大会。
東海・関西・中国・四国大会の結果が、悲喜こもごもとツイッターで流れてました。
母校の松江一中は、銀賞を受賞。一昨年の中国大会は、銅賞でした。
県大会4位ということで、出演順が3番目という早い時間帯。早朝から、準備が大変かと。
この経験を糧に、1・2年生は新しい部の歴史を創ってくれるでしょう。(^_^)
全国大会代表は出雲北陵高のみでしたが、島根県からの参加団体は金賞・銀賞を受賞。
特に、小編成の中学・高校4校は全て金賞。
全ての団体を聴けてませんが、頑張った年だったのではないかなと。

 先週からの集中豪雨で、島根県西部全域が相当な被害に遭う中、該当するエリアからの
出場が6団体もあり、無事に会場となった倉敷市へ辿り着けるのか?と心配しました。
ニュース映像で観る限り、7月末の集中豪雨に輪を掛けるような甚大な被害に、
心が痛みます。しかも、過疎地域に集中してしまってるし。。

 今度は、早くも台風が近づいており、実りの秋を前に心配なところ。
しかし、太平洋側エリアの雨の少ない地域に、恵みの雨は必要なんですよね。
日本海側は、もう充分過ぎる筈。(+_+) 大きな被害が出ないよう、祈るばかりです。
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

ライブ2題・その2-日下部 任良サクソフォンリサイタル Heimat




8月最後の週末。あ、31(土)もありますが、夏っぽいのは今回が最後かなと。
土曜日は、終日仕事→久々にジム→バンドの選曲会議へ。
バンドの会議に参加した時、翌日の練習が午前午後ではなく、夜間のみだったことが判明。(^_^;)
ま、私が思い込んでただけですが。

そんな訳で午前中のみだった仕事の後、自宅へ大急ぎで戻り、バリサクと共に
ドルチェ楽器 名古屋店へ。
留学の為、明日ウィーンに発ってしまうSax奏者・日下部 任良さんのリサイタルを聴いてきました。
初めてお会いしたのが、愛知県芸大2年生の時だったと思います。
出演される様々な演奏・マスタークラス等にお邪魔してきましたが、ソロリサイタルは初めて。
プログラムは、歌心満載のコダーイやデュクリュックやグラズノフに、ヒンデミットや
クリスチャン・ロバと現代寄りの作品までバランスよく。
これまでの集大成のような想いで、演奏されたのではないでしょうか?

1ヶ月前に急に開催を決めたということと、音大生が合宿や講習会等でほとんど
聴きに来られなかったようで、若手プロ奏者の皆さんやベテランアマチュアな皆さん等など、
何故かお知り合いなメンバーが勢揃いな客席に。(^_^;)
うっかり、このブログで告知し忘れてました。。

3年ぐらいは留学予定とのこと。
ここ数年、日本以外のアジア各国の音大生・若手奏者の方々の急成長ぶりが
目覚ましいのですが、負けないよう是非頑張って来て欲しいなと思います! (^o^)
帰国したら、また是非演奏を聴かせて下さい♪
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

【追記あり】あいちトリエンナーレ2013 パフォーミングアーツ 藤本 隆行+白井 剛「Node/砂漠の老人」劇場版世界初演@愛知県芸術劇場 小ホール






 休み明けの今週1週間、スッキリどころか疲労感満載での出社。(^_^;)
しかし、お盆前の忙しさは何処へやら、週末に向かうに従い、落ち着いてきて良かったです。

 そんな訳で、昨日は18時過ぎに勤務先を出て、愛知県芸術劇場へ。
8/10(土)からあいちトリエンナーレ2013がスタートしましたが、街中に設置された作品以外では、
残念ながらまだ有料の美術館等などは行けていません。
昨日観に行ったパフォーミングアーツが、実質初めてに。

 パフォーミングアーツは、ダンス・演劇・音楽(オペラ)の公演があるというのが、
他の国際芸術展とは違うところ。2010の時は、ダンス・演劇界で国内外注目の団体が多数出演し、
公演によってはチケットが即完売したんだとか。

  「Node/砂漠の老人」は、舞踏家・ダンサー・パフォーマー・演奏家に加え、
照明デザイナー・映像・音響等の最新技術を駆使した、非常に斬新な作品でした。
舞台上、シュレッダーで細かく刻まれた7万枚の色とりどりのチラシの中に、
照明が埋め込まれていたり、実は開演前からダンサーが隠れていたり、黒装束の演奏者が
隠れていたり。(@_@)開演直前に、舞台上で動くモノがあり、初めて気付いたぐらい。
『情報の砂漠に暮らす老人が、自らが埋もれる砂で縄を編んでいる。
砂は情報の断片、つまりデータで、それは編み手の意思でいかようにも形を変える。
長いロープにもなれば、何かを覆い隠す布にも出来る。
砂の中からは、ときおり記憶が形を成して現れる。』(プログラムノートより)
このようなストーリーを元に、様々な4人のダンサーが現れ、老人との関わり合いを展開。
ある時は優しく、ある時は激しく、ある時は楽しげに、ある時は翻弄・愚弄するように。
過去・現在・未来、はっきりした結論は無く、舞台は終演。観る側を、まるで試すような内容でした。

 終演後のアフタートークでは、バフォーミングアーツの統括プロデューサー・
小崎 哲哉氏を司会に、この公演をディレクションをされた照明デザイナー・
藤本 隆行氏&振付を担当されたダンサー・白井 剛氏&老人役の舞踏家・吉本 大輔氏&
作曲と舞台上で演奏した大学の後輩でVn奏者・辺見 康孝氏の5名が登場。
ちなみに、舞台上の全出演者のプロフィールはこちらから。
 2年半も前からあいちトリエンナーレ2013での発表を見据えて創作が開始され、
今年の3月にKAAT神奈川芸術劇場 中ホールでも発表。劇場版初演が、この日となったとか。
創作の経緯やキャスティング、仕上がりの過程に関する裏話を聞くことが出来ました。
 演者5名の皆さんは、各々にソロでご活躍中。白井氏は、各自の持ち味を生かす工夫をされた様子。
特に、吉本氏は長いキャリアの中で、他人に振付をされた経験が無く、逆にその過程を楽しんだとのこと。
しかし、昨日で72歳の誕生日を迎えらたとは思えない驚異の身体能力!腕立て伏せ50回以上を
こなすシーンには唖然としました。(((・・;)
ちなみに、トークの最後には辺見くん演奏の「HAPPY BIRTHIDAY」と共に、バースデーケーキが
登場しました。(^o^)
 音楽に関しては、作曲と演奏を担当した辺見くんから意図の説明が。
感情を表現する手段として、かなり考え抜いて創り込んだことが伺えました。
しかし、手元でエフェクターや筋肉センサーが連動してたとは。(^_^;)
 藤本氏からは、照明セッティングや背景の造りについての説明も。
かなりシンプルに造られていましたが、反って踊り手の剥き出しさが際立ってて、
良かったように思います。ちなみに、LEDを以前から多数使われているとのこと。
 映像は、立体的に見せられるよう、かなり細かい仕上げをされてるのが判りました。
舞台・演者が、まるで同一化していくような。。そこが、今回の狙いでもあったようです。

 トーク終了後、辺見くんにご挨拶。あと2日間の公演、頑張ってね~!とエールを。
ちなみに、辺見くんが着ているTシャツ、ロゴが隠れちゃいましたが、バスケットボールの
bjリーグ・島根スサノオマジックのサポーター用のものらしいです。(^_^;)

 帰りに、地下鉄乗り場まで向かう途中、上から眺めたサン・チャイルドを撮ってみました。(^.^)
関連記事

テーマ : ダンス - ジャンル : 学問・文化・芸術

イチロー選手 日米通算4000本安打達成!&夏の高校野球 前橋育英 初出場初優勝


 久々に、野球一色だった昨日のニュース!

 日本時間の昨日の朝、ニューヨークのヤンキース・スタジアムで開催されたヤンキースvs
ブルージェイズ戦で、イチロー選手がとうとう4000本安打を達成!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
マリナーズ時代から、ICHI METERを掲げてきた女性も、直前の試合から緊急参戦、
そのボードに見事4000の数字が!! 試合後のインタビューでは、「イチローは神」とも。
史上3人目の偉業、MLBに見事名を残すことになりました。後は、生涯安打が何処まで伸びるか?
写真のシールは、1995年にグリーンスタジアム神戸に観戦に行った時に買ったもの。(^_^)

 そして、昼間は夏の高校野球の決勝戦。
ベスト8に、優勝経験の無い学校ばかりが揃う波乱の展開。
ベスト4に、東北勢が日大山形・花巻東と2校も残りましたが、両校共に敗退。
決勝戦は、前橋育英vs延岡学園という、大会前には予想もしなかった組み合わせ。
結果、前橋育英が優勝!(^o^)
がしかし、残念ながらこの学校の試合を一度も観られなかったのです。。
今年は、接戦の試合が多く、1つのプレーが試合の流れを変えてしまったなんてことが
多かったような。酷暑の中、熱中症で降板した投手もいたり、過酷な中ホント選手・
応援団の皆様にはお疲れ様でしたと言いたいです。
関連記事

テーマ : MLB - ジャンル : スポーツ

【追記あり】陸上 世界選手権 男子マラソン 中本 健太郎選手5位入賞&男子4×100mリレー 6位入賞

一昨日、モスクワで開催された世界陸上が終わりました。

日本は、残念ながら女子マラソンで福士 加代子選手が獲得した銅メダルのみ。
メダル獲得数では、開催国・ロシアが元々の底力+αを発揮して首位に。
2位アメリカ・3位という結果。
ジャマイカン旋風が吹き荒れ、ウサイン・ボルト選手&フレーザー・プライス選手が、
各々男女100m・200m・4×100mリレーで3冠を獲得。
アフリカ勢が、長距離だけでなく短距離でも躍進。
世代交代を告げるように、10代・20代前半の選手の活躍も目立ちました。

先週の土曜日に開催された男子マラソンは、酷暑の中でタイムは平凡でも、
やはりメダルはアフリカ勢が独占。金メダルは、ロンドン五輪の金メダリストで、
ウガンダのキプロティッチ選手。銀・銅メダルと4位までがエチオピア勢と、
アフリカの選手は暑さが苦手と言われながら、底力を発揮しました。

 そんな中、日本選手は中本 健太郎選手が最後まで先頭集団に付き、
途中で振り切られましたが、また追い付く大健闘で5位!
ロンドン五輪では6位、メダルまでホントあと一歩でしたが、自分自身走り始めて
実感してますが、ホント足が追い付かないんですよね。。(^_^;)
 他、藤原 正和選手・前田 和浩選手・川内 優輝選手が、各々14・17・18位に。
男子は、今や世界のベスト10に入ることさえ至難の技になってきてます。

 そして、最終種目の男子4×100mリレーの日本チームは、予選2位で決勝へ。
同組のアメリカが、慌ててトップで駆け込むドタバタも。
決勝は、ジャマイカvsアメリカという構図でしたが、あっさりジャマイカが圧勝。
日本は、1→2走のバトンパスがもたつき、7位フィニッシュ。
 しかし、銅メダルの筈だったイギリスの失格で、繰り上げ6位に!(^o^)
以前、銅メダルを取った大会も、上位の失格やバトンパスミス等などで棚ぼたでしたが、
中々真の実力ではまだまだ難しいかと。
 バトンパスミスと言えば、女子のリレーで、ジャマイカの追い上げを焦ったアメリカ選手が、
タイミング的に早く走り出し過ぎて、バトンが上手く受け取れず、銅メダルに終わる波乱が。
 数日前には、アリソン・フェリックス選手が200m決勝の最中に故障・棄権というトラブルに
茫然自失だったばかり。アメリカは、大会前のドーピング問題もありましたし、
今一つパッとしなかったですね。

 次回2015年は中国の北京大会と、またまたアジアでの開催の模様。
リオ五輪の前年でもあり、熱い戦いになること間違いなし。
関連記事

テーマ : 世界陸上 - ジャンル : スポーツ

【追記あり】ライブ2題・その1-李 源冀サクソフォンコンサート@ヤマハミュージック 池袋店








 昨日の夏休み9日目、最終日。首を長くして待っていた休みも、とうとうおしまいに。。(+_+)

 朝は、上京時に恒例となりつつある皇居ランへ。
6時前にスタートした時には、ちょうど朝日が昇りかけたところ。
2周走り終えた時には、すっかり汗だくでした。(;´д`)
しかし、タイムはこれまでで一番良かったかも。(^_^;)
坐骨神経痛を心配して、もっとゆっくり走ったつもりだったのになぁ。
お盆休みの方々が多かったのか、ランナーの数は意外にまばらでした。

 チェックアウトまでかなり余裕があったので、シャワーして朝食取ってゆっくりと。
チェックアウト後は、東京駅に向かい、コインロッカーで荷物を預けた後、
隣接の郵便局のビル・KITTEへ。がしかし、ショップ関係は11時オープンと知り、
覗くのはまたの機会として、池袋へ移動。
 まずは、改装オープン後、大好評というサンシャイン水族館へ。
夏休みの親子連れをぬうようにして、様々見学。(^_^;)
イワシの回遊・エイが悠々と泳ぐ姿や、ラッコやアザラシにペンギンらの愛くるしい姿
等などを楽しみました。(^_^)

 そして、午後はこの日の最大の目的・ヤマハ 池袋店であったニューヨーク在住の
Sax奏者・李 源冀(Wonki Lee)さんのインストア・コンサートへ。
名古屋店のステージに何となく似てますが、ちゃんとグランドピアノが置かれてました!
 李さんとは確か5~6年前、ニューヨークから帰国されていた時、たまたまドルチェ楽器
東京店に私がお邪魔した際に、偶然Saxブースでご一緒してお話する機会がありました。
その後、浜松のアカデミーに参加された時は、残念ながら体調が悪くて聴講に
行けなかったのですが、2010年にベルギーで開催されたアドルフ・サックス国際コンクールでは、
見事セミ・ファイナルまで進まれたのを知り、いつか演奏を聴くチャンスがあればなぁと
思っていました。
 ここ数年来利用しているfacebookのお陰で、李さんがいらっしゃることが判り、
昨日のこの件もfbのお陰。直前に知ったのですが、せっかくのチャンス!、慌てて名古屋に戻る
新幹線の予約時間を1時間繰り下げました。

 詳細は、終演後に聴きに来ていると知ったSax吹き仲間・kuriさんが、ご自身のブログ
既にアップされてたりします。(^_^;)
プログラムは45分間とは言え、オリジナル曲のみと中々硬派。
演奏は選曲もさることながら、硬軟合わせ持ち、24歳という李さんの若さを全く感じない、
落ち着きが。そして、終演後にセッティングを伺ったところ、ヤマハの875EX・セルマーの170の
マウスピース・ハリソン(確か)のリガチャー・3半のリードという、至ってノーマルなもの。
しかし、今までに余り聴いたことがない、暖かく厚みのある何処か懐かしさを合わせ持った
独特の音に物凄く惹かれました。

 kuriさんの他にも、東京芸大の学生さんら、1Fフロアに多数の方々が集結。
終演後は、順々に李さんにご挨拶。本当に久しぶりにお会い出来ました~。(^o^)
またいつか、本格的なリサイタルを是非ぜひ聴いてみたいです♪

 お店を出た後、kuriさんと池袋駅に向かい、改札口で別れた後、大急ぎで東京駅へ。
予定通りの新幹線に乗車して、帰途に付きました。
名古屋駅に降り立った瞬間、べとついた空気に閉口しましたが。(;´д`)


 長いようで短かった夏休み日記は、これで終わり。また日常がやってきます。。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

【追記あり】真夏の本番終了♪ご来場ありがとうございました!







 昨日の夏休み8日目。

 この休みの最大の山場、第26回サクソフォン発表会が終了しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!m(__)m

 今年は選曲に迷って、最終的に決めたのが4月に入ってからと遅く、練習が足りなかったのが、
そのまま出た形に。(T_T)このレベルの曲なら、やはり2月から練習すべきでした。
全く甘かったのは反省。。
あ、もちろん國末先生の演奏は、真横で聴いてても、もう抜群でした♪(^o^)
私のミスを、きちんと拾ってフォローいただき、もう本当本当に申し訳なかったです。(∧)

 他のメンバーも、半年から1年掛けて練習してきた成果を披露。
今年の会場は、小金井市民交流センター 大ホール。まだオープンして、2年しか経ってないとか。
素晴らしいホールの響きを、演奏する側も堪能出来たのでは?
最後の須川先生の演奏に、一同うっとり。作曲家・狭間 美帆さんのガーシュイン作品を
モチーフにしたメドレー作品は、非常に楽しめました♪
終演後、揃っての記念撮影。そして、17時半頃には打ち上げがスタートし、20時過ぎには解散に。

 来年は、8/16(土)午後から川口リリアでの開催が既に決まっております。
また参加出来ると思いますが、春までにはお知らせ出来るかなと。
参加者の皆様、今年もお疲れ様でした~♪(^.^)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

【8/1更新】本番出演情報-8/17(土)第26回サクソフォン発表会

発表会2013
 いよいよ間近に迫ってきた、本番のお知らせです。しばらく2番目の記事としてUPします。

 レッスンでお世話になっている國末先生と、今年もDuoでの演奏です。
「A・ベルノー/ソプラノ・サクソフォンとバリトン・サクソフォンのためのソナタより 第1・3楽章」
他、多数のSax仲間の皆さんが演奏予定です。今年は、小金井市での開催になりました。
入場無料となりますので、多数のご来場をお待ちしております♪

                第26回サクソフォン発表会
       *日時:2013年8月17日(土)14:00開演 
       *会場:東京・小金井市民交流センター 大ホール
       *スペシャルゲスト:須川 展也・小柳 美奈子
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

6年ぶりに








 昨日の夏休み7日目。

 朝から新幹線で上京し、楽器の調整→本番前の最終レッスン兼合わせが終了。

 そして、夜は原宿の隠れ家的ビストロで、勤務先で東京時代の最後に所属した
部署の同僚だったパスピエさん&K原さんと夕食を食べに行きました。
パスピエさんは2年ぶりでしたが、K原さんは引っ越して以来の再会!(^o^)
たった半年間の所属でしたが、今の所属部署より余程印象深いんですけどね。(~_~)

 ここには書けないあんな話やこんな話で大盛り上がりし、気が付けば日付が
変わりそうになってました。(^^;
関連記事

テーマ : 息抜き - ジャンル : 就職・お仕事

TVで甲子園球場に鳴り響くサイレンを聞きながら

いよいよ、長期休暇も終盤に差し掛かってきました。

昨日の夏休み6日目。
9時半にえぬ夫の実家を車で出発し、大阪→奈良→三重ルートで一路名古屋へ。
上り方面は予想外に空いていて、東名阪道 亀山JCT辺りで四日市IC〜鈴鹿IC間の事故渋滞の
影響からやや渋滞していた以外は恐ろしく順調に進み、昼休憩込み6時間弱で帰宅しました~。(^.^)

その間、助手席に座ってるだけの私は、TVで高校野球の第1~4試合の途中までを観戦。
こんな時しか、ゆっくり観られないかも。(^_^;)
ご存じの通り、地元代表・石見智翠館は、えぬ夫地元・西脇工の好投手の前に敗戦。
初出場とはいえ、流石は兵庫県代表、侮れません。(-_-)
昨日の試合は強豪校同士の対戦ばかりで接戦が続き、中々見応えありました!
実は、昨日利用した阪神高速5号湾岸線から、甲子園球場が見えるんです。
浜風の影響が云々とよく言われますが、確かに海が近いんですよね。

途中、正午を前に試合は中断。鳴り響くサイレンと共に、黙祷。(∧)
日本で終戦記念日と呼ばれるこの日、310万人もの犠牲者を出した戦争が終わった日。
戦地だけではなく、沖縄や本土で、こんなに多数の方々が亡くなりました。
未だに日本の土を踏めぬまま、戦地の土地や海底に沈んだままの方々も。

母方の祖父は、終戦前に運良く中国から帰国出来たと聞いています。
だからこそ、私は今こうやって生きていられる。
しかし、祖父からは当時の話を聞くことはありませんでした。
私が社会人になって直ぐから認知症の症状が出始め、約10年間の闘病生活の後、
約10年前に亡くなりました。機会を作って、話を聞いておきたかったなと後悔しています。
祖父には、余りに過酷で辛い体験だったのかもしれないとも思いますが。

先人達の様々な苦労・犠牲・激闘の上に成り立っていることを、決して忘れてはいけないと
改めて思います。
関連記事

テーマ : やってみたこと、感じたこと、思ったこと。 - ジャンル : 日記

陸上 世界選手権 前半戦終了

世界陸上の前半戦が終了。
疲れていつの間にか眠り込んだりと、夜中の観戦が叶わず、見逃した注目のレースが
多数ありました。 (T_T)

男子100m決勝では、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が、2大会ぶりに金メダル!(^o^)
前回大会は、フライングで失格という衝撃的な結末でしたが、ロンドン五輪に続く偉業を達成。
後半、200mや4×100mリレーも楽しみ!

そして、女子棒高跳びではエリーナ・イシンバエワ選手がシーズンベストの4m89で金メダル!(^o^)
世界新記録を連発してきたイシンバエワ選手も、今や31歳。
自身の体力的な衰えや、他国の若手選手の追い上げで、ここ数年は苦戦続きでした。
しかし、今回は地元の大会な上に大会のアイコン的な存在であり、金メダル獲得が必須の
重大なプレッシャーの中、価値あるメダルでしょう。

日本人選手としては、男子ハンマー投げ決勝では、室伏 広治選手がシーズンベストの
78mで6位入賞。38歳にして、まだまだ現役続行宣言。鉄人と呼ばれた父・重信氏の
現役時代を知ってるだけに、彷彿とさせるオーラーが更に増してきました。
男子棒高跳びでは、中京大の山本 聖途選手が自己ベストで6位入賞!
調子によっては、メダルも行けたかもとのこと。
男子20km競歩では、メダルが期待された鈴木 雄介選手は残念ながら12位でしたが、
東洋大の西塔 拓己選手が6位入賞!
400mハードルは、唯一準決勝に進んだ岸本 鷹幸選手でしたが、2組5位で予選敗退。
さらに、ハードルの飛び方に問題あったとのこで、最終的には失格に。

女子選手では、女子10000m決勝で新谷 仁美選手が30分56秒07の自己ベストで6位入賞!
日本新記録まで、あと8秒と迫る好記録でした。

後半戦、男女の200mやリレー種目に、男女槍投げや男子のマラソンと、まだまだ日本人選手の
結果が気になる種目がまだまだ続きますから、要チェックで。(^.^)
関連記事

テーマ : 世界陸上 - ジャンル : スポーツ

赤とんぼに囲まれて


夏休み5日目。長期休暇も、いよいよ折り返しに。

今日は、朝から恒例のえぬ夫親戚な皆様とのゴルフコンペへ。
場所は、姫路市から高速を使って、北へ30分ぐらいのゴルフ場でした。
えぬ夫実家辺りもそうですが、名古屋より遥かに涼しく、ゴルフ場は標高が高いせいか、
更に涼しかったです!湿度が低かったのもありますが、日陰は良い風が吹いてました。
日なたは、もちろん日焼け止め必須な状態。(+_+) 汗を拭き拭き、スポーツドリンクを
常時飲みながらのプレーでした。スコアは、何時もの如くヒミツということで。(^_^;)

ラウンド中、沢山の赤とんぼが飛びかってました。
考えたら、今日はお盆の中日。毎年、このコンペに参加して、赤とんぼを見掛けると、
次の季節が確実にやって来るんだなぁと感じてしまいます。
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

20分間だけのさくら号




夏休み4日目。

流石に前日の深夜帰りが祟って、朝は寝坊気味に起床。(^_^;)
昼前から、島根半島にある本家にお邪魔し、年末に生まれた本家待望の男の子と対面!(^o^)
まだ8ヶ月ながら、人見知りせず、好奇心旺盛。何でも口に入れようとして、目が離せないし。(+_+)
上の2人の姉妹も、可愛く成長してました~。(^.^)従妹も、すっかり3人のママです。

4日間の実家滞在を終え、昼過ぎにえぬ夫実家へ向かいました。
今回は地元の知人に会う時間が無く、毎年参加してきた高校の部活のOB会には不参加等と、
あと少し時間があればなーといつも思います。地元の皆さん、またお会いしましょう!(^o^)

特急やくも号で岡山駅へ、そして岡山駅から姫路駅までは新幹線。
と言うことで、いつもは中々乗れないさくら号を予約しちゃいました!(^^)v
JR西日本の車両なので、終点は新大阪駅。残念ながら、名古屋までは乗れないですからね~。
車内は木目調の落ち着いた雰囲気、座席シートの色も茶系で統一。
もっと乗っておきたかったですが、姫路駅まではたったの20分なのです。(T_T)
たまたま先頭の8号車だったので、下車してから写真を撮っちゃいました。
車内は、ほぼ満席。岡山駅構内もそうでしたが、思ったより人出が多かった気がします。

姫路駅から在来線に乗り換え、えぬ夫実家に辿り着きました。
残念ながら、今回もえぬ夫・お兄さんとは入れ違いだった様子。
明日は、またまた親戚な皆様とゴルフコンペですが、うっかり?練習しに行っておらず、
いやはやホントに大丈夫かしらん。。(^_^;)
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

28年目の8.12の日に










昨日の夏休み3日目。

朝から、久々にランニング。最近、仕事や天気の具合でタイミング悪く、全く走れてません。
思ったよりは涼しかったけど、やはり8時以降に走るものではないですね。(+_+)
汗だくになりながら、終了。

朝食を食べてから、今週末に迫った発表会の練習をしたり、TVで高校野球を観たり、
夕方からは母方の本家へお墓参りに行ってきまし。
従弟の長男くんは今年中2になりましたが、すっかり身長が伸びててビックリ。
ぼちぼち進路の事を考える時期に差し掛かっており、悩み相談室の如く話を聞いてました。(^_^;)

夜は、家族4人揃って市内のお店へ。妹との予定の都合で、全員が一緒になったのは本当に久々。
昔、蓬莱荘という旅館だった建物を、日本料理店「庭園料亭 蓬莱吉日庵」として改装して造られた、
雰囲気の良いお店でした。
なんたって白洲の庭があり、夜はライトアップされる雰囲気の良さ!
隣接したイタリアンのお店や、Cafe&Jazz Bar 「常乃家」もあり、妹とバーの方へ行った後、
facebook繋がりでお知り合いになったやきとり大吉 学園通り南店へ。
たまたま居合わせたお客さんが、共通の知り合いがいたりと話が大盛り上がり、
結局気が付けば25時を回ってしまいました。(^_^;)


昨日は、日航ジャンボ機墜落事故から28年目。
当時、ニュースで事故を目の当たりにしただけに、毎年この日は様々な思いが交錯します。
こんなページを発見し、ダブルで悲惨な事故だったことを今更知ってしまいました。。(゚o゚;;

その3日前は、68回目の長崎の原爆の日。
田上長崎市長の力強い平和宣言は、真に迫る迫力がありました。
先週、TBS報道ドラマ「生きろ」では、第二次大戦の沖縄戦の時期に、当時沖縄県知事だった
島田 叡氏の壮絶な物語を初めて知りました。

何事も無く、日常生活を皆で過ごせる有り難みを、改めて実感する次第です。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

【追記あり】第54回吹奏楽コンクール 島根県大会 中学校Aの部 母校・松江一中 吹奏楽部 4回目の中国大会出場決定!







昨日になりますが、夏休み2日目。 ナント、5時前に起きて、実家を6時前に出発。(^_^;)
ちょうど、朝日が昇ってくるところでした。
綺麗な夕日を見ることはあっても、こんな朝日は中々見ることはないかなと。

前日に続いてJR松江駅から電車に乗車し、再び益田市内の島根芸術文化センター内の
いわみ芸術劇場 大ホールへ。
吹奏楽コンクール 島根県大会 益田会場開催の、2日目を聴いてきました。
調べたら、前回中学校Aの部を聴いたのが、2008年ともう5年前になるんですね。※こちらから。
2004年に高校Aの部を聴いたようなので、県大会には4~5年に1回行ってるみたいです。(^_^;)
ただ、これまでは実家から近い島根県民会館の開催の時に行くだけでしたが、益田市に約8年前に
出来たこのホールに、是非行ってみたかったというのがあります。
あと、中学校Aの部と一般の部が同時にあり、久々に松江ウインドオーケストラが出場すると知って、
学生時代の同級生や後輩達が参加するのを聴きたかったということもあります。

中学校Aの部は、一昨日の前半は17校・昨日の後半は10校の演奏でした。
学生時代の多数の先輩方・後輩達の指揮ぶりを、久々に見させていただいた次第。
facebook繋がりで様子を知り、今回久々の再会出来た後輩達も。(^^)

母校の松江一中は、ナント後半の一番最後という、いわゆる2日間を通じて大トリという出演順。
今年から顧問の先生が私の大学の4つ上の先輩から、8つぐらい下の後輩に替わったばかり。
どんな演奏になるのかと、楽しみにしていました。
課題曲冒頭から、明るくて統一感のあるトゥッティのサウンド、アーティキュレーションも
楽譜通りきちんと表現されており、ソロ的な部分も音楽的な表現は素晴らしく。
自由曲に入ってもそれは変わらず、トゥッティの部分ではハッと惹き付けられるような鳥肌モノの
サウンドも!OGという立場を抜きにして、もしかしてこれは金賞だけじゃなく、
県代表になれるのでは?!と思ったり。いやいや、しかしそれまで演奏した学校にどのような
点数が出てるかによるので、難しいかもとも思ったり。
後輩に当たるSaxセクション、充実した音で感心しちゃいました〜!
演奏後、後輩達の記念写真を撮影する現場を訪れ、充実した様子を確認。
その足で、CDを注文しちゃいました。

そして、結果発表。蓋を開けたら、ナント2年ぶり4回目の県代表に選ばれました!\(^o^)/
ホント、意外過ぎてビックリしました。(^_^;)
写真の新聞記事は、昨年のものが見本として偶然掲示されていたのを写しちゃったんですが、
今年は県代表という言葉が追加されたはず。(^^)
一般の部は、松江ウインドアンサンブルと、大田オケーショナルブラスの2団体のみを聴き、
帰りの電車の時間の関係で会場を後にしたのですが、その前に松江ウインドアンサンブルの
松江一中OBOGの同級生・後輩のメンバーに再会、後輩達の結果を喜び合いました。(^o^)

遠路2日間出掛けて行くのは大変でしたが、後輩達の演奏を聴き、県代表入りの結果まで
知ることが出来て、ホント良かったです!(^_^)
全体的な感想としては、5年前の記事を見てビックリしたのですが、当時とあまり大差が無いように
感じました。但し、指導者側の世代交代がまた一段進んだのと、各校の生徒数の減少というのも
また進んでるのかなと。定員55名フルメンバーで参加した学校って、殆ど無かったのでは?

中学校Aの部の結果発表前に、出雲一中の特別演奏を聴きました。
この学校が吹奏楽コンクールに初出場したのが、ナント1959年!
以後、全国大会出場43回・うち金賞受賞20回という、恐らく全国何処を探しても、
これだけの歴史を持ってる学校は無いでしょう。
島根県の中学校は、この学校を頂点として、発展してきたと言っても過言ではないのです。
だからこそ、顧問になるのは相当なプレッシャーな筈。
小西 慶一先生は、着任されてもう7年経つんじゃないでしょうか。
3曲中、曲によってはちょっとした小芝居あり、途中から1年生も参加しての演奏あり、
最後は会場全体で「翼をください」を合唱して終了。
最近、定期的な演奏会を開催する学校が増えているようですが、何処も演奏だけでなく、
踊りや合唱を交えたスタイルが殆どのようです。
最後に歌いながら、自分が吹奏楽を始めた約35年前と変わったところ・変わらないところ、
色々感じるものがありました。

結果発表後、中学生の皆さんは殆ど帰宅してしまいましたが、泣きながら会場を出ていくコ達が殆ど。
頑張ったひと夏、後々の思い出や経験になって行くことを、きっと知ることになるでしょう。

今回、初めてグラントワの大ホールで聴きましたが、ステージ上の音が誤魔化しなくダイレクトに
聴こえて来るので、個人の技量が丸わかりとなる、恐ろしいホールだなと思いました。(・_・;

以下、県代表について追記します。
○中学校Aの部
・出雲市立河南中学校 指揮・吉田 健司
課題曲Ⅳ/鈴木 英史「大いなる約束の大地〜チンギス・ハーン」
・出雲市立平田中学校 指揮・古川 慎治(最優秀)
課題曲Ⅳ/保科 洋「復興」
・出雲市立第二中学校 指揮・坂本 和人
課題曲Ⅳ/ヤン・ヴァンデルロースト 交響詩「モンタニャールの詩」
・松江市立第一中学校 指揮・渡部 祐介
課題曲Ⅳ/エメリック・カールマン(鈴木 英史) 喜歌劇「伯爵夫人 マリッア」セレクション

☆特別演奏
・出雲市立第一中学校 指揮・小西 慶一
マルコム・アーノルド(瀬尾 宗利) 「交響曲第5番」より 第2,4楽章
マイケル・ジアッキーノ(星出 尚志) 「Mr.インクレディブル」
クロード-ミシェル シェーンベルク ミュージカル「レ・ミゼラブル」より
山上 美智子・村井 邦彦(宮川 彬良) 「翼をください〜バンドと合唱のための〜」

※全部門の結果は、こちらから。
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

陸上 世界選手権 福士 佳代子選手 銅メダル☆

日本女子マラソン界、待望のメダル獲得!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

昨日から、ロシアのモスクワで世界陸上が開幕しました。
日本時間19時から、最初の決勝種目の女子マラソンがスタート。
気温30度・湿度48%という、マラソンには適さない環境の中で、アフリカ勢を押し退けて、
2時間27分45秒福士 佳代子選手が銅メダルに!\(^o^)/
木崎 良子選手が、4分差で4位入賞!!\(^o^)/\(^o^)/
野口 みずき選手は、日本陸連の宗 猛氏が判断して、棄権となったんだとか。
診察の結果は、軽い熱中症。完全復活を期しての今大会、残念でした。
女子マラソンは、去年のロンドン五輪は惨敗と散々言われただけに、嬉しい結果です。(^.^)

悪コンディションの為、他にも棄権する選手が続出、ベスト10にアフリカ勢は金メダルだった
ケニアのキプラガド選手のみという、ある意味波乱の展開だったと言って良いのでは?
銀メダルは、イタリアのストラーネオ選手。
昨年のロンドン五輪では、粘りの走りで8位入賞だったのをよく覚えてます。

そして、男子100m予選はリアルタイムで観戦。
2組目の桐生 祥秀選手は、17歳という若さにセンセーショナルという言葉で紹介されました。
結果は、2組の4位で10秒30。
組の上位3人に入れず、全7組上位3人以外から上位3人にも加われず、予選敗退に。
TBS以外の海外メディアから、インタビューに呼び止められ、もちろん通訳無しで
身振り手振りで話している様子はやはり大物?!(~_~;)

7組で、ウサイン・ボルト選手と一緒になった山縣 亮太選手。
ユニバーシアードで銀メダルを獲得したとのことで、予選通過の期待が高まりました。
フライングによる再スタートがあった為か、慎重なレース運びに。
ボルト選手さえ、10秒07。山縣選手は、右隣のユニバーシアードで金メダルを獲得した
選手に抑えられて、僅かな差別で10秒21の4位。
タイムでも01秒差で拾われず、予選敗退に。インタビューでは、本当に悔しそうでした。
あとは、4×100mリレーで是非結果を!(^o^)

競技はまだ始まったばかり、日本選手の活躍に期待したいです!
関連記事

テーマ : 世界陸上 - ジャンル : スポーツ

Kimono Beauty@島根県立石見美術館











昨日は、勤務先を18時半に出て、最終電車で地元の松江市に帰り着いております!

そして、夏休み1日目。
朝から県西部の益田市にある、島根県芸術文化センターグラントワ内にある
いわみ芸術劇場で開催中の吹奏楽コンクール 島根県大会 中学校Aの部を聴きに行ってきました。
JR益田駅からは山口線に接続していますが、ご存じの通り先月末の豪雨で線路が押し流され、
復旧までに1年以上掛かるのではとのこと。已む無く、臨時のJRバスが出てました。
SLやまぐち号、子供の頃に乗ったことがあるだけに、復活すれば良いのですが。。

コンクールについては、まだ明日2日目があるので、また改めて。


昼休みの休憩時間帯、あまりお腹が減ってなかったので、せっかくの機会にと
石見美術館で開催中の「Kimono Beauty」展へ。HPを見て、この特別展を知りました。

ボストン美術館の所蔵コレクションで、江戸時代の豪華な着物が出品されていました。
こんな良いものが、海外に流れて行ったなんて。。
江戸~昭和初期に掛けての着物の材質・デザイン・流行の変遷等などを、西洋からの影響や
技術の変化を交えて展示されていて、中々興味深かったです。
平行して、美術館のコレクション展として、キモノ・ガールズ・コレクション&
ファッションを写すと題して、所蔵の和装姿の絵やポスターや雑誌の表紙に、
海外のファッション雑誌の写真なども展示されてました。
女性な皆様ならば、これを観ない手はないと思われますので、コンクールと合わせて
是非ご鑑賞を! (^.^)

グラントワは、開館してまだ10年に満たないようですが、地元の石州瓦を張り巡らした
圧巻の建物。デザインとして、本当に良く出来ていると思います。想像以上の美しさでした。

帰りの電車まであまりに時間があったので、休憩がてら益田駅前の老舗ライブハウス・マルフクへ。
Jazzプレイヤーの大御所な方々が多数ライブをされており、チラシや写真を見てるだけでも
楽しめました♪

電車に乗った頃に、ちょうど夕日が日本海に沈もうという、美しい風景に癒されました。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

東北楽天イーグルス 田中 将大投手 開幕16連勝達成!&夏の高校野球開幕

8~9年前、高校野球界を沸かせたエースも、早やプロ入り7年目。
東北楽天・田中 将大投手が、ナント開幕16連勝というプロ野球新記録を達成しました!(^o^)
しかも、昨シーズンから、20連勝って!!(((・・) 2011年は19勝し沢村賞まで受賞したものの、
2012年はケガで度々離脱して10勝しか出来ず、どうしたのかと心配しましたが、見事に復活。(^.^)
もちろん、キャプテンでキャッチャーの嶋 基宏選手のリードや、味方が打って守ってという、
チームとしての力も大きいとは思います。

楽天は、現在パ・リーグ首位を独走中。
球団創設初の優勝のチャンスだけに、シーズン終盤の戦いぶりが見物。
そして、マーくんの連勝記録が、何処まで伸ばせるか?!


甲子園では、昨日夏の高校野球が開幕。
優勝候補・大阪桐蔭が登場、今年のドラフト注目度No.1の森 友哉選手が2HR!等、
新潟の日本文理に対して10-2と圧勝。
仕事の昼休み中に、たまたま携帯ワンセグで観てましたが、圧倒的でした。
昨年のエース・藤浪 晋太郎投手は、地元・阪神で大活躍中ですが、後輩達もスゴい。
岐阜の大垣日大と愛知の愛工大名電は、初戦敗退に。接戦を落とす結果は、ちょっと残念でした。
地元・石見智翠館は、ナントえぬ夫の地元・西脇工と明後日対戦予定。
お盆中、えぬ夫実家に行きますが、結果によっては行きづらいなぁ。(^_^;)

話題になったのが、開会式当日にプロを引退したばかりの松井 秀喜氏の来場。
高校野球の為に甲子園に来たのが、高3時の伝説の5連続敬遠の試合以来とか。
今回、母校の星稜が出場していますが、改めて何を感じたんでしょうか。
関連記事

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル : スポーツ

誤報とはいえ

いよいよ明日から、長期休暇をスタートさせます!(^o^)がしかし、勤務先自体は通常通り。
担当の業務量が、昨年の同時期より何十倍と増えており、同じ業務をするメンバーが
2月・4月から異動や担当替えで始めたりと、日が浅いだけに、かなり心配な部分はありますが。

世間は、既に夏休みに入っている社会人な方々も多いのか、キャリーケースを 抱えて、
名古屋駅に向かう方々が増えてきました。

さて、昨日の夕方17時前、事務所にいた時、突然一斉に鳴り出した携帯電話の緊急地震速報!(@_@)
すわ、何事か?!と慌てるも、ちっとも揺れを感じず、あれ?おかしいなというビミョーな社内の空気。
TVでは、名古屋駅の様子をOA中でした。

夜のニュースで、気象庁な方々の平身低頭なお姿を確認しました。(^_^;)
ニュースで各地の混乱ぶりを報道していましたが、新幹線や電車が止まったり、保育所では子供達を
一ヶ所に集めたりと、騒然とした様子が。
誤報だなんて・・・と思いましたが、イザ何かあった時じゃ遅いですよね。
訓練の代わりだったと思えば良いのかもしれませんが、どう動かなきゃならないのか
改めて考えなきゃと思った次第です。
関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

68年目の8.6&ヤノベケンジ氏「サン・チャイルド」名古屋に登場






ずいぶん今日の名古屋は、久々に快晴の良い天気!(^o^)がしかし、歩くと本当に暑い!!(;´д`)
午前・午後と2度も外出して、中々辛かったです。(+_+)今日は、立秋なんですよね?

さて、昨日は広島の原爆の日。
折しも、アメリカから映画監督 オリバー・ストーン氏が来日し、広島・長崎・沖縄と、
太平洋戦争の軌跡を旅するとのこと。今後、映画として何か残すのでしょうか?
つい先日、朝日新聞朝刊記事には、慰問劇団の女優が、広島で被爆直後に亡くなる経過が
記載されたカルテが発見された記事を読みました。それは、壮絶な有り様。。
別な日の新聞記事には、ほんの僅かの被爆でも、遺伝子へ異常をきたした状態が、
何十年後かに白血病を発症し、苦しんでいる方々も多いという記事もありました。

広島カープの本拠地・マツダスタジアムで開催された試合では、被爆ニ世の歌手・吉川 晃司氏が
始球式に登場、途中の回の合間には被爆ピアノの伴奏で、ジョン・レノン「イマジン」を
熱唱する様子をニュースで観ました。実体験した語り部が高年齢化し、記憶の風化が恐れられる中、
我々次世代が何を受け止めれば良いのか、改めて考えさせられます。

同じく昨日、名古屋市内中心部にある愛知芸術文化センター 地下2Fのアトリウムには、
あいちトリエンナーレ2013に出品されたヤノベケンジ氏「サン・チャイルド」の
設営が始まったと今朝の朝日新聞 朝刊一面に掲載されており、仕事の合間に
早速観てきました。
今回のトリエンナーレは、東日本大震災や福島第一原発の事故を意識した作品が非常に多く、
「サン・チャイルド」はその象徴と言って良いかなと。
この作品は、震災直後から未来への明るい希望を持つ為にと、製作されたとのこと。

ヤノベケンジ氏は、20年も前から核や原発にまつわる事象に関する問題提起的作品を多数製作する
アーティスト。2009年、豊田市美術館で開催されたウルトラ展では、チェルノブイリ原発事故後に
廃墟となった街を訪れた経験を元に、製作された作品群が並びました。
しかしその2年後に、まさか国内で同じような最悪の事故が起こるとは。。。(・・;)
5月に、ヤノベ氏がご登場し開催されたあいちトリエンナーレスクールには絶対行こうと思ってたのに、
残念ながら都合で参加出来なかったのですが、非常に優れたレポを発見したので、これは必見!
こちらから。

ここ数ヵ月、憲法改正にまつわる話や、全て止まっている国内の原発に関する話題が、ニュースで絶える
ことはありません。先月、国政選挙が終わりましたが、その行方について、関心は持ち続けたいものです。
関連記事

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

ゲリラ豪雨

昨日の休みは、週末からの長期休暇前の最後の休みということで、外出した最後の行き先として、
名古屋駅前のJR名古屋高島屋でお土産を買いに行きました。
名鉄百貨店や栄の名古屋三越もありますが、結局は何故か高島屋になっちゃいますね。

閉店ギリギリまでいたので、仕事帰りのえぬ夫に迎えに来てもらいましたが、
雨がポツポツと降り出しました。お土産が濡れちゃうからと急いで積み込み、
助手席に乗った瞬間、待ってたかのようにバケツをひっくり返したような勢いに!(@_@)
周囲の道路が、あっという間に雨水で溢れ出しそうな勢い。
しかし、東へ少し離れるとパタリと様子が変わり、道路さえ濡れていない状況。

やれやれと帰宅しましたが、そのうちに名古屋市の東端の自宅周辺も降り出し、
夜中近くには雷がピカピカと!(+_+)
但し、光って随分たってから鳴り出すので、近くはないなと感じてました。
facebookやTwitterでは、近隣のお知り合いな皆さんからの雨に関するつぶやきが多数。

一夜明けて、今朝のローカルニュースで、70mmの雨が観測されたとの報道がありました。
名古屋市内近郊のエリアで、床上・床下浸水もあったとのこと。
出勤時は雨が降り続いており、JRや名鉄電車は遅れてるし、今日の外出仕事は
ゲリラ豪雨をも覚悟しましたが、午後から出掛けた岡崎市内は良い天気に♪
何だか拍子抜け。(~_~;)夕方、名古屋市内に戻ったら、やはり晴れてました。


先月末は、地元・島根県西部から山口県東部の山間部がゲリラ豪雨に襲われ、
甚大な被害に国の激甚災害の指定を受ける見込みとか。
津和野・萩という、日本有数の観光地が巻き込まれてしまっただけに、観光への影響が
非常に心配です。
他にも、各地でゲリラ豪雨が多発し、大変な被害が頻発しています。
まるで、亜熱帯化したかのよう。
街のインフラ自体が、当然このような気候を想定しておらず、ある一定のキャパを
越えた時には、手の施しようがない状況に。
保水力の落ちた山間部は、土砂崩れ等など被害が多数。道路が塞がれたり、
生活している方々には死活問題だったりしますし。

夏はまだまだ続きますが、不測の事態に備えねばと思います。(+_+)
皆様も、どうかお気を付け下さい!
関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

水泳 世界選手権 男子400m個人メドレー 瀬戸 大也選手 金メダル☆

今日は、土日連続して週末出勤した分の唯一の休み。
今週末から長期休暇に入り、他メンバーの休みや業務量を考えると、今週の平日は1日しか休めなさそうなんです。


そんな訳で、昨夜は深夜に世界水泳 最終日を観戦しようと待ち構えていましたが、
同じテレビ朝日系で全英リコー女子オープン 最終日を生中継しており、その後のOAに。
お陰で、肝心な男子400m個人メドレー 決勝の直前にTVの前で眠り込んでしまい、
ハッと気が付いたらとっくに終わってました。(゜ロ゜)大ショック。。(T_T)

結果、瀬戸 大也選手が金メダル!\(^o^)/ 荻野 公介選手が5位入賞!!
2人は、同じ1994年生まれの19歳。
この種目でロンドン五輪の代表を争い、瀬戸選手は五輪標準記録を突破しながら、
3位だった為に涙を飲む羽目に。
荻野選手がロンドン五輪で銅メダルを獲得、一躍注目の人となったのとは対照的でした。
今大会、注目の的となったのは、やはり複数種目にエントリーした荻野選手の方。
しかし、瀬戸選手も国体・世界短水路選手権と確実に優勝を重ねて、秘するものが
あったんだと思います。男子200m個人メドレーでは7位に終わったものの、
最後の最後での金メダル!(^o^) 正に、快泳というところでした。
松岡 修造氏のインタビューでは、父親からLINEで励ましのメッセージが届いた
というのが、何かイマドキな感じが。(~_~)
表彰式は観たのですが、日の丸を見ながら嬉しそうに君が代を歌っていた姿が印象的でした。

そして、サブプールでは男子400m個人メドレーの様子を観ていた男女メドレー
リレーのメンバー。入江 陵介選手は、結果を観て泣いてる様子が。
入江選手は、ロンドン五輪で銅メダルを獲得した本命の男子200m背泳ぎで4位に終わり、
「今は、リオ(五輪)を考えられない。」と号泣したとか。
肩を痛め、コーチとも意見が合わず、追い詰められていたんでしょう。
この様子は反響を呼び、ニュースでも大きく取り上げられました。
男子400mメドレーリレーは、当初4位だったものの、アメリカが引き継ぎの
フライングミスで失格となり、繰り上げで銅メダル!\(^o^)/\(^o^)/
松岡 修造氏のインタビューでは、入江選手は晴れやかな笑顔が。(^_^)
北島 康介選手からは、ホッとした様子が伺えました。
年齢を考えたら、今後の進退が気になります。
金メダルは、フランスが繰り上げで10年ぶりに獲得。長くアメリカの後塵を拝しており、
正に悲願というところ。

女子400mメドレーリレーは、予選よりはタイムを上げたものの、残念ながら5位に。

ベテラン&若手共に、見せ場があった今大会。
次世代の勢い&ベテランの奮起と、新旧両方を楽しみにました!


さて、今週末は陸上の世界選手権@モスクワが開幕。
こちらも見所満載なので、まだまだ長い夜が続きそうな。
関連記事

テーマ : 水泳 - ジャンル : スポーツ

高校総体 陸上短距離 桐生 祥秀選手3冠達成!

北九州地方で開催中の、今年の高校総体。
一昨年から、単独の都道府県での開催ではなくなったことを、初めて知りました。(^_^;)

全国ニュースになるのは、やはりこの選手!
京都・洛南高の桐生 祥秀選手が、規格外の走りで他選手を圧倒!
男子100m・200m・4×100mリレーで優勝し、3冠を達成!!
特に、リレーではアンカーとして登場、7番手から6人抜きでの優勝。
明らかに、他選手との走りの違いが、素人目にも解る程でした。
唖然とするしかないとは、このことかも。(゜ロ゜)

いよいよ今週末からは、モスクワで世界選手権が始まりますが、どんな結果がでるのか、
ホントに楽しみになってきました~。(^.^)
関連記事

テーマ : 陸上競技 - ジャンル : スポーツ

世界水泳 男子200m個人メドレー 萩野 公介選手銀メダル!

水泳の世界選手権の競泳競技も、5日目に突入。

日本時間の深夜、今大会最大の山場対決・男子200m個人メドレー決勝を観戦。
何と言っても、アメリカのロクテ選手vs萩野 公介選手&瀬戸 大也選手との直接対決。
ロクテ選手は、400m個人メドレーはエントリーせず、200mのみに絞ってきたとのこと。
結果、驚異の爆発力でロクテ選手の圧勝!萩野選手は、最後の自由形で追い上げて
銀メダル!\(^o^)/日本人が、メドレー種目でメダルを取ったのは史上初。
インタビューでは、タイムが悪いと淡々と語ってました。瀬戸選手は7位入賞。
複数種目での金メダルは、ロンドン五輪で引退したアメリカのフェルプス選手が、
五輪&世界選手権の金メダル44個!と驚異的な強さを見せてました。
その次を担うのは、ロクテ選手か?萩野選手か?!まだまだ楽しみな対決は続きます。

女子50m背泳ぎ決勝では、寺川 綾選手がタッチの差で惜しくも銅メダル。
金メダルを狙ってただけに、インタビューでは少し悔しそうな表情も。
いえいえ、メダル2個獲得は素晴らしいです☆

今夜は、男子200m平泳ぎ決勝があるなど、まだまだ眠れない夜が続きそうです。(^_^;)
関連記事

テーマ : 水泳 - ジャンル : スポーツ

夏の高校野球 代表校決定

今日から8月。
にもかかわらず、まだ梅雨明けしていない不安定な地域が多数あり、大変気掛かりです。
今日は、先週末の仕事分の振替休みでした。朝から雨だったのに、昼前から急に晴れてきて、
綺麗な夕焼けも見えた名古屋市内です。


さて、あと1週間余りで開幕する夏の甲子園。
昨日、愛知県・宮城県大会が終了し、全代表校が出揃いました。
実は、7/21(日)愛知県大会初日は仕事だったのですが、出勤途中や外出中に多数の
高校球児の皆さんとすれ違いました。
愛知県は5会場に分かれて予選を戦っていますが、今年は5年に1度だけ全校が集まる
開会式が瑞穂区の瑞穂運動競技場で開催されたと翌日の新聞で知りました。

昨日の決勝で、愛知工大名電が春のセンバツに続いて出場決定。
意外にも、夏はまだ11回目というのが、流石は激戦区。
吹奏楽部は、吹奏楽コンクール 全国大会3年連続出場の翌年に当たり、コンクールそのものに
参加出来ないので、春と同様に全部員での甲子園入りとなるんでしょうね。
決勝で負けた愛知黎明は、聞いたことがない名前だななと思ったら、弥富が春から
改名したと初めて知りました。何か、随分イメージが変わりますね。

愛知県は、私学4強と言われる名電・中京大中京・東邦・享栄を軸に、最近全国的に
知られてきた至学館や愛産大三河等に混じって、ベスト16・8に公立校が勝ち上がり、
ちょっとした話題になりました。明和辺り、センバツの21世紀枠で出場出来たら面白いのに。
全国的にも西東京・曰野や宮城県・柴田等、決勝で涙をのんだ公立校もあったり、
久々に公立校が頑張った年だったのかなと。
代表をずらっと並べれば、結局私立高が多いのですが。

初出場校が10校も、逆に20回以上出場している学校が激減してますね。

地元・島根県は、石見智翠館に決定。未だに、旧・江の川と言ってしまう世代ですが。(^_^;)
今年は、何処まで頑張って行けるか?!いつか、地元校が決勝を戦う姿が観てみたい
ものですが、残念ながら未だに果たせず。。

さて、今年はどんなドラマが待っているんでしょう?!
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP