プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

演奏会のご案内(2011年4月)

*2011年4月3日(日)13:30開演
  愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
  ナゴヤサックスフェスタ2011・・・終了★   
   ☆出演:冨岡 和男・雲井 雅人サックス四重奏団・服部 吉之・田中 靖人
        東海地区を中心に活躍するサクソフォン奏者
        愛知県立芸術大学・大垣女子短期大学・名古屋音楽大学・名古屋芸術大学
        サクソフォン愛好家100人

♯2011年4月9日(日)16:00開演
  愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
  名古屋緑吹奏楽団 創立25周年記念第22回定期演奏会・・・終了★ 

♯2011年4月16日(土)11:30開演
  愛知・名古屋市 宗次ホール
  ランチタイム名曲コンサートvol.404 
   堀江 裕介サクソフォーンコンサート~バロックサックスへの試み~・・・終了★ 

♯2011年4月27日(水)19:15開演
  東京・渋谷区文化総合センター さくらホール
  Blitz Brass 第8回定期演奏会 
    Mobile Winds(中小編成バンド)の魅力!
・・・終了★

♯2011年4月29日(金・祝)14:00開演
  東京・豊島区 学習院創立百周年記念会館 正堂
  豊島区吹奏楽団 Spring Concert 2011・・・終了★

♯2011年4月30日(土)12:30開演
  東京・江戸川区 小松川さくらホール・多目的ホール
  第2回サクソフォン交流会・・・
   ☆客演指揮&アドバイザー・西尾 貴浩
  
♯2011年4月30日(土)14:00開演
  神奈川・横浜市 瀬谷公会堂
  田村兄弟 サクソフォン・デュオ・リサイタル・・・終了★
  ☆出演:田村 真寛田村 哲(saxophone)・白石 光隆(piano)
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

英国のロイヤルウエディング

昨日は夕方から仕事し、帰宅したのは20時半。
客先は近場だったものの、今日からの遠征等に備えて最後の買い物を
あれこれしていたらこんな時間でした。
なので、残念ながらリアルタイムでイギリス王室の結婚式が
観られなかったです。(>_<)

奥様となったキャサリン妃、華を持った方ですね。
ウエディングドレスがアレキサンダー・マックイーンというのが何だか意外でしたが、
シンプルなデザインで、反ってご本人の美しさが引き立った感じ。
意外に短いドレス丈でした。
年代物のカルティエのダイヤのティアラは、エリザベス女王が18歳の誕生日に
プレゼントされたものを借りたとか。
ドレスもティアラも、その気品に負けず身に付けられるところが流石だなと思います。

思い出されるのが、30年前の故・ダイアナ妃の時の結婚式。
当時、まだ小6だったので、色々な意味で憧れでしたね~。(*^^*)
ドレスも7mと長くて、ゴージャスな印象を受けました。

キャサリン妃は、一般家庭のしかも労働者階級出身ということで、
階級社会が根強い欧州ではシンデレラ物語として羨望の眼差しで見られてるとか。
ま、日本でも同じだと思いますが。(-.-)
いわゆる玉の輿に、早々巡り会える訳では無いでしょうから。

ともあれ、伝統的な王室に入り、今までと違う様々苦労も多いと思われますが、
どうか幸せになっていただきたいものです☆
関連記事

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

フィギュアスケート世界選手権 女子シングル ショートプログラム

波乱の幕開け、と言ってよいのでしょうか?
1年ぶりに試合出場の韓国 キム・ヨナ選手、ブランクを感じさせない素晴らしい演技で
トップに!2位に安藤 美姫選手、3位は開催地・ロシアの新鋭・マカロア選手。
確かに勢いありました。
浅田 真央&村上 佳菜子両選手は滑りに勢いがなく、精彩に欠けた印象がそのまま
点数に出た?
ペアでは、ロシアの川口&スミルノフ組が4位、高橋&トラン組は9位に。

今日は、他の競技も話題盛り沢山!
プロ野球は東北楽天が本拠地初勝利☆東京ヤクルトは連勝ストップ。
中日、また負けた。。ナゴヤドームはガラガラですね。(-.-)
Jリーグも、ベガルタ仙台が本拠地初勝利☆名古屋グランパス、
こちらはようやく勝ちました!
柔道 日本選手権では、鈴木 桂司選手優勝☆ベテランの技でしょうか?

明日は、ゴルフの中日クラウンズが3日目に突入ですが、残念ながら観に行けません。(T_T)
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

フィギュアスケート世界選手権 男子シングル 小塚選手銀メダル☆

昨日行われた男子シングル フリー、残念ながら仕事でTVは観られず(T_T)、
ニュースをチェックしたのみ。

日本の3選手は明暗分かれる結果となりました。
高橋 大輔選手、4回転ジャンプ時にスケート靴のパーツの緩みで演技中断、
演技途中からの再開が加点に響き、残念ながら連覇ならず5位。
靴紐が切れたというのは、昨年の五輪の織田 信成選手のようなアクシデントは
見掛けましたが、スケート靴のネジの緩みというのは聞いたことがありません。。
ただ、怪我に繋がっては元も子もありませんし。(;´д`)
大会前、高橋選手は延期開催になって気が乗らないような発言をしてましたが、
やはり精神的な部分を含め何処か噛み合わなかったんでしょうか?
インタビューでは、もう一度(演技)をやり直したいと話してましたが、
表彰台へのチャンスはあっただけに無念でしょう。。

織田選手は、冒頭の4回転が3回転となり、焦ったのか結局同じジャンプを
3回跳ぶ違反で減点が響き、6位に終わりました。
織田選手も、表彰台のチャンスがありましたが。。

小塚 崇彦選手は、ほぼ完璧な内容、世界歴代5位の得点で銀メダル獲得!\(^o^)/
今日のフリーは、久々らしさが出ていたような?4回転の着地と、リストの曲のフレーズの
終わりがピタっと合ってたりして、ゾクッとしました!
日本では3番手扱いでしたが、今季好調だっただけにこれで一気に変わりそうな予感。

金メダルはやはりパトリック・チャン選手、290点台の高得点での優勝☆
銅メダルは開催地・ロシアのアルトゥール・カヂンスキー選手。
プルシェンコ選手と同じコーチに付き、まだ粗削りながらショートプログラムで
4回転-3回転を決めて6位。将来を感じましたが、フリーでの大逆転!
弱冠17歳、また楽しみな選手が出てきました!(^^)
プルシェンコ選手、スケート連盟に無断でアイスショーに出演したことで、
試合への無期限出場停止処分になってしまっています。
この試合を観戦する姿が何度も映ってましたが、一体どうなるんでしょう?

今日からは、いよいよ女子シングルが始まりますね~。(^.^)
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

フィギュアスケート 世界選手権 男子シングル ショートプログラム&欧州サッカー CL 準決勝 レアル・マドリー-バルセロナ戦

 昨夜は、フィギュアスケート世界選手権 男子ショートプログラムをTV観戦。
日本の3選手の滑走前に、カナダのパトリック・チャン選手が、冒頭4-3回転の
見事なコンビネーションジャンプが決まる等素晴らしい演技で、
93.02という世界最高得点で断トツのトップに。
 その後登場した小塚 崇彦・高橋 大輔両選手、悪い感じでは無かったのに、
イマイチ精彩を欠くというかチャン選手とどうしても比較してしまいます。。
 そんな中、織田 信成選手がコンビネーションにはならずでしたが
4回転ジャンプ自体は成功と判定!、チャン選手と約10点差ながら2位に。
とはいえ、2位~6位は団子状態、あまりにチャン選手が凄すぎたというか。
高橋選手の連覇はかなり厳しそうですが、今日のフリーはどういう結末になるでしょう?

 明け方試合が終わった欧州サッカー UEFAチャンピオンリーグ 準決勝、
案の定大荒れな試合になり、レアルとバルセロナの選手同士が揉めたり、
モウリーニョ監督が退席したり。
しかし、最後はやはりメッシ選手!しかも、アウェー2得点で試合を決めたのは流石!!
次の試合、レアルはかなり不利な状況を挽回出来るのかどうなのか。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

欧州サッカーCL準決勝 シャルケvsマンチェスターU戦

 日本時間の明け方に試合のあった欧州サッカー UEFAチャンピオンリーグ
準決勝のこの試合、今朝のニュースで、少し観ました。
主にゴールシーンしか映らなかったけと、マンUが圧倒してたとか。
やはり、このチームはルーニー選手なんだなと。
評価の高いシャルケ・内田選手も頑張ってましたが、あの破壊力には
かなわないというか。
シャルケは、次回アウェーの試合で相当頑張らないとかなり不利な状況ですが、
どうなるか。

 それにしても、地上波のOAがあれば観たかった。
今夜、フジテレビで26:50という深夜にOAするみたいですが、流石に遅すぎるし、
結果が出てしまってはちょっと。

 明日は、いよいよレアル・マドリーvsバルセロナ戦。
先日のスペイン国王杯はレアルが勝利してましたが、明日の結果が楽しみに
なってきました♪(^.^)
関連記事

テーマ : UEFA CHAMPIONS LEAGUE - ジャンル : スポーツ

サッカー Jリーグ再開

 一昨日の土曜日、東海地区以東は、風の強い冷たい雨模様でした。
私も、雨の中を客先へ出かけ、風邪の治りかけたところに体が冷え切ってしまい、
流石に堪えました。(T_T)
こんな厳しい天候の中でも、被災地では様々な作業や捜索が続いてたかと。

 震災後、いち早く全試合の延期を決めたサッカー Jリーグ。
チームによっては選手自身が被災者となり、直後からボランティア等で
練習がままならなかったり、ホームスタジアムが被害に遭い、長期修復中のチームが
いくつかあります。
先月の日本代表vsJリーグ選抜のチャリティマッチでは、J選抜のユニフォームは
仙台のユニフォームカラーが使われてました。

 震災から約1ヶ月半が経った一昨日、関東の会場では大雨の中Jリーグが再開。
被災地チームの仙台・水戸は、執念のような勝利を勝ち取りました。
雨の中、サポーターも多数集まってましたね! 
 一方、残念ながら鹿島は3失点という完敗。昨日の試合では、山形が引き分けスタートに。
ちなみに、ディフェンデング・チャンピオンの名古屋は、昨日の浦和戦で手痛いアウェーの
洗礼を受けた様ですが。。(;´д`)

 リーグ開幕直後の延期が響き、真夏の強硬スケジュールを控えますが、
選手の皆さんには熱い戦いを期待したいです!
そして、秋にはいよいよブラジルのW杯予選も始まりますが、
Jリーグから新たな代表選手が選出されるかどうか、楽しみでもあります♪
関連記事

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

ツィンバロンという楽器

 風邪の方はボチボチ治りかけていますが、体はまだまだ完調ではない感じ。
月末の追い込み時期、明日は午後から仕事です。

 今日は早めに仕事を切り上げ、伏見の電気文化会館へ。
小学校から高校まで同級生だった、ツィンバロン奏者・斉藤 浩氏のリサイタルに
行ってきました。
ハンガリー等の東欧で学び、国内外各地での活躍は聞いていたものの、
実際に演奏を聴くのは今回が初めて。
作曲家・西村 朗氏ご自身が立ち会いの元、委嘱新作の初演もありました。

 ツィンバロンは、135本の弦を先端に綿を巻いたバチで叩いて音を出す楽器
中東から東アジアにかけて、似たような仕組みの楽器が点在しています。
西村氏に言わせると、人間にとってピアノより遠く無く琴よりは近くない楽器、
というのは中々当たっているなという気がしました。
実際に楽器の音を聴き、その麻可不思議な音色に驚嘆、地平線を感じる大陸的な
音楽を感じたり、はたまた現代音楽のダイナミズムを感じたり。

 楽器の発祥からまだ140年とのこと、管弦楽曲でも一部の曲に登場するに限られる
ようですが、ソロ曲であんなにも多彩なバリエーションに富むとは知らず、
新たな発見でもありました。

 今後も益々のご活躍を、遠くより祈らずにはいられません。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

さよなら、スーちゃん

 スーちゃんは、スガキヤのスーちゃんではありません。>東海地区の皆様

 1970年代の伝説のアイドルグループの1つだったキャンディーズ。
アラフォー以上の世代なら、今でもカラオケのレパートリーとして歌ってる方々も
多いはず。当時のメンバーが、ランちゃん→女優・伊藤 蘭&スーちゃん→
女優・田中 好子だったことを知らない世代の方が多いでしょうか。

 昨夜、報道ステーションを観ている最中のニュース速報「女優・田中 好子さん
乳がんで亡くなる」の報道は衝撃でした。。
緊急でOAされたご主人の会見では、20年近い闘病生活が語られ、他臓器に転移が
見付かった後も、最後まで復帰に向け頑張っていたとのこと。
これまで闘病のことさえ公表されていない事実でもあり、報道直後のツイッター上では
惜しむ声多数。芸能人の方々さえ、「信じられない」「デマであって欲しい」
とのつぶやきが。

 あの柔らかな微笑み、もう見られないんですね。(T_T)ご冥福をお祈りします。
関連記事

テーマ : 芸能一般 - ジャンル : アイドル・芸能

プロ野球開幕から10日経ち

 私の学生時代だった約20年前、投手王国と言われて優勝争いに加わっていた
広島東洋カープ。
セ・リーグでは、いつの間にか万年Bクラスのレッテルを貼られ、長く過ぎました。
がしかし、昨年沢村賞投手が誕生し、俄然様子が変わってきたような。
今年は遅れた開幕になったものの、ナント広島が単独首位を張ったのは
一体何年ぶり?!
とはいえ、巨人や阪神といったビックチームとの対戦が一巡しないと何とも。
心配なのは、中日の低迷。
とうとう最下位に転落、とても昨年のチャンピオンの面影は何処へやら。。
 そうそう、巨人ドラ1・沢村投手が2度目の登板・憧れの甲子園で初勝利を
飾りましたね。

 パ・リーグでは、被災地球団として頑張ってる東北楽天、ソフトバンクの
パワーに圧倒され、開幕当初の勢いも無く、敢えなく首位陥落。。
やはり、自力の違いでしょう。

 とはいえ開幕したばかり、セパ共まだしばらくは混線模様でしょうか。
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

3月のライブ7題・Sax関係の演奏会

            SAXIDENT!! vol.3
         2011年3月3日(木)19:00開演
         愛知・名古屋市 名東文化小劇場
     *プログラム:
      F.フェラン/ソナティナ:パールサックス
      平林 良浩/Saxophone Quartet
      D.マスランカ/マウンテン・ロードよりⅠ・Ⅳ・Ⅵ
      元木 綾美/DREAM GIVER
      常川 沙希/月の記憶
      G.ホルスト(平岡 聖)/
          組曲「惑星」op.2より第4曲木星-快楽をもたらすもの
       ☆指揮:平岡 聖
      A.グラズノフ(J.M.ロンデックス)/サクソフォーン協奏曲変ホ長調
       ☆Solo・田中 靖人
      ※アンコール:平岡 聖編曲/ひな祭り

 当日の記事はこちらから。
フェランのトリオの曲、私は初めて聴きました。
吹奏楽の曲のイメージが先行していましたが、この曲は意外にもすっきり
した音がしました。
 作曲科の皆さん作品では、過去の学内演奏会に取り上げられた作品の中での
再演とのこと。せっかくSaxの為の作品を定期的に発表されているわけですから、
広く演奏される機会があっても良いような気がしますが、如何でしょうか?
 ホルストは、先日のナゴヤサックスフェスタの打ち上げでお話しした
作曲科・平岡さんのアレンジ&指揮での演奏でしたが、ピアノソロも交えたり等
工夫されたアレンジに感心しきりでした。最後のアンコールも中々良かったです♪

        広小路ヤマハホール 管楽器リサイタルシリーズ2011
         洗足ミッドランド・サクソフォン・アンサンブル
            2011年3月11日(金)18:30開演
        *出演:Sop柴田 沙耶香・Alt松江 郁佳
            Ten伊藤 海津音・Bar尾家 幸枝
        *プログラム:
         J.デュフリ(名倉 明子)/ラ・デリクール
         P.ランセン/ロンド・カプリス
         C.パスカル/スケルツェット
               四重奏曲
         イギリス民謡(石川 亮太)/グリーンスリーブス 
         ハーライン(金山 徹)/星に願いを
         ホルスト(伊藤 康英)/木星のファンタジー
         G.フォーレ(中村 均一)/組曲「ドリー」

 仕事の為、残念ながら後半のみとなりました。
以前、私も演奏したことのあるドリー、ふんわりと優しい雰囲気の演奏でした。
実際に吹いてみると、難しかったんですよねー。(泣

          平成22年度 第159回日演連推薦/新人演奏会
            2011年3月16日(水)18:30開演
       愛知・名古屋市 愛知県芸術劇場 コンサートホール
    *指揮:竹本 泰造
    *管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
    *出演:河野 慎吾*(オーボエ)
         横原 由梨子**(アルト・サクソフォーン)
         中村 寛子***(ソプラノ)
         辻村 文恵†(ソプラノ)
         松村 香††(ピアノ)
    *プログラム:
     モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調 K.314*
     イベール:アルト・サクソフォーンと11の楽器のための室内小協奏曲**
     ベッリーニ:歌劇『カプレーティ家とモンテッキ家』より「ああ、幾度か」***
     J.シュトラウスII世:喜歌劇『こうもり』より「侯爵様、あなたのようなお方は」***
     ベッリーニ:歌劇『海賊』より狂乱の場「その無心の微笑で」†
     ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番ヘ長調 作品102††

 当日の記事はこちらから。
ショスタコのピアノコンチェルトは初めて聴きましたが、まるでオケの曲にピアノが
入ったという感じ。技術的には相当難しいと思われますが、サラッと演奏されているのが
凄いなと思いました。

        愛知県立芸術大学-最優秀修了生の競演-
           大学院生によるコンサート
         2011年3月27日(日)14:00開演
          愛知・名古屋 宗次ホール
     *出演:Vn・松田 みどり
         作曲・阿比留 遼
         Sax・大嶋 漢
     *プログラム:
      W.A.モーツァルト/ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 作品378
      D.ショスタコービッチ/ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 作品77
       ☆Pf:加地 彩香
      組曲Ⅰ
       ☆演奏:S・Sax片田 景子 A・Sax河合 佑里奈
           T・Sax杉浦 遥  B・Sax川合 諒 
      2台のピアノのためのTwin Crows」
       ☆演奏:Pf・菅原 拓馬・阿比留 遼
      D.マスランカ/アルトサックスとピアノのためのソナタ
       ☆Pf:日比 亮太

 当日の記事はこちらから。
 冒頭、Vnで2曲の演奏。ショスタコのコンチェルト曲は、最近よく耳にしますが
今まであまり取り上げられなかったんでしょうか?
 その次に、作曲科の方の2つの対象的な作品。
Saxカルテットの曲は、対位法を用いた各楽章の表題はアルマンド・クーラント・サラバンド・
ジークというバロック的ながら、ジャズ的なイディオムを意識して書かれており、
色々な要素が詰まった面白い作品でした。ちなみに、他の楽器の編成でも演奏可能とのこと。
もう1つは、ピアノ連弾によるカラスの一日の生活の情景を描いたというもの。
発想そのものが面白いなと思いましたが、何処か不思議な世界に引き込まれるような曲でした。        
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

3月のライブ7題・プロオケ&吹奏楽の演奏会

 随分時間が経ちましたが、書き残した先月の演奏会について。

          ウインドアンサンブルGAJA
         2011年3月2日(水)19:00開演
      愛知・名古屋市 三井住友海上しらかわホール
      *プログラム
       M.ラヴェル(小林 聡)/ボレロ
       J.S.バッハ(小林 聡)/ブランデンブルグ協奏曲第2番
       J.ハイドン(小林 聡)/交響曲第45番「告別」より
       A.リード/エル・カミーノ・レアル
        ☆客演指揮:三浦 聖司(名古屋市立東港中 吹奏楽部)
       G.ガーシュイン(真島 俊夫)/パリのアメリカ人

 当日の記事はこちらから。
ハイドンは、吹奏楽でも全く違和感無く、コンパクトで自然に聴けるとことが流石です。
リードの曲では、現役中学校吹奏楽部の顧問による指揮。
「プロの方を前にするのは緊張した。」と演奏後のMCで話されましたが、いやいや中々
エレガントな棒さばきが印象に残りました。

         名古屋フィルハーモニー交響楽団 
          第378回定期演奏会「リンツ」
         2011年3月12日(土)16:00開演
       *指揮:小泉 和裕
       *プログラム:
        モーツァルト:交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』
        ブルックナー:交響曲第3番ニ短調『ワーグナー』
                   [1888/89 ノヴァーク版第3稿]

 冒頭、演奏者・観客全員での黙祷から始まったこの日の演奏会。 
ブルックナー、正直あまり良く聴く作曲家では無かったのですが、この曲は割と
聴きやすい感じがしました。
いつものようにクールにオケをリードされている小泉氏の立ち姿、やはりカッコいいなと
思ってしまいます。(^^

            セントラル愛知交響楽団
       第111回定期演奏会~口ずさむ歌のおのづと春めきぬ~
          2011年3月18日(金)18:45開演
       *指揮:齊藤 一郎
       *客演:Pf・佐野 恵
       *プログラム:
         シューマン/交響曲第4番二短調 Op.120
               ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
               交響曲第1番変ロ長調 Op.38「春」

 オールシューマンプログラムのせいなのか、いつもよりお客さんの数が多かった
ような気が。
改めて聴くと、シューマンって熱く激しい感情の持ち主だった作曲家だったんだな
ということを作品から感じました。

 そうそう、常任指揮者・齊藤 一郎の任期が2年延長になったとつい最近発表となりました。
今季の定期演奏会も、ますます楽しみです♪
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

風邪でした

 先週水曜日から何故か右側の鼻だけムズムズし、金曜日には鼻水が止まらず、
いよいよ花粉症デビューか?!と思いきや、日曜日から咳が出始めて風邪と確信。
とはいえ、昨日月曜日はやらなければならないことが山積みで休めず、
19時受付のギリギリに自宅近所のかかりつけの病院に行きました。
体温計で計ったら、ナント微熱が。

 貰った薬を飲んで一夜、咳がやっと止まりました。
今日明日は、週末分の振替休み。本当は、掃除やしばらく休んでいるランニングを
再開するつもりでしたが、またもやお預けになりそう。
毎年、4月半ばは年度末の仕事疲れに季節の変わり目が重なり、体調がすぐれません。
最近は気温の上がり下がりが激しく、風の冷たい日が続いてましたが、コートを着ずに
出かけたのがいけなかったかなと。

 昨日の夕方から冷たい雨が降り続きましたが、今夜は窓を開けたら十六夜月が
綺麗に見えました。

 今夜も冷えますが、皆様もどうかお気を付け下さい。
関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

新入社員配属

4/1の入社から約半月の研修を終え、今日から新入社員が配属になりました。
私の所属営業本部でも、今年は採用数が一昨年の半分以下。
如何に厳しい就活戦線だったか、想像に難くありません。

私の所属部署にやってきたGさんは、育ちは関東方面にも関わらず、両親の実家・
親戚が東海地方に多いこともあり、名古屋配属をあっさり受け入れたんだとか。
それを聞き、我々一同ビックリ。。(・・)実家に残って、関東で働く選択肢も
ある訳です。という私も、大学卒業から実家を飛び出した?ままですが。(^^;

Gさんは名古屋引っ越し後、自宅から徒歩で約1時間半掛けて名古屋駅まで出かけたり、
スガキヤのラーメンを堪能したらしいです。
コメダ珈琲店のシロノワールや手羽先等の名古屋グルメを、早く食べてみたいとか。

今日のランチは、一部のメンバーでヨコイのあんかけスパゲティを食べに行きました。
Gさんには、もちろんミラノカントリーを勧めたところ、美味しい!とモリモリ食べて
ました。今年の新入は良く食べると評判で、女性ばかりの研修なのにお代わり続出
だったらしい。(^.^)
午後からは、3年目のOさんと、初の客先同行に出かけて行きました。

社会人としてのスタート、これから逞しく?!成長してくれることを期待します!(^o^)
関連記事

テーマ : 職場でのできごと - ジャンル : 就職・お仕事

プロ野球 早稲田大ドラフト1位2投手初勝利

今日も朝から21時近くまで仕事(´Д`)、当然野球なんて観られず、
ツイッターの各球団アカウント等をたまに見ながら、試合経過を追ってました。

今日の目玉は、セ・リーグ 広島-巨人戦に先発した広島ドラ1・福井 優也投手&
北海道日ハム-千葉ロッテ戦に先発した日ハムドラ1・斎藤 佑樹投手。
早稲田大新人OBが、揃って初登板・初先発。

巨人は、初モノに弱いのは昔から。(苦笑)
福井投手のキャンプ当初は、マイペース過ぎな調整に球団側が戸惑う、
なんて話もありましたが。
日ハム・斎藤投手、5回92球4失点・無四球の結果。
失点は、ロッテ・井口選手だけにやられた結果。
球数多めでしたが、ネットで上は守備が・・・との意見多数。
にしても、打線の援護は幸運だったでしょう。
やはり、「持ってる」んですかね。(^.^)
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

バロックサックスへの試み

今日は、午後から夜まで仕事ですが、何とか宗次ホールのランチタイム名曲コンサートへ
行く時間は死守できました♪

Sax奏者・堀江 裕介さんの演奏で、バッハやマルチェロ等バロック時代を主体に、
最後はトマジのバラードというのプログラム。特に、マルチェロのオーボエ協奏曲と
トマジのバラードは、
柔軟使い分けた素晴らしい演奏でした☆

リサイタル後、ホール近隣レストランのランチを楽しむという企画の特性上、
普段Saxをあまり聴かれていないようなお客様も多いようにお見受けしましたが、
どのような感想を
お持ちなのか、Sax吹きとしては何となく気になるところです。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

名フィル2011シーズン開幕


新年度から半月経過、仕事が少しは落ち着くかと思いきや、組織やメンバーの
担当変更等などで、忙しくなる一方かも。(;´д`)週末は、両日仕事です。

明日も仕事だし、やり残した事を明日に回して18時過ぎてから、ようやく今年度初の
名フィル定期へ。毎年、団員の皆さんが出て来られての挨拶に加え、震災の義援金募金活動も。

入口左では、ロビーコンサートが始まってました。
終わってホールに向かおうとしたら、何故かクロークに置いてあるピンクゴールドのT・Sax。
横には、Sax奏者・中村 均一さんが立っていらっしゃってビックリ!
ロビーコンサートで演奏されたようですが、残念ながら聴き逃してしまいました。(T_T)
今日のメインがプロコフィエフのロメオとジュリエット・抜粋版だったので、
どなたがSaxを?と思っていたのです。
せっかくなので、開演時間が迫る中、一緒に撮っていただきました♪(かなりミーハー)
何故か、私が楽器を持ってますが。(((^_^;)

そんな訳で、明日のマチネ公演にお出掛けな皆様は、是非15時半頃からのロビーコンサートを
聴かれることをお勧めします♪
関連記事

テーマ : 沢田研二 - ジャンル : 音楽

欧州サッカーUEFA チャンピオンズリーグ ベスト4決定

明け方、試合があったシャルケ-インテル・ミラノ戦、今朝のニュースで結果をチェック。

既にアウェーで先勝したシャルケ、余裕を持った試合運び、そして元スペイン代表の
エースだったラウール選手がゴールを決めて先制!前の試合もラウール選手がゴールし、
ベテラン健在を見せつけましたが、やはり存在感は抜群!(^o^)
早々にスペイン代表を引退、日本との選手層の厚さの違いを痛感します。
インテルは、エトー選手らが押さえられ、去年のような勢いも無く沈黙。
連覇が掛ってましたが。。
日本人対決と言われた内田選手&長友選手、揃ってスタメン出場に。(^o^)
シャルケはベスト4でマンチェスター・ユナイテッドと対戦、内田選手と韓国のエース・
朴 智星選手との対決が楽しみかも。(^.^)

もう一方は、レアル・マドリードとバルセロナとの対戦という、クラシコが決定!
これは、観てみたいなぁ。優勝請負人・モウリーニョ監督の優勝なるか?

そうそう、先日南米選手権の出場を一旦は断念と発表した日本サッカー協会、
一転海外組をメインとした選手構成での出場を再度発表しました。
震災により、Jリーグの日程が夏場にずれ込んだ為、不参加を決めた訳ですが、
こんな時だからこそ参加すべきとブラジル・アルゼンチンら主要国の熱心な誘いが
あったとか。しかし、震災の件だけでなく、日本代表のレベルアップが認められつつ証拠かも?
とも思います。

震災関連で言えば、オランダでアヤックスー清水エスパルスのチャリティマッチの
ニュースも報じられていました。小野 伸二選手が以前在籍した繋がりから実現した
らしいですが、義援金が7億円も!集まったんだとか。(・・;)
サッカー界は、こういう時ホントに動きが早いです。
関連記事

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

プロ野球開幕 東北楽天イーグルス有言実行!

開幕日について大騒動となった今年のプロ野球界、紆余曲折を経て、昨日ようやく開幕。

パ・リーグで唯一の被災地球団・東北楽天は、開幕直前の先週末に震災後初の仙台入りし、
被災地を見舞いました。開幕投手が決まった岩隈投手は、勝利した時はボールを
被災地に捧げると宣言。通常は、監督にプレゼントするものらしいです。
そして、昨日のロッテ戦では選手会長でキャッチャーの嶋選手が、守備のミスを帳消しにする
3ランHR!等などで楽天が大勝。ヒーローインタビューでは、先週末に見た光景・
被災地の方々との会話等を思い出しながらの万感の想いをコメントしてました。
星野監督新体制の下で、思いがけずこのような事態になりましたが、サッカーの
ベガルタ仙台と共に東北の復興のシンボルとなれば良いなと思います。
で、勝利球の行方がどうなるか気になるところ。(^.^)

セ・リーグでは、やはりプロ野球選手会長の阪神・新井選手でしょう。
甲子園での開幕戦が、ナント18年ぶりというのも意外でしたが、めっちゃ盛り上がって
ましたね!(^o^)そして、両リーグ同時開幕を辛抱強く訴え続けた新井選手のタイムリーで
試合が決まるなんて、ちょっと出来過ぎ?!しかし、こちらのヒーローインタビューも
グッとくるものがありました。

東京が拠点の巨人-ヤクルト戦、こちらは56年ぶりの一軍の試合開催!という
山口・宇部市での開幕戦。地方の小都市での試合は、この機会にこれからも
どんどん開催して欲しい。生の試合を観たくても、遠方だったり家や仕事の事情だったりで、
中々出かけられない方々って沢山いる筈ですから。
残念なのは、中日がいい負け方では無かったのが気になるトコですね。
選手自体、あまり大きく取り上げられない気がするので、落合監督ばかりだけでなく、
選手にも色々な面で頑張っていただきたいものですが。(^_^)
関連記事

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

1ヶ月経ち・・・

夕方の大きな余震、名古屋でも揺れを感じました。。(((・・;)

3.11から1ヶ月の今日、勤務先のグループ会社全体で数名の社員の死亡・行方不明
との発表が、社内のイントラネットの中でありました。。覚悟はしていましたが、
やはり。。(ToT)

他にも、海外のグループ会社での義援金を集める様子がアップされてました。
有難いことです。
関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

マスターズゴルフ2011 シュワーツェル選手大逆転優勝☆

先程まで開催された最終日のラウンド、もつれにもつれ、最後に伏兵が優勝を飾るという
思いも描けない展開に。

一時期はトップに4~5人が並び、その中にはタイガー・ウッズ選手も入りましたが、
残念ながら及ばず、復活優勝はお預けに。しかし、追い上げに盛り上がりました!
前日までトップだったマキロイ選手は大崩れ、まだ21歳ですから、いつかは優勝する選手かと。

石川 遼選手は、起きた時には既にホールアウト。
前半崩れながら後半持ち直し、-3・20位でした。
松山 英樹選手は-1・24位タイとなり、日本人初のベストアマとして表彰された筈ですが、
出勤時間の関係で出かけなければならなかったのは残念でした。
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

ゴッホ展最終日


今日は、朝から真夏の某本番に向けた練習をスタート。久々にA・Saxを吹いて、
全くダメダメな感じ。(苦笑)早く感覚を取り戻したいです。

昼から、名古屋ウインドアンサンブルの30回記念の定期演奏会を半分聴いて、
伏見の名古屋市美術館へ。チケットを買ったまま行けてなかったゴッホ展、最終日の
今日になってようやく行きました。

・・・やはり、美術館は週末に行くもんじゃないですね。(-.-)人の多さにげんなり。
名前だけで観にきた風な方も多いようで、全くゆっくり観られませんでした。(--;)

没後120年を記念し、初期の作品から最晩年の作品を並べ、画風の変遷が解る展示に。
たった10年の画家活動での変遷を遂げ、最晩年の作品10点は圧倒的な迫力。
その場に立ち尽くし、動きたくない程でした。
考えたら、37歳で亡くなったなんて。もっと長生きしていたら、どんなに素晴らしい作品が
生まれていたのかと思ってしまいます。

地下の展示室では、『米山 和子:ほどくかたち、つむぐけしき』を鑑賞。
地元の作家を紹介する企画・ポジション2011の第1弾とか。
白い和紙による頭部の無いトルソが何体も並べられ、独特な不思議な雰囲気が漂ってました。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

3つの演奏会&ライブへ


今日の名古屋は朝から雨で肌寒いかったですが、昼過ぎから晴れて汗ばむ陽気でした。

昼過ぎまで仕事をした後、日曜日に本番で立ったばかりのアートピアホール→
栄の宗次ホール→ライブハウスの新栄・Swingとはしごしてきました。
それぞれ吹奏楽・ピアノリサイタル・ジャズと、全く違うジャンルを聴くことに。

元はピアニスト・北村 朋幹さんのリサイタルに行く予定にしていたところ、Sax吹き仲間・
まいさんご所属の名古屋緑吹奏楽団の定期演奏会と、ジャズベーシスト:中山 英二&
ジャズピアニスト:ピーター・マドセン氏のCD発売記念ツアーに、ジャズSax奏者・
加藤 大智さん参加のライブににお誘いいただきました。

・・・流石に、頭の切り替えは必要でした。(((^_^;)
しかし、ジャンルは違えど、楽しんで聴くということは共通していますから♪

ちなみに、会場だったアートピアホール→宗次ホール→新栄・Swingまで、全て徒歩移動
出来ちゃうところが驚きです。名古屋市内は、伏見~新栄までの主要ホール・
ライブハウスは、どこの都市より密集してると思います。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

マスターズゴルフ2011 石川 遼&松山 英樹選手予選突破!

今朝も仕事に行くまで、1時間半だけTV観戦。

既にホールアウトしていた日本人メンバーは、ハイライトで観ました。
ちなみに、昨夜には再放送してたから、今夜も再放送されるかと。
10代の石川 遼&松山 英樹選手が予選突破決定!
石川 遼選手は、前哨戦の試合はイマイチでしたが、この試合では自信に溢れてますね。
先日、今季賞金を全額震災の為に寄付すると発表しましたばかり。
松山 英樹選手は、アマチュアでしかも初マスターズにして、あの落ち着きは一体
何なんでしょ。(・・;)去年観に行った日本オープンでも、堂々としたものでした。
いやいや、ただモノでは無い予感。
残念ながら、藤田 寛之選手・池田 勇太選手は予選落ち。4人共残るかなと
思ってましたが、残念です。

注目は、タイガー・ウッズ選手が3位タイと、優勝を狙える位置に猛チャージ中。
自身のスキャンダルから復帰後は戦績が振るわずじまいでしたが、ようやく復活の兆し
でしょうか。

本当に面白くなるのは、やはり3日目から。明日も頑張って早起きして観ちゃいます♪(^o^)
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

大揺れ、再び


昨夜、TVニュースを観ていて、報道する側のスタジオの揺れで地震発生を知りました。
名古屋は震度1か2と、たまたま気付かない程度で・・・。

3/11以来の最大の余震、東北地方全域の停電。一夜明け、様々な被害が報道されています。
エリアの皆様、大丈夫でしょうか?!(・・;)

写真は、今日届いた日経ビジネス&Number 最新号。
勤務先のイントラネット社内報では、東北地方の各事務所・グループ会社の工場の被災状況や、
グループ会社・提携病院の緊急医療支援活動の様子が伝えられています。
マスコミでは伝えられない、本当に壮絶で悲惨な状況を知り、本当に心が痛みました。
一部の部署からは、東北地方に応援業務に出掛けています。
現地に行って、何を見て何を感じたか、聞く機会があればと思いますが。

今、NHKで「今夜も生でさだまさし『がんばらんば!日本』」を観ています。
予定に無かったOAらしいですが、多数の手紙・ハガキ・メールが届いてるんだとか。

そうそう、京都時代に同じマンションに住んでいた方から、転居のハガキが届きました。
事情あってシングルマザーとなり、1人息子を育てて頑張っていたんですが、
縁あって結婚・お子さんが産まれたとの嬉しい報告でした。
当時会った息子さんはもう15歳!そうか、あれから15年経ったのかと思ってしまった。(苦笑)
関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

マスターズゴルフ2011開幕

アメリカ ジョージア州オーガスタ・ナショナルGCで今年も開幕したマスターズ。
朝から、少しだけTVを観てました。

私と同い年で初出場の藤田 寛之選手が-2・14位タイ、石川 遼選手が-1・24位タイ、
学生アマの松山 英樹選手がイーブン・31位タイ、池田 勇太選手が+2・64位タイと、
中々の好発進。ただ、同じ順位に多数選手がいることを考えたら、予選通過ラインは
どの辺りでしょう?

トップは、北アイルランドのローリー・マキロイ選手とスペインのアルバロ・キロス選手。
しかし、ベテランのつわものプロ達が、このまま黙ってはいないでしょ。

明日も午前中のみ仕事、早起きして観なくちゃです。(^o^)
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

桜を愛でる


今日の昼間はコート無しで歩けるぐらい、時には汗ばむほどの暖かな名古屋でした。
通勤の地下鉄では、入学式に出かける高校生とお母様らしき方々を多数見掛け、
本格的な新年度到来を感じたり。

帰宅前、えぬ夫と一緒に勤務先に近い名城公園へ。
最近、昼間暖かくても夜は寒かったりしましたが、今夜はあまり冷え込みが無く、
歩くにはちょうど良かったです。屋台で、ビール&肉巻きおにぎり・串焼きを買って食べました。
ライトアップは無く、街灯のみなせいか、宴会をしてる人達はまばら。
やはり、こういうところでも自粛なんでしょうか。

そういえば5年以上前、東京の千鳥ヶ淵に今日と同じように2人で夜桜を見に来ていた時、
TV中継で有名な場所だけに私の両親に自慢しようと実家に電話したら、何故か不在。
不審に思い、近所の母方の実家に電話したら、本来なら結婚して実家にいないはずの
従妹が出てきて、祖母の危篤を知りました。数日後、満開の桜の中、天国に旅立った
祖母を見送りに帰省しましたっけ。

今年は、困難な状況の方々が多数いらっしゃる中、こうやって桜を見られることに
ただ感謝です。(∧)

公園はランニングのメッカになっており、花見客に混じって走り込む方々もちらほら。
噂には聞いていましたが、私も是非走りに来たいです。
ただ、月末参加予定だったマラソン大会が中止になったので、他の大会を探さなくちゃ。
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

「I love you & I need you ふくしま」@猪苗代湖ズ

「うつくしまふくしま」と、福島県観光のキャッチコピーになっているこの言葉。
なのに、震災に加えて原発事故のせいで、大変な影響を受けています。

 福島県人のアーティストによって結成された猪苗代湖ズが、故郷を想ったチャリティソングを
発表していますが、全国で応援!という意味で、著名人も含めた47都道府県の方々による
こんな動画がありました。ちなみに、地元・島根人は誰なんだろ。。



関連記事

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

春のセンバツ 東海大相模高優勝☆

 さっきまで、NHKの「アスリートの魂~東北高校 震災の中のセンバツ」を観ていました。
偶然にも、仙台放送局が地震当日に東北高校 野球部を取材していたらしく、
地震時の学校内や野球部員達の様子を映し出していました。
激しく揺れる校舎・地割れする敷地の様子、本当に衝撃的。。(・・;
 震災直後や関西へ入ってからの野球部員の表情等、想像以上にショックが大きく、
野球どころでは無かった様子が痛いぐらい伝わりました。
よくぞ試合までやりとげた!と感じます。
最後には、仙台に戻った後、ボランティアに励む野球部員達の様子がありました。

 今回、各学校のセンバツ出場選手・コーチ・監督の中には、多数東北出身の方が
いたとのこと。新聞記事によると、優勝した東海大相模高のメンバーも例外では無かった
とのことです。
昨夏、一二三投手を擁しても果たせなかった優勝、もっと大きく取り上げられても良いところ
なのですが。

 毎年、この時期は雨が降り続いて雨天順延になることも多いのに、今年は好天続き。
そして、大差が目立つ試合が多いなと思ったら、延長戦やナイター試合はゼロだったとか。

 夏の大会、どういう形で開催されるのか、今から気になるところです。
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

ナゴヤサックスフェスタ2011 終了

フェスタ2011
           ナゴヤサックスフェスタ2011
           2011年4月3日(日)13:30開演
      愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
  *出演:冨岡 和男・雲井 雅人サックス四重奏団・服部 吉之・田中 靖人
      東海地区を中心に活躍するサクソフォン奏者
      愛知県立芸術大学・大垣女子短期大学・名古屋音楽大学・名古屋芸術大学
      サクソフォン愛好家100人
  *ステージ・プログラム
  1st Stage
  ・プロ奏者によるオープニングアンサンブル
   ファリャ/バレエ音楽「三角帽子」
    ★指揮:冨岡 和男
  ・若手奏者によるアンサンブル
   S・ライヒ/ニューヨーク カウンターポイント
  ・一般公募によるアンサンブル
   Mieサクソフォンアンサンブル
   福田 洋介/サクソフォン・シャンソネットよりⅠ・フーガ 
  ・愛知県立芸術大学
   J・リュエフ/演奏会用四重奏曲よりⅠ・Ⅱ・Ⅵ
  ・学生によるサックスオーケストラ
   M・ラヴェル(啼鵬)/マ・メール・ロワ
    ★指揮:尾家 幸枝

  2nd Stage
  ・社会人によるサックスオーケストラ
   C・サン=サーンス(佐藤 尚美)/死の舞踏
   J・ヴァンデルロースト(柏原 卓之)/カンタベリー・コラール
    ★指揮:堀江 裕介
  ・名古屋芸術大学
   沖縄民謡(柏原 卓之)/美ゆらサックス賛歌
    ★指揮:三日月 孝
  ・ジャズとの競演
   大野 志津/組曲「トランプ」
  
  3rd Stage
  ・バリトンアンサンブル
   G・ガーシュウィン(照喜名 俊典)/ガーシュウィン・ポートレイト
   照喜名 俊典/リズマッチョ!
  ・大垣女子短期大学
   正門 研一/イマージュ
  ・名古屋音楽大学
   櫛田 てつ之扶/花鳥風月
  ・大学合同サクソフォンオーケストラ
   P・デュカ(平岡 聖)/魔法使いの弟子
    ★指揮:平岡 聖

  Special Stage
  ・冨岡 和男Trio
   樽屋 雅徳/涙の起源
   Sop:冨岡 和男・Ten:尾家 幸枝・Pf:大 麻理子
  ・雲井 雅人サックス四重奏団
   D・マスランカ/レシテーション・ブックより
   村松 崇継/彼方の光
  ・100人のアマチュアによるサクソフォンオーケストラ
   八木澤 教司/フェスティーヴォ!
   G・F・ヘンデル(成本 理香)/ハレルヤ~フェスタ10周年特別バージョン
   P・チャイコフスキー(金井 宏光)/序曲「1812年」    

 前日は、午後からバンドの練習&7月の本番の打ち合わせ。
本当は午前中からの練習でしたが、さすがに先月までの残業続きでかなり疲れており、
練習さえ休みたかったぐらいでしたが、何とか出かけました。

 翌日のフェスタ当日は、例年通り朝から集合し、まずは社会人オケのゲネプロ。
がしかし、既に10分押しだった為、殆ど2曲を通しただけでおしまいに。
サン=サーンスの最後の最後が上手くいかず、本番どーなるかなと不安に。。
個人的には、仕事の忙しさを言い訳にリード買っていなかったので、リードの調子が
全く良くなく、一部途中の曲の流れを悪くする原因を作ってしまって焦りました。(・・;
 そして、100人オケ。
毎年恒例のセッティング&座る場所決めから始まり、1812を何度か止めての練習。
結局、予定より30分押しの12時半終了となり、慌ただしく撤収して着替えと昼食に。
13時半の開演ギリギリにホールへ行き、演奏を聴くことからスタートしました。

 開演冒頭のプロ奏者の方々Saxオケの演奏。
私が4年前の引っ越し前に聴きに来た時には、恐らく現在の半分の人数でした。
なので、スタッフと演奏を掛け持ちしながら、裏方としてとても忙しくされていたことを
覚えています。
音大を卒業された若手の方々が増えてきて、昨年辺りから徐々にフェスタの実行委員会の
役割分担が出来るようになったとのこと、今年は完全に20代の若手の方がメインとして
動かれていました。
 そんな若手奏者12人によるスティーブ・ライヒの曲。
以前演奏したことがある、マイケル・トーク「July」を思わず思い出しました。
演奏後のお客さんの、不思議そうな反応が印象的でしたね。(^^;
 そして、三重県のアマチュアメンバーによる6重奏。
この曲は、ブリッツ・ブラスで國末先生らが初演されたこともあり、
興味深々で聴かせていただきました。

 終了後は、急ぎホールのあるナディアパーク2F アトリウムへ移動。
アマチュアメンバーの2つのカルテットを聴きました。
 たなかサクソフォンカルテットは、愛工大名電高OB中心のメンバー。
イトゥラルデ/ギリシャ組曲をカッコよく演奏中♪
毎年Sopで参加されていたY山さん、カルテット結成の為に今年はTenを10数年ぶりに
吹いたとか。本当に久々にとは思えない演奏・センスに脱帽です!
 そして、まあくんさん・やっすーさんらのサクソフォンアンサンブルAgrestoは、
F・レハール(鈴木 英史)/メリーウィドウセレクションは、軽快なオペレッタ。
2曲共、公共スペースで楽しんで聴くには、とってもナイスな選曲だったと思います!

 ステージプログラムは1stステージの休憩後、2ndステージ冒頭で
いよいよ社会人オケの出番に。
演奏前の音出しで奇跡的にリードが何とか上手く復活?!し、音色や音の立ち上がりも
心配無く本番に臨めたのが大きかったです。
演奏自体も、練習の時の心配はなんのそのというぐらい、全員で集中した演奏が出来て、
吹いていてビックリするぐらいでした。
カンタベリー・コラールも、ホールの反響板の効果やHarp代わりのピアノも入って、
クライマックスでは想像以上の響きに。
演奏後、指揮の堀江さんのホッとしたような何とも言えない表情が印象的でした。(^^
 毎年のことですが初顔合わせ後たった3回の練習、練習には仕事等の都合で
中々来られなかったメンバーもいました。
そう思うと、今日の演奏は本当に上出来だったのではと思います。
 
 演奏終了後、楽器を片づけて急ぎ第3練習室へ。
そうそう、ナディアパークは練習室・スタジオがいくつかあり、フェスタでは吹コン課題曲
講習会等の企画モノが開催されています。
 今回は、冨岡 和男先生の音大受験生の公開レッスンを聴講しました。
2名の方がフェルリングのエチュード・グラズノフのコンチェルトをそれぞれ演奏しましたが、
何が足りないのかという的確な指摘・演奏家を目指すにはどうすべきかという指針を話されたり、
聴講する側にも問いかけをしたり等、本当に熱くエネルギッシュに語られる姿が
印象的でした。

 3rdステージを聴きに、再びホールへ。
冒頭は、バリトンアンサンブルでのカッコいい2曲。
ロビコン→休憩の合間の花道での演奏→そしてうとう今年は10人でのステージ企画へ
昇格したとのことです。(^^
 2つの大学が演奏は、普段中々聴けない作品で非常に興味深かったです。
大学合同の編曲・指揮の平岡 聖さんは、愛知県立芸大 作曲科 4年生の方。
昨年の21世紀の吹奏楽「響宴」第13回で、「ハンガリー民謡の主題による変奏曲」が
選出されています。
先月初めに聴きに行ったSax科の演奏会でのアレンジも非常に素晴らしかったのですが、
今回もPerを含めた素敵なアレンジとなっていました。 

 いよいよ最後のスペシャルステージ。
まずは、冨岡先生と門下の尾家さんとのトリオ、ヘンデルのオペラ アリア
「私を泣かせて下さい」をアレンジした作品での演奏。
冨岡先生のSop、本当に何十年ぶりに聴くことが出来て感激でした。
 そして、雲カルのマスランカの演奏。
レシテーション・ブックとは、キリスト教の典礼で唱えられる文句を集めたものとのこと。
コラール・グレゴリオ聖歌・マドリガーレ等、美しい調べにハッとするpやpp。
正に厳しい現実に直面したこの国の現状に対する祈り・想いというものを、
様々重ねながら聴いた方々が多かったのではないでしょうか。
最後の100人オケは、そんな雲カルの演奏に触発されたような演奏だった気がします。

 今回、冨岡門下のサクソフォンラボラトリー岡山のSax奏者の皆さんや、
関東・関西のSax吹き仲間の皆さん等、遠方から多数駆けつけて下さっていました。
お会い出来なかった皆様、本当に申し訳ありません!

 終演後のレセプションでは、プロオケに参加された奈良のSax奏者・新谷 紀子さんと
久々にお話出来ました。残念ながら、関西のフェスティバルが3/12(土)の
予定だったものの、震災直後ということで中止となった様子等を伺いました。
そして、冨岡先生・服部先生には、20年前に買ったキャトル・ロゾーのCDにサインを
いただくことが出来ましたが、ジャケット写真を懐かしそうに眺めていらっしゃいました。
レセプションの時間が短く、あまりお話出来なかった方もいたのが残念です。
 中盤では、スポンサー企業グッズ争奪の恒例のじゃんけん大会。
今回は、雲カルの皆さんや田中 靖人さんとの対戦。
雲カル・林田さんは流石の関西人のノリ、大いに盛り上がりました。(^0^
 そして、今までになかったコーナーとして、数名の参加者からのコメントコーナーが
ありました。
Sax吹き仲間で小学校の先生をしているクミコさんは唯一の10回の参加者と紹介されましたが、
新任時代の教え子が今回の一緒にフェスタに参加出来て感無量とのこと。
また、ご夫婦で参加したメンバーは、結婚後ご主人が何度か参加するのを見て、
奥様が自分も参加したいとSaxを習い始め、念願叶って揃って参加することが
出来たという素敵なエピソードも。(^^
冨岡先生の最後のご挨拶での「Saxに夢中になって下さい」という言葉、その場にいた
全員に響いたと思います。

 その後、反省会という名目?の2次会へ。
短いながらも、多数の方々とお話が出来ました。
偶然にも前出の平岡さんの隣に座り、貴重なお話を聴くことが出来ました。

 今回で3回目の参加となりましたが、また新たな出会いもありました。
来年も家庭の事情次第となりますが、事情が許せば参加出来たらと思います♪
実行委員会の皆様、ありがとうございました。

 今日は先月休んでいないこともあり、振替で休みを取りました。
そろそろ先月行った演奏会の件も、近日順次UPしたいと思います。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE