プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

映画「それでも恋するバルセロナ」

 今日は月末最終日にも関わらず、18時半に終了!
ならばと、ミッドランドスクエアシネマズへ一目散。
18:50から予告編が始まっていた、ウディ・アレン監督の新作を観てきました。

 この映画は、朝日新聞の2面広告で知りました。しかも、スペイン大使のコメント付き。
まず、興味深々なキャスト。スペインのペネロペ・クルスに米のスカーレット・ヨハンソンが
共演と言うだけで、もう充分! 
 ペネロペ・クルスは、この映画で米アカデミー賞の助演女優賞を 獲得し、尚更観たいと
いうところ。20代にはトム・クルーズの恋人だったし、日本でも某スキンケアのCMに
出てましたっけ。
 華奢だった当時の面影なんて無いくらい、まるで別人な貫禄。今や、スペインを代表する
大女優へ。

 実は、ウディ・アレンの映画を観るのは初めてだったりします。
1985年の「カイロの紫のバラ」という映画でこの監督の事を知ったものの、何となく
観るチャンスがなかったというか。今回は、人物設定・人物相関・キャストに加え、
スペインが舞台というところに惹かれ、即座に観に行くと決めました♪
 ストーリーは観ていない方の為に書けませんが、敢えて言うならR-35、かな。
大人が観て、ナルホド!と思えちゃうシュールな部分が多いかも。
パンフにも、監督自ら『愛の追究』がテーマであり、愛は全てのものの要素
とのたまわっていらっしゃいます。いやはや、73歳とは思えませぬ。(^^*
 
 しかし、映画観るのはホントに久しぶりでした。
名古屋駅周辺にあれだけ沢山の映画館がありますが、観に行ったのはこの約2年で初めて。

 そうそう、愛知県の西三河方面がロケ地で、愛知工業大学が様々に協力した古波津 陽監督
築城せよ!」も観たいのですが、取り合えずパンフだけ買いました。
うーん、何処かで観に行けるかなぁ。
関連記事

テーマ : 見た映画 - ジャンル : 映画

演奏会のご案内(2009.6月)

 ♪2009年6月
 ♯2009年6月6日(土)14:00開演
   愛知・名古屋市 愛知県勤労会館 大ホール
   中日交響吹奏楽団 サマーコンサート2009・・・終了★ご来場ありがとうございました!
 
 ♯2009年6月6日(土)7日(日)
   富山・小杉町 アイザック小杉文化ホール ラポール
   富山サクソフォーンフェスティバル・・・終了★
   
 ♯2009年6月9日(火)19:00開演
   東京・新宿区 東京オペラシティ リサイタルホール
   Saxaccord(サクサコール)・・・終了★

 ♯2009年6月9日(火)19:00開演
   神奈川・横浜市 かなっくホ-ル
   KeijiとYoshikiのおしゃべりコンサ-トvol.5・・・終了★

 ♯2009年6月13日(土)18:30開演
   東京・葛飾区 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
   東京リサーチ合奏団 第35回定期演奏会・・・終了★

 ♯2009年6月14日(日)13:30開演
   愛知・春日井市民会館 
   ルロウブラスオルケスター 第16回 定期演奏会・・・終了★

 ♯2009年6月14日(日)14:00開演
   島根・松江市 島根県民開館 大ホール
   松江北高 第31回定期演奏会・・・終了★

 ♯2009年6月21日(日)14:30開演
   岡山・岡山市  岡山ルネスホール(旧・日本銀行 岡山支店)
   井上 有記山下 雅也 デュオコンサートvol.1(岡山チェンバープレイヤーズ)・・・終了★
                                     
 ♯2009年6月24日(水)19:00開演
   兵庫・兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール・・・終了★
         30日(火)19:00開演
   東京・サントリーホール ブルーローズ・・・ coming soon!
   井上 麻子(sax)×藤井 快哉(pf)DUO 『佐治 敬三賞』受賞記念リサイタル    

続きを読む »

関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

水無月

20090630125330
 今日は6月30日。
夏の大祓という意味で、京都では水無月という和菓子が食されます。
名古屋の百貨店には京都・滋賀の和菓子屋さんがいくつか入っているので、勤務先の皆で
食べようと、滋賀の和菓子屋・たねやで買ってきました

 今日で1年の半分がおしまい。早いなぁ。

 仕事も第一四半期が終了でも、数字はホントに散々。(;´д`)
冬のボーナスは、本当に大丈夫かどうか?
明日付けで異動者が3名あり、来月早々には送別会決定。
 また、以前も書きましたが約10年勤務した契約社員の方も今日が最後。
私が名古屋へ異動してからの2年間、担当業務をサポートして下さいました。
また、この地区の多くの新人・若手社員からベテラン社員を陰ながら支えて下さった存在。
特に、愚痴をこぼす女性営業担当には、人生の先輩として貴重なアドバイスを下さいました。
流石に私の母親と変わらない年齢ということもあり、これからはゆっくり生活される予定とか。

 仕事上でも様々な人達との出会いや別れがあっての会社生活、正に一期一会です。

 しかし、ホントにひとりぼっち業務になってしまった。。(T_T)
関連記事

テーマ : これは美味い!! - ジャンル : グルメ

お相撲さんたち

20090630063627
 大相撲 名古屋場所が、12日(日)に初日を迎えます。

 一昨日の日曜日に、関係者が一斉に来名と報じられました。
昨日、勤務先があるビルの地下の飲食店フロアで、1人のお相撲さんとすれ違いましたが、
山本屋本店に入って味噌煮込みうどんを食べてました。
・・・でも、名前も顔もわからない。(((^^;)多分、若手の方かなー?

 そんな訳で、某本番が今年も迫ってきましたよ。(^^)v

 写真は、近所の行き付けのとある店の、長年の常連さん経由で貰えた去年の番付表と大入袋。
店のオーナーには、感謝です♪(^o^)

 昨日話をしてて判ったのですが、オーナーの店に必ずある相撲部屋の行司の方が
持ち帰りの食事を頼みに毎年来店するそうです。
その行司の方、ナント!えぬ夫の中学の柔道部の1つ下の後輩という可能性がある
ことが判明。オーナーの店には、もう20年ぐらい出入りしているとか。
オーナー・えぬ夫共、ビックリな話でした。(((^^;)
関連記事

テーマ : 格闘技 - ジャンル : スポーツ

サッカー コンフェデレーションズ杯ブラジル優勝

 準決勝で、スペインが固い守備のアメリカに無得点負けして大騒ぎになった今大会、
決勝の行方が注目されましたが、そこは流石にブラジル!
前半で2点を先制されて本気になったのか?、後半一気に3得点し優勝!
王国の底力を見せ付けた結果に。
MVPはカカ選手、そういえば監督は、ジュビロ磐田に在籍したドゥンガ氏でしたね。

 来年は、いよいよ南アフリカでの本大会、どういう結末になっているやら。

 サッカーつながりで言えば、J1の名古屋グランパスの不振ぶりがちょっと心配。
大分トリニータは、とうとう監督解任ですね。遅いぐらいかも。
関連記事

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

昨日のゴルフ&陸上 日本選手権

 昨日は外出の為、ゴルフ中継がひとつも観られずでした。(T_T)

 昨夜から大きく報じられていますが、ミズノオープンよみうりクラシックで
石川 遼選手が今季初優勝・来月の全英オープンへの出場が決定☆
いやー、最終日の16番ホールのアプローチは痺れますね!(^o^)
全英は超難関コース、どういう結果になるやら。

 女子は、プロミスレディスで諸見里 しのぶ選手が優勝。
今年の賞金女王争いは、横峯 さくら選手とのマッチレースになりそうな予感。

 陸上の日本選手権、楽しみにしていた男女100mが揃って本命か怪我で棄権という
予想外の展開。世界陸上も近いですから、心配です。
 男子100mは、新鋭・早稲田大学の江里口 匡史選手が優勝。
しかも、予選で日本歴代4位の記録!今後、400mリレーの候補にも挙がりそうな感じです。

 一方で、女子マラソンの先駆者で旧姓・佐々木 七恵氏が53歳の若さで亡くなったと
報じられていました。増田 明美氏と共に、ロス五輪で初のマラソン代表となった方。
しばらく話題を聞かないなと思っていたら、こんな形で訃報を聞くことになるとは。
ご冥福をお祈りします。
関連記事

テーマ : 陸上競技 - ジャンル : スポーツ

西尾市文化会館

20090628163521
 午後から西尾市に来ました。
仕事でたまに来ることがあっても、プライベートでは実は初めて。

 西尾市民吹奏楽団が毎年この時期に開催しているといいチャリティコンサート、
今年は蒲郡市吹奏楽団や西尾市内の2つの中学校と合同での開催とのこと。
 Sax吹き仲間・ろりんさんが西尾市民吹奏楽団の団員ということと、以前私もエキストラとして
お邪魔した蒲郡市吹奏楽団にてるてるさん・あーちゃんさんが、
今回エキストラ参加ということで、聴きに行ってきました。

 吹奏楽コンクールの地区予選直前ということで、どの団体もコンクール演奏予定曲
+ポップス曲という内容。

 会場には、沢山の市民の皆さんが集まっていました。
天気が心配されましたが、雨どころか帰りは晴れてたし、行き帰りはちょうどいいタイミングで
路線バスが来る時間に当たってラッキーでした♪

 ご出演の皆様、お疲れ様でした~!
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

演奏会直前情報♪:6/28 チャリティージョイントコンサート2009&ラミラミ音楽団&けいはんなフィルハーモニー管弦楽団&神戸アンサンブルソロイスツ 

  アマチュア関係の演奏会シーズンも、ピークを迎えている感じですね♪
タイミング等で事前にUPしそこなったのですが、お知り合いの皆様がご出演の今日開催の
演奏会をまとめてUPします。私は、西尾方面へ行ってきます!

            チャリティージョイントコンサート2009
       *日時:2009年6月28日(日)13:30開演
       *会場:愛知・西尾市文化会館 大ホール
       *出演:西尾市民吹奏楽団
            蒲郡市吹奏楽団
            西尾市立鶴城中学校吹奏楽部
            西尾市立平坂中学校吹奏楽部
       *プログラム:
        第1部・蒲郡市吹奏楽団ステージ
        第2部・中学校ステージ
        第3部・西尾市民吹奏楽団ステージ
        第4部・合同演奏ステージ
       *入場料:500円

           ラミラミ音楽団 第1回演奏会
       *日時:2009年6月28日(日)14:00開演  入場無料
       *会場:東京・狛江エコルマホール
       *指揮:徳永 輝・池田 佳正
       *曲目:
         「シバの女王ベルキス」(全曲)(O.レスピーギ/木村吉宏)
         春の猟犬 (A.リード)
         カンタベリーコラール (J.ヴァンデルロースト)
         第1組曲 (G.ホルスト)

         けいはんなフィルハーモニー管弦楽団演奏会
       *日時: 2009年6月28日(日) 14:00開演
       *会場:京都・相楽郡  けいはんなプラザ・メインホール
       *客演指揮:: 関谷 弘志
       *曲目:
         R.ヴォーン=ウィリアムズ/交響曲第4番ヘ短調
         W.A.モーツァルト/フルート協奏曲第2番 ニ長調 K.314
              ☆フルート独奏:関谷 弘志
         J.シュトラウスII/喜歌劇「こうもり」序曲
       *入場料:1000円

         神戸アンサンブルソロイスツ 第19回定期演奏会
                  「二人の“B”」
       *日時:2009年6月28日(日)14:00開演
       *会場:兵庫・神戸芸術センター 大ホール
       *指揮:高橋 義人
       *曲目:
         「コリオラン」序曲(ベートーベン)
         交響曲第7番 イ長調(ベートーベン)
         ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調(ブラームス)
              ☆ピアノ独奏:後藤 有以子
       *入場料:1000円       
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

野球留学のいま

 今週の朝刊スポーツ欄では、高校野球の野球留学について取り上げていました。

 今日の記事は地域代表というサブタイトルでしたが、地元の江の川高校が石見智翠館高校
改名し、野球部の県外出身者の入部は10名までになったことを取り上げていました。
石見という地方名を敢えて付けて、島根県内の中学校へアプローチをかけてるとか。
 地方の私立高の野球部といえば関東・関西等の出身者が多く、私の高校時代に
江の川高校が何度代表になっても、正直あまり応援する気は起こらずでした。

 今年のセンバツで準優勝した岩手の私立の花巻東高校が、県内出身者が多く在籍する
ことで大きな話題になりました。
全国的に見ても、特待生問題も含めて地域の支援を得る為に高校側の意識が変化して
いるとか。

 昨日の特集では、海外の留学生の話題でした。
高校野球は日本が一番レベルが高いからと、約50人もの留学生が野球部に入る為に
来日しているのは驚きです。
ちなみに、韓国は高校野球の大会にたった53校しか出場していないというのは何だか意外。
関連記事

テーマ : 野球全般 - ジャンル : スポーツ

陸上 日本選手権 女子200mで福島 千里選手が日本新で優勝

20090627120755
 今日は、午前中のみ瀬戸市で仕事してきました。
地下鉄・名鉄で移動しながら、今朝の朝日新聞 朝刊を読んでいます。

 写真は、昨日から広島で始まった陸上の日本選手権の記事。
かつて、陸上の日本選手でこんなにデカデカと写真が載った選手がいたでしょうか?!
しかも、女子の短距離選手で、若くてまだまだ成長途中に加え、世界標準記録を突破し、
去年の北京五輪に50数年ぶりに出場したことで、マスコミの扱いも別格になってきました。

 女子 200mで福島 千里選手が23秒00の日本新記録で優勝・世界標準記録A(23秒00)を
クリアし、北京五輪に続き8月のベルリン世界陸上への出場が決定!
最近、大会で走れば日本新を連発中ですね。
  *標準記録にはA標準記録とB標準記録があり、A標準記録は入賞(決勝に残れる)
   できると思われるラインで、B標準記録は競技として成立させるための最低限のライン。
 同世代のライバルで、平成国際大学の高橋 萌木子選手がいますが、福島選手には
100・200m共連敗続き。(でも、全体の2位)高校時代は、高橋選手の方が上だったとか。
次は、100mの結果が楽しみです。

 福島選手所属の北海道ハイテクACは、恵庭北高校時代の恩師・中村 宏之氏が定年退職後に
指導を続けているクラブとか。教え子達を継続して育てられるというのも、双方にとって
有益だと思われます。そして、ここはインドアスタジアムを所有することでも有名。
 そういえば、えぬ夫の中学時代の柔道の恩師も、昨年の定年退職後は姫路市の
スポーツ関係の専門学校で指導を続けてられていると聞いています。
かつて赴任校を何度も全国大会に導き、えぬ夫の時代のように団体優勝を経験したような方。
今後、このエリアには優秀な選手が育って行くんでしょう。

 そういえば世界陸上のMCって、またまた熱いあのお2人方なんでしょうか?(((^_^;)
関連記事

テーマ : 陸上競技 - ジャンル : スポーツ

国府宮(こうのみや)神社

20090626165103
 仕事の外出は午後から。
まず、稲沢市に来ました。名鉄本線で途中一旦下車後、再び乗車し国府宮駅へ。


仕事を終えた後に、一度は行きたかった国府宮神社へ行って来ました。
奈良時代、国衙(こくが)に隣接して鎮座していたことから尾張国の総社と定められ、
国司自らが祭祀を執り行う神社だったとか。
境内は広くなく狭くなくですが、参道はそこそこ長いです。
 ここは、厄除けのはだか祭がり有名。もしかしたら、その昔に清洲城時代の織田 信長・
羽柴 秀吉らが参加したとか?!

 仕事柄個人宅へお邪魔する機会が多いのですが、この神社のお札を持ってる方が
非常に多いんですよね。
関連記事

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル : 地域情報

ラフマニノフ 前奏曲「鐘」

 マイケル・ジャクソンの件、まだまだ波紋を呼びそうですね。

 さて、昼休みにネットを見ていたら、フィギュア・スケートの浅田 真央選手の来シーズンの
プログラム使用曲が発表になっていました。
ショートプログラムは、昨シーズンにフリーで使用したハチャトゥリャンの「仮面舞踏会」。
フリーが、何とラフマニノフの前奏曲「鐘」。まさか、嬰ハ短調作品3の2のアノ曲?!
大学時代、たまたま聴く機会があり、インパクトが強かったこともあって副科のピアノの
レッスンで取り上げました。
 当然ながら、完璧に弾けないものの、和声的にどういう響きがするのか確かめたかった
んです。

 どうアレンジして、どう踊るのか?楽しみでもあります。

 *追記・楽譜付き動画
  ラフマニノフ/前奏曲作品3-2 
  ラフマニノフほど、自作自演のピアノ曲の音源が残っている作曲家はいないのでは
  ないでしょうか?私は、ピアノ協奏曲の3番のCDを持っています。
  
 
  個人的には、好きな曲です。
  ラフマニノフ/前奏曲 作品23-5
  
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

【訃報】マイケル・ジャクソン

今朝、出掛ける直前に飛びこんてきたニュース速報。

中学時代、アルバム「スリラー」がお化けのように世界的ヒット、同世代な男性の皆さんで、
ムーン・ウォークを練習していない方はいないのでは。(((^^;) *「スリラー

個人的には、その後の「Bad」以降の方をよく聴いたんでした。
  *「Bad」「Black and White

この約20年、歌手としての話題は激減し、スキャンダルが様々噴出・度々の整形等で恐らく
もう人前には出られないようになってしまったのでは。

昔のジャクソン5の映像を観る度、上手いよなぁと思ったものでした。
   *やっぱこの曲!「ABC」


ご冥福をお祈りします。
関連記事

テーマ : マイケル・ジャクソン - ジャンル : 音楽

ジワジワと拡大中

20090625214716
 午後からは豊田市郊外へ。

 名鉄 黒笹駅を降りたら、こんな看板が。
東海学園大学 三好キャンパス・愛知学院大学 日進キャンパスと続き、近隣で3校目。
しかも、自宅最寄り駅と同じ沿線か割と近所。(地下鉄と名鉄が乗り入れしてる為。)

 部活やサークル関係者に拡がっているという報道ですが、通勤中に支障がないか
どうか心配です。最近は新型インフルのニュース、ローカルニュースや新聞でチラッと
報じられるだけになってるので、尚更油断がありそうで恐いのですが。
関連記事

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

劇団四季 ミュージカル「オペラ座の怪人」

20090625104022
 今朝は通常通り出社するも、管理職な皆さんの月末的な悲愴感から逃れる為(どーにも
ならないモノは、仕方なし。)、客先に向けて予定より早めに出発、30分程名鉄の最寄り駅の
改札口手前のベンチで時間待ち中。ここなら、屋根付で涼しいし。

 そういえば、今日は勤務先の株主総会の日。3年前は、受付関係で参加しましたっけ。
本社の所属部署のトップが、今日で16年ぶりに交代します。
組織も大きく変わるだろうし、さて来月からどうなるやら。私だってどーなるやら。。

 ベンチの横には、名鉄グループのチラシやら近隣のイベントのチラシがラックに
入っているのですが、劇団四季が8月から公演予定の「オペラ座の怪人」のチラシがあり、
そこには来年早々まで延長決定との記載が。
 前にも書いた記憶がありますが、1998年に新名古屋ミュージカル劇場がオープンした
当時に「オペラ座の怪人」を公演、前職の勤務先の先輩と観に行きました。
今回11年ぶりの公演らしいですが、私が以前観て以来という不思議な巡り合わせ。
また行こうかなぁ。
 4月のナゴヤサックスフェスタでこの曲を演奏した時、観に行った経験が役に立ちました。
やっぱり観るとリアリティが違うし、曲のイメージも更に膨らみますから。

 劇団四季は、つい最近東京都内に劇場新設の発表をしたばかり。
オリエンタルランドやシルク・ド・ソレイユと同様、エンターテイメント勝ち組企業の戦略には
いつも関心してしまいます。
関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

ライブ7題・その2~6

 只今ZIP-FMを聴いていますが、今日は「DANCE MUSIC」ということで新旧のゴキゲンな
曲ばっか流れてきます♪ヴェルファーレ系に、TLCやACUAなんて懐かしー。

               タリス・スコラーズ 「ア・カペラの真髄」
                2009年6月5日(金)19:00開演
           愛知・名古屋市 三井住友海上しらかわホール
            *タリス・スコラーズ(合唱)
            *ピーター・フィリップス(指揮)
            *曲目:
             パレストリーナ:立て、照らされよ、エルサレム
                       教皇マルチェルスのミサ曲(二重合唱のための)
             アレグリ:ミゼレーレ
             クローチェ/われらの大地は賛美のよろこびに沸き(二重合唱のための)
             ガブリエリ/万軍の主なる神は祝福されよ(二重合唱のための)
             フェスタ/あなたはなんと美しく
             パレストリーナ/慈悲あふれる救いの主の御母
                       しもべらよ、主をたたえよ
            ※アンコール
             ロッティ/十字架にかけられて
 
 大学時代、音楽史の授業で習ったパレストリーナの曲を、初めてこういう形で聴きました。
ミレレーゼを聴いた時には、何故か涙が止まらなくなり困りました。(苦笑)
約15年前、新卒で仕事が大変だった頃にグレゴリオ聖歌が世界的に流行りましたが、
その頃の事を不意に思い出してしまったからかもしれません。
声が均質で透明感があり、ただただ美しいと息を呑んだ2時間でした。

 アマチュアの合唱団では、宗教曲を専門に取り上げる団体というのがあります。
高校の合唱部でも、実力のある団体は宗教曲をコンクールの自由曲として
取り上げたりしています。
管弦楽器の世界ではそのような機会は中々無いですし、色々考えさせられます。
                                
                 Saxaccord(サクサコール)
              2009年6月9日(火) 19:00開演
            東京・新宿区 オペラシティ リサイタルホール
            *出演者:
             二宮 和弘(ソプラノ&アルトサクソフォーン)
             山田 忠臣(アルトサクソフォーン)
             有村 純親(アルト&テナーサクソフォーン)
             國末 貞仁(アルト&バリトンサクソフォーン)
           *曲目:
            W.A.モーツァルト/ディベルティメントニ長調 KV136(125a)★
            A.ベルノー/
             ソプラノとバリトン、二本のサクソフォーンの為のソナタ(S・二宮&B・國末)
            E.カーター/4本のアルト・サクソフォーンの為のカノニック組曲
            P.ヒンデミット/
             2本のアルト・サクソフォーンの為のコンチェルトシュトゥック(山田・有村)
            G.リゲティ/6つのバガテル★
            ※アンコール
             W.A.モーツァルト/アヴェ・ぺルム・コルプス★

              ★はSATB編成のカルテット
 
 東京のSaxの演奏会を聴きに行くのって、一昨年のトルヴェールカルテットの3DAYS
最終日以来でしたっけ。
         
 そういえば、3年前の6月紀尾井ホールでこんな演奏会に行きました。
ヤマハアーティストの管打楽器コンクール入賞者による演奏会ということでしたが、
その時のメンバーで、この日同じメンバーだったのは山田さんと國末先生。
あれから、それぞれの皆さんのご活躍は目覚しいですね!

 今回は、二宮さんが東京芸大受験時代を指導し、今やトッププロとしてご活躍の
若手奏者との皆さんとの演奏会。席もほぼ満席の状態でした。
 プログラムは、このホールに相応しい曲が。
面白かったのは、初めて聴いたカーターの曲。
4人がある程度の距離を保って同時に演奏、何だかマルチトラックのような感じでした。
 リゲティは、以前ハバネラSQの演奏を東京文化会館で聴きましたが、3楽章が大好き
なんですよねー。
 ベルノーは、バリサクをあんな風に吹けたらなーと溜息が。
同じデュオでも、ヒンデミットは生で聴いたのは2度目ですが、初めて聴いたのは1988年の
川崎であったワールドサクソフォンコングレス。曲を知っていてというわけでは無かったので、
改めて聴いてみると、CDで聴くのとはやはり違います。
どういう風に2つのパートが絡んでいるのかが解って、興味深かったです。
 モーツァルトだけ何だか唯一異質?でしたが、考えたらこの曲を全曲Saxで聴ける機会
なんてそう無いよねと思いました。
 二宮さんは、テナーのイメージがずっと強かったのですが、また是非ソプラノも聴いて
みたいです!

           しらかわナイト~8PM[エイト・ピーエム]シリーズ
            ザビーネ・マイヤー「トリオ・ディ・クラローネ」
                  オペラの夜
             2009年6月12日(金)20:00開演
         愛知・名古屋市 三井住友海上しらかわホール
         *ザビーネ・マイヤー、ヴォルフガング・マイヤー、ライナー・ヴェーレ
            (クラリネット/バセットホルン)
           コンラート・エルザー(ピアノ)
         *曲目:
           ベートーヴェン/モーツァルト「ドン・ジョバンニ」より
                     “お手をどうぞ“による変奏曲 WoO28
           ロッシーニ(I・ミューラー)/歌劇「セビーリャの理髪師」より
                                “今の歌声は心に響く“
           ダンツィ/コンチェルトシュトゥック 第2番 ト短調
           モーツァルト(R・ショットシュテット)/
              歌劇「フィガロの結婚」より 3つのアリア(モーツァルト時代の編曲による)
                    “君を愛する人の願いに” K577
                    “恋とはどんなものかしら” K492
                    “もう飛ぶまいぞこの蝶々” K492
           ウェーバー/歌劇「ジルヴァーナ」の主題による7つの変奏曲 op.33
           ドップラー兄弟(R・ライナーショットシュテット)/リゴレット幻想曲 op.38
            ※アンコール
            モーツァルト/歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」より“この美しいデスピーナに”

 ソロ・トリオ・ピアノ四重奏と、多彩な聴かせ方。
クラ吹きではないので、バセット・ホルンの響きには興味津々でした。    
 今回、発売されたばかりのオペラ・アリア集の新譜からのプログラム。
クラって音域が広いですから、同じ楽器3本でアンサンブルすると、各パート内容が全く
違うんですね。 
 ベルリン・フィル初の女性団員の入団騒動で騒がれたザビーネ・マイヤー氏も、間もなく50歳!
サイン会では、身長の割にかなり小顔で驚きました。テクニックも凄いし、ホント溜息が出ます。
買ったCDのウェーバーの協奏曲集、早速聴きましたがめっちゃ上手い!としか言えず。。

        名古屋フィルハーモニー交響楽団 第359回定期演奏会
              2009年6月13日日(土)16:00開演
           愛知・名古屋市 愛知県芸術劇場 コンサートホール
            *指揮:ティエリー・フィッシャー
            *Pf:北村 朋幹
            【ストラヴィンスキー三大バレエI】
             ショスタコーヴィチ/祝典序曲 作品96
             モーツァルト/ピアノ協奏曲第9番変ホ長調 K.271『ジュノーム』
             ストラヴィンスキー/バレエ『春の祭典』

 前日のしらかわホールの演奏会の関係で、今月は土曜日の方へ行きました。
都合でマルタンの曲から変更になったショスタコの曲、昔は吹奏楽コンクールで自由曲として
盛んに取り上げられましたが、生で聴くのは初めてだったり。
 春祭は、以前新日本フィルの定期ですみだトリフォニーホールの2階席から聴きました。
今回P席から聴いたので、この曲はいかに管楽器群が大変かということがよく解りました。。
プロのオケマンの皆さんって、改めて凄いと実感。
 指揮者の体全体で振ってくる勢いには、ホント圧倒されました。(^^;
次回のご登場は、こちら。火の鳥も楽しみ。
 今回のソリストは、名古屋市内の明和高校 音楽科に在籍中の高校生。
でも、年齢を感じさせない(感じたのは、ステージマナーぐらいでしょうか(苦笑 )、しっとりとした
モーツァルトでした。1音1音の扱い方が本当に丁寧で、澄み渡っていたというか。  

            魅惑のタンゴ  トリオ・リベルタ コンサート
               2009年6月21日(日)14:00~
            愛知・名古屋市 メ~テレ 八事ハウジング
          Vn:石田 泰尚・Sax:松原 孝政・Pf:中岡 太志
          *曲目:
            ガーシュウィン /サマータイム
                        サムワンズ・ウォッチング・オーバー・ミー
            コンスエラ・ベラケス/ベサメ・ムーチョ
            チック・コリア/スペイン
            カルロス・ガルデル /首の差で
            アストル・ピアソラ/ブエノスアイレスの冬
                         ブエノスアイレスの夏
                         悪魔のロマンス
                         鮫( エスクワロ )
                         リベルタンゴ
             ※アンコール
              ルパン三世のテーマ 
 
 神奈川フィルのコンマスでもある石田さん、早くから新星日本交響楽団のコンマスとして
ご活躍だったとのこと。HPを拝見しても、ソロ室内楽と多彩にご活躍なんですね。
いやはや、冒頭のワンフレーズでもう惹きつけられました!
  
 秋以降、トリオ・リベルタのリサイタルが宮城・岩手・東京・神奈川と続くようです。
詳細は、石田さんのHPのスケジュールから確認出来ました。*こちらから
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

5月のライブ6題・その5&6+ライブ7題・その1

 ということで、長らく書き溜めまくっていた演奏会お出かけ記。
まずは、アマチュア吹奏楽団編をまとめて。

           新日鐵名古屋吹奏楽団 第43回定期演奏会
     *2009年5月30日(土)14:00開演
     *愛知・知多市勤労文化会館 つづじホール
     *指揮:木許 隆
     *曲目:
      藤代 敏裕/マーチ「青空と太陽」(2009年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)
      酒井 格/三角の山  
      ショスタコーヴィッチ/喜歌劇「モスクワのチェリョムーシカ」
     ・「NIPPON」をテーマにしたポップス
      真島 俊夫/ベイ・ブリーズ
      日本民謡メドレー1
      海雪
      久石 譲作品集2
      日本の情景「夏」
     ※アンコール
       川の流れのように 他

 酒井さんのこの曲、初めて聴きました。
太平洋戦争末期、山の北側にあった特攻隊基地から多くの若者が旅立ち、太平洋へ散って
いった特攻隊員が、人生最後の夜をどういう想いで過ごしたかという、重いテーマを据えた作品。
演奏するのも、技術的にかなり難しいそうでした。
 後半は指揮者のMCと共に、メンバーの仮装等もありながら楽しく進行。
最近、一般バンドでもこういう演出多いですね。

           ムジカウインドオーケストラ 第4回定期演奏会
      *2009年5月30日(土)17:30開演
      *愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
      *指揮者:堺 武弥(客演指揮者)
             原 一将(楽団指揮者)
      *プログラム:
       第1部 -クラシック・ステージ-
        小長谷 宗一/スター・パズル・マーチ
        ホルスト/吹奏楽の為の為の第二組曲
       第2部 -企画ステージ-
        語りと音楽「テューバ吹きのタビ―ちゃん」
       第3部 -ポップス・ステージ!!-
        ラプソディー・イン・ブルー

 2部のメンバーによる名演技・3部のこれまたメンバーのピアノソロによる演奏と、
中々他のバンドに出来ない形態でのアプローチだったのではないかと思います。
 メンバーは30歳前後が多いのでしょうか。
若々しくフレッシュな演奏でしたが、特に金管でフォルテ以上の音量に力が入り過ぎかなと
いうところも。

           ルロウブラスオルケスター 第16回定期演奏会
        *2009年06月14日(日) 13:30開演
        *愛知・春日井市民会館
        *指揮:遠藤 宏幸
        *ゲスト:Sax・藤原 愛子、春日井西高校 吹奏楽部
        *プログラム
        ・1部
         坂井 貴祐/セレモニアル・マーチ
         諏訪 雅彦/16世紀のシャンソンによる変奏曲
         B.ピクール/交響曲 第0番
        ・2部
         春日井西高校 吹奏楽部~ステージドリル~
        ・3部
         ABBA GOLD
         Memory メモリー~ミュージカル「CATS」より
          ☆A・Saxソロ:藤原 愛子
         Annie アニーセレクション~ミュージカル「アニー」より
         コパカバーナ
         ※アンコール
         藤代 敏裕/マーチ「青空と太陽」(2009年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)
 
 1部のシャンソンは今年の課題曲Ⅰですが、シンプルな曲だけに和声コードがはっきりして
いるだけに、やはり演奏するのは難しいですね。
ピクールの大曲、かなーり長かったですが、そんなに小難しい曲でもありませんでした。
 2部は、もう圧巻のステージ。
マーチングのことは詳しくわかりませんが、相当練習しないとあんな風にパフォーマンス
出来ませんよね。アラフォー世代は、マーチングコンテストがまだ無かった学生時代
だったのでした。
 3部は、最後のコパカバーナで春日井西高校の一部のメンバーの皆さん(恐らく3年生?)と
合同演奏。それ以外の高校生の皆さんは、ステージと会場内で踊りまくるという、
何だか高校の定演みたいな雰囲気でした。(^^;
アンコールの今年の課題曲Ⅳ、とても合同演奏とは思えないいい演奏でしたね。           

 アンコールを、うっかり書き忘れてた団体分もあってスイマセン・・・。
これからコンクールに向けて、各団体の皆さん頑張って下さい!
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

休息中

 先週末の出勤分や残業時間の差引消化ということで、今日は休みを取りました。

いつもの時間に目が覚めてしまったので、朝の番組をチャンネルを変えながら観てました。
気になったニュースをいくつか。

○宮崎・東国原知事、自民党から衆議院議員選挙への出馬要請を受けるも、
 逆提案内容に要請した側もタジタジ?
  ↑
 次期総裁候補というのが条件な上に、全国知事会の提案をマニフェストとして呑めるのか?
 という提案話。何だかふっかけに近いお話?!

○女優・川島 なお美の結婚披露宴
  ↑
 昨夜、日本テレビ系でOAされてたんですね。記者会見では、またまた名言?飛び出したようで。

○九重親方(元横綱・千代の富士)の次女、モデルデビュー

○大丸 神戸店、8階の壁を壊された上でロレックス等4000万円の宝飾類が被害に
  ↑
 何だか、ルパン三世の世界のような。

○もし、8月に総選挙があったら、どうなるか?
  ↑
 候補として戦う側・投票を準備する行政側、暑さやら夏休みやらで大変なことになりそうな。

 と、色々話題は付きません。

 さて、既に7・8月の週末も色々予定が入ってきているので(^^;)、今日はゆっくり休みます。
口内炎も治らないし。色々掃除したいなぁ。でも、お天気が。(と、言い訳を。)
天気が不安定なようですが、各地の皆様どうかお気を付け下さい。
関連記事

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

願い事

20090623215151
 仕事の後、所用でアスナル金山へ。

 何箇所かに、こんなモノが飾ってありました。毎年恒例、という感じ。
短冊にお願い事を一筆。
このまま変わらない日常が過ぎれば良いなと思った、今日は沖縄慰霊の日

 ただ、今一番切実なコトは、先週から下唇右端に出来た口内炎が早く治って欲しい。(>_<)
食べる・喋るのはもちろん、楽器吹くのも辛いです。。(T_T)
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

無人駅

20090623123616
  朝から、急遽岐阜市の客先へ。午後からは、元々の予定通り各務原市の客先へ向かいます。
何だか、今月は半分近く岐阜方面に来ているような。


  朝一の仕事を終えて名鉄 各務原線に乗り、名電各務原駅で下車。
直ぐ近くにJR高山線の各務ヶ原駅があることが判り、午後の移動はJRで1駅で鵜沼駅に
着きますが、せっかくなのでこちらを利用することにしました。
高山線、無人駅が多いです。精算、どーするんだっけ?(((^^;)

 このまま飛弾高山辺りまで逃亡したいような、いい天気!(^.^)
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

サッカー・中村 俊輔選手スペインリーグへ

 今日のスポーツ関係のトップニュースは、恐らくこの話題かと。

 家族の事情や来年のW杯を見据え、スコットランドリーグからJリーグ・横浜Fマリノスに
復帰する筈だったのが、マリノスが契約内容の提示段階でトラブル・失敗し、
急転直下リーガ・エスパニョーラのエスパニョールへの入団が決まったとの報道が。

 元々、スペインでのプレーが夢だったとのこと、熱心に誘い続けてくれたチームがあってこその
決断でもあったのでは?私は帰国してしまうにはあまりに惜しいなと思っていたので、
逆に良かったと思います。(^o^)ただ、W杯まであと1年、どんな形で活躍出来るかどうか。

 Jリーグといえば、名古屋グランパスエイトにオーストラリア代表・ケネディ選手の入団も
発表されました。先日のW杯予選で、散々やられた選手。昨日の敵は今日の友?

 つい最近、帰宅途中に地下鉄駅で誰かが会話していましたが、「試合前の練習を観ていると
ストイコヴィッチ監督が断然上手い!最初の15分ぐらいなら出来るんじゃないの?」なんて
切ないファン心理がかいま見えました。何だかなぁ。(((^^;)
関連記事

テーマ : ◆リーガエスパニョーラ◆ - ジャンル : スポーツ

F1 イギリスGPでようやく!

  ニュースも見逃しましたが、今回は観たかった~(>_<)

優勝はレットブルのS・フェテル選手、2位に同じくレットブルのM・ウエバー選手。
ブラウンGPはR・バリチェロ選手3位、J・バトン選手6位で終了。
うーん、ようやく観たいレースになってきた?

 ただ、F1自体が規約大幅改訂の件でますます大モメ中。。
関連記事

テーマ : F1グランプリ - ジャンル : スポーツ

荒子(あらこ)城址

20090622140634
 朝からどしゃ降りの雨でしたが、昼過ぎには上がり、すこーし晴れてきました。

 今日は、昼前から仕事で中川区高畑・荒子方面へ。住宅地を歩いている途中に、神社を発見。
看板等を見たら荒子城址と書いてあり、前田 利家生地とのこと。
7年前のNHK大河ドラマ「利家とまつ」で随分取り上げられたらしいですが、そういえば全く
このドラマは観てなかったなぁ。今や、訪れる人は地元の方以外いない様子。

 前田 利家が越前に移った後には廃城となり、今は富士権現神社と天満宮のみが残っている
んだそうです
関連記事

夏至

 ですね、今日は。

 八事から地下鉄で約15分で帰宅、速攻シャワーを浴びました~。(+_+)
ホント、暑い!只今、エアコン2台がフル稼働中。今年の夏も、酷暑が思いやられます。(>_<)

 少し涼しくなったところで、お知り合いな皆さんが日記に書いている夏至に関するネタに乗じ、
私もメンデルスゾーン 劇付随音楽「真夏の夜の夢」のCDを聴いてます。
実は、来月の名フィル定期のメインはこの曲。指揮は、鈴木 雅明氏。その予習も兼ねて。

 唯一持っているCDは、アンドレ・プレウ゛ィン指揮・ロンドン交響楽団の1976年のモノ。
京都に住んでいた新卒時代に購入、一時期毎日のように聴いていたものです。
一度は演劇の方も、是非観てみたいのですが。

 今日は父の日でもありますが、送った品は無事にそれぞれの実家に届いたかどうか。
と、私の実家から毎年恒例お中元代わりの島根ぶどう(もちろん、種なしデラウエア!)が
届きました。(^-^)ありがたや~。
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

トリオ・リベルタ@メ~テレ 八事ハウジング

20090621161051
 名鉄で豊田市から名古屋市内へ戻り、昭和区へ。
八事にある住宅展示場で14時からスタートした、トリオ・リベルタのライブを聴いてきました♪
心配された雨は午前中に上がり、この時間には薄日が差すほど。しかも、湿気がキツい!(+_+)

 着いてみると、既に150人以上のお客さんで一杯。パイプ椅子は空いてなくて、
木陰のベンチで聴きましたが、大きな木の下なのが陽射しが避けられて反って良かったり。

 ステージには、テントが貼られていたのものの、長袖シャツを着たメンバーの皆さん、
汗だくになって大変そうでした。途中、風で楽譜がめくれたり虫が飛んできたりと、
屋外ならではのアクシデントも。
曲は、ガーシュインやジャズ・ラテン・タンゴ等約1時間、多彩なアレンジ堪能しました♪(^-^)

 聴きに来ていたのは小さなお子さん連れの親子は意外に少なく、50歳以上の方が圧倒的に
多かったです。昭和区・瑞穂区・天白区の高級住宅街が近い、このエリアならではかも。
 後ろにいた2歳ぐらいのお子さんらが、途中飽きたのか少しぐずってお母さんを困らせたり、
私の目の前にいた知的障害を持つ高校生ぐらいの男の子が、楽しそうに手を叩いたり
していたような姿(一緒にいたお父さんは、周りを気にして制止していましたが。)があるのも、
ホールリサイタルとは違う、オープンスペースイベントならではの出来事でしょうか。

 終了後には、Sax奏者の松原 孝政さんにご挨拶。
カルテット・スピリタスのアウトリーチの仕事で、直前までいた京都の京丹後市から車で
名古屋市入りされてたとのこと。
 暑い中、本当に大変でしたが、どうか気を付けてお帰り下さい!とお話して失礼してきました。
次回は、ライブハウスかホールリサイタルで是非聴いてみたいですねぇ。

 しかし、昨日は八事のこの会場から直ぐ近くの南山大学で、爆弾騒ぎがあったとか。
どうやらイタズラだったようですが、それにしたって嫌な話です。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

演奏会直前情報♪:6/21 東京・目黒区 ヤマハ目黒吹奏楽団 第30回記念定期演奏会

 Sax吹き仲間・つばめくんご所属&ゆうぽんさん参加の演奏会です。
チラシが、超カラフル。(^^;

         ヤマハ目黒吹奏楽団 第30回記念定期演奏会
        *日時:2009年6月21日(日)14:00開演 入場無料
        *会場:東京・目黒区 めぐろパーシモンホール 大ホール 
        *指揮:山本 繁
        *プログラム
          フェスティヴァル・ヴァリエーションズ
          祝典序曲 
          コーラスライン・メドレー 
          桃娘伝説(ピンクレディーメドレー) 
                                   他
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

ヤノベケンジ-ウルトラ展

20090621133828
 珍しく、今日もアートネタから。(^^;
朝から豊田市美術館へ。ここは、近現代アートを所蔵していて、これまでも何度か行こうかなと
思いつつ行かずじまいな企画展がありました。

 今日初めて足を運ぶキッカケになったのは、先日上京途中の新幹線内で読んだAERA 6/15号
美術作家・ヤノベケンジ氏を特集しており、これを読んで行かなくちゃと最終日の今日になって
慌てて出かけた次第。実は、これまで全くヤノベケンジ氏のことは知らなかったのです。

 昨年、京都造形芸術大学にウルトラファクトリーという工房のディレクターとして就任、
学生さん達を交えた作品造りが進んでいるとか。大阪でも、間もなく「水都大阪2009:トらやんの
大冒険」プロジェクトがスタートするはず。
4月には、大学内であの明和電機(初めて作品を観たのは京都に住んでいた時に百貨店か
何処かだったと思いますが、時と場所を思い出せず。)とのコラボパフォーマンスもあったとか。
*追記:6/19(金)~8/9(日)
     東京・銀座 BLD GALLERY 「ジャイアント・トらやんの大冒険」展 開催中
     4/16(木)~8/2(日) 東京都現代美術館 エントランス「ジャイアント・トらやん」特別展示中
 ・・・この期間、もし上京したら是非行きたいのですが。

 企画展のページは、こちらから。 
今回、新作「ウルトラ-黒い太陽」の起動パフォーマンスを、作者自身が来館して観ることが
出来たのはかなり貴重でした!16時からトークイベントがあるらしいですが、
予定が合わないので残念ながら見送り。帰りに、パンフ・Tシャツ・ハガキを数枚を購入。

 その他の常設展示室も観て来ましたが、数年前に香川・直島のベネッセミュージアム
地中美術館へ行った時のことを思い出しました。
 藤田 嗣治・岸田 劉生各氏の自画像や、森村 泰昌氏のセルフポートレイトシリーズ(女優)も
あったり、様々な面白い作品が揃ってましたね。

 同じように現代アートを所蔵している、金沢21世紀美術館へ早く行ってみたいところです。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ゴーギャン展&ノリタケデザイン100年の歴史

20090620125618
今日は午後から仕事。
その前に、明日が最終日のゴーギャン展に行こうと、金山の名古屋ボストン美術館へ。
場所は、金山総合駅に隣接した金山南ビル内にあります。
他、全日空ホテルズ ホテルグランコート名古屋もこのビル内。
金山南ビルは、1999年に開館ということで、以前住んでいた時にオープンしたのですが、
殆ど行けないまま東京に引っ越してしました。改めて10年という年月を感じます。

今回のゴーギャン展は、アメリカのボストン美術館との関わりから10年という特別な意味も
あるようです。
10時半に着いたのですが、既に長蛇の列。1度に30人ずつ入場してもらっているとのこと。
但し、お昼前出る頃にはもう並ばなくても入場出来たようですね。
内容は来月からの東京での展覧会があるので、詳細は内緒ということで。(^.^)

別フロアで開催中のノリタケカンパニーの歴史を辿る展覧会、こちらも興味深かったです。
会社の創業期・対米貿易の歴史や、洋食器時代の変遷を初めて知りました。
見本カタログに当たるデザイン画までが、昔は全て手書きだったとは!
オールドノリタケの実物、初めて観ました。精巧な造りに細かい手仕事に、ただ驚かされます。
こちらの展覧会は、8月末まで。

ちなみに、社名は名古屋市西区則武新町という地名からきているんですね。
てっきり、人名→地名や社名なのかと思っていました。(創業は、森村家。)
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Vn奏者・樫本 大進氏 ベルリン・フィル コンサートマスター就任へ

 またまた朝刊ネタです。(((^^;)

 ベルリン・フィルのコンサートマスターに、何と樫本 大進氏就任の発表が!
ソリストとして大活躍中であり、リサイタルチケットはいつも完売。
そんな方が、まさか名門オケに呼ばれるとは。
といっても、経歴からいって日本人とはいえはっきりいって殆どドイツ育ちですよねぇ。

 3年前、NHKホールであったN響定期でベルクのVnコンチェルトを演奏すると知り、
聴きに行きました。*当時の記事は、こちらから。
実はこの時、國末先生のN響エキストラデビューが重なっていたのです。
定期直前の時期のレッスンで、先生からベルクの曲のA・Saxパート譜を見せていただきました。
最終楽章の最後にClパートの素敵なコラールがありますが、A・Sax→B♭Clへ持ち替えて
4thパートを吹かなきゃいけないという大変なお仕事でした。
 メインは、私は大好きなバルトークの管弦楽のための協奏曲(通称・オケコン)だったせいか、
人の入りはイマイチだったのですが、ソロリサイタルチケットが中々手に入らない身にとっては
貴重な機会だったなと思います。

 これでベルリン・フィルの日本公演は、ますますプレミアチケット化しそうな予感。(>_<)
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

臓器移植法と裁判員制度

20090619133500
 昨日、国会の衆議院で臓器移植法が可決されたようですがが、4つもの改正案が出されて
いることなんて、全く知りませんでした。
 今朝の朝日新聞朝刊に、現行法とA・B・C・D案がそれぞれ比較されており、詳細を初めて
知ったぐらい。実は、対象年齢だけが問題ではないんですよね。
これまで、マスコミもあまり詳しく取り上げていなかった気がしますが?

 移植治療というと移植を待つ側の報道しかされていませんが、昨夜のニュースでは
産まれながら意識が無いお子さんを持つ家族のことを初めて知りました。
 お互いの立場で、物凄い葛藤や苦悩があるかと思います。
しかも、自分と同世代の人達が親としてそのような立場に立たされています。
私ならどうするだろうかと、考えてしまいました。

 あと、医療体制の問題も。
医師へのインタビューもOAされましたが、本当に対応出来る可能な状態なのかどうかが
気になります。

 全く国民全体にさえ行き渡っていない今回の法改正の内容、より広く議論されるべきものと
考えます。写真は、10年前に作った私のドナーカード。えぬ夫と一緒に持ち始めました。

 同じく今日の朝刊に、裁判員制度に関してキリスト教のある宗派では聖職者に対して
参加辞退を促す公式見解を発表していました。無宗教な私には、全く想定外な話でした。
仏教の一部の宗派でも、やはり同様な見解が出ているとのこと。
 裁判員制度については、先日からの足利事件に関する報道を観るにつけ、腹立たしい思いと
この制度がある意味を考えていますが、先程の移植に関する件と同様に、倫理感や拠というのは
人それぞれであり、答えは1つではないかもしれないということを痛切に感じます。
関連記事

テーマ : 気になった事 - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE