プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

演奏会のご案内(2012年11月)

♪2012年11月
♯2012年11月3日(土・祝)14:00開演
  大阪・大阪市 ドルチェ・アーティストサロン大阪
  トゥジュールサロンコンサート いつもサックス!!2012・・・終了★
      11月11日(日)14:00開演
  東京・新宿区 アーティストサロンDolce東京
  トゥジュールサロンコンサート いつもサックス!!東京2012・・・終了★

♯2012年11月10日(土)13:00開演
  東京・練馬区 練馬文化センター 小ホール
  エスポワール・サクソフォン・オーケストラ 第11回定期演奏会・・・終了★

♯2012年11月14日(水)19:00開演
  東京・渋谷区 古賀 政男音楽博物館 けやきホール
  持田 崇 Saxophoneリサイタル・・・終了★

♯2012年11月22日(木)19:00開演
  富山・富山市民プラザ アンサンブルホール
  角口 圭都サクソフォンリサイタル・・・終了★

♯2012年11月23日(金・祝)14:00開演
  鳥取・倉吉市 倉吉未来中心大ホール
    11月25(日)15:00開演
  島根・松江市総合文化センター プラバホール
  第9回山陰の名手たちコンサート・・・終了★
  *大学の先輩・同期・後輩の皆さんが、多数出演予定です♪

♯2012年11月23日(金・祝)15:00開演
  東京・新宿区 石森管楽器B1 イヴェントホール
  LIFE-WORK 震災支援コンサートシリーズ Vol.6・・・終了★

♯2012年11月25日(日)15:00開演
  神奈川・川崎市 テアトロ・ジーリオ・ショウワ
  第23回昭和サクソフォーンオーケストラ 定期演奏会・・・終了★
  *お知り合いの専攻生の方々が、多数ご出演です♪

♯2012年11月28日(水)19:00開演
  東京・新宿区 ドルチェ楽器管楽器アヴェニュー アーティストサロンDolce
  山浦 雅也サクソフォーンサロンコンサート・・・coming soon!
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

訃報・吉田 功先生&森山 秀俊先生

本来なら、レッスン会の記事は昨日のうちに書くつもりだったのですが、
浜松から帰る途中、地元から突然の訃報が飛び込んできて呆然としてしまい、
昨夜は情報収集・交換で終わってしまったのでした。

島根県立大学短期大学部教授で島根県合唱連盟理事長の森山 秀俊先生が、
昨日急逝されました。
今年の冬に肝臓ガンの手術をされ、経過が思わしくなかったとのこと。
そして昨日、容態が急変したとか。

くしくも、一昨日・昨日と富山市では全日本合唱コンクールの大学・職場・一般の部が
開催され、森山先生が指導に当たられていた市民合唱団や職場合唱団のメンバーが
多数参加していたそうです。
コンクール終了後を待ってたかのように、メンバーに悲報がもたらされたとか。
個人的には、大学時代に一般教養の音楽の授業を受けただけで、大きく関わりは
ありませんでした。まだ58歳、これからというところだったかと思います。

そして、2週間前には、私の大学時代に教授職だった声楽家・吉田 功先生が
お亡くなりになりました。
大学時代の合唱の授業の演奏会で、バッハのマタイ受難曲&ヨハネ受難曲を
2年に1回交互に演奏していましたが、吉田先生の全面的なご指導の下、訳も解らず
という部分はありましたが、今思えば素晴らしい体験が出来ました。
演奏会では、素晴らしいエヴァンゲリストとしての歌声を聞かせていただきました。。
Cb副科の私が、チェンバロとVcと一緒にナント通奏低音を演奏しちゃったんです!

たったこのひと月で、知念先生・吉田先生・森山先生と、3人もの方々の黄泉の国への
旅立ちを知るのは本当に辛いです。。。
関連記事

テーマ : 合唱 - ジャンル : 音楽

國末先生 浜松レッスン会終了♪





週末の3連休最終日は、朝から浜松市教育文化会館まで遠征。
今年2回目の國末先生のレッスン会を開催しました。
先生の今週末は、愛知県豊川市(前日の信用金庫立てこもり事件で、一躍有名に。)→
兵庫県の淡路島→浜松市というかなりハードスケジュールの中の開催に。

今回の参加は、社会人メンバー&地元中高生の個人やグループレッスン計5組。
それぞれに課題を持って、アドバイスを受けました。

私は、来年1/6(日)の門下発表会に3年ぶりに参加を予定しており、久々のソロ本番に向けて
アメリカの作曲家 ベルナード・ハイデン「Diversion」を練習しています。
この作曲家のSaxの作品と言えば「ソナタ」が有名ですが、この曲は第2次大戦後に
作曲されたもの。
「Diversion」は、第2次大戦中にアメリカ軍の士気高揚の為に作曲されたようで、
日本人としてはかなーり複雑ではあるのですが。(+_+)
「ソナタ」よりは長くなく、この曲の良いところをギュッと凝縮したような、3部構成の曲。
私が大学3回生の時、ヤマハ八ヶ岳サクソフォンセミナーでアメリカのユージン・ルソー氏が
演奏されたのを聴き、こんなカッコいい曲いつかはやってみたい!と思っていました。
偶然、夏の発表会前に新宿のドルチェ楽器で楽譜を見つけ、これは運命だ!(大袈裟)と
練習することを決めたんです。(^^)
you tubeで探すと、アメリカの奏者の方々の映像が多数上がってきましたが、アメリカでは
演奏される機会が多いのでしょうか?日本国内では、演奏された話を聞いた記憶がありません。
レッスンでは様々にアドバイスいただいたので、残り1ヵ月で曲をより掘り下げた練習を
頑張りたいと思います♪

終了後は、今回レッスンに参加出来なかったメンバーも加わって、浜松駅近くのドイツビールの
お店「マインシュロス」で打ち上げ。先生の新幹線の時間まで、楽しく飲みました。(~_~)
写真の通り、建物の外はクリスマスのイルミネーションがホントに綺麗でした☆
國末先生、今回もありがとうございました~♪(^o^)

そうそう、先生がS・Saxを担当されているSaxカルテットのクワチュール・Bのリサイタルが
年明け早々にあるとのことで、チラシをいただいちゃいました。(^_^)
関連記事

テーマ : レッスン日記 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート グランプリシリーズ終了&ファイナリスト決定

フィギュアスケート グランプリシリーズ最終戦のNHK杯、残念ながら仕事等で
リアルタイムでTV観戦出来ませんでした。

唯一、昨夜の男子シングルスのハイライトを観戦。
羽生 結弦選手が前日のショートプログラムで世界歴代最高得点を叩き出し、
あの高橋 大輔選手に大差で首位に。
昨日は、4回転ジャンプを連発、後半は疲れからか転倒が続き、精細を欠いたものの、
フリーも首位で逃げ切り優勝!(^o^)若いだけに、会場が仙台のホームリンクというのが
精神的にまるで違ったでしょう。リンクの多数の後輩達や、地元ファンも味方になった
でしょうから。
高橋 大輔選手は、やはり苦手な4回転が課題でしょうか。
今季2戦共に2位、ファイナルでの巻き返しなるか?!

女子シングルスは、ショートプログラムでは浅田 真央選手が今季自己ベストを
マークしたものの、フリーではジャンプの失敗が続いて、辛うじて僅差で優勝。
ショートプログラム5位だった鈴木 明子選手が2位。
フリーは素晴らしかった!というネットでの書き込みを多数見掛けました。

グランプリシリーズ6戦の結果、男子4選手がファイナルへ。
羽生選手・高橋選手に加え小塚 崇彦選手、そして、町田 樹選手が初のファイナル進出!
一時は、織田 信成選手を含めて5人は行けるか?と話題になりましたが、
流石にそうも上手くは行かなかったようで。
前のフランス杯では無良 崇人選手が優勝し、世界選手権・四大陸選手権
それぞれ3枠の代表争いがますます楽しみなところ。

女子シングルスは、残念ながら浅田選手と鈴木選手のみがファイナル進出。
以前は、女子選手の選考に困る程のメンバーが揃ってました。
男子に比べて次の世代が中々伸びていないし、世代交代が上手くいくのかどうか
心配ですが、どーなんでしょう。。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

ライブ10題・その10-藤村 実穂子リサイタル@しらかわホール





今月も残り1週間。
カレンダー上は昨日から3連休ですが、私は今日だけ終日仕事。
昨日は昼過ぎから夜までバンドの練習、明日は浜松で國末先生のレッスン会の
予定と、何気に目一杯だったりして。(^_^;)

今日は待ち時間の長い仕事、合間に今月行ってきた最後の演奏会について書いちゃいます。

11/20(火)夜、勤務先を定時で退社するつもりが、翌日の仕事の準備で予想外の
ことがあり(+_+)、押せ押せで結局19時過ぎに事務所を飛び出し、急ぎしらかわホールへ。
世界的メゾソプラノ歌手・藤村 実穂子氏のリサイタルを聴きに行ってきました。

残念ながら、到着時には2曲目のマーラーの歌曲が始まってしまった後で、
写真の通りロビーで聴く羽目に。
しかし、その素晴らしさはモニター越しでも良くわかったので、後半がホントに楽しみに。

そして、後半のヴォルフとR・シュトラウスの歌曲。
これまでに聴いたことのないような美声&表現の豊かさ!
流石は、バイロイト音楽祭を始め、世界的なオペラハウスに出演されたり、世界的指揮者&
オーケストラと共演されてるだけはあります。
あの美声を、一度はオペラハウスで聴いてみたいと思ったのは、私だけではないでしょう。
嗚呼、やっぱ前半のシューベルトやマーラーも聴きたかった。。(T_T)
囁き、寄り添うようかのような伴奏も、本当に素敵でした

この日は気温が高めだったので、休憩中にビュツフェでハイネケンを飲んじゃいました。(^.^)
クリスマスツリーが飾られてて、少しだけ楽しい気分を満喫♪
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

プロ野球 MVP・新人王発表

ここ数日、プロ野球の各賞の発表が続いてます。

一昨日は、新人王が発表され、パ・リーグはロッテのドラフト位・益田 直也投手が、
セ・リーグは広島の今年のドラフト1位入団・野村 祐輔が噂通りの実力で文句無しの受賞。
特に、野村投手は来季巨人にドラフト1位入団がようやく?決まった 菅野 智之投手と共に、
昨季の大学野球界の顔でした。
順当に広島へ1位入団、先発ローテーションメンバーとして規程投球回数を越えての
久々の新人王受賞とか。打線の援護がなく、勝てない時もありましたが、
防御率は1点台はホント凄い記録。(((・・;)

共に、本当のチャレンジは来季でしょう。そして、先月のドラフト会議で指命された
選手達の中で、来季の新人王は出てくるでしょうか?

昨日は、プロ野球コンベンション2012が開催され、MVPが発表されました。
パ・リーグは日ハム 吉川光夫投手、セ・リーグは阿部 慎之介選手が捕手としては
古田 敦也氏以来、久々の受賞。
阿部選手は、巨人の主将で4番打者として打撃成績2冠を達成、今やプロ野球の
顔となる選手に成長。来春のWBCの主将に指名され、メンバーに内定しています。

昨年まで0勝と全く無名だった吉川投手、ニュースで聞いても誰?って感じでした。
実力がありながら真価を発揮出来ないところを、栗山新監督の「打たれても代えない」
という一言で、思い切りよく投げられるようになったからとか。

他、各タイトル部門の受賞式もありましたが、受賞挨拶で、来春のWBC関連の発言もあった様子。
メジャーリーガーが全員不参加となり、国内選手の編成になるようですが、投球陣を始めとして
良い選手が揃ってるはず。
最近は、サッカーの日本代表ばかりが話題になりますが、是非3連覇して欲しい!です。
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

ライブ10題・その8&9-2つのSaxのリサイタル

moblog_8e490ba4.jpg
moblog_466e08ad.jpg
moblog_1c25f280.jpg
moblog_9073ca2e.jpg
気がつけば、いよいよ今月も残り10日、今年もあと41日。。
さて、ようやく演奏会の記録も最後近くになってきました。(苦笑)

今月聴きに行ったSaxの演奏会が2つ。
まずは、11/2(金)夜に電気文化会館の主催公演として開催された須川先生のリサイタル。
須川先生のホールでのソロリサイタルを聴くのは、実は結構久しぶりかも。
残念ながらこの日も風邪のピーク、風邪薬の影響でかなーり眠かった。。(+_+)
なので、東京オペラシティの日本初演から、久々に聴いたグレックソンの協奏曲の記憶が
切れ切れなのが残念でしたー。嗚呼、ショック。。(T_T)

この日はホール会員の方々が多かったようで、Sax吹きばかりの客層とは違う反応が
反って面白かったり。特に、石川 亮太氏の日本民謡は、年配層に大ウケでした。(^.^)
アンコールは、思い付きでモンティのチャルダッシュをバリサクで演奏されたというのも、
滅多に聴けないのでは?(^o^)
終演後は、新譜「サクソマジック」に、しっかりサインをいただいて帰りました♪

そして、当日にも書きましたが、11/10(土)夜は三重県文化会館 小ホールで開催された
フランスのモーフィン・カルテットのリサイタルへ。
写真は、当日の記事と同じものを再度アップしております。
ひと昔前、同じコンクールで優勝した翌年、日本国内のツアーで我々を驚かせてくれた
ハバネラ・カルテットは当時30歳前後でしたが、全く引けを取らないかそれ以上。
何たって、ハバネラのメンバーの教え子世代ですもんね。
個人のテクニックだけではなく、アンサンブルとしての洗練度が段違いに素晴らしく、
表現の幅は広いし、まるで万華鏡を見てるかのよう。
いやはや、20代前半の若手奏者とは思えない。。(((・・;)

ハイドンやメンデルスゾーンにドビュッシーのようなクラシックアレンジや、
グラズノフのオリジナル作品、棚田 文則氏やリゲティのような現代作品に、
フランスのSax奏者 フィリップ・ガイス氏のワールドミュージック的な作品と、
バラエティに富んだプログラム。
リゲティと棚田氏の作品は初めて生で聴いたので、興味深々でした。
地元のホール会員の方々が多数来場されてましたが、地方でのツアーが多いことを考えると、
一般受けする選曲はやむ無しでしょう。アンコールは、魅せるパフォーマンスに会場中大喝采!(^o^)

終わってみれば、百歩も二百歩も先を行く、圧倒的な何かを見せ付けられた気がしたのは
私だけでしょうか。。(((・・;) 早くも、次の来日はいつ?と思ってしまいます。
次回は、Saxのオリジナルをじっくり聴きたいなと。

先週末は、東京・津田ホールでリサイタル&渋谷のセルマージャパンで音大生のマスタークラスが
開催された様子。詳しくは、Sax吹き仲間・kuriさんのブログで書かれているようです。(^^)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ライブ10題・その5~7-アンサンブル・シエスタ&名フィルの演奏会







今日は、朝から快晴。しかし、湿気が多く、そんなに気温は低くないものの、風が強くて。(+_+)
朝一から夜まで、予定通り仕事して終了しました。

さて、演奏会を聴きにいった記録の続き。
11/4(日)は昼一に西区の西文化小劇場で、アマチュア弦楽アンサンブル団体の
アンサンブル・シエスタさんの演奏会へ。
何年か前からバンドの演奏会のチラシを毎年入れていただいてますが、都合で聴きに
行けない年も多く、今回久しぶりにお邪魔しましたが、次の予定もあって前半のみで失礼しました。

10回記念ということもあるのか、アマチュアのFl・ClTp吹きの方々をエキストラに招いて、
前半後半にそれぞれ弦楽合奏をバックに1曲ずつ演奏されてました。
但し、前半にFlの方はヴィヴァルディのハ長調のFlコンチェルトを1楽章だけ演奏、
安定した中々の好演でした。後半は、グルックの精霊の踊りを演奏されたようです。
見た感じ50歳前後の男性の方でしたが、何処かのアマオケの方なんでしょうか?

そして、夕方は金山の市民会館へ移動し、名古屋市上下水道局主催の名フィルの演奏会へ。
何たって、入場料1000円!な上に、指揮者は川瀬 賢太郎氏、首席Tp奏者の井上 圭氏が
ハイドンのコンチェルトを演奏されるなら、聴きに行くしかないかなと。

名古屋市の水に関係する部署の主催ということで、ヘンデルの水上の音楽から始まり、
ドナウ河流域の国(オーストリア・ハンガリー・ルーマニア)の作品を集めた名曲大全集の
ようなプログラムは、一般市民向けの企画だからでしょう。
意外にもこの日のようなプログラムを選んで聴くことがあまりなく、反って新鮮でした。(^.^)
首席Cl奏者のロバート・ボルショス氏&首席Fg奏者のゲオルギ・シャシコフ氏は
東欧のご出身、やはりいつもの演奏会とはノリが違いましたね~♪(^_^)
お目当てのハイドンのTpコンチェルト、国内外のTpのコンクールでは必ず課題曲に
指定されてる程の曲ですが、中々聴くチャンスが無く、ようやく初めて生で聴きました。
井上氏の素晴らしい演奏に、場内は大喝采!(^o^)


16(金)夜は、名フィル定期へ。今月のタイトルは、「ファウスト伝説」。
指揮者・小泉 和裕氏、コンマスが元・読響の藤原 浜雄氏という滅多に無い顔合わせ。
冒頭は、リストのメフィスト・ワルツ第1番より第2番「村の居酒屋での踊り」、
後半は、ノヴァーク版のブルックナーの2番。あまり演奏されたのを聞かない
初期の作品、古典派を思わせる形式美も垣間見えたりしました。

客演は、2002年のチャイコフスキー・コンクール優勝者のチェリスト ヨハネス・モーザー氏。
シューマンのチェロ協奏曲を聴きましたが、まるでシルクかベルベットの肌触りを
思わせるような美音!派手さはなくとも、この曲にはピッタリだったかも。
アンコールは、バッハの無伴奏チェロ組曲の1番のサラバンドを、ピリオド奏法で。

ホームのある愛知芸術文化センターに隣接しているオアシス21では、スケートリンクが
オープンを前に準備中でした。中央に設置されたクリスマスツリーを見ると、
名古屋にも冬がやって来たことを感じます。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

岡本 太郎展@碧南市藤井達吉現代美術館




今日は、決まった仕事が無い為、休みになりました。
明日は、朝と夕方前に仕事があり、終日出勤です。

そんな訳で、会期末が迫った岡本 太郎展を鑑賞の為、碧南市へ。
私の自宅からは、地下鉄と名鉄を乗り継いで約1時間半。名鉄 三河線の南側の
終点・碧南駅を、初めて下車しました。歩いて約10分で碧南市藤井達吉現代美術館へ。
ちょうど途中にある臨時駐車場近くに警備の方が立っていて、住宅街の抜け道が
判って良かったです。(^.^)

美術館の名前の通り、現代美術の展覧会をメインとしていて、これまでも行ってみたかった
展覧会は多数ありました。他美術館の所蔵作品展や名品展等の企画も多い様子。

今回は、流石に超メジャーな作家の展覧会だけに、到着した時には多数の来場者が。
川崎市岡本太郎美術館所蔵作品による展示でしたが、「太陽の塔」の50分の1のレプリカや、
東急井の頭線 渋谷駅に展示されている明日の神話」の最終下絵となったカンヴァス作品等、
パワーとエネルギーに満ち溢れた作品の数々!
想像以上に、観る者を圧倒する「何か」感じさせられました。(((・・;)

この美術館、そんなに大きな建物ではないので、展示スペースも広くはないようですが、
スタッフの方々の応対は素晴らしく、帰りの売店では次回の企画展のチラシを
下さったりと、細やかなフォローが印象的。次の予定の関係上、電車の時間が迫っており、
常設展の藤井 達吉氏の作品が鑑賞出来ず、非常に残念でした。
次回は、もう少し時間の余裕を持って行きたいです。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ライブ10題・その3&4-2つのピアノリサイタル







今年は、久々にピアノの演奏会へ複数回、足を運んでいます。

11/3(土・祝)夜は、ルーマニアのピアニスト ラドゥ・ルプー氏のシューベルト
プログラムのリサイタル。この日は朝から外出仕事で、事務所に戻ってから直ぐに
出ることが出来ず、結局後半のピアノソナタ21番のみ聴きました。
客席の灯りは非常灯を含めて全て消灯され、ステージも半分ぐらいの明るさに。
シューベルトの最晩年の作品、決して声を荒げること無く静謐という言葉が相応しい演奏。
終演後は、万雷の拍手!1曲だけ聴いただけでも、素晴らしい瞬間に立ち会えたと
感動しきりでした。。アンコールは、楽興の時 ハ長調の1楽章。
私にとっては、大学時代に練習した懐かしい曲でした。

そして、9(金)夜はフランスのピアニスト ジャン=マルク・ルイサダ氏のドビュッシー&
ショパンプログラムのリサイタル。
ドビュッシー作品で、急遽ベルガマスク組曲から映像 第2集にプログラムの変更が。
前奏曲集を聴く機会はこれまでも結構ありましたが、映像は意外に無かったような。
前半最後は、月の光→映像という流れでの演奏でした。
どのドビュッシー作品も、叙情的ながらも透明感のある表現が魅力的。

圧巻だったのは、ショパンのスケルツォ第2番。出だしのワンフレーズの軽やかさに、
ハッとさせられたり。力だけではない、しなやかな演奏に感動しました。
舟歌もしかり。 願わくば、バラードとエチュードからも聴いてみたかったかも。
アンコールは、モーツァルトのピアノソナタ11番から2・3楽章。

この日の夜はかなり冷え込んでいましたが、サイン会会場が何故か入口近くに
セッティングされたせいか、ルイサダ氏は日本語で「サムイ」「ツカレタ」と
おっしゃってました。ごもっともです。(^_^;)

主催のプランディール音楽事務所は、7月の演奏会からオーケストラ奏者を型どった
猫の置物を入場者に無償配布して下さっています。この日は、コントラバス奏者。
家には、コンサートマスター&ホルン奏者が飾ってあります。(^_^)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ライブ10題・その1&2-吉野 直子ハープリサイタル@宗次ホール&上野 星矢プルートリサイタル@電気文化会館 ザ・コンサートホール





今月、たった10日の間で、既に8つの演奏会に出掛けてきました~。(^_^;)
たまたま行きたい演奏会が、月初に集中しちゃいました。
なので、ぼちぼちとアップして行きたいと思います。

まずは、11/1(木)夜のハーピスト・吉野 直子氏のリサイタル。
名フィル定期のヒナステラのコンチェルトの記憶も新しく、リサイタル開催を知って
行ってきました。プログラムは、シリーズ「バッハの海へ」というホールの企画で、
ほぼバッハ親子の作品。

しかし、ちょうど風邪を引き始めた頃で、先日参加したいびがわマラソンに間に合わせるべく、
風邪薬を飲み始めたばかりの時。。残念ながら、風邪薬に含まれる成分のお陰で、
眠たくて仕方がなく、特に後半は殆ど眠り込んでしまったという、悲しい事態に。。(T_T)
ハープの手捌きを見ようと、わざわざ前の方の席を取ったのに。。
ちなみに、前半はルイ16世ハープという、シングル・アクション・ハープが登場。
グランド・コンサート・ハープとは違い、派手さは無くとも、品のある音色でした☆

そして7(水)夜は、同じく名フィル定期でハーメルンの笛吹き姿が記憶に新しいフルーティスト・
上野 星矢氏のリサイタル。今年パリ音楽院を卒業、そして、10月にCDデビューを飾ったばかり。
その収録曲を含む、独特のプログラムセンスが光りました。

圧巻だったのは、フランクのVnソナタ。フルートで演奏されていことを、つい忘れてしまうほど。
ピアニストの佐野 俊哉氏が、更に凌駕する素晴らしいサポート!
そして、暗闇の中から徐々に照明の光が明るくなる仕掛けの中で演奏されたドビュッシーの牧神~&
シランクス。上林 裕子氏の作品は、奏者に惚れ込み、奏者の「今」を作曲したというもの。
ボルヌは彩り鮮やかに、ショッカーはしっとりと締め括りに。
アンコールは、CD収録曲のユーミン「春よ来い」。

まだ22歳と思えない、研ぎ澄まされ確立された音楽・技術に圧倒されっぱなし。(・・;)
とにかく、表現のレンジが広い!色々な意味で、先週末に聴いたばかりの同じパリ音楽院メンバーの
モーフィンQに通じるものがあるかもです。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

サッカーW杯 ブラジル大会 アジア最終予選 対オマーン戦

サッカーW杯予選が、各地域いよいよ大詰めになってきました。

昨夜終了したオマーン戦は、都合で後半6分ぐらいからTV観戦。
とにかく暑い!と連発するテレビ朝日の実況&解説陣。
既に前半1-0でリードするも、確かに選手の動きも鈍く、パスミスが増え、オマーンに徐々に
押されにいく展開に。不可解なジャッジも多く、何故かDF吉田選手が標的になってた感じ。
そうするうちに、後半20分にオマーンのFKが直接入っての失点!(゜ロ゜; ボルテージは最高潮に!!
MCに煽られるような大歓声、そして、手荷物チェックをスルーしたと思われ発煙筒が投げ込まれ、
もうアウエー感満載の様相。。

しかし、DF長友・酒井 宏樹&高徳各選手らのサイドからの仕掛けで、徐々にプレッシャーが
上がって反転攻勢へ。そして後半44分、DF酒井 高徳選手の左サイドからのセンタリングから、
MF遠藤選手のヒールパスを見て、ゴール前に詰めたFW岡崎選手が押し込んでゴール!\(^o^)/
逆転に成功!!\(^o^)/\(^o^)/ 試合はそのまま終了し、めでたく勝ち点3をゲット~!!! (^^)d

いやいや、一時はどーなるかと思いましたが(^_^;)、ザッケローニ監督の選手交代や的確な
作戦による指示等など、采配が的中し、後半終盤は上手く機能した感じが。
但し、最後には1トップとなった本田 圭佑選手がまるでイイとこ無し。うーん、あれなら宇佐美&
乾選手ら若手の俊足選手を使って欲しかったかも。

香川&内田&駒野各選手を欠いての戦いでしたが、ある意味若手選手らの台頭も見え始めて、
代表入り争いが面白くなりそうな予感。(^.^) ロンドン五輪組が、これからまだまだ出てくるかなぁ。

次は、3月のヨルダン戦、勝ってW杯出場を決めて欲しい!けど、またまたアウエーの戦い、
ただじゃ済まない予感はします。。オーストラリアがヨルダンとのアウエー戦で負けたことで、
この組の混戦が始まったようなものでした。
昨日はあと3試合が開催され、同じB組はイラクが、A組はウズベキスタンとカタールが勝利。
A組は、B組以上に大混戦でホントどーなっちゃうんでしょう?(((・・;)
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

プロ野球2012シーズン終了&アジアリーグ 巨人優勝・5冠達成&どうなる?!第3回WBC

タイミング的に、日本シリーズ終了の記事を書き逃しまして。(^_^;)
今更ですが、巨人ファンの皆様、日本一おめでとうございます。
やはりアンチ派だけに、中々記事を書く筆が進まなかったというのもありますけど。(-_-)

そして、韓国・釜山で開催されていたアジアシリーズにも優勝し、交流戦・
リーグ・クライマックスシリーズ・日本シリーズと合わせ、5冠達成なんだとか。

巨人と言えば、FAでお金を注ぎ込んで他のチームの主軸を引き抜き、その選手が巨人に
移籍した途端、目立たない普通の選手になってしまうというか。。
伝統ある常勝チームだけに、選手としては様々な意味で憧れなんでしょうけど。

そんな中で、ここ数年は生え抜き選手の活躍が目立つようになってきました。
日本シリーズでは内海投手が、アジアシリーズでは坂本選手がMVPを獲りましたし。
春季キャンプ中、長嶋 茂雄氏から声を掛けられ、肩を叩かれて励まされた選手は、
その年に必ず活躍出来るというジンクスがありますが、今年は宮国投手が大当たり!
面白いものですね~。(^_^;)

今シーズンは、多数の同世代選手の皆さんが引退していきました。
一方で、若手に負けず劣らず頑張って現役バリバリの選手の方々もちらほら。
先日、ゴールデングラブ賞の発表がありましたが、ヤクルト 宮本選手・
中日 谷繁&井端各選手と、チームのベテランキーマンがしっかりと受賞したのは、
同世代として喜ばしいですが、下克上出来ない下の世代が情けないのか。

先月末に終わったドラフト会議、今年も様々なドラマがありました。
大阪桐蔭高 藤浪投手を、見事に阪神が引き当てたり、MLB入りを宣言した花巻東高
大谷投手を、日ハムが強行指命したり。
大谷投手は、未だはっきりした結論出てないようですが、どーするんでしょう?

一方で、最近トライアウトが開催され、各球団から自由契約になった選手らが、
現役続行賭けて参加したと新聞に小さく掲載されてました。
TBS「バーズ・ディ」では、今年もトライアウトの様子を取り上げるんでしょうね。

アメリカのMLBもシーズンが終了、目立ったのはダルビッシュ投手や青木選手の挑戦ぶりに、
イチロー選手や黒田投手らベテラン陣の復活・奮闘ぶり。
他の選手の皆さんは、これという報道が無かったのが、やはり大リーグの厳しさというか。

最近は、第3回WBCに関する報道が多数ありますが、広島の往年の大スター・山本 浩二氏が
監督に決まるも、現場を離れて長いこともあり、かなり不安視されてます。
しかし、王 貞治氏直々の依頼ならば断れない?
ただ、MLB所属選手は、軒並み不参加を表明。
WBC自体がMLB主体の大会であり、MLBへ行きたい選手のアピールの場と
皮肉られてるだけに、今後の展開はどうなるんでしょうね。
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

フットサルW杯 タイ大会ベスト16敗退&サッカーU-19 アジア選手権ベスト8敗退&アイスホッケー ソチ五輪出場権逃す

昨日は、国際試合で残念ながら負けゲームのニュースばかり。(+_+)

まずは、三浦 知良選手の加入で、注目度急上昇のフットサルW杯。
先月末の親善試合では勝利したウクライナと、ベスト16で対戦するも、
前半の大量失点が響き、ベスト16敗退に。主力選手の出場停止や、怪我による
欠場は痛かった。勝ってたら、もっと面白くなるところでしたが。
しかし、この競技の魅力を伝えるには、充分過ぎるアピールになったのでは?
名古屋は、せっかく名古屋オーシャンズがあるし、観戦に行こうかなと思います!

そして、サッカーU-19のアジア選手権、勝てば来年のU-20W杯に出場が決まる
大一番でしたが、イラクの壁に阻まれました。。
U-20W杯って、何大会連続で出場出来てないんでしょ?
ちなみに、ベスト4へは韓国・オーストラリア・ウズベキスタン・イラクが進出。
やはり、W杯予選とかぶるものがあります。。

最後は、アイスホッケーのソチ五輪最終予選。
ルーマニア・韓国に勝利し、最終戦のイギリスに勝てば出場決定でしたが、
1点差で敗戦・出場権を逃しました。たかが1点、されど1点。。
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

いびがわマラソン2012 ハーフマラソン完走!










昨日になりますが、いびがわマラソン2012 ハーフマラソン、無事に完走しました~!(^o^)
今日は、まずその顛末を。

昨日の朝は、何とか4時過ぎに起床、荷物は既に金曜日までに準備済みでしたが、
土曜日とは一転気温が下がり、しかも雨は避けられない雲の様子。。
先月、皇居ランを小雨決行しましたが、走る距離が違うだけに、かなり不安に。

お知り合いのK池さんやK池さんと同じランニングチームの方々とJR名古屋駅ホームで合流し、
一路揖斐川町へ!ホームには、ジャージを着た同じ目的地の方々が多数並んでたり。
大垣駅でJRから養老鉄道を乗り継ぎ、名古屋駅を出てから約1時間半で揖斐駅に到着。
そして、シャトルバスに乗って、いよいよ会場へ。

受付を済ませた後、体を暖めるのとエネルギー源充填の為、うどんを食べました。
着替えて荷物を指定箇所に預けたり、体を暖めるべくストレッチしたり過ごしているうちに、
気がつけばフルマソンチームはスタートへ。上空には、ヘリコプターが旋回中。
スターターの古田 岐阜県知事の号砲を合図に、一斉にコースへ飛び出して行きました。

その40分後が、ハーフのスタート。
しかし、スタート前にはとうとう雨が降り始め、用意していたレインコートが活躍することに。
スタートラインには、スターターの古田知事だけではなく、ゲストの金 哲彦コーチ・
高橋 尚子選手・女優 西田 ひかるらも勢揃い。雨の中、我々選手を見送ってくれました。

最初の1kmは団子状態で中々前に進めず、10分以上掛かるロス。
遅いランナーを追い抜いて、1km6分半ぐらいで自分のペースを作る走りをしていきました。
しかし、5km過ぎからいよいよ山道へ。急な登り・下りが続き、1km7~8分前後に
敢えてペースダウン。水力発電所近くが折り返し地点でしたが、私が折り返した時に
ちょうど12時のチャイムが山の中に鳴り響きました♪

折り返しからは、急な下り坂続き。勢いづいて駆け下りると、絶対に足にくるので、
自重してゆっくりゆっくり。
15km過ぎてから、やっと平地に戻り、また1km6分半前後にペースアップ!
最後はやや左足が辛かったですが、目標ゴール時間をを決めて走るのみ!!
残り3kmで雨が小雨に変わり、エイドステーションで、最後の飲食の補給。
ゴール直前には、高橋 尚子選手の姿が!(^o^)Qちゃんに、5月に続いてハイタッチ
してもらいました~。(^^)v

そして、ゴール!\(^o^)/タイムは、2時間33分20秒とのこと。走り出しの時間ロスや、
トイレに2回行ったことを考えたら、2時間半はクリア出来てると思います!(^^)d
完走者へのタオルや飲み物やバナナをいただき、荷物を取りに行ってから、ようやく
建物の中で暖まりました~。本当は、ゴール地点で写真を撮りたかったですが、
雨の中そんな余裕はまるで無し。。(+_+)

このマラソン、1988年から今年で25回目になるんだそうです。
町の活性化にも繋がる、一大イベントの様相。 老若男女問わず多数の揖斐川町民の
皆様が、沿道の応援に参加されていました。雨に手が濡れるにも関わらず、
寒い中でのハイタッチ、一生忘れません。山道ルートでは、自宅前でZARDの「負けないで」を
熱唱して下さった皆さんも。(^.^) 揖斐川町の皆様、本当にありがとうございました!

帰りは、K池さんのお仲間な方々と一緒に帰宅し、またの再会を誓いました。
ちなみに一緒に行ったハーフ組は、全員完走でした。(^^)v

次回の3回目のトライは、来年2/24(日)の犬山市のハーフマラソン、既にエントリー済みです。

2時間15分前後を目標に、制限時間2時間半切りを目指して、また頑張ります☆

しかし、今日のこの天気の良さは、一体何なんでしょうね~。(^_^;)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

いよいよ明日は・・・、その前にモーフィン・カルテット






明日は、いよいよ岐阜県揖斐川町で開催されるいびがわマラソン2012のハーフマラソンに
出場してきます! その為に、この5ヶ月余りは練習をぼちぼちと重ねてきました。
がしかし、知らなかったのは、山道が多く、かなりアッブダウンが激しいこと。。
5月のぎふ清流ハーフマラソンのコースどころではない!、と聞いてますので、覚悟しなければ。(((・・;)
仕事をしながらとなると、週2回の休みで練習するのが精一杯。(+_+)
毎朝早起きしてとか、残業が続いて仕事後に走るとか、中々出来なかったんです。
まだ2回目のトライ、とにかく制限時間の3時間以内のゴールを目指します!

今日はゆっくり休養出来れば良かったのですが、今年の夏にリサイタルの日程が発表済みになっていた
フランスのモーフィン・カルテットの演奏会を聴きに、三重県津市の三重県文化会館へ。
Sax吹きな皆様はご存じの通り、昨年大阪・いずみホールで開催された大阪国際室内楽コンクールの
第2部門・管楽アンサンブルで、見事に1位となったパリ音楽院のSax科メンバーによるカルテット。
このコンクール、1位になった団体は日本国内をツアー出来る副賞があり、今年はモーフィンQが
今月からツアー中。札幌を皮切りに、熊本・大分・広島を経ての三重県入りでした。

実は、facebookにモーフィンQの公式ページがあり、国内ツアーの様子を写真等などで
色々見ることが出来ます。ナント、ピカチューに扮したコスプレや、プリクラで撮った写真も
あったりして。(^_^;) メンバーは、全員20代前半から半ば、ノリが若いっす。(^.^)

今回、残念ながらアルトのメンバーが怪我で実質脱退状態?!、テナーのメンバーがアルトに回り、
テナーに新メンバーが8月から加入したとのこと。
しかし、急造でメンバーチェンジしたとは思えない、充実した完成度の高い演奏ばかり聴かせて
いただきました。(((・・;) 古典も現代音楽も、もう完璧ですよ。
反響板のない小ホールが会場だったので、私にしては珍しく真ん中の席で聴いてました。
普段はfaceboo繋がりですが、今日はサイン会でリアルにご挨拶も。(^o^)
大阪・東京とツアーは続くようですので、多くは語りませんです。まずは、絶対聴くべし! (^^)d
あ、明日は岐阜市で、フランスのSax奏者 ファブリス・モレッティ氏のリサイタルがありますが、
私は行けません。(T_T)こちらも聴くべし!なのですが。

ということで、月初から続いた演奏会行脚も、ここで一旦おしまい。早く記事にしなくては~。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

フットサルW杯 タイ大会 初のベスト16進出決定!& U-19アジア選手権 決勝トーナメント進出決定!

フットサルW杯、一昨日の激闘のポルトガル戦で勝ち点1を確保した日本代表は、
昨日のリビア戦の結果次第で、ベスト16が見えてきました!

結果、4-2で勝利!(^o^)
ニュースでしか観ませんでしたが、前半を1-1で折り返しただけに、
後半怒濤の3ゴールは正に執念! ちなみに、カズ選手は途中出場した様子。
グループリーグは、1勝1敗1分けでグループCの4チーム中、3位に。

そして、今日でグループリーグ全試合が終了。
6グループの上位2チーム+ 3位のチームの上位4チームがベスト16に進めますが、
ナント!その中に日本代表が入りました☆\(^o^)/
4大会目にして、初のベスト16進出!!\(^o^)/\(^o^)/

次の試合は11(日)、相手はスペインかウクライナのどちらかということですが、
またまた面白い試合を魅せて欲しいです。(^.^)

そして、TVでは殆ど報道されていないようですが、サッカーのU-19アジア選手権が、
現在UAEで開催されています。
日本代表は、A組2位で決勝トーナメント進出決定!\(^o^)/
初戦はイラク戦、こちらも8年後を考えたら中々気になるところですが。
関連記事

テーマ : フットサル - ジャンル : スポーツ

立冬を前に

今日は立冬。
昨日の昼間は、かなり汗ばむぐらいでしたが、今日は一転またまた冷たい秋の空気に。
日に日に季節が移り変わっていくのがわかります。
街路樹の落葉も、随分増えてきました。そろそろ紅葉を見に行くには、ちょうど良い時期に
差し掛かるところ。

そんな季節に、昨夜飛び込んできた大学時代の恩師・知念 辰朗先生の訃報。
Vnを専門とし、大学ではVn・Vlaのレッスンや、オケ・室内楽の指導に当たられてました。
名前の通り沖縄出身、山陰の風土とは違う南国の方らしいおおらかさで、未熟な学生だった
私達を根気よく導いて下さいましたね。
個人的には、副科でVlaをやろうと知念先生のレッスンを受けましたが、元々不器用なだけに
前期の途中で挫折しましたっけ。(^_^;)

結局、副科はCbに転向し、履修に必要なオケの授業の必須単位を何とか取りました。
在学中、知念先生の指揮の元、オケ定期で取り上げられたチャイコの5番・ブラームスの4番・
シューベルトの未完成等を、そして室内楽定期ではバーバーのアダージョ・ハイドンの驚愕・
バッハのブランデンブルグの3番・ブリテンのシンプル・シンフォニー等などといった作品を
練習しましたっけね。
大学OBで、現在は愛知県立芸術大学 教授でVn奏者・福本 泰之氏が、当時県芸の助手として
勤務されていた頃、知念先生の指揮で客演としてモーツァルトの3番のコンチェルトを
演奏されたことも。

およそSax専攻生としては、ある意味全くかけ離れた練習も多く、Saxのレッスンの為の
練習時間を心配しながらの日々でしたが、オケ&室内楽で学んだことが、後々の活動に
どれだけ役に立ったことか!そして、これだけの名曲の数々を体験させていただけただけでも、
先生には感謝の気持ちで一杯です。

まだ東京に住んでいた7年前のお盆の夏休み、実家から近いのをいいことに、大学内に潜り込み(^_^;)、
音楽研究室前に並んでたチラシを眺めていたら、後輩のVn奏者・辺見 康孝氏が9月に横浜で開催予定の
リサイタル情報を発見・聴きに行ったところ、ナント卒業以来に知念先生と思いがけず再会!(^o^)
思い出話に花が咲き、私が卒業した後の大学の様子等などを色々伺いました。
先生のお歳を考えると、もしかしたらもうお会い出来ないかも・・・なんて考えながらその場で
お別れしましたが。。その当時の記事は、こちらから。
今年は、先生から年賀状が来なかったので、一体どうされたのかと心配した通りになってしまって。(T_T)

明日午前中に告別式とのこと。
残念ながら参列は出来ませんが、心よりご冥福をお祈りし、生前のお姿を遠くより偲びたいと思います。
関連記事

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

アドルフ・サックス 誕生日


今日は、先週末の仕事の振替休み。
最近、平日休みに雨の日が当たることが多いのですが、
昨日の段階では今日も雨予報。残念だなぁと思っていましたが、今朝起きたら既に雨は上がり、
それどころか気温もドンドン上がり、外出時に着ていたカーディガンがいらないぐらい。(+_+)

朝から外出して、リフレでストレッチをメインとしたメニュー。
体が固すぎて、お店の人にいつもビックリされます。(^_^;)
夜、寝る前にお酢のジュースを飲めば、随分変わりますよと教えていただきました。
早速、買いに行こっと。(^.^)

午後は、いつも利用している楽器店で練習。月末に開催予定の國末先生のレッスン会が、
いよいよ迫ってきました。何たって、3年ぶりに年始の門下発表会に参加しますが、
ちょうどあと2ヶ月なんですね~。いびがわマラソンが終わったら、本格的に練習しないと。

先程、facebookで九州地区を代表する大ベテランのSax奏者・斎藤 広樹先生が、
今日はアドルフ・サックスの198回目の誕生日なんだと書いていらっしゃいました。
と言うことは!、再来年は生誕200周年なんですね~。(^o^)
この方がいらっしゃらなければ、私もこうやって自分の楽器を吹くことは無かったし。

そう言えば、アドルフ・サックスの生地でもあるベルギーのディナンで、4年に1度開催される
国際コンクールが、確か再来年のはず。生誕200周年の関連行事も、同時期に多数ありそうですね。
日本Sax協会でも、再来年は何か特別企画をされるんでしょうか?
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

フットサルW杯タイ大会 対ポルトガル戦

今月1日から、タイで開催されているフットサルのW杯。
今回、キングカズこと三浦 知良選手が9月の代表合宿に参加したことから、
マスコミの注目度が激増。代表の動向が報道されたり、選手の待遇がアップしたり。
そして、代表入りしたカズ選手、様々な意味で流石に効果は絶大。(^_^;)

大会が始まり、初戦のブラジル戦は1-4と惨敗。
昨日のポルトガル戦、25時からTVOAされていたので、少しだけ観戦するつもりでした。
前半は、相手に圧倒され1-5。しかし、GKをフィールドプレーヤーに代えた途端、
前半終了間際に2得点目!そして、後半残り10分からの怒濤の3ゴール!!(^o^)
試合は5-5のドローで、貴重な勝ち点1をゲット!!! \(^o^)/
選手も客席も、大盛上がり〜。
いや~、寝るつもりだったのに、最後まで観ちゃいました。(^_^;)
ちなみに、カズ選手は前半最後に出場したのみでした。

ルールが今一つ解りませんが、サッカーと言うよりも、アイスホッケーや
ハンドボールに近い気がします。※ルールはこちらから

次は、明後日のリビア戦。
グループC 4チームのうち3チームがベスト16に進めるだけに、期待大!です。(^.^)
※FIFAの公式HPはこちらから
関連記事

テーマ : フットサル - ジャンル : スポーツ

11月のグンゼ・スポーツクラブ 名古屋ランニングサークル@庄内緑地公園



いよいよ、いびがわマラソンまでちあと1週間となりました。

今日は、朝からグンゼスポーツクラブのランニング教室参加の為、
庄内緑地公園へ。
2週間前と違い、急に冷え込んできたので、上下ジャージを着て向かいました。

教室スタート冒頭、明治乳業の方から栄養剤・ヴァームのラインナップの紹介が。
TVCMで高橋 尚子選手が出演している、あの商品です。
普段、ペットボトルの飲料を愛飲していますが、それよりもクエン酸&アミノ酸が
やや多いタイプ。合わせて、スーパーヴァームの顆粒タイプもいただいちゃいました。
早速、走る前に参加者全員で試飲。(^.^)

今日は、準備運動・ストレッチを兼ねて、瞬発力を試される動きをするメニューも多数。
手足がバラバラだった私って。(T_T)

最後は、いつものように緑地内の短いコースを2周して終了。
風邪が治りかけだけに、あと少し走りたい気持ちをグッとガマン。。
まだ若干鼻がグズグズな状態、無理は禁物だし。

解散前に渡されたのは、グンゼのオーダーメイドのコンプレッションタイツの案内チラシ。
他メーカーだと、15000円ぐらいするモノが、10000円ならかなり魅力的!(^.^)
mozoワンダーシティ店でキャンペーン中とのこと、悩むなぁ。(^_^;)

解散後は、参加者の方々と様々に情報交換したり。同じいびがわマラソンに参加される
予定の方もいらっしゃいました。
体調も心配ですが、当日の天気がかなり心配。
とにかく、何とかハーフ完走目指してあと少し頑張ります!(^o^)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

フィギュアスケート グランプリシリーズ2012 前半戦終了

今日は、文化の日。今月に入ってから、既に演奏会に毎日行っていますが、
またまた明日2つの演奏会に行く予定があり、まとめて後日アップしようかと。

さて、今日はやはりフィギュアスケート!
先月からスケートカナダ&スケートアメリカ、そして今日の中国杯と、3つの試合が終了。

日本選手はファイナル進出、特に男子シングルの世界選手権 代表争いが熾烈です。
高橋 大輔選手・羽生 結弦選手・小塚 崇彦選手・怪我から復活した織田 信成選手に、
今年は町田 樹選手が割って入る形に。ナント、今日の中国杯は逆転初優勝!
アメリカ大会では3位と、グランプリシリーズ初の表彰台を飾ったばかりでした。
結果、6選手しか出場出来ないファイナルに、早くも進出決定!(^^)
他4選手もそれぞれ3位以内に入っており、結果次第では5選手全員のファイナル進出もアリ?!
流石に、それは厳しいかな~。(^_^;)
高橋 大輔選手は、今日の中国杯で4回転他のジャンプの出来の悪さがどうなんでしょう。
しかし、この混戦ぶりは観てる分には非常に面白いです。

女子シングルは、中国杯で浅田 真央選手が優勝!
初戦から結果が形として出るなんて、今までとは違う展開。
今回の最大のライバルは、ロシアの14歳の天才少女・リプニツカヤ選手。
ショートプログラムは僅差でトップに立ったものの、フリーでは最終滑走になり、
馴れないシニアの大会の重圧に押し潰された様子。
3位は、私が好きなフィンランドのコルピ選手でした~。(^^)
前半終了の結果、日本選手は浅田選手・鈴木 明子選手・村上 佳菜子選手は、
ファイナル進出の可能性が。今井 遥選手は、残念ながら厳しそう。
そういえば、安藤 美姫選手はコーチが見付からず、今シーズン不参加→引退か?
と報じられたのは本当に残念です。 。
いよいよ、来シーズンはソチ五輪開催の年。
勢いのある新鋭選手はリプニツカヤ選手だけでなく、カナダのオスモンド選手が、
地元のカナダ大会でいきなりシニアの大会で初優勝したのには、かなり驚きました。
日本選手も、うかうかしてはいられないところ。

今、詳細のデータを国際スケート連盟のHPで見てましたが、各選手個人の様々な情報が
かなり盛り沢山なのにビックリしてます。(((・・;)
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

あと10日!ですが・・・



11月がスタートしましたが、今日は有休を取りました。

ここ2・3日で、秋らしく急に冷え込んできた気がします。
実は、数日前からくしゃみを連発しており、まさかこの時期によく発症する鼻風邪か?!
と疑い、昨日辺りから鼻と喉の粘膜が腫れてきて、已む無く朝一から病院へ。
少し微熱があり、診察ではやはり風邪の診断。いつもの薬をいただいて、帰宅しました。

いよいよ10日後に迫ったいびがわマラソン、昨日ようやく要項が届きました!
ちなみに、ハーフマラソンでの参加です。
風邪なんか引いてる場合ではないので、病院から帰宅した後、近所の川沿いのルートを
ゆっくり4kmだけ走りました。
病院の先生には、もちろん練習は止められましたが、時期が時期だけに休むのが怖くて。(^_^;)
貰った薬をちゃんと飲んで、何とか週末のグンゼ・スポーツクラブのランニング教室には
参加したいです。

写真は、川沿いに植えられてた綺麗な秋桜たち。(^_^)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP