2012-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

ロンドン五輪 体操団体決勝&柔道 男子73kg級・女子67kg級&競泳 メダルラッシュ!


昨夜は、結局またまた明け方まで観戦してました。。
で、めっちゃ眠いです。。(+_+)

まずは、体操 男子団体決勝の顛末は既に報道された通り。
日本は、予選からの悪い流れを引きずりっぱなしだった様子。
着地の乱れ・山室選手の怪我・地元イギリスを始めとした欧州勢への大歓声。
内村 航平選手までもが、平常心を失い、らしくないというか。。
最後のあん馬では着地前の倒立で、まさかまさかのミス!(;´д`)
難易度を入れずに点がつけられ、日本側からの猛抗議が叶い、何とか銀メダルに
滑り込み。銀・銅メダル争い、そんな訳で一度はイギリス・ウクライナという
結果を覆しての顛末に、会場内はブーイングの嵐。。アウェーを実感しました。
同じく予選が不調だった中国は、決勝では流石の演技で金メダル。
日本の自滅で、4点差の逆転は厳しかった。

柔道は、松本 薫選手が、金メダル第1号に!\(^o^)/
やっと待ちに待った、という感じ。
野性味のある松本選手の鋭い目、本当に勢いそのままにという感じでした。
プロレスラー・長州力選手から名付けられたという中矢 力選手は、
残念ながらロシア選手に力負けして銀メダル。

明け方には、競泳の3つの決勝で3つの銅メダルが!\(^o^)/\(^o^)/
男女100m背泳ぎで入江 陵介&寺川 綾選手が、女子100m平泳ぎで、
鈴木 聡美選手が獲得!!

写真は、朝日新聞 夕刊一面から。
まさか、こんなにも扱いが思いもよらぬ形になるなんて。
関連記事
entry_header

ロンドン五輪 男子サッカー決勝トーナメント進出!&柔道男子66kg級海老沼 匡選手銅メダル!!&アーチェリー 女子団体銅メダル!!!


昨夜は深夜まで!、ホントに見所ありました。\(^o^)/

まずは、男子サッカーのモロッコ戦。
試合冒頭から、モロッコに押し込まれる展開に、ヒヤヒヤすること多数。(((・・;)
前半の最後の方から、徐々に日本ペースに。後半は、一進一退。
惜しいゴールシーンは、何度かありました。
そして、後半39分の清武選手→永井選手への見事なパス&シュートが決勝点に!\(^o^)/
勝ち点6で決勝トーナメント進出決定!!\(^o^)/\(^o^)/

ハーフタイムの間、偶然女子アーチェリー団体戦 対ロシア戦を、最後の方だけ観ました。
ナント、逆転の銅メダル!(^o^)今朝は、TVに引っ張りだこだったメンバー3人。(^_^)
写真は、今日の朝日新聞 夕刊から。うーん、良い笑顔☆

サッカーの前に観戦した柔道。
女子52kg級は中村 美里選手が北京五輪でも対戦した北朝鮮の選手に初戦敗退。
ナント、女子は昨日に続きメダル無し。。(((・・;)
男子66kg級は、判定を巡って大波乱が。
今回から、ジュリーシステムという、審判を審査するビデオ判定が導入されています。
がしかし、海老沼 匡選手が準々決勝の韓国選手との一戦で、旗判定で青3本で
韓国選手勝利となったことに対して、ジュリーシステムで審判委員長自らから
指摘があった様子、再度の旗判定で白3本で海老沼選手が勝利する異例の展開。
えぬ夫曰く、明らかに海老沼選手が優勢だったにも関わらず、主審が日本人嫌いで
有名というのが通っているからか、あからさまな極端な判定に異例の判定覆り&
審判委員長からの声明発表は、批判を避ける意味もあったのではとのこと。
結局、海老沼選手は準決勝敗退となるも、3位決定戦に勝利しての銅メダル!
あのような困難を越えてのメダル獲得、意味はあったのではないでしょうか?

日本時間の明け方にあった為、観戦はしませんでしたが、期待された北島 康介選手が
男子100m 平泳ぎ決勝で5位となり、3連覇ならず。
予選・準決勝から調子が上がらず、決勝でも大差で離された展開。
今春、心疾患で急死したノルウェーのダーレオーエン選手が昨年の世界選手権で作った
先行逃げ切りの高速レースとなった潮流に北島選手が乗れなかったことや、
アメリカでやってきた上半身の筋力アップが仇になったところもあるとのこと。
金メダルの南アフリカのファンデルバーグ選手はトップで決勝進出、決勝では世界新を
マークする驚異の勢い!(((・・;) 実は、北京五輪後に平井 伯昌コーチから指導を受け、
更に伸びとパワーが備わった泳ぎになった結果とか。
北島選手は残念でしたが、200mに期待でしょうか?

そして、日本時間明け方に終了した体操 女子団体は6位で決勝進出。
うーん、決勝は是非観たいです! (^o^)
関連記事
entry_header

ロンドン五輪 女子サッカー 対スウェーデン戦&柔道 男子60kg級・女子48kg級&体操男子予選他

五輪には栄光も魔物も住んでいる・・・、そんなことを改めて実感した昨夜。

仕事から急いで帰宅し、昨夜はまず女子サッカーのスウェーデン戦。
お互い勝ち点3を取り、勝てば決勝トーナメント進出が決まる試合。
がしかし、ゴールに迫るも、決め手に欠ける試合。徐々に相手に押し込まれ、
ヒヤリとする場面が。 ここ数年、スウェーデンとの試合は何戦か観ていますが、
相手も研究してるという印象。
W杯王者という立場で挑戦を受ける側になり、ましてや女子サッカーにとっては
五輪の方が格上の大会、相手も必死になって当然。
結局、0-0で引き分けて、勝ち点1を獲得。
今朝の朝刊に、試合前に佐々木 則夫監督が「決勝トーナメントを考えたら、
予選2位通過でもOK?!」という発言が出たことに対して選手らがかなり
困惑したとのこと、監督としてはどういう意図があったんでしょう?

そして、柔道。
男子60kg級で、平岡 拓晃選手が銀メダルを獲得!(^o^)
しかし、金メダルを宿命付けられているだけに、試合後のインタビューアーの
第一声が「おめでとうございます」ではなく「残念でした」なのが残酷だなぁと。
準々決勝で、フランスのナミ選手に苦戦、ギリギリの勝利。
準決勝では、イタリアのベルテ選手に鮮やかに一本勝ちするも、決勝ではロシアの
ガルストヤン選手には開始40秒で呆気なく一本負け。。
元柔道選手・えぬ夫は、「基本の基本を怠った!」とTVに向かって怒りながら、
特に平岡選手の足の位置について何がいけなかったか、目の前で動作付きで
解説してくれました。(^_^;)
三連覇を達成したの野村 忠宏氏の後だっただけに、北京五輪で初戦敗退した直後は
世間から相当バッシングを受けたのが本当に辛かったというインタビューでの言葉、
メダルが取れてホッとしたというのが本音でしょうね。

そして、女子の48kg級の福見 友子選手は準決勝敗退、3位決定戦でも負けて5位に。
初戦から苦戦が続き、準決勝や3位決定戦でも全く技が出ず。
えぬ夫は、「今まで、五輪代表になれなかった理由がよく解った。」と一言。
素人目にも、谷 亮子氏の技の出し方はホント凄かったなと思い出されます。

そして、男子体操 団体予選にチャンネルを変えたら、信じられない結果が。
練習時に、鉄棒で内村 航平選手落下が大きく出ましたが、本番でもまさかの落下が。
他の選手の失敗もあり、流れに乗れず、あん馬・床・つり輪でもミスが。
私が観始めた跳馬や平行棒で、ようやくらしさが出てきたような。
中国も同様な不調だった一方、若手揃いのアメリカは勢いありました。
決勝、そして、個人総合の行方はどうなるんでしょう。

これで寝ようかと思った矢先、重量挙げ 女子48kg級で三宅 宏美選手が
悲願の銀メダル!(^o^) インタビューでは、かなーり饒舌に勢いよく話してました。
苦労して手に入れた伯父・父に続く快挙、良かったヨカッタ。(^_^)
そして、競泳 男子400m個人メドレーで、萩野 公介選手が日本新で銅メダル!!(^o^)
キリがないので、流石にここで寝ました。。
関連記事
entry_header

ロンドン五輪 開会式

今日の明け方、何とか5時に起床してロンドン五輪の開会式を観ました。

イギリスが生み出したものがテーマとのこと。
のどかな田園風景に本物の動物達がウロウロする中、イングランド・
北アイルランド・スコットランド・ウェールズの民謡を少年少女聖歌隊が唄い、
俳優のケネス・ブラナー氏がシェイクスピアの小説を朗読、産業革命の発展期の様子、
映像でエリザベス女王のエスコート役で映画「007」のジェームス・ボンドこと
俳優のダニエル・グレイグ氏の登場、と思ったら、本物のエリザベス女王夫妻が
堂々と貴賓席に登場する演出。
ピーターパンやハリー・ポッター等のファンタジー、一転して若者らがスマホを
使ったネットライフを表現してイギリスでのインターネットの誕生を表現、
平行してブリティッシュ・ロック&ポップの歴史を振り返るような映像も。
笑えたのは、サイモン・ラトル指揮のロンドン響が演奏する映画「炎のランナー」の
テーマの演奏メンバーに、何故かMr.ビーンこと俳優のローワン・アトキンソン氏が。
役そのままの演技に(^^;、ラトル氏とのやり取り、めっちゃ笑えました。(^o^)

選手入場が始まり、日本は中盤に出てくるも、旗手の吉田 沙保里選手のみ残って、
参加した40人余りの選手は調整の為に早々に退出したんだとか。
他国の選手らは、カメラに向かって、陽気に騒がしいくらいのアピールぶり。
日本選手が何だか大人しすぎて、どーなんだろうと思っちゃいました。
全参加国が、カメラに向かって公平にアピール出来るチャンスなんですよね。
今回、昨年からの国内の紛争を乗り越えて参加したが多数。
そして、シリアのように、難しい立場のまま参加した国も。

入場行進の時、プラカード代わりのオブジェを持ったメンバーの横には、
ギリシャ神話に出てきそうな衣装を着て月桂冠を被り、ブロンズの器を持った
メンバーが。器には、各国の国名が書いてあるとの紹介。
何の為に?と思っていたら、実はその器が全参加国の物を集め、キャンドルのように上昇、
聖火台として灯されることになるとは!まさかの仕掛けにビックリしましたが、
幻想的で本当に素敵でした☆
ちなみに、注目の最終の聖火ランナーは、10代の7選手たち。
サッカーのデビット・ベッカム選手は、ボートでテムズ川を颯爽と走り、
メインスタジアム近くの岸壁までの登場に。

聖火台が出来上がった後、ポール・マッカートニー氏が「ヘイ・ジュード」でフィナーレに。
facebookのポール・マッカートニー氏のページで、開会式に出演すると書かれてましたが、
何処で登場するのかなと思ってました。
そういえば、facebookのThe Olympics Gameのページでは、開会式の様子が随時写真で
アップされてましたね。
実は、入場行進の途中で仕事の為に出掛けてしまい、電車内で携帯ワンセグで観るしかなく、
様子が中途半端にしか判らないのが残念でした。。
しかし、分厚いイギリスの文化・エンターテイメントの凄さを見せつけられた感じです。

今夜は、早速女子サッカー・柔道・男子体操を観戦。
しばらく、また寝不足が続きそうな。(^_^;)
関連記事
entry_header

久々の中村公園夏祭り



明日明後日は岡崎市で仕事の為、振替休を1日だけ前倒しして今日は休みを取りました。
毎年7月の最終金曜日に、名古屋市中村区にある中村公園の夏祭りに所属バンドが
参加しています。がしかし、日にちの巡り合わせで、営業の月末最終日の締め日だったり、
仕事が忙しかったりでここ数年参加出来ませんでしたが、今年は最終日に当たらなかったので、
仕事は休みにして参加出来ました。というのも、18時半集合・19時スタートな為、
仕事帰りに参加すると、万が一勤務先を出られない事態に遭遇したら完全に間に合わないんです。

今日の昼間、めっちゃくちゃ暑かったので、出掛けずに家にこもって、昨夜のサッカーの
ニュースなどをTVやネットで観ていました。(^_^;)

自宅を夕方17時半前に出発、18時半集合に間に合うよう中村公園に到着。
まだ明るかった空が、演奏会がスタートする前にはすっかり暗くなりました。
公園内は、本当に沢山の人達で一杯!毎年、20時半から花火大会がある影響もあるようです。
約1時間のステージでしたが、演奏曲に関するマニアックなクイズタイムを含め、
お客さんと楽しいひとときを過ごすことが出来ました。(^o^)

しかし、本番中もハンドタオルが手放せなかったぐらい、本当に暑かったです。(+_+)
関連記事
entry_header

ロンドン五輪 男女サッカー初戦白星発信!


一昨日の深夜に女子がカナダと、昨夜は男子はスペインと戦い、ナント共に初勝利!(^^)
女子はまだしも、男子はまさかまさかの試合展開に。

一昨日の休みの日は、昼間からずっと出掛けてたせいか、何となく体調がイマイチ重く、
無理して明け方までは起きられないなと、女子の試合は観戦せず、寝てしまいました。
立ち上がりに苦しんだものの、川澄 奈穂美&宮間 あや選手が得点し、2-1で勝利!(^o^)
試合前のキャプテン・宮間選手の「大切な思いと、大切な人たちがいて、私たちが
戦っている。その中でここからな6試合がある。お互いのために戦おう。」という言葉が、
ニュースで大いに話題になりましたが、読んでいて胸にじーんと来ました。
初戦の勝利に加え、このメッセージは様々な意味で大きな影響をもたらすでしょう。
恐らく、他の日本選手らにも伝わっているかと。

そして、昨夜の男子の試合は優勝候補筆頭のスペイン。一体、何点差がついて負けるのか?
と思っていました。
がしかし、蓋を開ければ1-0の完封勝ち。前半34分、CKからの大津 祐樹選手の
価千金のゴール!(^o^) 写真は、今朝の朝日新聞の朝刊一面です。
ボール支配率は、予想通りスペインに握られるも、懸念された守備は危なげなく、
攻撃では俊足の永井 謙佑選手がスペインDF陣を翻弄、1選手が退場となる事態も。
これで、追加点が取れたら尚良かったですが。。勿体無いシーンが多すぎ。

試合後、ネット内は大騒ぎに。海外メディアの反応も続々と出てきてますが、
欧州ではスペインが負けたという報道のされ方。それだけ、サプライズだったという証拠。
FIFAの公式サイトでは、キャプテン・吉田 麻也選手のインタビューコメントが載ってます。
今日のTVのワイドショーの話題も、もちろんサッカー一色でした。

ただ、問題は2戦目の戦い。女子は明日スウェーデンと、男子は明後日モロッコと対戦。
特に男子は、次で負けたりしたら、元も子もない訳で。 でも、期待出来ますね!(^.^)

そして、開会式が日本時間の明日の明け方に、いよいよベールを脱ぎます。

一方、北京五輪で2連覇したものの、ロンドン五輪では除外されてしまった女子ソフトボール。
先日の世界選手権で、42年ぶりに優勝したと報道が!(^o^)北京であれだけ大きく騒がれたのに、
五輪種目から除外されたせいで、マスコミの注目は急降下。世界選手権前の壮行会には、
TVカメラが全く来なかったとか。何だかなぁという気がしますね。
関連記事
entry_header

御礼・ブログ開設7周年☆

お陰様で、今日でブログ開設7周年となりました!(^o^)
これまでご来場いただいた皆様、本当にありがとうございます。m(__)m

SNS全盛の中、月間記事数が開設当初よりは格段に落ちましたが、
やはりそれぞれの特性や一長一短があります。
そんな中で、平行してブログもぼちぼちと続けてきました。

出来るだけ毎日更新を目標にアップしていきますので、どうかご贔屓に
宜しくお願いします。(^_^)
関連記事
entry_header

愛知芸術文化センター フレッシュコンサート


今日は、先週末の仕事の振替休み。

昼前から出掛けて、Sax吹き仲間・ばーばるさんがご出演の演奏会に行ってきました♪
ピアノとサクソフォーンによる‘夏の日のものがたり’と題して、ダマーズのヴァカンスを
始めとした、この季節にピッタリのプログラム。

愛知県の企画で、毎月1回企画されているこのフレッシュコンサート。
無料ということで、ご年配を中心とした常連さんが多数いらっしゃるようです。
今日も、150席がほぼ埋まってました。
トークの上手いばーばるさん、お客さんの興味を上手に惹き付けちゃうのは流石。(^^)

終了後は、ばーばるさんのお知り合いの皆さんと、建物内10階にあるウルフギャング・
パックでランチをしながら色々お話出来て、本当に楽しかったです。(^o^)

ばーばるさん、お疲れ様でした~。
関連記事
entry_header

演奏会のご案内(2012年7月下旬)

♪2012年7月
♯2012年7月20日(金)19:00開演
  愛知・春日井市 文化フォーラム春日井・交流アトリウム
  夜コン「サックス de ナイト with パーカッション」・・・終了★
   NWSサクソフォンカルテットwithあけみ
   ☆出演:藤原 愛子(ss)/柴田 沙耶香(as)/佐野 功枝(ts)
       真室 香代(b)/平林 明美(per)

♯2012年7月21日(土)15:00開演
  東京・新宿区 石森管楽器 B1F イベントスペース
  東日本大震災支援 チャリティコンサートシリーズ
   ライフ-ワーク プロジェクトVol.5 「愛の花をあなたに」・・・終了★
   ☆出演:Vo北條 聖子・Pf小埜寺 美樹・Sax宮崎 真一各川 芽
  *リンク先はFacebookのページです。

♯2012年7月25日(水)12:15開演
  愛知・名古屋市 愛知芸術文化センター フォーラム�(2F)
  フレッシュコンサート No.73
   『ピアノとサクソフォンによる”夏の日のものがたり”』
・・・終了★
   ☆出演:デュオ・セゾンフォーレ
関連記事
  • MUSIC
  •  comments(-)
  •  trackbacks(-)
  •  top△
entry_header

全英オープンゴルフ アーニー・エルス選手 大逆転優勝&イチロー選手 NYヤンキースへ電撃移籍

両方共に、本当に衝撃的ななニュースでした。(((・・;)

まずは、日本時間の昨日の明け方に決着した全英オープンゴルフ。
TVOAスタート時には、既に日本人2選手はホールアウトした後。
結局、25時過ぎまで観戦。
好天が続いた3日間とは違い、強風が勝負の行方を左右した最終日。
タイガー・ウッズ選手は、前半でトリプルボギーを叩き優勝戦線から離脱、
正に万事休す。
トップを走っていたオーストラリアのアダム・スコット選手は、
出入りの激しい内容で自滅。

上位陣が次々とスコアを落とす中、南アフリカのアーニー・エルス選手が
じわじわと追い上げ、とうとう逆転優勝。寝る時には、確か6打差の
7位ぐらいだったのに。結果を知り、本当に驚きました。
これだから、全英は何が起こるか最後まで判らない。。

そして今朝、出勤前まではTVで何も報じて無かった筈ですが、出勤後にネットの
ニュースで知った、イチロー選手のヤンキースへの移籍。
ヤンキースvsマリナーズの試合がシアトルで開催される予定で、ヤンキースとしての
選手登録が終わった後の発表だったとか。
早速ヤンキースのメンバーとして、背番号31を付けて8番・レフトでスタメン出場。
不振の今シーズン、特にここ何試合がノーヒットが続き、このままだとまさか
マイナー落ちか自由契約か?!思いましたが、移籍は考えてもなかった。。(((・・;)
移籍後初安打を記録し、いきなり敵地となったシアトルのお客さんへ別れのアピール。
若手ばかりのチームメンバー構成や、残り少ない選手生活を考えた末に移籍を自ら志願。
記者会見では言葉に詰まったとのこと、余程の想いと覚悟を持っての決断でしょう。
大リーグ屈指のビックチームへの移籍、彼らしく頑張って欲しいです。
夜のニュースを観なくちゃ。
関連記事
entry_header

大相撲名古屋場所 大関・日馬富士関 初の全勝優勝!


今年の名古屋場所、あまりニュースで話題にならず、盛り上がって無いのかなと
気になってました。ま、世の中よろしくないニュースか続いてたというのはあります。

がしかし、終盤に来て優勝争いが話題になり、ナント千秋楽は全勝同士の対決と知って、
これは観なくてはと。

全勝同士の優勝対決は29年ぶり、そして横綱vs大関の全勝対決は昭和24年以来とか。
どんな内容になるのかとハラハラしましたが、意外にも一方的に日馬富士関が
押し込んだという印象。上手く攻め立て、攻略したなと。
横綱は、何だからしくないなーという感じ。支度部屋に戻る途中、足が止まって
肩で息をする場面が映ってましたし。あまり体調が良くなかったのか?

表彰式のインタビューでは、次は横綱という話題も。秋場所が楽しみになってきました!(^o^)

しかし、今場所は愛知県体育館で観られなかったのが、本当に残念でした。
やっぱり、三連休に行けばよかったな。

ちなみに、今年の千秋楽の守山区の陸上自衛隊 第10音楽隊が担当されました。
元々は、第10音楽隊が担当されていましたが、ある年だけ都合悪く、代わりにアマチュアな
うちのバンドにお鉢が回ってきて以来、ずっと担当してきたという経緯があります。
ま、今回元に戻ったということで。(^_^;)
関連記事
entry_header

全英オープンゴルフ開幕

先月から今月始めに掛けてのウィンブルドンテニス、2週目はスコットランドの
セント・アンドリュースでのワールド・サクソフォン・コングレス、そして今週は
ロイヤルリザム&セントアンズGCで昨日から始まった全英オープンゴルフ、
深夜にも関わらずTV観戦してます。(^_^;)
いよいよ来週からは、ロンドン五輪も始まるし、イギリス一色な今日この頃。 寝不足不可避なところ。。

昨日今日の予選ラウンドの結果、武藤 俊憲選手が-1の15位タイ、ルーキーとして
注目度赤丸急上昇中の藤本 佳則選手が+1の40位タイと、日本人として2選手のみが
予選通過。石川 遼選手は、2日共に上がり5ホールで大きくスコアを落とし、
+6の109位タイで予選落ち。昨シーズンから中々良い結果が出せず、このままでは
スポンサーとの関係はどーなって行くんでしょうね。

同組だったアメリカのトム・ワトソン選手が、最終18番ホールで執念のバーディーで
+3の68位タイと、予選通過ラインギリギリで突破!
明け方27時半頃でしたが、眠気もふっ飛ぶカッコ良さでした~。(^o^)
そして、タイガー・ウッズ選手がトップと4打差の-6で3位と、優勝を狙える位置に
付けてるので、今日からの決勝ラウンドはかなり盛り上がること間違い無しです。
大スキャンダルからある程度時間が経ち、よくぞここまで戻してきたなというところ。

ただ、毎年天候に左右されやすいこの大会、波乱はあるのかどうなのか?
個人的には、藤本選手に注目してます!(^o^)
関連記事
entry_header

フランソワ・シャプラン ピアノリサイタル@電気文化会館. ザ・コンサートホール



昨日の名古屋は、強烈な猛暑日!(+_+) 最高気温が36℃を観測、夜になっても
全く気温が下がらず、エアコンが効かないくらいで。(´Д`)
がしかし一転、今朝は曇り空、早い時間から雨が降り始める予想外の天候。

そんな日の空気にピッタリだった、今日の演奏会。
フランスのヴェルサイユ音楽院のピアノ科教授でもある、フランソワ・シャプラン氏の
リサイタルに行ってきました。
東京のリサイタルは完売とのことでしたが、今日は7割ぐらいだったでしょうか。

プログラムは写真の通り、かなりな玄人好みの内容で、個人的には好きな曲ばかり。
冒頭、ドビュッシーの映像からなのが、ホントたまりません!(^.^)
フォーレは初めて聴く曲がありましたが、特にノクターンは良いですね♪
聴きながら、自分自身が「そこにいる」ことさえも忘れそうになりそうな、
何だか不思議な感覚が。 (^.^)まるで、魔法に掛かった気分?
アンコールは、ショパンのノクターン 遺作&マズルカと、モーツァルトのソナタ。
関連記事
entry_header

梅雨明け


暑中お見舞い申し上げます。

先週末から、これでもかっ!という暑さが続く今日この頃。。(´Д`)
天気図を見たら、いつの間にか梅雨前線が北上してて、もしかして梅雨明け間近?と
思った途端に、一昨日気象庁から梅雨明け宣言が。
そんな一方で、北九州山間部を中心に、甚大な豪雨被害に遭われた方々には、
心よりお見舞い申し上げます。

夕方、外出仕事から事務所へ戻る途中、沢山の荷物を抱えた小学生と何人もすれ違いました。
学校は、いよいよ夏休み。昔は、海水浴やプールが楽しみで、梅雨明けを心待ちに
したものです。今や、猛暑がやって来ると思うと。。(+_+)
外出仕事が続くので、熱中症には、本当に気を付けなきゃ。

写真は、先月仕事で行った知多市新舞子付近、遠くに新舞子海水浴場が見えます。
今や、多数の人達が毎日押し掛けてることでしょう。
関連記事
entry_header

名古屋マーラー音楽祭「千人の交響曲」@愛知県芸術劇場 大ホール



3連休最終日。
来週末からお盆前の、ハードなスケジュールの前の束の間の休息という連休となり、
今日もお陰様で仕事は無く休みに。
海の日だからという訳ではなく、朝から自宅近郊の映画館で「BRAVE HEARTS OF 海猿」を
観てきました。

さて、昨夜は以前から楽しみにしていた名古屋マーラー音楽祭 第2部演奏会
マーラー 交響曲第8番「千人の交響曲」を聴きに、愛知県芸術劇場へ。
コンサートホールではなく、大ホールが会場でした。

名古屋マーラー音楽祭は、昨年のマーラー没後100年に合わせ、東海地区のアマチュア
オーケストラが集まり、各団体1曲ずつの交響曲を演奏していく世界初の演奏会。
残念ながら昨年は1度も聴きに行けなかったのですが、この8番だけは過去に
生で聴いたことがなく、この先にも聴けるかどうか判らないと思い、
絶対に行こうと思ってたんです。
がしかし、そんなことすっかり忘れてて、facebook上であるピアニストの方が
この演奏会について書かれて無かったら、危うく逃すところでした。(^_^;)
昨夜と今日の昼間の2公演になっていましたが、今朝映画を観に行く予定の関係で、
急遽昨夜出掛けてきました。

ロビーには、マーラーの写真入りタペストリーが幾つも飾られ、関連グッズまで発売。
プログラムパンフレットは写真のような立派な物で、表紙裏には大村 秀章愛知県知事・
河村 たかし名古屋市長・高橋 治朗名古屋商工会会頭と、そうそうたる面々の祝辞が並び、
多数の地元大手企業の広告が掲載されてました。

パンフレットに音楽祭の開催経緯が書かれていたのですが、元々は東海高校の
OB団体のメンバーによって全曲演奏会を構想・発展していったんだとか。
その為にNPO法人を設立、音楽祭の運営委員会・実行委員会を立ち上げ、
運営委員として地元の音楽学者・藤井 知昭氏や今回の8番の指揮者・井上 道義氏に、
愛知県合唱連盟・愛知県や名古屋市の文化財団・日本アマチュアオーケストラ連盟・
名古屋商工会等の各組織のトップらが参加。
今回参加したオケは9団体。名古屋大学を始めとした、大学オケのOB団体が多いようです。
当初は、名古屋市内の団体のみに打診がなされたものの、時期や編成の関係で
中々参加が決まらず、最終的には東海地区全体への参加打診となったこと。
また、昨年は愛知県合唱連盟50周年の記念行事等がある関係上参加不可能との
返答がありながら、8番に限ってはビックスケールの曲であり、音楽祭のフィナーレを
飾る意味で、敢えて1年越しでの実現となったとのこと。
そして、今年の開催の為にNPO法人の企画として提出、見事2年前からホール予約が
実現したこと。
ちなみに、名古屋での8番の演奏は、今回で4回目となる経緯が藤井 知昭氏によって
解説されていました。

いやはや、全てにおいてアマチュア演奏会の域を完全に越えた『一大プロジェクト』と
言ってよい内容に、ただ驚くばかりです。(((・・;)

さて、昨日の演奏会。ソリストは、以下のメンバー。
☆ソプラノ:菅 英三子、小川 里美、小林 沙羅
☆アルト:三輪 陽子、ニン・リャン
☆テノール:永田 峰雄
☆バリトン:三原 剛
☆バス:オットー・カッツァマイアー

指揮の井上氏は、ステージ上の約1000人ものメンバーや会場の聴衆約2500人を、
1時間半に渡ってグイグイと導いて行きました。どのソリスト方々も、素晴らしい快演!
合唱も、流石は愛知県の合唱団らしくハイレベルでしたし。
オケは、9団体有志によ編成。
弦楽器は非常に豊かに鳴ってましたが、管楽器はトゥッティではある意味誤魔化しが
効いてたものの、ソロになるとピッチ・音色・フレーズ感に難点があったのが非常に残念。
せっかくここまでやるならば、もっと勉強された方が良いのにと思ったり。。
そう言えば、オケのメンバー表に私の母校の大学のOBの名前を見つけて、ビックリしました。
帰宅後、同窓会名簿を見て改めて確認。7つも上の方なので全く面識はありませんが、
非常に名字が珍しい方なので、何となく覚えてました。まさか、この地区にいらっしゃるとは。

終演後、井上氏から各団体の紹介がされたり、昨年のこの音楽祭 全演奏会を
聴きに行った(約100名いらっしゃるとか)という方々 に手を挙げていただいたり、
音楽祭実行委員会が招待した宮城県の震災被災者の学生さん達を紹介した後、
井上氏からの「お客さんも入ってもらって、記念写真を撮りたい。」という希望により、
大撮影会となりました。(ちなみに、会場撮影は終演直後から自由に許可されていました。)
私は、4F下手バルコニー席だったので、撮る側だったということで。 (^_^;)

いやはや、このような演奏を堪能できたのも、演奏会をやろうと立ち上がった方々のお陰。
その勇気と行動力に、拍手を送りたいです。(^o^)
関連記事
entry_header

第16回 ワールド サクソフォン コングレス in セント・アンドリュース

 今日は、午前中のみ仕事でした。
予定より少し早起きし、6:10からNHK-BSでN響の5月の定期演奏会を視聴。
須川 展也先生が、ソリストとしてドビュッシーのラプソディを
演奏された回です。Sax吹き仲間・Thunderさんのブログで、この演奏会を聴きに
行かれたについての記事を読んでいたので、非常に楽しみにしていました♪
映像と共にこの曲を聴いたのは、考えたら初めてのような。

 さて、7/10(火)~15(日)の6日間、スコットランドのセント・アンドリュースで、
第16回 ワールド サクソフォン コングレスが開催中です。
世界各国から、1000人近いSax奏者・関係者が集まっての3年に1度のイベント。
日本からも何人かのSax奏者の方々がご出演・参加されているとのこと、
原 博巳さんのブログでは、現地の様子を垣間見ることが出来ます。
 また、Sax吹き仲間・kuriさんらのTsukuba SQが、アマチュアとしての参加ながらも、
多数の聴衆を集め、大変盛況だった様子がfacebookにアップされていました。
前回の開催地だった、タイのSiam SQのメンバーのとの写真もありましたね~。(^.^)
facebookが全世界的に利用され、現地ではオフ会みたくなってるんじゃないかと
思われますが、演奏会を含めてkuriさんに是非直接伺ってみたいものです。

 コングレスのfacebook公式ページには、多数の写真や記事がアップされています。
オープニング コンサートでは、アルノ・ボーンカンプ&ブランフォード・マルサリス両氏が
演奏する写真がアップされてました。
 そして、今年揃って80歳になるジャン=マリー・ロンデックス&ユージン・ルソー両氏の
写真なども。お2人方共に、私の学生時代には毎年のように来日されていましたが、
その演奏を聴きたいが為に、時には関西や山陽方面へ出掛けたたものでした。

 昨日の休みは決まった予定が無かったので、Adolphesax.com配信のUstライブを視聴。
但し、The Byre theaterという会場での演奏のみの配信になっています。
後日、今回初の試みとしてコングレスの全演奏が、アーカイブとしてAdolphesax.comに
アップされるとか。*こちらから

 何たって、現地時間朝9時が日本時間の17時という8時間差。
昼間は前日の演奏をアーカイブからチェック、夕方からライブ配信を視聴しました。
コングレスを聴くと、一度に多数の奏者の方々の様々な音色・音質・スタイルに
出会うことが出来るのが面白いところ。
 大学1回生の時の1988年の川崎のコングレスを聴きに行った時は、こんなにも違うのかと
ただ驚いた記憶が。ビュッフェ・クランポンの楽器が、まだ普通に使われていた時代でも
ありましたし。
そういう意味で、本当は生で聴くのが一番面白いのですが、せめてこのような形で
遥か極東の地からネット視聴出来るだけでも、大変ありがたいです。

 コングレスは今日で閉幕、次回2015年はフランスのストラスバーグというアルプスに
近い街での開催予定。
関連記事
entry_header

セントラル愛知. 7月定期@しらかわホール


ベターっとした名古屋の夏らしい湿気で、毎日不快指数100%な
今日この頃。
昨日は終日内勤でしたが、室温が夕方に向かってドンドン上昇、
帰る頃には32℃!(+_+)命の危険を感じるのは、私だけでしょうか。。

そんな勤務先を18時過ぎに脱出し、徒歩でしらかわホールへ。
セントラル愛知の7月定期を聴いてきました。
ここ数年、7月は愛知県芸術劇場での開催が続いてましたが、
今回はモーツァルトメインのプログラムということで、
しらかわホールのままの模様。

冒頭、セントラル愛知 首席Tb奏者・松谷 聡美氏のソロで、
ワーゲンザイルのコンチェルト。アルト・トロンボーンで、
この時代に作品があったとは知らず、ビックリです。
Tbの女性奏者と言えば、私が学生時代には新日フィルで
宮下 宣子氏が首席奏者でしたが、オケの女性奏者は
いらっしゃらないもんなんですね。

そして、ピアニスト・三輪 郁氏のソロでのモーツァルトの
コンチェルト22番。軽やかな演奏に、この時代のウィーンの
華やかさが見えてくるよう。
アンコールは、モーツァルトの4手の為のソナタに、
ナント指揮者・齊藤 一郎氏が参加しての演奏に、
会場は更に盛り上がりました!(^.^)

後半は、モーツァルトのシンフォニーの40番。
個人的には、もう少しあっさりめで良かったかなーと思ったのは、
天気と気温のせいだと思うことにします。(-.-)
関連記事
entry_header

演奏会のご案内(2012年7月前半)

♯2012年7月3日(火)19:00開演
  東京・渋谷区 津田ホール
  CDリリース記念スペシャルコンサート
  カルテット・スピリタス「THE QUARTET」
・・・終了★

♯2012年7月7日(土)16:00開演
  愛知・名古屋市芸術創造センター
  中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2012・・・終了★ ご来場ありがとうございました!

♯2012年7月7日(土)18:30開演
  東京・新宿区 ドルチェ楽器 管楽器アヴェニュー東京 アーティストサロン“Dolce” 
  クラシック音楽の世界へ~サクソフォーンでその魅力に迫る~・・・終了★
   ☆出演:Sax・山下 友教・椎木 健太郎、Pf・大嶋 千暁

♯2012年7月9日(月)19:00START
  愛知・名古屋市 栄・Live DOXY
  NWSサクソフォンカルテットwithあけみ・・・終了★
   ☆出演:藤原 愛子(ss)/柴田 沙耶香(as)/佐野 功枝(ts)
       真室 香代(b)/平林 明美(per)

♯2012年7月10日(火)19:00開演
  東京・渋谷区 古賀 政男音楽博物館内 けやきホール
  完戸 吉由希 サクソフォン・リサイタル・・・終了★

♯2012年7月12日(木)19:00開演
  東京・国分寺市立いずみホール
  坂東 邦宣 サクソフォンリサイタル~American Pieces~・・・終了★

♯2012年7月14日(土)18:00開演
  東京・新宿区 ドルチェ楽器 管楽器アヴェニュー東京 アーティストサロン“Dolce”
  田村 真寛 サクソフォーン サロンコンサート・・・終了★
関連記事
  • MUSIC
  •  comments(-)
  •  trackbacks(-)
  •  top△
entry_header

完戸 吉由希 サクソフォン リサイタル@古賀政男音楽博物館 けやきホール


今日は有休を使い、先週に続いて、またまた日帰り上京してきました。

昨夜のあおりを受けて?!、予定より遅く起きてしまい、新宿の某リペア室には
かなーり遅れての到着に。(^_^;)
S&A・Saxをまとめて2本預けてから、少し時間があったので、浅草寺のほおずき市へ。
偶然、昨日今日の開催を知りましたが、東京在住時に中々タイミング良く訪れる事が
出来なかったんです。都内は、今週末がお盆なんですよね。
快晴の中、スカイツリーを綺麗に眺めることも出来ました。(^o^)

慌ただしく新宿へ戻ってからは、今日のメインである國末先生のレッスンを
ドルチェ楽器で受講。トップ記事にも書いてある通り、来月8/12(日)に迫った
三鷹市での発表会では、國末先生とまたまたDuoでの参加をお願いしています。
詳細は近日アップしますので、皆様どうか是非ご来場下さい♪m(__)m
あと1ヶ月、悪あがきの日々が待っております。。(;´д`)

そして、今夜は若手Sax奏者・完戸(ししど)さんのリサイタルを聴きに行ってきました。
会場は、完戸さんのお師匠様・田中 靖人さんを始めとしたベテランから中堅・
若手奏者な方々や音大生、ご年配の多数の完戸さんファンな方々と、幅広い年代が
集まる大盛況ぶり。ちなみに、今日はSax吹き仲間の大先輩・Thunderさんが
私のお隣の席にいらっしゃいました。(^_^)

完戸さんと初めてお会いしたのは、昭和音大を卒業された辺りと思われる約4~5年前の
浜松のアカデミーで。その後、フランスのヴェルサイユ音楽院に留学されたことは
知っていましたが、昨年の8月の発表会前日、ドルチェ楽器でのレッスン時に
練習に来られていたところにバッタリと再会。
ちょうど留学を終えて、帰国されたばかりだったとのこと。
福島県南相馬市原町区にあるご実家が震災で甚大な被害に遭われた話をSax吹き仲間な
皆さんから聞いていたので、お見舞いをお伝えしつつ、現地の様子を色々伺ったのでした。

今回、フランスから帰国して約1年後のリサイタル。
前半はドビュッシーやパスカルにクレストンという、フランスやアメリカのオリジナル
スタンダードを。後半は、フランスのフランソワ・ロセ氏がパリ音楽院の学生時代に
ジャン=マリー・ロンデックス氏の為に作曲したという「彷徨い、錯乱のトリネコ」、
国立音大からパリ音楽院へ留学・卒業された若手作曲家・台信 遼氏の「Spinning tall」
という現代曲が2曲続いた後、ヒンデミットの作品11-4のヴィオラソナタで締める構成。
計6曲・約1時間半でしたが、クリアで豊潤&芳醇な響きに満たされた、本当に幸せな
ひと時でした。(^.^)アンコールは、ジェローム・ノレとダマーズの「バカンス」。
終演後は、入口にいらっしゃった完戸さんに、何とかチラリとご挨拶出来ました。(^^)
ちなみに、プログラムの裏表紙には『Merci beaucoup またお会いしましょう』と
書かれています。(^.^)

早々に会場を後にし、電車の乗り継ぎを駆け足で頑張って!、先週と同じ終電2本前の
新幹線に飛び乗りました~。(^_^;) いやー、今日も長い1日でした。

さて、いよいよ第16回ワールドサクソフォンコングレスが、スコットランドの
セント・アンドリュースで、日本時間の明け方からスタートします。
今回は、Adolphsax.comのサイトで、Ust生中継だけでなく、アーカイブまで
観ることが出来るとか。時差のあるアジア・オセアニア地域には、非常に有難い話。
どんな演奏会になるのか、本当に楽しみです!(^o^)
関連記事
entry_header

ウインブルドンテニス2012 男女シングルス決勝

先月半ばからスタートした、ウインブルドンテニス。
女子の決勝は土曜日の深夜、男子の決勝は日曜日の深夜に開催され閉幕。

女子の決勝は、ウィリアムズ姉妹の妹で30歳のベテラン セリーナ・ウィリアムズ選手が、
若手急成長株のアザレンカ選手に対して、圧倒的なサービスエース等などを武器に優勝!

男子の決勝は、フェデラー選手が、地元のマレー選手を逆転しての優勝!
1セット先行したマレー選手に、2セット目で追いすがり、3セット目序盤で降雨中断。
この時点で私は寝てしまいましたが、結局センターコートの屋根が閉められた状態で再開し、
流れはフェデラー選手に来たまま、地元の大きな期待を叶えられずにマレー選手が敗退。
フェデラー選手は、ここ数年ジョコビッチ&ナダル両選手に押され気味。
昨年はグランドスラムでの優勝がなく、かなり影が薄くなった印象でしたが、
ベテラン復活を大きく印象付けたゲームでした。(^o^)

いよいよ月末開幕が迫ったロンドン五輪のテニス競技が、ウインブルドンで開催されますが、
個人ではなく国を賭けた大会、一体どんな感じになるんでしょう? (^.^)
関連記事
entry_header

NWSサクソフォンカルテット with あけみ@DOXY


最近、日に日に暑さが増してきています。
勤務先事務所内は人が多いせいか、室温が常に29~30度、熱中症が本当に心配。(+_+)
クールビズで、半袖シャツ1枚なのに、額に汗がにじむし。。

そんな事務所を早々に脱出したかったのに、取引先からの電話で引き留められましたが、
何とか18時半前に事務所を脱出し、栄のDOXYへ。
NWSサクソフォンカルテットのライブを聴いてきました。

到着すると、既に8割は席が埋まっており、スタート30分後には満席になる大盛況!
メンバーの生徒さんを中心に、多数いらっしゃってました。
このカルテットで、ホールでの演奏は何度か聴いていましたが、至近距離だと
また違いますね~♪ (^.^)

プログラムは久石 譲メドレーからスタート、ピアニスト・山内 敦子氏の伴奏による
各メンバーのソロを挟み、パーカッション奏者・平林 あけみ氏のジャンベを加えた
クインテットでジョン・マッキー「ストレンジ・ユーモア」、ライブハウスの
特性を生かしたJacobs TV「JESUS IS COMING」のような電子音楽、邦人作曲家の
作品等など、かなりの幅広さ。
佐野さん&柴田さんのMCトークでも、大いに盛り上がりました~。
写真は、終了の集合写真撮影に便乗。(^^)

来週末は、トップ記事にもアップした通り、春日井市の文化フォーラム春日井での
演奏もあるようなので、昨夜行けなかった方々は是非そちらへ♪

しかし、暑さが乗じて、ライブ中はホントにビールばっかり沢山飲んじゃいました。。(^_^;)
関連記事
entry_header

庄内緑地公園 わいわいランニング・2回目


昨日の本番が終わったばかりですが、今朝は7時前に起床し、
先月に続いてランニングイベントに参加してきました。
11月の岐阜県・いびがわマラソン ハーフマラソンに
ぎりぎりエントリー出来たので、夏も頑張って練習しなくては
なのです!(^_^;)

庄内緑地公園へ8時過ぎに到着、外周コースを1周ゆっくり走った後、
9時からのグンゼスポーツクラブのランニング教室に参加。
朝から快晴の良い天気でしたが、昨夜涼しかったせいか、
普段よりやや湿度は低めでした。
それでも汗が吹き出すように流れ、水分補給は欠かせません。

今春のナゴヤウィメンズマラソンのTシャツを着ている方が
いらっしゃって、話を伺うと中々の好タイムで完走された様子。
ただ、それ以降全く練習してなかったので、再始動の為に
参加したとか。来春のナゴヤウィメンズマラソンのエントリーは、
9月上旬らしいので、名古屋シティマラソンとの兼ね合いで、
参加をどうするか決めなくちゃ。

終わってからは、ファミレスに移動して写真のモーニングを
食べながら、皆さんの過去の大会参加のお話等々のマラソン談義を
伺いました。ほぼ毎日や週3回と、朝から走られてる方々も
沢山いらっしゃるんですよね~。(+_+)
私も、ぼちぼち頑張っていきます。
関連記事
entry_header

七夕に『たなばた』終了&ご来場ありがとうございました♪


中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2012、無事に終了しました♪
ご来場の皆様、本当にありがとうございました。m(__)m

昨夜は、名古屋市内激しい雨で、地域によっては雷が鳴ってた様子。
今朝も小雨模様で心配でしたが、昼過ぎから薄日が差し始め、
開演時間にはすっかり良い天気になってホッとしました~。(^.^)
写真は、今朝の会場入りの時に撮ったもの。

七夕の日の演奏会ということで、一昨年7/9(土)のサマーコンサートに
続いて酒井 格氏の「たなばた」をメインに、星や月に関連する曲を
プログラムに取り上げました。
恒例として、NHK 大河ドラマ「平 清盛」のテーマを演奏。
吉松 隆氏作曲ということで、練習は相当手こずりましたが、
本番は何とかなったはず?!(^_^;)
アンケートで、TVで聴くよりも断然いい!との声をかなり
いただきました。もちろん東フィルの演奏が断然素晴らしいのですが!、
やはり生で聴くと違う印象を持たれるのは当然でしょう。
ちなみに、ミュージックエイト版での演奏でした♪

1月の定期演奏会以降、木管女性メンバーの結婚・出産ラッシュで、
団員数が一気に減ってしまい、演奏や運営、はたまた演奏会の動員に
かなりの影響が出たことは否めません。。
また新たなメンバーに、ドンドン入っていただきたいものです。
全パート、絶賛大募集中です!

次回は12/16(日)の定期演奏会になりますが、近くなりましたら
またお知らせします♪(^o^)

個人的には、来月の発表会に向けて頑張らなくては~!です。(^_^;)
関連記事
entry_header

本番直前のご案内・7/7(土)中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2012

サマコン2012
※いよいよ週末に迫った、所属バンドの演奏会です♪終了まで2番目の記事にUPします。

 今年は、たなばたの日の演奏会ということで、星・月にまつわる曲を集めて
お届けします☆ご来場いただける方は、どしどしコメント下さい!(^^

    中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2012    
    *日時:2012年07月07日(土) 16:00開演
    *会場:愛知・名古屋市芸術創造センター
    *指揮:西谷 容一
    *入場料:前売500円・当日700円
     ※都合により、前売券の販売は当団 団員からの直接の
      販売のみとなっております。
    *プログラム:
     酒井 格/たなばた
     小長谷 宗一/スター・パズル・マーチ
     L.ハーライン(S.ネスティコ)/星に願いを
     吉松 隆(本澤 なおゆき)/「平 清盛」テーマ
     久石 譲(森田 一浩)/「もののけ姫」セレクション
関連記事
entry_header

七夕に『たなばた』


いよいよ明日、本番を迎えます。

18時過ぎには勤務先を脱出し、金山の名古屋音楽プラザへ。
今夜は、5階の合奏場での練習でした。
本番直前の練習は、ゲネプロとして通し練習します。
しかし、昼過ぎからの雨で、強烈な湿気に閉口。(+_+)
リードの反応や、タンポの動きが悪すぎます。。(T_T)

明日午前中は雨予報ですが、昼過ぎから曇りの予報。
何とか良くなればいいなぁ。せっかくの七夕の日なのに☆
そんな訳で、明日は酒井 格氏の「たなばた」を演奏します♪

ではでは、多数の皆様のご来場をお待ちしております!
関連記事
entry_header

カルテット・スピリタス「THE QUARTET」@津田ホール


そして、今日のメインイベント。

今夜は、津田ホールでカルテット・スピリタスのリサイタルを聴いてきました。
ょうど1年前の今日、知多半島の武豊町でのリサイタルを聴いてたんですよね。

プログラムは、マルセル・ミュール四重奏団の為に書かれた作品の数々。
冒頭、いきなりリュエフで気合い入ってる感が。(((・・;)
ランティエ・ピエルネ・クレリス・ヴェロンヌ・シュミットといった、
フランス古典作品。
そう、正に私が学生時代から聴き続けたり、演奏経験のある作品ばかり。
アンコールは、初めて生で聴いたメンデルスゾーンの無言歌集。
メンバー同士の会話を聴いているかのようだったり、バズルのピースをはめ込む
ようなパッセージだったり、ハッとする弱音の繊細な美しさだったり。
こだわりを感じた、あっという間の2時間でした。

会場には、プロ・アマ・音大生と、ほぼ満員の大盛況。
お知り合いな皆様全員にお声掛けできず、残念でした。
今回、指定席での発売で、ネットで購入したんですが、右隣に偶然Sax吹き仲間の
mckenさんが来られて、本当にビックリでした!(^^;;

そうそう、昨日横浜みなとみらいホールで開催された、ボルドー音楽祭に出演の為に
来日中のジェローム・ララン氏も来場されてましたね~。
名古屋でも、是非また演奏を聴きたいです。(^.^)

残念ながら、終演後のサイン会に並ぶことなく会場を後にし、一路東京駅へ。
終電2つ前の新幹線に乗って、日付が変わる前に帰宅しました~。
明日も、8時半に出勤出来るように頑張らないと。(^_^;)
関連記事
entry_header

BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展@東京オペラシティ アートギャラリー


今日は先月分の代休を取って、午後から東京都内の展覧会&演奏会へ
行ってきました。

12時ちょうどに自宅を出発、地下鉄を乗り継いで、名古屋駅12時53分発の
のぞみに乗るという、奇跡的な速さ!?で出発、東京駅に14時半に到着。
そのままJRと京王新線と乗り継ぎ、東京オペラシティのアートギャラリーへ。
フランスのカルティエ財団主催「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」を
観てきました。
フランスのカルティエのギャラリーでは一昨年開催され、大盛況との報道。
国内では、東京オペラシティで開催されると知ってから、絶対に行きたかったんです。

以前、名古屋パルコのギャラリーでも作品が展示されたのを観に行きましたが、
今回は断然スケールが違います!(^o^)
「わはは、何だこれ?!」と言いながら観れる楽しさが倍増。
『北野式ソーイングマシーン「秀吉」』『魂爺&魂胆』『そよ風をあなたに』は
特にお勧め。映像作品は、たけし軍団が勢揃いの体当たりコント。(^_^;)

そして、『ヘッドフォンから流れる音を聞いて、そのイメージを描いてみよう!』
というコーナー。3つのジャンル、9つの音が聴けるようになってました。
まず、3人のフランス人がそれぞれ会話する声。
ジョン・ケージ「危険な夜」&武満 徹「ア・ストリング・アラウンド・オータム」&
雅楽「越楽天」という、3つの現代音楽作品。
水中・風の音・街の喧騒と思われる、3つの風景。
来場された皆さんが思い思いに描かれた絵が飾ってありましたが、各々に違う
表情があるのが面白かったです。(^.^)

帰りに、図録を購入。
巻頭には大人気アーティストの奈良 美智氏、巻末にはアラーキーこと写真家の
荒木 経惟氏のコメントが。
本当はカルティエ財団発行のものが欲しかったのですが、料金が3.5倍違ってたので、
二の足を踏んでしまったんです。(^_^;)

本当に色々楽しいので、1300円出して行く価値はありますよ~。
関連記事
entry_header

サッカー EURO2012 スペイン連覇達成☆&ロンドン五輪 サッカー男女日本代表メンバー発表


日本時間の昨日の明け方、とうとう決勝が終わりました。
政治経済では危うい問題を抱えるEUROですが、サッカーとなると
話は別ってことを改めて実感した約1ヶ月。
世界中の人々が、スパースターのプレーに熱狂したイベントでした。

勢いの付いてきたイタリアが、王者・スペインに何処まで渡り合えるか?!と
言われてきましたが、蓋を開ければ前半であっけなく流れが決まってしまうとは。(((・・;)

先制は、前半14分にスペインが見事なパスワークで、カテナチオと言われる
イタリアDF陣を翻弄、あっという間にゴールが決まっちゃった感じ。(゜ロ゜;
前半40分には追加点を許し、後半も2失点。準決勝のヒーロになった
バロテッリ選手は、完全に封じ込められたまま。ちょっとは、期待したのに。
怪我人が続出の上に交代枠を使い切り、最後には10人で戦うしかなかったという不運。。

結局、4-0の圧勝でスペインがEURO連覇初の達成☆ 2010年のW杯から3連覇と、
正に無敵艦隊。(+_+)写真は、中日スポーツから。

EUROの後は、いよいよロンドン五輪。
昨日は、男女サッカー代表メンバーが発表されました。
特に、男子のメンバーには色々波乱もあった様子で、賛否両論あるようですが。
開幕戦でスペインと対戦しますが、一体どんな展開になるのかがかなーり心配。(^_^;)
なでしこメンバーは、妥当な様子。
沢 穂希選手は、相変わらず体調が今一つのようで、スタメンは厳しい?
マルカリこと丸山 恵里香選手が代表に復帰、またチームがガラッと変わりそうな予感も。
男子はまずは決勝リーグへ、なでしこメンバーはもちろん頂点を期待したいです!(^o^)
関連記事
entry_header

Skyblue Wind Orchestra 第2回定期演奏会@半田市文化福祉会館 雁宿ホール


一昨日は、来週末のバンドの演奏会のチラシ挟み込みの為、朝から港区→半田市へ
2団体の演奏会へお邪魔してきました。

半田市では、お知り合いのSax吹き仲間・しんべえさんらがご所属のSkyblue
Wind Orchestraの演奏会をそのまま聴きました。まだ創立3年目の、新しい団体とのこと。

ホルストやエルガーやスパークといった、イギリス作品を取り上げたプログラムでした。
今年は、ロンドン五輪があるということで、イギリスや五輪関連を基軸にした
プログラムを結構見かける気がします。

7月に入り、吹奏楽コンクール関連の話題を耳にすることが増えてきつつあります。
TVでもすっかり有名になった普門館の耐震問題で、中学・高校の全国大会が、
急遽名古屋国際会議場のセンチュリーホールに変更となりました。
仕事次第になりますが、チャンスがあれば行ってみたいと思います♪
関連記事
entry_header

ウインブルドンテニス2012 男子シングルス 錦織 圭選手3回戦敗退

昨夜、もう寝ようかという時に、ふと読んでなかった朝日新聞 夕刊TVを観たら、
録画OAではありますが、ウインブルドンテニスで錦織 圭選手の試合があるでは
ないですか!2回戦の後、次の日程を確認してなかった。(^_^;)
ということで急遽TV観戦、寝たのが27時になっちゃいましたが。

相手は、第9シード・アルゼンチンのデルポトロ選手。
長身を生かしたビックサーブでエースが取れる武器を持ち、ここぞというところで
使ってくる。流石は、4大大会優勝経験者、ここぞという時の決め方が違います。
観始めた時は、1セット取られた後の第2セット 第2ゲームから。
タイブレークまで持ち込んだのに、錦織選手のミスから自滅(+_+)、第2セットも失う羽目に。
1-1になっていれば、また流れは違ったかも。
途中、流れが来てた部分があったのに、生かしきれず勿体無かった~。
しかし、エアKと呼ばれるショットが決まると、客席が大いに沸きました。(^o^)
結局、3-0のストレート負け。でも、No.1コートと呼ばれる客席数が大いコートに、
日本人以外にも沢山詰めかけてましたね~。

全米オープンでベスト8に入り、期待された全仏オープンは腹筋痛で欠場。
さて、全英はどーなるかと言われていましたが、4回目にして全英初勝利だけでなく
シード選手として堂々としたプレー。これからも、益々世界中にファンが増えそうな。(^.^)

優勝戦線の行方は、まだこれからという感じですが、全仏王者のナダル選手が
2回戦で世界ランク100位台の選手に破れる波乱が。(((・・;)

芝コートがあまり得意と言われながら、2008・2010年は優勝しているだけに、
早々の敗退に驚きました。。facebookの公式ページでは、サッカー EURO2012の
スペイン代表の決勝進出に狂喜乱舞する写真が載ってましたけどね。(^.^)
関連記事

side menu

side_header

プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog