2009-12

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

大晦日の日の入り

20091231174049
播州地方、強風ながらいい天気な大晦日でした!

とはいえ、朝方えぬ夫実家に着いた後は昼過ぎまで寝てました。(((^^;)
ご両親は、今日までお仕事。

昼過ぎから明後日の姫路観光に向け、スケジュール確認や昼・夜の食事の店決め等。

夕方、近所のマックスバリューへ注文してあるという食事を取りに出かけました。
写真は撮り損ねましたが、綺麗な夕日でした。
思わず拝んでしまった。(^∧^)

結局、今年1年を振り返ることなく、年明けになりそう。
また、来年の目標と合わせて考えます。(((^^;)

ある意味ターニングポイントとなった今年、新しいチャレンジも出来たし、
出会いもありました。後ろ向きになること無く、来年も頑張ります!
ただ、体には気を付けなければ。(>_<)

少し早いですが、皆様どうか良いお年を☆来年も宜しくお願いしますm(__)m

さて、今からご飯の準備&Dynamite!!観戦、明日はゴルフに出かけます。
関連記事
entry_header

ようやく仕事納め

20091230181322
 やっと終わりました~!(>_<)
サービス業の営業部署という性格上、数字がついて回るだけに色々事後処理あり、
年始早々の準備あり、結局年明けに持ち越す内容多数。
ホントは4日(月)も休みたいところでしたが、翌週のとある案件の事前調整があり、
それどころでは無いのです。

 今日は久々にゆっくり事務所内で仕事しましたが、1日あっという間でした。
途中、留守電の録音も命じられ、吹き込みしたり。

 写真は、テナントビルのエントランスに飾られた鏡餅。殆どのテナントはとっくに
休みに入ってて、ビル内閑散としてたし、寒さで冷えびえとしてました。

 お土産の準備もままならず、ようやく買って持ち帰ります。

 さて、夜は車で山を越えて一路西を目指します。
明日は、えぬ夫実家で恒例のおせち作りも待ってるし。
お正月ゆっくり出来ないのが、主婦というか嫁にはツラいトコですね~。(-_-)
関連記事
entry_header

まだまだ年末

朝から快晴の名古屋です!日本海方面は、雨やら雪やらでしょうか?

今朝はバスで客先直行。バスターミナルが地下鉄最寄り駅と併設されてますが、
通勤で歩く人なんて殆んどいない。バスは何人か乗る人がいました。
道路は、朝早いせいかまあまあ空いてますね。

昨夜の帰り道、「良いお年を~!」なんて声掛けて別れる人達を
沢山見かけました。
夜の名駅方面の地下街は、連れだって飲みに行く団体も多数。
こちらは、まだまだお正月準備って気分じゃないし。(-.-)

取り合えず帰省準備はしなくちゃと、お土産手配等などようやく始めました。
年賀状は、プライベート分はほぼ完了。
逆に、最近仕事中に外出が多かったせいで、会社のお客さん分が未だです。
しめ縄は早々に飾り付け、大掃除は毎年恒例でえぬ夫にお任せ中。(((^^;)

そんな感じで、今年を振り替える余裕が全くありません。(>_<)
明日は、去年同様仕事を定時で!帰宅後は、夜中にえぬ夫実家に向け出発予定。
正月は、途中から私の両親が合流し、春から改修工事が始まる姫路城観光です♪

ということで、今日も1日頑張りまーす。(;´д`
関連記事
entry_header

フィギュアスケート 五輪代表決定!

 ということで、全日本フィギュアスケート選手権が終わり、
バンクーバー五輪代表が決まりました。

 昨夜の男子シングル フリーでは、高橋 大輔選手が圧巻の演技!
優勝で代表に決定!!
小塚 崇彦選手、ショートプログラムよりは安定感ある演技で3位に。
しかし、布袋 寅泰のギターコンチェルト、カッコよすぎです♪
織田 信成選手、2位になるもフリーもやや固かったかなと。
若手も健闘しました。町田 樹選手、今後も大いに期待です。
無良 崇人選手は、体調不良で前日とは別人のような滑りに。
期待していただけに残念でした。

 そして、女子シングル フリー。
実は、前日のショートプログラムは仕事ですっかり遅くなり、結局観れずじまい。
 
 TVでは、ショートプログラム7~12位の第3グループの演技もOA。
ここにジュニアの有望選手が集結、シニア選手に遜色ないレベルの高さにただビックリ!
 そして、最終グループ、中野 友加里・安藤 美姫・浅田 真央・村主 章枝・
鈴木 明子各選手が登場。
中野選手が高得点をたたきだすも、やや勢いに欠けたような。
安藤選手、かなり固い感じがしました。インタビューでは、代表内定の気負いが
あったと話してましたね。
そして、浅田選手は昨日の勢いそのままの完璧な演技!
今までの不振はなんだったんでしょ?
私が好きな村主選手、残念ながらジャンプの失敗が痛かった。。
ハチャトゥリャンのスパルタルカスという選曲は意外でした。
今季GPファイルに初進出し、好調な鈴木 明子選手、勢いそのままノリノリの演技!
大逆転の2位に!!

 結果、バンクーバー五輪代表は男子シングル:織田・高橋・小塚各選手、
女子シングル:安藤・浅田・鈴木各選手に決定☆
中野選手は鈴木選手を僅かに上回れず、GPファイルに出れなかったことも響いたかと。

 女子の上位5人は、全て愛知県出身。いやはや、流石はスケート王国。
5位の村上 佳菜子選手も、将来楽しみです♪
関連記事
entry_header

演奏会のご案内(2009.12月)

 ♪2009年12月
 ♯2009年12月2日(水)19:00開演
   東京・新宿区 東京オペラシティ リサイタルホール
   福井 健太リサイタル「サックスの時間」・・・終了★

 ♯2009年12月4日(金)19:00開演
   東京・サントリーホール ブルーローズ
   有村 純親&松浦 真沙デュオ・リサイタル Vol.4・・・終了★

 ♯2009年12月6日(日)18:30開演
   東京・江戸川区 東部フレンドホール
   ビジネスクラス サキソフォンアンサンブル 2009コンサート・・・終了★

 ♯2009年12月10日(木)19:00開演
   京都・京都市 青山音楽記念館 バロックザール
   日下部 任良サクソフォーンリサイタル・・・終了★

 ♯2009年12月12日(土)13日(日)
   東京・多摩市 パルテノン多摩
   第29回サクソフォーンフェスティバル・・・終了★
  
 ♯2009年12月13日(日)12:00・16:00開演
   東京・葛飾区 かめありリリオホール
   葛飾吹奏楽団 かっすいのくりすますコンサート・・・終了★

 ♯2009年12月13日(日)14:00開演
   愛知・名古屋市 名古屋音楽大学 めいおんホール 博聞館4F
   レ・リアン サクソフォン コンサート・・・ 終了★
     ☆出演:亀井 明良・名古屋音楽大学 Sax科OB会&Sax専攻生
 
 ♯2009年12月13日(日)14:00開演
   愛知・西尾市 西尾市民文化会館 大ホール
   西尾市民吹奏楽団 第36回定期演奏会・・・終了★

♯2009年12月13日(日)17:00開演
  大阪・大阪市ドルチェアーティストサロン(大阪)
  トゥジュール サクソフォン・クァルテット
    いつもSAX!クリスマススペシャルVol.9・・・終了★

♯2009年12月14日(月)14:00開演
  神奈川・横浜市 泉区文化センターテアトルフォンテ
  フォンテッシモ セレクションvol.3 サクソフォン・クリスマス・・・終了★

     ♯2009年12月19日(土)19:00開演
  島根・松江市市民活動センター(スティックビル)5F
  X[iksa] Live vol.1・・・終了★

 ♯2009年12月27日(日)14:00開演
   島根・松江市 プラバホール 大ホール 入場無料
   第4回松江フレンドリーブラスコンサート・・・終了★

続きを読む ▽

関連記事
  • MUSIC
  •  comments(-)
  •  trackbacks(-)
  •  top△
entry_header

全日本フィギュアスケート選手権2009 男子シングルショートプログラム

いよいよバンクーバー五輪まであと1ヶ月半。
各種目の代表メンバーが、次々発表されています。
先週はショートスピードスケートの代表が発表となり、20代前半メンバー
ばかりと世代交代が話題になりました。

そして昨日、メダルが一番期待されているフィギュアスケートの
代表最終選考を兼ねた全日本選手権が男子シングルショートプログラムからスタート。
しかし、TVOAは23時からと遅め。
今日は女子シングルが始まるので、ゴールデンタイムの19時からOAの様子。(^_^;

高橋 大輔選手、もうオーラー出まくり!圧巻の演技で断トツ1位に。
アコーディオン奏者・cobaの曲が、カッコよかった♪
織田 信成選手は、五輪代表に決まってますが、だからこそキチンとしなければと
インタビューで語っていましたが、かなーり固かったような。
第3の代表候補がどうやら混戦模様気味。
小塚 崇彦選手はトリプルアクセルで転倒、ステップでもバランスを崩したりと
やや心配な雰囲気。
代わりに、無良 崇人選手・町田 樹選手等、若手の良い演技が光りました。

男子は今日で五輪代表がほぼ決定。
そして、女子は誰がショートプログラムを1位通過するかが見物!です。
関連記事
entry_header

ライブ5題・その4&5

 月の後半に行ってきた演奏会について。

      三日月 孝 サクソフォーンリサイタル
       2009年12月16日(水)19:00開演
  愛知・名古屋市 電気文化会館 ザ・コンサートホール
  *Pf:倉知 小百合
  *曲目:
   D・ジョリー/カンティレーヌとダンス
   F・デュクリュック/ソナタ
   A・クエイト/ソティスの光
   J・S・バッハ/無伴奏チェロ組曲第5番 ハ短調 BWV1011
   F・メンデルスゾーン/チェロ・ソナタ第1番 変ロ長調
   ※アンコール
   サンジュレー/演奏会組曲第7番
   ガルべス/想いの届く日

 名古屋芸大 Sax科の三日月先生の4年ぶりのリサイタル。
会場内には、新・旧の教え子の皆さんや業界関係者の方々等、
多数来場されていました。
 プログラムのライナーノーツは曲解説に変えてということで、
曲を料理に見立ててコラム調に書かれているところがとっても
面白かったです。(^^
 前半、印象的だったデュクリュックとクエイトの曲。
透明感があり、素朴で詩的な美しい演奏でした。
 後半は楽器をB・Saxに変えて、2つのチェロ曲。
当日の日記にも書きましたが、とてもバリサクで吹いているとは思えないような
演奏でした。
バッハはブレスのタイミングが絶妙で、且つ年齢を感じる深みのある音楽。
メンデルスゾーンは、対照的に明るく軽やか。
 
 とにかくベテランの味を充分に堪能出来た演奏会でした。

    KITO,Akira Brass Band! our music hour
     2009年12月22日(火)19:00開演
      愛知・名古屋市 千種文化小劇場
    *指揮:鬼頭 哲
    *曲目:Plese come in!Uncle beard
         国際線 
         ライドーン!
         帽子先生の大冒険
         下降する回廊の途中まで
         コトバハイラナイ 
         株式会社サンダル観光社
         来てよ!ひげのおじさん
         さぁどうよ?
         テラシツヅケル
         風光
         手ぶらでいこう
         俺の部屋

 ブログに、今後どうやら鬼頭さん自らあとがきを書いていかれる様子です。
ということで、素敵なオープニングのお話は、公式ブログを参照下さい。
とにかく、ボーカルのタカシさんがホント素敵でした♪
途中でも、何曲か歌入りの曲の演奏がありました。

 以前、一昨年の5月に聴きに行った時の日記はこちらから。
ブラスバンドと言っても、私達が日頃演奏している吹奏楽とは違います。
鬼頭さんが全て作詞・作曲しているオリジナル曲、タイトルと曲の雰囲気がとっても
マッチしているのが聴いてていいなーと思う。
当日の日記にも書きましたが、色んなジャンルがミックスされた不思議な感覚です。
プレイヤーは一流の皆さんばかり、聴いているだけでホント勉強になります。

 鬼頭さんは残念ながら冒頭でソプラニーノを吹いただけで、前回のようにバリサクを
吹かれず、ずっと指揮されてました。何か意図があったんでしょうか?     
 

 
関連記事
entry_header

ライブ5題・その1~3

 今日は、先週取るはずだった振替休み。
しかし、あっという間に夕方ですね。。
ということで、今のうちに今月行った演奏会など。

       レニングラード国立歌劇場オペラ
   P.チャイコフスキー「エフゲニー・オネーギン」
       2009年12月2日(水)18:30開演
       愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
     *指揮:ぺテル・フェラネツ
     *演出:スタニスラフ・ガウダシンスキー
     *管弦楽:レニングラード国立歌劇場管弦楽団
     *合唱:レニングラード国立歌劇場合唱団
     *バレエ:レニングラード国立歌劇場バレエ
     
 初めて聴いて観た「エフゲニー・オネーギン」。
プーシキンの小説を元に、書かれた脚本として有名ですが、
原作はオネーギン本人を主役としているものの、オペラではタチヤーナという
女性をメインに書かれているところが特徴。
2人の出会いか別れを描いた愛憎劇ながら、オペラとしては非常に地味というか
ロシア的というか。    
 音楽は、キャストの心情をいかにもチャイコフスキーらしい美しいメロディ
(どっかで聴いたようなフレーズも多数)で溢れてました。
演出は、派手な装飾や装置は殆ど無く、照明のみでその場面の様子が
良く解るようでした。
場面転換する際にはごく薄いカーテンが掛かり、逆に一層物語を引き立てる
様子でした。
          レ・ヴァン・フランセ
        2009年12月6日(日)15:00開演
     愛知・名古屋市 三井住友海上しらかわホール
  *曲目:
  マルティーヌ/六重奏曲
  P・ハース/木管五重奏曲 op.10
  モーツァルト/五重奏曲 変ホ長調 K452
  シューマン(T.キルシュナー)/カノン形式による6つの小品 op.56
  ヒンデミット/5つの管楽器のための小室内音楽 op.24-2
  プーランク/六重奏曲
  ※アンコール
   イベール/3つの小品より1楽章
   テュイレ/六重奏曲よりガヴォット

 聴きに行った当日にも色々書きましたが、これぞ「音楽」!でしょう。
何だか遊びながら吹いているような感じに見えても、緻密に練り上げられている
ことを感じます。個人的には、特にヒンデミットが良かったです。

   
       名古屋フィルハーモニー交響楽団 第364回定期演奏会
           燃える炭火に照らされた夕べ
          2009年12月11日(金)18:45開演
        愛知・愛知県芸術劇場 コンサートホール
 *指揮:ティエリー・フィッシャー(指揮)
 *客演:エマニュエル・パユ(フルート)*、碇山典子(ピアノ)**    
 *曲目:【ストラヴィンスキー三大バレエⅢ】
 ボルン:カルメン幻想曲*
 ドビュッシー[カプレ編]:組曲『子供の領分』より「雪は踊っている」
 ドビュッシー/ホリガー:アルドゥル・ノワール(黒い熱)
       -ドビュッシーの「燃える炭火に照らされた夕べ」による〈日本初演〉
 ジャレル:フルート協奏曲『…静寂の時…』*〈日本初演〉
 ストラヴィンスキー:バレエ『ペトルーシュカ』[1911年版]**      

 レ・ヴァン・フランセを聴いてから1週間も経たないうちに聴いた
エマニュエル・パユ氏のソロ。
Saxのリサイタルでもよく演奏されるボルヌが、ナント軽やかに聴こえることか。
ビゼーの「カルメン」のお馴染みのアリアを堪能しました。
現代曲のジャルレの曲は、高難度のテクニックを要するFLと対照的なオケの動きは
面白かったです。
特に、Percは必要な楽器の数がかなり多く、見ているだけで楽しめました。
 オケのみの演奏で、ドビュッシーのピアノ曲のアレンジに未発表曲の日本初演。
「雪は踊っている」は高音管楽器をメインとしたアレンジになっていますが、
カプレのアレジン中々興味深かったです。
 アルドゥル・ノワールは、解説によるとボードレール「悪の華」に収められた
「露台」の一節から取られ、詩文は『炭火の明かりが輝く夕べ/バルコニーには
バラ色の霧がこめ』と続き、ボードレールの色彩的な世界をドビュッシーが
作曲したものと書かれていました。
ドビュッシーにしては、熱く秘めた想いというものを感じた曲でした。
 ペトルーシュカは「春の祭典」「火の鳥」の2曲の重々しさとは違い、
コミカルで楽しめました。
関連記事
entry_header

聖歌隊

20091223170734
 朝から仕事で現場に出かけ、一旦事務所に戻った後、岐阜市に来ました。
今日の帰宅は恐らく22時過ぎ、そして明日は三重の津市に9時ごろ行く
というスケジュール。(>_<)

 JR岐阜駅前に着いたとたん、クリスマスの歌が聴こえてきました。
さっき通りがかった名駅の高島屋は人出が凄かったし、
米原行きの快速電車も混んでました。
さて、クリスマスも追い込みという感じ?(^_^;

 皆様、どうか良いクリスマスを☆
関連記事
entry_header

KITO, Akira Brass Band!@千種文化小劇場

20091222212505
 仕事はバタバタとしながらも、最近は残業しなくても何とかなるようにしてきました。
その分、自宅や外出先から客先へ電話すること多数、はっきり言って気が休まりません。。

 そんな歳の瀬ですが、今日は今年の聴き納めにこんなライブに行ってきました。

 一昨年の5月、愛知県芸術文化センター 大リハーサルで聴いて以来の
KITO, Akira Brass Band!
東京中低域・渋さしらズのメンバーで、Sax奏者・鬼頭 哲氏作・編曲の
オールオリジナル曲を演奏、メンバーはJazz・クラシック・ちんどん屋等など、
様々なジャンルでご活躍のプレイヤーの方々。
なので、演奏を生で聴いてると、様々な要素が交ざっててホント面白いんです♪
 曲のジャンルもラテン・スカ・ボサノバと様々。そして、男性ボーカルが入ったしっとり系、
EuphやTbソロをフィーチャーしたファンキー系など、バラエティ豊富。
 Saxが意外に表に出ることはなく、内声でハモってたり他の楽器と全く違う動きを
やってたりと、中々面白かったりします。ちなみに、Saxに限ってはクラシックの方は
いらっしゃらない様子。

 会場には、ちっちゃなお子様連れな親子から、メンバーに指導を受けている様子の
吹奏楽部の学生さんらしき面々・かなりご年輩な方々まで、
客席は9割方埋まってたでしょうか?
この千種文化小劇場は元々演劇関係の公演用に造られていて、客席は円形に
なっているのが特徴。
付かず離れずといった距離感が、何とも言えませんです。

 一昨年から、東京公演もスタートしている様子。
来年は、北の方に北上されるようなので、皆様お住まいの近くでライブがあったら是非。
音源聴くより、絶対ライブがお勧めですよ~♪(^.^
関連記事
entry_header

冬の風景

20091222151621
 午後から仕事で知多市へ。

 今日は、名鉄に乗りました。
名鉄の待合室にはこんな暖かな設備があり、皆さん競って真下に座ってたりします。

 しかし、寒い日には防寒が欠かせませんね。

 年末のこんな時期になって、ビルの隣の他部署で新型インフルエンザが来襲中。
折角の休暇を病気で過ごしたくないもんです。(--;)

 今年もあと9日、仕事納めまであと8日。(泣)
最近、仕事がバタバタでクリスマスや正月を迎える気分になれない今日この頃。
明日は朝から夜まで仕事です。(;´д`)
関連記事
entry_header

バルセロナ クラブW杯初優勝☆

 土曜の深夜、本当はTV観戦したかったのですが、先週末はすっかり疲れ果てて、
集中して何かをやりたいと思えず、サッサと寝てしまったんです。
ホントは観たかった~(T_T)

 シビレるような試合展開だったことは新聞を読んで想像出来ました。
先行されたバルセロナが、後半残り1分で同点に追い付き、延長でメッシ選手のゴールで
逆転なんて、ナント出来過ぎなシナリオ!(^.^)

 バルセロナがあるカタルーニャ州は、1996年のバルセロナ五輪でも歴史の特殊性が
随分取り上げられたのを思い出します。新聞記事によると、このサッカークラブも、
歴史のうねりと無縁では無かったとのこと。
 フランコ政権下では、カタルーニャの独自の言語が禁じられながら
クラブ内での会話はOKで、文化や伝統の継承に重要な役割を担っていたという内容を読んで、
このクラブに対する街の人達の期待と誇りをかいま見た気がしました。
関連記事
entry_header

【追記あり】M-1グランプリ2009 優勝はパンクブーブー

20091220210720
 いやはや!決勝初進出でいきなりの優勝!!2本のネタ、文句なしの出来でした。
ダークホースが、優勝をかっさらったっていう感じ。

 笑い飯は、1本目高得点でしたが、2本目の最終決戦のネタの中身と雑さがチョット。(--)
結局、優勝出来ずに10年目を終了。
※12/21追記・2000年7月結成だから、来年も参加という話も?

 敗者復活勝ち上がり組は、NON STYLE。昨年の覇者ということで、貫禄十分で
最終決戦に残ったものの、パターン化されたネタの形には?(-.-)

 個人的には、若手のハライチは良かったと思ったけど、後は経験値かな?
去年3位のナイツは4位。出番がトップじゃなかったらわからなかったかも。
ハリセンボン・南海キャンディーズの人気モノ組は、ネタ的にはイマイチ。(-_-)
東京ダイナマイトは淡々とし過ぎた感じ、モンスターエンジンは乱暴な言葉使いに審査員や
客席がかなーり引いてしまった。。

 16時から敗者復活戦をOAと言いながら、舞台よりもMCやゲストや舞台裏ばっかの
中継なんて不要。(--;)ちゃんと出場者のネタが観たかったです。
結構、人気コンビが10年で今年が最後だったりしたみたいですね。
あと、デビュー同期の差が見えてくるのも、M-1ならではかも。
関連記事
entry_header

プロボクサー・長谷川 穂積選手V10達成!

20091219002452
 私が小学生時代、「ちょっちゅね~」が流行語になった具志堅 用高氏の
連続防衛記録13回というのが、国内では未だ破られてません。

 今日、長谷川 穂積選手が10回目の防衛を見事達成!\(^o^)/
勝利インタビューで、「これからも地味に勝って、地味に頑張ります。」という発言は、
暗に某一家を指した発言でしょう。(-_-)

 しかし、いつも観ても見事な勝ちっぷりですよね~。(^.^)

 ただ、-10kg以上の減量は流石に大変。階級をどうするかは、今後決めるそうです。
ホントは、14回を目指していただきたいんですけどね~。
綺麗な奥様がインタビューに答えていましたが、食事を共にしたお陰?で、
-7kgのダイエットに成功したんだとか。むー、なるほど。(((^^;)
関連記事
entry_header

小林 可夢偉選手 F1ザウバーチームへ

  HONDA・TOYOTAの撤退により、日本メーカーや日本人ドライバーの地位が
怪しくなってきてるF1界。

 そんな中で、TOYOTAのテストドライバーだった小林 可夢偉選手のザウバーチーム入りが
決定とのニュース!
最終2戦での代役出場の走り・入賞が随分話題となり、来季のTOYOTAのシートも可能性が
あると言われた矢先の撤退発表だっただけに、他のチームがどう動くか注目してました。

 未だ20代前半と若いだけに、来季が楽しみになりました~。
日本メーカーの参戦が、ブリジストンタイヤだけじゃねぇ。

 F1絡みで言えば、元F1ドライバーで、現在は登山家の片山 右京氏が富士山で遭難の
ニュースにはビックリ!(((・・;)これだけの寒気が日本全体を覆う中、富士山なんて
恐ろしい悪天候なのは想像に難くありません。本人は無事のようですが、同行者の方の
安否はかなり難しい状態のようです。冬山は怖いですねー。

 冬山の遭難というと、アメリカのマッキンリーで登頂成功直後に消息を絶った、
登山家・植村 直己氏を思い出してしまいます。。
関連記事
entry_header

パリ土産

20091217220148
 今日の仕事は、予想以上にドタバタでした。(;´д`)昼食が14時前からになったぐらい。

 何とか18時に仕事を終えて、一旦帰宅。洗濯機をかけたり家事をしてから、
バンドの練習へ。30分遅れでしたが、平日にしては珍しく大人数でビックリ。(^_^;

 終了後、先月末に結婚されたばかりのIさん夫妻にご挨拶。
結婚式の2次会に行きたかったのですが、ちょうど伊丹市に行く日だったので、
残念ながら欠席。代わりに、ハローキティ人形付きの祝電を送りました。

 Iさんのご主人がSaxパート(奥様はTp)なのですが、新婚旅行でパリに行った際に、
セルマー社 本店に行ったそうで、写真はそのお土産ということで頂きました♪(^^)v
ありがとうございます!(^o^)/~~ これを持ってたら、もっと上手くなるみたいな
おまじないでもついてたら。(爆)(ナイナイ(-.-)ノ⌒-~)

 さて、明日も忙しいか?!

 週末は、奇跡的に連休です。当初、年始の発表会絡みで予定していた上京が無くなったので、
美容院行ったり年賀状準備したり発表会の練習したり掃除したりと、年末準備の前倒しです。
あ、休養が一番なので、ゆっくりします。
来週は、恐らく祝日も土日も恐らく仕事の予定、そして大晦日イブが仕事納め。。(-_-)
関連記事
entry_header

松井 秀樹選手 ロサンゼルス・エンゼルスへ電撃移籍発表

 移籍発表があった昨日から入団発表があった今日まで、ネットの野球関係は
この話題で持ちきり!恐らく、夜のスポーツニュースでも、まだまだ続くかなと。

 今朝7時からの入団会見は、日テレ系の「ズームイン朝!SUPER」で観ました。
背番号はやはり55。星稜高・巨人・ヤンキース共、黒や紺が基調のユニフォーム
だったので、赤がベースのエンゼルスのユニフォームになんとなく未だ違和感が。(((^^;)

 ロス郊外のアナハイムが本拠地ということで、観光にはうってつけ。
しかも、イチロー選手がいるマリナース戦はプラチナチケット必死。
 10年以上前のロスへの新婚旅行で、ディズニーランドではなく、当時野茂 茂雄氏が
所属したLAドジャーズ観戦を選びました。
久々に、MLB観戦もいいかも?円高の恩恵にも預かれるし。

 ヤンキースのキャッシュマンGMは、名前の通りシビアというかビジネスに
徹しているというか。これが彼のやり方なんでしょう。

 今朝のニュースといえば、サッカーのクラブ・ワールドカップ・バルセロナvsアトランテ戦、
日本時間では深夜だったので観ませんでした。
バルセロナのメッシ選手のゴールシーン!ニュースで観てしびれました!!
監督のコメントも「彼は別銀河から来たようだ!」って。
さすがは、今年のバロンドールだけはあります。
何で、今年に限って日本で開催されなかったんだろ。(--

 そういえば、先週末に東京であった柔道のGPシリーズ、都合で結局TVOAを
全く観られずじまいでした。(T_T)結構日本人選手が優勝したんですよね。
関連記事
entry_header

超越したもの

20091216214318
 今日は冬晴れの寒い一日でした。
仕事で夕方近くまで歩いてたのですが、朝からやや厚着して出勤。一時期の暖かさで
寒さを忘れてましたが、プチカイロを買って腰の辺りに貼って冷やさないように
しなきゃです。(>_<)

 さて、仕事を何とか18時で終わらせ、伏見の電気文化会館へ。
今日は、名古屋芸大 Sax科の三日月先生のリサイタルに行ってきました。
会場は、学生さん達からご年輩の方々までかなりの人が。

 三日月先生はとってもダンディでお話も面白く、正に「大人の男性」という言葉が
ピッタリな方。
ステージに登場されてから会場の雰囲気は一変、立ち振る舞いから演奏まで
独特の空気・世界に。
 特に、後半のバッハとメンデルスゾーン!
力技などではない、艶のある深い味わいのワインのような音の響き・音楽。
Saxという楽器を忘れそうになりました。

 三日月先生の沢山の教え子の皆さんや他の音大のメンバーが多数来場されて
いましたが、それぞれに何かを感じるように聴き入っているのが印象的でしたね。
あと、ピアニストの倉知さんのサポートも素晴らしかったです。

 プログラム等の詳細はまた後日。

 さて、明日も仕事が忙しいか?何とか上手くバンドの練習に行きたいところです。
関連記事
entry_header

バンドジャーナル1月号

 発売は毎月10日ですが、今日やっと購入しました。
中学&高校の後輩・坂ちゃんさん情報で、地元の大田三中 吹奏楽部が取り上げられて
いると知ったからです。

 秋のブレーンネットTVに続いて、とうとうBJにまで登場。
内容は、ブレーンネットTVでの様子を紙面に興したって感じでした。
いやはや、段クンもはや全国区ですね~。
あ、プロフィール欄には大学の副専攻がCbってしっかり書いてありました。(^^;

 他に、吹奏楽コンクールの全国大会や日本管楽合奏コンテストの記事等、
気になる記事が盛りだくさんでしたが、私が一番気になったのはシエナWOの
新譜「THE 刑事」のジャケット写真の若き日の俳優・丹波 哲郎でしょう。
これはやはりGメン’75時代のものですよね?(^^     
関連記事
entry_header

11月のライブ6題・その4~6

 最近PCを中々開けず、すっかり遅くなってしまいましたが、今年が終わってしまわないうちに。
   
        めいおんサクソフォンオーケストラ2009
         2009年11月15日(日)14:00開演
         愛知・名古屋市 中電ホール
     *出演:名古屋音楽大学 Sax専攻生
     *指揮:亀井 明良
     *客演:小森 伸二*
     *曲目:
      E.グリーグ/組曲「ホルベアの時代から」Op.40
      L.E.ラーション/サクソフォン協奏曲 Op.14 *
      リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェヘラザード」

 3北欧・ロシアというプログラムで3曲のみでしたが、後半はシェヘラザード全曲で
ボリューム感たっぷり。大人数を感じさせず、曲をきちんと丁寧に掘り下げてあったし、
恐らく前列は4年生メンバーと思われますが、ソロを吹いても流石光るモノを感じました。
 シェヘラザード、やっぱ難しいですね。
よく中2の吹奏楽コンクールでこんな曲をやったよなと、改めて感じてしまって。(苦笑

          カレファックス・リード・クインテット
           2009年11月26日(木)19:00開演
             愛知・名古屋市 宗次ホール
       *出演:オリヴァー・ブックホールン(Ob)
           イーヴァル・ベリックス(Cl)
           ラーフ・ヘッケマ(A.Sax)
           イェルテ・アルタウス(BassCl)         
           アルバン・ウェスリー(Bn)
       *曲目:
       モーツァルト(ウェスリー編)/五重奏曲K.406
       ドビュッシー(ブックホールン編)/ベルガマスク組曲
       ラヴェル(ヘッケマ編)/スペイン狂詩曲
       ホセ・マリア・サンチェス=ヴェルドゥ/装飾的変奏の書(Libro de glosas)
       チャイコフスキー(ヘッケマ編)/「くるみ割り人形」より 小序曲
       チャイコフスキー=デューク・エリントン(ブックホールン編)/
                          「くるみ割り人形」ジャズ組曲
         
 当日の日記にも書きましたが、他に無いオリジナルな編成にアレンジ。
モーツァルトは正統派な解釈で、Saxが入っているという音を全く感じさせなかったし、
ラヴェルなんて5人で吹いているとは思えないカラフルさ。
ちなみに、4楽章のみは吹奏楽でお馴染みの祭りではなく、ピアノ曲の「鏡」の3楽章・
道化師の朝の歌でした。
 古楽の国・オランダの団体らしく、ホセ・マリア・サンチェスのようなルネッサンス音楽を
ベースにした曲なんか反って新鮮だったり、一転ジャズ組曲では全く違ったカラーで演奏
出来たりと、先日聴いたばかりのレ・ヴァン・フランセとはまた違った意味で自由で柔軟な
「音楽」を楽しみました♪
   
           瀧 彬友サクソフォンリサイタル
       ~パリからの便り~サクソフォンへのオマージュ 
          2009年11月28日(土)18:30開演
      愛知・名古屋市 電気文化会館 ザ・コンサートホール
      *Pf:樋口 由利
      *曲目:
         C.パスカル/ソナチネ
         J.リュエフ/小協奏曲
         H.トマジ/バラード
         W.オルブライト/ソナタ
         P.スウェルツ/クロノス
          ※アンコール 
           ダマーズ/ヴァカンス  

 名古屋音大を卒業後、現在フランス留学中の方がいらっしゃると話を聞いたことがあったの
ですが、このリサイタルのために帰国されたとのこと。ちなみに、大学時代は服部先生門下で、
留学中はF.モレッティ&E.ファガン氏に師事とのプロフィールが。
 会場は大学関係者が多数来場されていたようで、私の席の周りもいつの間にか現役学生・
OBの方で一杯になってました。

 プログラムは、来ベルギーのディナンで開催されるアドルフ・サックス国際コンクールを
見据えた内容と、ある関係者の方から伺いました。
 前半のフランスもの3曲はシンプル過ぎるぐらいに正に淡々という感じでしたが、
後半は一転して、迸る様に熱く秘めた何かを感じる演奏でした。 
 リュエフのこの曲は初めて聴きました。
技術的にかなりの難度かと思いますが、それを全く感じさせないのは凄いの一言です。    
関連記事
entry_header

あとひと月半♪

20091213203256
 朝からバンドの1日練習の為、金山の音楽プラザへ。

 最近、仕事や演奏会を聴きに行ったりで、3週連続で練習に出てませんでした。(^^;
そろそろ仕上げの段階に入る時期ですが、個人的に久々に合奏出来た曲もあり、
低音メンバーがやっと揃ったこともあり、まだまだ課題は満載です。(-_-)
年内あと2回、練習に出られるのかどーなのか。次回の休日練習は、年明け1/16(土)。
 
 今回も演奏会関係の広報の仕事をしていますが、ナント定演と同じ日に名古屋市内で
他に3つも!アマチュア吹奏楽団の定演があることを最近知りました。。
2つとかあったけど、4つって。。。
それぞれ個性が違うバンドではありますが、頑張って宣伝せねば。
 
 そんな訳で、中日交響吹奏楽団の演奏会に是非行きたい!バリサクをどんな風に吹いてるか
見てみたい!!と言っていただける方、チケット用意しますので宜しくお願いします。m(__)m

 写真は、地下鉄 金山駅に繋がる地下道で見つけたチラシ。
新年まであと19日と、とうとう20日なくなっちゃいましたね。
関連記事
entry_header

今年の漢字

「新」に決まったそうですね。

昨夜、ニュースを見逃してたので、今朝知りました。
政権交代・新型インフル等々、考慮して選ばれたそう。
応募数も、全体の10%を占めたとか。皆、様々に希望を持ちたいんですよね!

この今年の漢字の披露自体が、バックアップしていた漢字検定協会理事親子のゴタゴタで
無くなるかも?と危惧されてましたから、皮肉なことに正にピッタリの気も。(-.-)
関連記事
entry_header

再会!

いよいよ今年もあと3週間。

抱えてる仕事はありますが、何とか振り切って名フィル定期に行ってきました。
今日は現代モノ初演があり、いつもより打楽器の数がかなーり多かったです。

Fl奏者・エマニュエル・パユ氏客演ですから、学生さんも多かったし、3階席もかなり
埋まってました。演奏会については、また後日。

で、タイトルの件。

プログラムでメンバー表を見ていたら、中学・高校時代の部活の先輩で、Fg奏者として
関西方面でご活躍中の片寄 伸也先輩がエキストラで出演されてることを知りました!

そんな訳で、終演後楽屋まで追撃。(((^^;)
高校のOB会で会ったのは、多分4年ぐらい前だったかと。
オアシス21でお茶をしながら、室内楽を中心に活動されている近況を伺ったり、
他のOBメンバーの話をしたりとアッという間の約1時間でした。
明日の土曜定期に行かれる方は、3rd Fgを要チェックということで。(^-^)

帰りの地下鉄は、忘年会帰りの人達で一杯。明日も仕事なので、鞄が重いです。。
関連記事
entry_header

奥飛騨観光キャンペーン

20091211091315
昨夜の話ですが、仕事帰りに閉店ギリギリに名駅の東急ハンズへ駆け込み、用事を済ませ、
帰宅しようかなと思ったら、名古屋駅 桜通口を入って直ぐにある、タワーズのエスカレーター裏に、
期間限定の奥飛騨方面の観光ブースがありました。写真は、そこで持ち帰ったパンフ達。

一度は奥飛騨方面に行きたいのですが、中々叶わず、泊まるならこんな旅館がいいな~と
妄想に浸るのみ。(((^_^;)
ネットで調べるのって色々便利ですが、アナログに紙で見るのも悪くないです。

ホントは、今年の秋の旅行で行くつもりでしたが、私の仕事の関係で行き先を三重の
松阪市方面のゴルフ旅行に変更したんでした。

冬は雪がかなり多いエリアですが、今年は暖冬だしどうでしょ?
えぬ夫は、行くなら夏がいいと主張してます。でも、冬の温泉は捨てがたいかな~。(^-^)
ただ、名鉄の駅に貼ってある日間賀島の「ふぐづくし」ポスターやチラシを見ると、
やっぱ旬の味かな~と、こっちも捨てがたいのですよね。(((^^;)
関連記事
entry_header

阪神・赤星 憲広選手 電撃引退

夕方、ネットのニュースで知り、ビックリしました。(((・・;)

赤星選手は脊髄を痛めており、これ以上選手生活を続けたら身体機能や生命の危機に関わると、
ドクターストップが出てしまったとか。

プロスポーツ選手の中では珍しい怪我ではない(引退のキッカケになるという意味でも)
ようですが、阪神の看板人気選手だけに波紋はかなり大きいかと。

ちなみに、赤星選手は愛知県の大府高出身。えぬ夫の取引先で、赤星選手の後援会関係の方が
いるという話を聞いたことがありましたっけ。

一方、新人選手の入団発表が始まってますが、埼玉西武入りする菊地 雄星投手を
マスコミが追っかけてます。昨日の所沢市内入りした様子が、今朝の朝刊にも出てました。
春季キャンプまで2ヶ月切りましたから、いよいよという感じです。
関連記事
entry_header

年末の豊川稲荷

20091209165315
午後から、仕事で豊川市に行ってきました。これで3度目でしょうか?

客先のアポ時間より早めに到着し、豊川稲荷へ行ってきました。
たまたま関西のツアーのお客さんと一緒になり、中々の人出。
本堂から読経が聞こえてきましたが、ちょうど御祓を受けてた方々がいたみたいです。

ここはお正月の初詣のメッカですから、あとひと月後は大賑わいになるんでしょう。
庭木の剪定をしている作業員の方々がいたりと、準備が少しずつ始まってる様子。

そうそう、もうすぐ高校駅伝がありますが、駅前の商店街には県代表の男子・豊川工高&
女子・豊川高の応援ポスターが、あちこちに貼ってありました。
関連記事
entry_header

M-1グランプリ2009 決勝戦 出場8組決定

 いよいよ来週末が決勝戦となった今年のM-1グランプリの決勝出場8組が決定したとか。

 登場順に、ナイツ・南海キャンディーズ・東京ダイナマイト・ハリセンボン・笑い飯・
ハライチ・モンスターエンジン・パンクブーブー+敗者復活勝ち上がり1組。

 さて、この顔ぶれで敢えて優勝予想をするなら?!(^^

 個人的には、ナイツと南キャンには頑張って欲しい。ダークホースにモンスターエンジン。
ハライチはまだ観たことないから何とも。敗者復活で誰が上がってくるのかも楽しみ。
関連記事
entry_header

石川 遼選手 男子プロゴルフ 年間賞金王に☆

 昨日までの最終戦、ライバルの池田 勇太選手が優勝出来ず、大方の予想通り
石川 遼選手が年間賞金王に決定!\(^o^)/
しかも、史上最年少ということで、ますます世界からの注目が集まること間違い無し。

 最後の約15試合、普通なら3,4戦出場したら1回は休むペースらしいのですが、
全試合休みなく出場。
今や国内の経済効果に絶大な影響力を与え、この不況下にスポンサーから試合に
出てくれと懇願されたら出ない訳にはいかないのも、かなり辛いところでは?
しかし、出ると出ないとではTV視聴率が10%も違うとは!(((^_^;)
 問題は、来年がどういう成績になるか?
このオフは高校卒業も控えてますが、様々引っ張りダコなんだろうな。

 一方、タイガー・ウッズ選手のスキャンダル、アメリカ国内では選手生命も怪しく
なりそうな勢いの大騒ぎですね。(((・・;)来年はどうするんだろ。
裁判等で、試合どころじゃなくなる?!
関連記事
entry_header

エスプリ・ウインズ

20091207001245
 ということで、しらかわホールへレ・ヴァン・フランセを聴きに行きました。

 会場には、ホール会員らしき方々や、管楽器吹きな面々が多数来場していた様子で
9割は埋まってたと思います。

 初めて聴いたのは、4年前の東京オペラシティ コンサートホールでの公演
かなり大きいホールな上に2階の下手側だったので、随分ステージが遠かった記憶が。
 それに比べ、しらかわホールは正に室内楽向き。今回は、2階の上手側で割とステージが近く、
プレイヤーの丁々発止を間近で観ることが出来て面白かったです。詳細は後日。

 しかし、Obのフランソワ・ルルー氏がめっちゃ良かったですね~♪
Pfのエリック・ルサージュ氏、眼鏡掛けてましたっけ?
関連記事
entry_header

アドルフ・サックスの楽器

20091206144036
 今日は午前中仕事の筈でしたが、新型インフルエンザの影響で一昨日急遽キャンセルに。

 昼からT・Saxを持参し昭和区の楽器店へ。「ゼペットじいさん」こと管楽器工房・ゼペット
佐場野さんが横浜から来店されての調整会があると知り、10月末から予約してました。
なので、仕事になった場合何かのトラブルで行けなくなったらどーしよう心配してましたたが、
それもなくなり一安心。

 楽器を見ていただくのが約10ヶ月ぶりでしたが、その間楽器自体をを半年も吹かずじまいだったので、
音が出るかの方が心配でした。(((^^;)調整は早めに終わり、久々色々お話してきました。
今後、2ヶ月に1度は来名される様子です。

 帰り際、たまたま来店されていた方が、セルマーのアメセル・26やアドルフ・サックスの
楽器を持参してオーナーに見せていらっしゃいました。
お願いして、私も吹かせていただくことに!(^o^)
 話は聞いていたものの、実際に音を出すのに苦労し、オクターブキーは2つあるし、いやはや大苦戦。。
しかし、この楽器の正に創生期と言える時代のものに触れられたのは貴重な体験でした。
ちなみに、マウスピースはセルマーのラバータイプの1920年代のものと、メタルタイプと
両方お借りして吹きました。

 さて、これからしらかわホールでレ・ヴァン・フランセを聴いてきます♪
関連記事

side menu

side_header

プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog